ドキュメンタリーのタグまとめ

ドキュメンタリー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドキュメンタリーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドキュメンタリー」タグの記事(28)

  1. 『エルミタージュ美術館/美を守る宮殿』(2014) - 【徒然なるままに・・・】

    『エルミタージュ美術館/美を守る宮殿』(2014)

    エカテリーナ2世が、西欧に追いつき追い越せで収集した芸術品が保管・展示されているだけでなく、元宮殿だけあって、建物そのものが一個の芸術品。美術館の成り立ちから収蔵品の紹介、館内の様子までを館長や学芸員が語るドキュメンタリー映画。ミケランジェロ、レンブラント、ラファエロ、ダ・ヴィンチ、ルーベンス、ゴッホ、ルノワール、ピカソ、ドガ、カラヴァッジョ、モネ、ゴーギャン、カンディンスキー、ベラスケスら...

  2. 『パイプオルガン誕生』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『パイプオルガン誕生』(ドキュメンタリー)

    パイプオルガン誕生 イタリア-東京・500日の物語(2004年・NHK)NHK-BSプレミアム プレミアムカフェ選オルガンはブラックボックスではない 東京カテドラル教会のパイプ・オルガンが老朽化したために、新しいパイプ・オルガンを入れることになった。なんでも前に入っていたオルガン、電気仕掛けだったらしく、そのために新しい部品がなくなっていて修理が利かなくなったという。そこでイタリアの業者に発...

  3. 『ハリウッド発 #MeToo』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『ハリウッド発 #MeToo』(ドキュメンタリー)

    ハリウッド発 #MeToo(2018年・英Entertain Me Productions)NHK総合 ドキュランドへようこそ!ヒッチコックとポランスキーもか…… 世界中に広がっていくセクハラ・スキャンダル。その発信源になったのはハリウッドである。ある女優が、ある大物プロデューサーに長年に渡ってセクハラを受けていたことを告発し、その後、同様の被害者がSNSで自分も被害者であることを告白すると...

  4. 『イヌイットの怒り』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『イヌイットの怒り』(ドキュメンタリー)

    イヌイットの怒り(2016年・加Angry Inuk Inc. / National Film Board of Canada)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー単なる価値観の押し付け……というレベルではなさそうだ アラスカの先住民、イヌイットのある民族は、アザラシを狩ってその肉を食べるという生活を永らく続けてきた。彼らは、狩ったアザラシの肉を隅から隅まで食べた後、その皮を加工し販売...

  5. 『パリ・オペラ座/夢を継ぐ者たち』(2016) - 【徒然なるままに・・・】

    『パリ・オペラ座/夢を継ぐ者たち』(2016)

    エトワールを教えるのは元エトワール。パリ・オペラ座の夢と伝統が受け継がれていく過程を描いた「発見と感動のドキュメンタリー」…なのだそうだが、美しくはあっても凡庸な構成に忍耐力が試されることに。なまじ美しい映像なだけに、睡魔は容赦なく襲ってくる。映画は、というと冒頭からトップダンサーたちの練習風景が延々と映し出されるだけ。そこに映し出されている彼、彼女たちが何者なのか、これといって説明はない。...

  6. 『劇場版 列車大行進/日本を駆ける列車たち』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

    『劇場版 列車大行進/日本を駆ける列車たち』(2017)

    イオンシネマに行くとよくこのシリーズの予告編を上映していて、毎回気にはなっていたのだけれども、遂に最新作(だよね?)を入手したので早速観賞。全体を「関東と関西の列車たち」、「四季を巡るローカル線の旅」、「爆走! 蒸気機関車!! 」、「魅惑のトレインサウンド」、「全国で活躍する貨物列車」、「楽しい列車やトロッコ列車」、「スタイリッシュな特急たち」、「想い出の列車たち」、「夢の超特急・新幹線」の...

  7. あれっ、是枝監督のドキュメンタリーに対する思い? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、是枝監督のドキュメンタリーに対する思い?

    【 是枝裕和監督:ドキュメンタリーをつくる時 】 1992年の是枝裕和監督著「しかし…─ある福祉高級官僚 死への軌跡」(あけび書房)を読了した。 以下は、同書からの一部抜粋。P179 しかし、果たして国は「行政指導を中心にできる限りの対応をした」だろうか。果たしていつを指して「原因物質もあきらかになっていなかった」と言っているのだろうか。 歴史的な事実からいって、国は通産省を中心に、明らかに...

  8. キューバ大使の涙と映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス」 - マコト日記

    キューバ大使の涙と映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラ...

    90年代後半、キューバ音楽のドキュメンタリー映画がアカデミー賞にノミネートされ日本でも話題になりました。「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」それは、まだ人種差別もあったキューバで実在したダンスクラブの名前です。そして、そこは肌の黒い方達が楽しみに踊り一番人気のあった場所だと。当時の一番人気のあったダンスクラブで生演奏されていた音楽を現代に甦らせたCDとレコーディングメンバーによるワールドツア...

  9. 『みんなの学校』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『みんなの学校』(ドキュメンタリー)

    みんなの学校(2014年・関西テレビ)監督:真鍋俊永撮影:大窪秋弘編集:北山晃ナレーション:豊田康雄驚嘆! こんな学校が日本にあるとは……学校の理想形 大阪市立大空小学校に長期密着したドキュメンタリー。この小学校、全校生徒220人の、こじんまりした創立わずか7年(撮影時)の学校。普通であれば、小学校を取材して何が面白いのかと感じるところだが、この小学校、普通と違っている。特別支援の生徒が30...

  10. 『五島のトラさん』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『五島のトラさん』(ドキュメンタリー)

    五島のトラさん(2016年・テレビ長崎)監督:大浦勝編集:井上康裕ナレーション:松平健トラさんの走馬灯ネタバレ注意! 長崎の五島列島在住の犬塚虎夫さん(通称トラさん)という市井の人の家族を、なんと22年(!)に渡って撮影し続けるという大河ドキュメンタリー。かつて10年レベルの長期取材が行われたドキュメンタリーをここでも紹介した(『ムツばあさんの秋』、『エリックとエリクソン』など)が、22年間...

  11. 『見えざる病原体』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『見えざる病原体』(ドキュメンタリー)

    見えざる病原体(2017年・米Sierra Tango Productions/Vulcan Productions・独WDR)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーこれは果たして真摯なドキュメンタリーなのか 新種の感染症の恐怖について語るドキュメンタリー。 エボラ出血熱、ジカ熱、新型インフルエンザなどが話の中心で、2014年の西アフリカでのエボラ出血熱流行、ブラジルでのジカ熱流行(それ...

  12. 『DNA捜査最前線』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『DNA捜査最前線』(ドキュメンタリー)

    DNA捜査最前線(2016年・仏AB Productions)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーDNA犯罪捜査の周辺がよくわかる DNAを利用した犯罪捜査がどういうもので、どのように利用されているかを紹介する真摯なドキュメンタリー。総じてフランスの知見紹介ドキュメンタリーは、丁寧に内容を紹介するというアプローチのものが多く、BBCの同様の番組のように見ていて腹立たしくなることはない。...

  13. 『猟奇的犯人の素顔』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『猟奇的犯人の素顔』(ドキュメンタリー)

    猟奇的犯人の素顔(2017年・英BBC Studios)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー消化不良のドキュメンタリー サイコパス(反社会性人格障害)について考察するドキュメンタリー。原題は『What Makes a Psychopath?』となっていて、まさにそういう内容を反映しているが、実態は必ずしもサイコパスのドキュメンタリーとは言えなくなっている。その点邦題の『猟奇的犯人の素顔...

  14. 『砂川事件 60年後の問いかけ』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『砂川事件 60年後の問いかけ』(ドキュメンタリー)

    砂川事件 60年後の問いかけ(2017年・NHK)NHK-Eテレ ETV特集「砂川事件=統治行為論」で片付けられない 1957年、東京都立川市の米軍基地で基地反対運動が展開された際、数人の学生が基地の敷地内に入ったという容疑で逮捕された(いわゆる「砂川事件」)。けが人や死人が出ることもない割合ありふれたごく普通の事件で、この事件も微罪扱いで釈放されるというのが一般的な見方であったが、東京地裁...

  15. 『不都合な真実2/放置された地球』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

    『不都合な真実2/放置された地球』(2017)

    アル・ゴア元アメリカ副大統領が2006年に製作したドキュメンタリー映画「不都合な真実」の続編。あの映画によって世界的なエコブームが起ったものの、あれから10年が経ち、地球はかつてない危機に瀕している。続編は前作に対する反響の数々の紹介から始まる。といってもそれは映画の内容やアル・ゴアの主張に対する批判的なものばかり。誇張されすぎているとか、「地球温暖化は嘘だ」といった声まで。そんな中でアル・...

  16. 4月15日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「“心”を彫りこむ~亡き人をいつもそばに~」ナレーションしました。 - from ayako

    4月15日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!に...

    4月15日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「“心”を彫りこむ~亡き人をいつもそばに~」ナレーションしました。再放送4月17日(火)午前3時35分〜 月曜深夜住民の9割を津波で失った、宮城県東松山市。その高台にある清泰寺の住職が、毎日8時間以上掘り続ける仏像と、その仏像を心のよりどころに生きる人たち。住職は地獄を見た、とおっしゃった。目の前で、妻と娘と孫2人が乗った車が津波に...

  17. 『オリバー・ストーンONプーチン』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『オリバー・ストーンONプーチン』(ドキュメンタリー)

    オリバー・ストーンONプーチン 前編、後編(2017年・米Showtime Documentary Films)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリープーチンの頭の中を少し覗けるかなだがやはり怖い 映画監督のオリバー・ストーン、近年は政治的なドキュメンタリーや著作も手がけているが、今度はなんと、あのプーチンに、数回に渡ってインタビューを試みた。そしてその模様をまとめたのがこのドキュメンタ...

  18. 『ロシアで働く』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『ロシアで働く』(ドキュメンタリー)

    ロシアで働く(2017年・チェコKrutart/Česká televize)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー驚愕のロシア労働事情 ロシアのアフトヴァース社という自動車メーカーの立て直しのため、再建請負人のボー・アンダーソンがCEOとして招かれた。このドキュメンタリーは、そのCEOから見たロシアの労働事情で、「ロシアで働く」という邦題になっているが、タイトルから受けるイメージとは異...

  19. 『エルドアン “スルタン“への道』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『エルドアン “スルタン“への道』(ドキュメンタリー)

    エルドアン 〜“皇帝(スルタン)”への道〜(2016年・仏ARTE G.E.I.E / ALEGRIA PRODUCTIONS)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリータイトルは興味を引くが内容が伴っていない トルコの現大統領であるエルドアンの来し方を描くドキュメンタリー。 エルドアンと言えば非民主主義的な政策を次々に実行している男として有名で、このドキュメンタリーの主眼も当然そのあたりに...

  20. 4月1日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「家族写真」ナレーションしました。 - from ayako

    4月1日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっ...

    4月1日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「家族写真」ナレーションしました。再放送4月3日(火)午前3時35分〜 月曜深夜街の写真館のフォトグラファーとして、家族写真にこだわりを持って撮影し続けてきた山口さん。病床で、長年連れ添ってきた妻の写真を撮るその姿、毎年撮り続けてきた家族の写真を今年も何とかして撮るというときの家族の支え、年をとっても、最後まで自分のやってきたことをや...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ