ドキュメンタリーのタグまとめ

ドキュメンタリー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドキュメンタリーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドキュメンタリー」タグの記事(50)

  1. 『世界一美しいボルドーの秘密』(2013) - 【徒然なるままに・・・】

    『世界一美しいボルドーの秘密』(2013)

    美しいフランスの田園風景から始まるこの映画、世界最高峰と言われるボルドーワインが如何にして生まれたか、に焦点を当てたドキュメンタリー映画。――と思ってたのだけれど、ワインを巡るシビアなビジネスの方に焦点が当てられていた。高騰するワインの価格に米国市場が恐れ慄き手を引いて行く。その間隙を縫うように出現した巨大なマーケットが中国。その中国の進出に対してシャトー側はどう思っているのか。またバブルの...

  2. 『クレイジーホース・パリ/夜の宝石たち』(2011) - 【徒然なるままに・・・】

    『クレイジーホース・パリ/夜の宝石たち』(2011)

    パリの老舗ナイトクラブ「クレイジーホース」に密着したドキュメンタリー映画。完全に興味本位で見ました。冒頭から殆ど全裸の女性ダンサーたちが出てくるのですが、ショーをそのまま見せてくれるのかなと思いきや、ステージの映像から急にカメラが舞台裏に切り替わって練習風景が映し出され、それがまた本番のステージのものに変わり、その合間に演出家や衣装の担当者らスタッフが喧々囂々のやり取りをはじめたり、ダンサー...

  3. 2月18日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「ポンコツになつた母だけど~タクシードライバー歌人の日々~」ナレーションしました - from ayako

    2月18日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!に...

    2月18日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「ポンコツになつた母だけど~タクシードライバー歌人の日々~」ナレーションしました。再放送2月20日(火)午前3時35分〜 月曜深夜タクシードライバーをしながら短歌を詠んできた高山さん。83歳のお母さんの認知症が進んだことを機に、実家に戻って家事・介護をしながら、タクシーを運転し、歌を詠む生活を続けてこられたそうです。母親の認知力が落...

  4. 『プーチンが恐れた男』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『プーチンが恐れた男』(ドキュメンタリー)

    プーチンが恐れた男(2015年・スイスp.s. 72 productions)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー本当にプーチンが恐れる存在になるか 日本語タイトルは「プーチンが恐れた男」というタイトルになっているが、別にプーチンが恐れたわけではない。現に原題は「Citizen Khodorkovsky(市民ホドルコフスキー)」である。ホドルコフスキーとは、このドキュメンタリーの主人公...

  5. 『時間が止まった私』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『時間が止まった私』(ドキュメンタリー)

    時間が止まった私 えん罪が奪った7352日(2017年・NHK)NHK総合 NHKスペシャル冤罪による犠牲の実際 1995年、大阪の住宅街で火災が起こり、出火元の家で逃げ遅れた女児が死んだ。その後警察の捜査で、母親が保険金目当てで娘を殺したとされ、その母親は無期懲役で収監される。だが事件発生から20年後この母親の冤罪が判明し、釈放されることになる。しかしその20年は、彼女にとって30〜40歳...

  6. 『デナリ大滑降 究極の山岳スキー』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『デナリ大滑降 究極の山岳スキー』(ドキュメンタリー)

    デナリ大滑降 究極の山岳スキー(2017年・NHK)NHK-BS1 BS1スペシャル映像技術の進歩に驚嘆 タイトルになっている「デナリ」とは、かつてのマッキンリー。北米最高峰にして、かの植村直己が命を落とした山である。その植村直己の影響を受けて登山家になった佐々木大輔という人が、この山に登りそこから南西壁をスキーで下って降りてくるという冒険をした。その冒険の様子を記録したのがこのドキュメンタ...

  7. ブルース・スプリングスティーン『明日なき暴走』BOX付属のDVD2枚を堪能 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    ブルース・スプリングスティーン『明日なき暴走』BOX付...

    前回に引き続き、ブルース・スプリングスティーン『明日なき暴走』関連。まずは前回も紹介したが、ブルース・スプリングスティーンの、「1975年ロンドンのハマースミスオデオン」のライブDVD、2時間ちょっとボリュームたっぷり。最初の3曲で、もうクライマックスなのは最近のライブも同じ。25、6歳のブルースは今と違って、ギターを半分ぐらいしか弾かない。そして1曲だけピアノの弾き語りがある。演奏は、当時...

  8. 『仲代達矢 命と向き合う』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『仲代達矢 命と向き合う』(ドキュメンタリー)

    仲代達矢 命と向き合う(2017年・NHK)NHK-BS1 BS1スペシャル仲代達矢84歳、いまだ現役 仲代達矢、84歳。新作映画の主演もやり、新作演劇でも主演を務めるなど、いまだ活動的と思っていたが、実は満身創痍であることがこのドキュメンタリーからわかる。 無名塾による新作演劇『肝っ玉おっ母と子供たち』(ブレヒト原作)の上演準備で忙しい仲代に密着するというのがこのドキュメンタリーの中心にな...

  9. ボヤージュ・オブ・タイム (2016年) 本能と出会う - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ボヤージュ・オブ・タイム (2016年) 本能と出会う

     ”テレンス・マリック監督による未踏の映画体験”という期待。けれども、デジャヴ感覚の90分間に驚きや感慨はなく、無二の物を見出すことはなかった。BBCや宇宙関連のドキュメンタリーが好きでおおく観てきているせいかもしれない。ビッグバンから、現在へと至る変遷と、生命の壮大な進化の物語。流れる溶岩で刻々と姿を変える海岸線や、生き物のように蠢く海底マグマの場面がすきだった。ミクロからマクロへ変転しな...

  10. 『イノさんのトランク』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『イノさんのトランク』(ドキュメンタリー)

    イノさんのトランク 黒澤明と本多猪四郎 知られざる絆(2012年・NHK)NHK-BSプレミアム本多猪四郎への挽歌 『七人の侍』の監督、黒澤明と、『ゴジラ』の監督、本多猪四郎がきわめて仲が良かったということを紹介するドキュメンタリー。 この2人、東宝の同期の助監督であり、助監督時代から親しく付き合っていた。ただその後、本多猪四郎が6年間従軍したため、黒澤の方が先に映画監督デビューを果たす。本...

  11. 『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』(2008) - 【徒然なるままに・・・】

    『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密...

    タンザニア北部のナトロン湖。塩分が溶け込み毒性が強く、生物が住むに適さない過酷な環境乍ら、僅かな雨期にはフラミンゴの群れが大挙して飛来し、巣作りをし、子を産み育て、そしてまた去ってゆく。足にこびりついた塩の塊が容赦なく自由を奪う。外敵に襲われ必死に逃げる、敵わないまでも我が子を護るために立ち向かう親鳥の姿、をカメラは追いかける。日本版のナレーションは宮崎あおい。健気で美しいフラミンゴの姿もい...

  12. 1月30日(火)午前3時35分〜月曜深夜〜NHK総合再放送 目撃!にっぽん「おにぎりで革命を起こせ~減反廃止・農家はいま~」ナレーションしました - from ayako

    1月30日(火)午前3時35分〜月曜深夜〜NHK総合再...

    1月28日(日)朝6時15分〜NHK総合放送 目撃!にっぽん「おにぎりで革命を起こせ~減反廃止・農家はいま~」ナレーションしました。再放送1月30日(火)午前3時35分〜 月曜深夜半世紀続いてきた米の減反政策が2018年の今年廃止になる。戦後の食糧難の時代に、食糧増産に必死になった世代は、その後、米の作付けを制限される時代に入る。米は農協を通じて流通させ、作付けなかった田に対して補助金が出る...

  13. 『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』(2014) - 【徒然なるままに・・・】

    『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』(2014)

    この映画の主人公はフランズ・アフマンというオランダの銀行マン。彼はディノ・デ・ラウレンティスと出会うことで映画ビジネスに興味を持ち、「プリセールス」と呼ばれる手法を編み出し独立系の小さな映画会社に投資し、多くの作品を世界に送り出すことに貢献した。「キングコング」、「スーパーマン」、「プラトーン」、「ダンス・ウィズ・ウルブス」、「ターミネーター」、「薔薇の名前」、「恋のゆくえ/ファビュラス・ベ...

  14. 最新映画レビュー『『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』ファッションの舞台裏に迫る - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリ...

    『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館他にて公開中。 日頃、ファッションにはほとんど興味のない僕だが、なぜか関係するドキュメンタリーを見るのは好きだ。自分の知らない未知の世界がまだこんなにあったなんてと、思わせてくれるからだ。昨春公開された『メットガラ ドレスをまとった美術館』も非常に面白かった。服やそのデザインも、創作という意...

  15. 『365日のシンプルライフ』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『365日のシンプルライフ』(ドキュメンタリー)

    365日のシンプルライフ(2013年・フィンランドUnikino)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーペトリの脱モノ日記 周りにモノが多すぎる、それも不要なモノが、というのは現代人共通の感覚。捨てるに捨てられないものや、そもそも捨てる手続きが煩雑でなかなか簡単に捨てるわけにも行かない。少なくとも身の周りのモノのうち、半分以上は要らないんではないかとは思っているが、なかなか処分に踏み切れ...

  16. 1月27日(土)午後9時〜NHK BS1 明日世界が終わるとしても「もう、テロを選ばせない~バングラデシュ・三輪開人~」のナレーションをしました - from ayako

    1月27日(土)午後9時〜NHK BS1 明日世界が終...

    < 再放送決まりました。2月9日(金) 午後7時〜7時49分 NHK BS1>1月27日(土)午後9時〜NHK BS1 明日世界が終わるとしても「もう、テロを選ばせない~バングラデシュ・三輪開人~」のナレーションをしました。主人公は、バングラデシュの農村で主に大学進学を目指す若者たちに、都市部と引けを取らない教育機会を作り出し、貧困の連鎖を断ち切り未来を作る若者をサポートし続けて...

  17. 『反骨の外科医』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『反骨の外科医』(ドキュメンタリー)

    反骨の外科医(2016年・スウェーデンFasad Cine)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリーエチオピアの地域医療に医療の本質を見た スウェーデン人の医師、エリクセンは、スウェーデンの官僚的な医療に不満を持ち、エチオピアに赴任して、地域医療に携わっている。 患者は入れ替わり立ち替わりやって来て、中には身体が異常に腫れたりなどの珍しい症例を持つ人たちもいて、それを次々に捌きながら同僚の...

  18. 『映像の世紀プレミアム 第7集』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『映像の世紀プレミアム 第7集』(ドキュメンタリー)

    映像の世紀プレミアム 第7集 極限への挑戦者たち(2017年・NHK)NHK-BS1 NHK-BSプレミアムやっと新しい素材が出てきた 『映像の世紀』スピンオフの第7弾。この第7集では、冒険家や革新者たちを取り上げ、その時代背景もあわせて紹介する。登場するのはマロリー(エベレスト初登頂を目指した冒険家)、ピカール(深海探査)、オーエンス(ベルリン・オリンピックの黒人ランナー)、円谷幸吉(東京...

  19. 『カラーでよみがえるアメリカ 3、4、5』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『カラーでよみがえるアメリカ 3、4、5』(ドキュメン...

    カラーでよみがえるアメリカ 1940年代、1950年代、1960年代(2017年・米SNI / SI Networks / Arrow International Media)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー「カラー化」がやっぱり目玉! 『カラーでよみがえるアメリカ』シリーズの1940年代、1950年代、1960年代。 構成や演出方法は、当然ながら1920年代、1930年代と同じ。...

  20. 『レオナルド・ダ・ヴィンチ/美と知の迷宮』(2015) - 【徒然なるままに・・・】

    『レオナルド・ダ・ヴィンチ/美と知の迷宮』(2015)

    専門家へのインタビューや再現ドラマを織り交ぜながら、レオナルド・ダ・ヴィンチの偉業や人物像に迫るというドキュメンタリー映画。数々の作品が収蔵されているルーブル美術館、生まれ故郷であるトスカーナのヴィンチ村、才能を開花させたフィレンツェ、円熟期を過ごしたミラノといったレオナルド所縁の地にもロケーションを敢行。そして代表作である「最後の晩餐」、「モナ・リザ」、「岩窟の聖母」、「ウィトルウィウス的...

1 - 20 / 総件数:50 件

似ているタグ