ドナルド・トランプのタグまとめ

ドナルド・トランプ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドナルド・トランプに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドナルド・トランプ」タグの記事(16)

  1. 『華氏119』をお勧めする! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    『華氏119』をお勧めする!

    2016 年 11 月9 日は、トランプがアメリカ大統領選の勝利を宣言した日である。「その日、アメリカひいては世界の終りは始まった」そのように言い放つマイケル・ムーアの最新映画である。『華氏119』はその11月9日と、同時に、ムーアのヒット作『華氏911』をもじっている。『華氏119』公式ホームページでは次のように宣伝されている。<2016年11月7日、投票日前夜、アメリカの人々は初の女性大...

  2. 自然災害と、米メキシコのこれからに思うこと。 - はしばみのみ。

    自然災害と、米メキシコのこれからに思うこと。

    先月の関西の地震に始まり、西日本のほとんどの地域で大雨警報が大量発令されており、これはもう異常気象なのでしょうか。。メキシコ・グアナファト州のホンダさんの工場が浸水したのも川の氾濫が関わっているし、小川ってあっという間に濁流になる恐ろしさをひしひしと感じています。被災された方々を心よりお見舞い申し上げます。そしてこれ以上被害が拡大したいことを祈りたいと思います。(私の親戚も岡山の総社市で事業...

  3. ドナルド・トランプロシアに対しミサイル警告 - イチバン

    ドナルド・トランプロシアに対しミサイル警告

    ドナルド・トランプ大統領が、シリアのアサドを支援していることで、ロシアに対し米国のミサイルが「やって来る」と警告!ツイッターでの投稿だがハッキリと、新型で「スマート」なミサイルがやって来ると言っているようですね・・・ロシアはアメリカとも戦争はするでしょうしどうなるのかなぁ・・・・★しらす生七味ローソンおにぎり★北海道小豆のつぶあんぱん★落語家の桂歌丸1月いっぱいまでは休演★うな丼鹿児島県産・...

  4. 仮に朝鮮戦争再発でも所詮内戦なんだから米中日は介入せず同族間戦争をリングサイドで生暖かく観戦しよう - 昔の映画を見ています

    仮に朝鮮戦争再発でも所詮内戦なんだから米中日は介入せず...

    発想を転換してみよう。朝鮮人の内戦に、なぜに米中日は介入しなければならないのか。第一次朝鮮戦争の時は、東西冷戦の時代で、米中は即介入して、日本も米軍基地がある以上、関係せざるを得なかった。しかし今は米中も連携し、あわよくばウィンウィンの関係になりたい。もちろん日本もそれがのぞましい。まず米中日は仮に朝鮮戦争が再発しても所詮内戦だから介入しない宣言をすべき。中国側は、自分のほうに難民が逃げてこ...

  5. トランプが語るマイケルとリサ・マリー - マイケルと読書と、、

    トランプが語るマイケルとリサ・マリー

    ドナルド・トランプの1997年の自著に書かれたマイケルとリサ・マリーの話です。最近、安倍首相が招待されたことでも注目された「マー・ア・ラゴ」は、MJとリサが長く過ごした場所で・・・***私にとって、マー・ア・ラゴで最も面白かったことは、マイケル・ジャクソンとリサ・マリープレスリーの騒動に巻き込まれたことだ。マイケルは友人で、かなり変わってはいるが、すごくイイやつだった。この話はニューヨークか...

  6. ドナルド・トランプ大統領を描きました。(A140) - 楽しいね。似顔絵は… ヒロアキの作品館

    ドナルド・トランプ大統領を描きました。(A140)

    第45代アメリカ合衆国大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏を描きました。アメリカを代表する経営者ですが、政治家としては未知数です。期待したいところですが、果たして・・・※インスタグラムを始めました。自分で描いて気に入った似顔絵をのせています。また覗いてください。https://www.instagram.com/hiroakinigaoe/※似顔絵のご注文A4サイズでおひとり様2000円から...

  7. 「大統領の政治」コメント欄(前半) - マイケルと読書と、、

    「大統領の政治」コメント欄(前半)

    少し前に和訳した「大統領の政治3」のコメント欄の和訳です。高学歴のMJファンが集っていることで知られる「Dancing With The Elephant」で、今回の大統領選の結果がどう受け止められ、どんなことが語られたのか?それは、ある意味、本文よりも濃い内容のようにも思えたので、なんとか日本語にしてみました。時間がかかってしまいましたが、とりあえずトランプ政権が失脚してしまう前に紹介でき...

  8. 和訳 “They Don't Care About Us” (トランプ大統領就任記念) - マイケルと読書と、、

    和訳 “They Don't Care Ab...

    昨日の記事にも登場した “They Don't Care About Us” の和訳です。この曲は、マイケルにはめずらしいプロテストソングとして知られていて、2015年から立て続きに起きた、武器をもたない黒人の射殺事件への抗議運動(BlackLivesMatter)の中でも多く歌われるなど、MJファン以外の人にとっては、発売当時よりも有名になっている曲のようです。ただ、「彼らは、私...

  9. 大統領の政治(3) - マイケルと読書と、、

    大統領の政治(3)

    (シャペルの素敵なスピーチの全文を「注釈」に追記しました)Dancing With The Elephant からの和訳「大統領の政治(2)」の続き・・・今回のパート3は、大統領選の一般開票が終了した約1ヶ月後の、2016年12月8日に投稿されたものです。このシリーズ記事では、マイケルの政治への関わりや、彼が過去の大統領とどう付き合ってきたのか。という点にスポットが当てられていますが、私は、...

  10. 和訳 “Money” (トランプ大統領就任記念) - マイケルと読書と、、

    和訳 “Money” (トランプ大統領就任記念)

    トランプ大統領の就任を記念して、「Money」を和訳しました。「大統領の政治(1)」の中でも紹介したバックグラアウンドの声から、「ほら、やっぱり、マイケルはトランプを批判してるじゃない!」と思う人も少なくなかったようで、ハリウッドリベラルの影響下にある、アイデンティティ政治の申し子のようなMJファン(マイケルを「黒人」にすることに血道をあげる人が多いw)を、反トランプへと駆り立て、また日頃か...

  11. ベトナム戦争映画のオリバーストーンがトランプ大統領を買うわけ - 楽なログ

    ベトナム戦争映画のオリバーストーンがトランプ大統領を買うわけ

    ドナルドトランプ大統領が就任したが、このトランプ氏を厳しく批判してきたオリバーストーン監督は「トランプ大統領もあながち悪くない」と「意外な評価」をしていると報道されている。しかし、これは決して意外なことではない。この件でオリバーストーン監督は「ヒラリークリントンが勝っていれば危険だった。彼女は本来の意味でのリベラルではない。米国による新世界秩序を欲し、そのためには他国の体制を変えるのがよいと...

  12. 女たちのワシントン行進とPussyhat - FEM-NEWS

    女たちのワシントン行進とPussyhat

    女たちのワシントン行進は大成功だった。主催者の予想をはるかに超えて、ワシントンでは50万人。全米では100万人を超す大行進となったらしい。女たちのワシントン行進のシンボルは、ピンクのニット帽だった。通りを埋め尽くした人、人、人。頭には温かそうなピンクの帽子がのっかっていた。ホームページによると、ピンクのニット帽をかぶろうというプロジェクトを思いついたのは、ロスアンジェルスのクリスタ・ス―とジ...

  13. ジョン・ピルジャー「問題はトランプではない。我々自身だ」 - マイケルと読書と、、

    ジョン・ピルジャー「問題はトランプではない。我々自身だ」

    [2.19追記修正]私の拙い和訳に、ご親切なアドバイスをくださった皆様に感謝します!物理学者でありながら、文学、人種問題、政治といった様々な分野の著作をもつ藤永茂先生が、ジョン・ピルジャーが、2017年1月17日に発表した記事を紹介しておられました。ジョン・ピルジャーは、1939年オーストラリア生まれ、ロンドン在住のジャーナリストで、ドキュメンタリー映画作家。50本以上のドキュメンタリーを制...

  14. トランプ大統領を裏で動かすのは…? - マヤ暦とじゃぐゎーるの弓玉ミラクルワールド

    トランプ大統領を裏で動かすのは…?

    皆さん、こんばんは。「トランプ大統領」誕生しましたねー「アメリカファースト」アメリカ第一!となるそうですから、他国はそれなりに自立していかないと!!ですね。トランプさんが宣誓している場面のショットなのですが、娘のイヴァンカさんが中央マイクの前にいますね。「すべての事象には象徴的意味がある」という考えにもとづいて偶然の理をよむなら、これは意図的ではないけれども国民と偏屈な父ドナルド・トランプの...

  15. 暗殺騒動もなくトランプ大統領就任「アメリカ、ファースト」 - アオサンだーjp

    暗殺騒動もなくトランプ大統領就任「アメリカ、ファースト」

    20170121 http://aosan.daa.jp/?p=3709 ///////////////////////////////////本日の何だか気になるキーワード 1世界遺産・パルミラ遺跡を再度破壊 (イスラム国) 2無精子症、たんぱく質の違いが関係(中部大など研究) 3IT人材を育成支援対象者を募集(孫正義氏の財団) 4 早くも政策転換の動き(トランプ大統領) 5空自機スクラ...

  16. 毎日新聞の社説はふざけるな - 楽なログ

    毎日新聞の社説はふざけるな

    トランプ次期米合州国大統領の会見で、毎日新聞の社説が「メディア差別は許されぬ」という題で「驚くべき光景だった」と書き出しているが、この「社説」のほうが「驚くべき」内容であり、日本のマスメディアの退廃の凄まじさを改めて再認識させられるものだった。 この記者会見でトランプ次期大統領は、CNNの記者に対し、自分は他の記者を指名しているのだから割り込まないようにと言うなどして険悪な雰囲気にな...

総件数:16 件

似ているタグ