ドーベルマンのタグまとめ

ドーベルマン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはドーベルマンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ドーベルマン」タグの記事(27)

  1. 骨のおやつ - ドーベルマン クロ

    骨のおやつ

    大好物は骨のおやつ。骨髄骨を延々とかじっています。(生後6か月以降から)数十分で食べてしまう犬ガムとは違って骨をあげると何日もかじって楽しんでいます。「骨を与えると胃に刺さる」という噂がありますが、生※の骨であれば問題ないようです。※加熱処理されているとかみ砕いたときにシャープな破片となり危険です。また鳥の骨も刺さりやすいため避けたほうが良いとのこと。数日遊んでかみ砕いて、最終的には消化され...

  2. 引っ張り癖 - ドーベルマン クロ

    引っ張り癖

    クロは子犬の頃からパワフルでした。お散歩でもイヌゾリか?!というぐらいグイグイ引っ張っていました。引っ張り癖矯正のためにいろいろな種類の首輪、ハーネス、リードを試しました。首輪:チョークチェーン引っ張ったときに一瞬グイっとチェーンを引くことによって首が締まることで不快感を与えて引っ張り癖の矯正を行います。上手く使えれば短期間での効果が期待できます。ただし使いこなすには飼い主側の技術が必要です...

  3. 犬はちゃんと聞こえています - ドーベルマン クロ

    犬はちゃんと聞こえています

    あるドーベルマンのオーナーさんと話していた時にお聞きしたことです。この方には偶然お散歩中に出会いました。過去に何頭もドーベルマンを飼われているということでお話を伺っていた時のことです。話し込んでいると退屈したクロがウロウロし始めたのでスワレの指示をだしたのですが言うことを聞きません。声を上げてもう一度スワレといった時です、「大きな声でコマンドを出す必要はないよ、犬にはちゃんと聞こえているから...

  4. 何もかもが大きいです - ドーベルマン クロ

    何もかもが大きいです

    ドーベルマンは大型犬です。食事、おやつ、ベッド、何もかも大きなものが必要になります。犬ガムはこのサイズでも30分ほどで食べてしまいます。(埋める→掘り返す→また埋める・・と延々阿曽んでいることもありますが)

  5. 大きな音に弱いんです - ドーベルマン クロ

    大きな音に弱いんです

    ドーベルマンは警護犬、ガードドッグとしてうまれた犬です。そのせいか周囲の音や見たことのないものにとても敏感に反応します。子犬の頃は散歩中に宅配業者さんに会うたびに立ち止まってじっと見る、(ぺたりと座って動かない)ことが多かったです。業者さんですから毎回違う形の荷物を持っていたりするのが珍しかったのかな、と思います。神経質な犬種には特に子犬期の体験が重要、ということでお散歩デビュー後は積極的に...

  6. 停留(片)睾丸 - ドーベルマン クロ

    停留(片)睾丸

    ドーベルマンに比較的多いとされる遺伝的疾患に停留(片)睾丸があります。本来2つあるべき睾丸が一つしか正常な位置にない状態です。生後4-5カ月頃には正常な位置に下りてきていなければならないものなのですが、クロは1歳9か月経っても片方だけしかありません。(遅くとも1年以内には2つが正常な位置に下りてている状態らしいので今後自然に下りてくることはないそうです。)今まで体調に問題がある、ということは...

  7. 狼爪(ろうそう) - ドーベルマン クロ

    狼爪(ろうそう)

    シベリアンハスキーなど比較的狼に近い犬種にみられる親指にあたる爪が狼爪です。クロにも前足にあるのですが、歩くときに地面にあたることがないので(摩擦で)短くなることがありません。定期的に爪切りをして長くならないようにしています。ある時、ドーベルマンのオーナーさんに「(狼爪は)子犬のうちに切除するものだよ」、と言われました。というのも狼爪は大きな血管に繋がっているので、万が一この爪に怪我をしてし...

  8. 牛糞・馬糞・羊糞 - ドーベルマン クロ

    牛糞・馬糞・羊糞

    なぜなのでしょう、クロはファームの動物たちの糞を食べてしまいます。ファームに引っ越してきてから1年。牛糞・馬糞・羊糞、、なんでもござれ、です。引っ越した当初はこれらを食べると当然のごとく下痢になっていましたが今では平気のようです。これも成長、というのでしょうか?他の牧場の方の話によると腸内のバクテリアに耐性ができるのだそうです。

  9. 誤飲・催吐処置 - ドーベルマン クロ

    誤飲・催吐処置

    クロは今までに動物病院で催吐処置を2回お願いしました。催吐処置とは食べたものを吐き出す処置です。その性質上、吐き出す際に喉に詰まって危険な状態となることもあります。また胃の中のものを出させるため、誤飲から遅くとも2時間以内に処置を開始する必要があります。処置内容は嘔吐を促す注射をしてから吐き出すのを待つ(30-40分ほど)、その後嘔吐を止める薬の投与を行います。(嘔吐が続くと脱水状態となるた...

  10. 獣医さんの選び方 - ドーベルマン クロ

    獣医さんの選び方

    ドーベルマンの罹りやすい病気の一つに胃捻転があります。早急に対処しないと命に係わる恐ろしい病気です。一番には食事後は安静にして胃捻転になるような状況を作らないことが大切なのでしょうがもし発症してしまうと手術が必要なため、獣医さんのお世話になることになります。獣医さんを選ぶ際には夜間診察の状態(ホットラインがあるかなど)、その動物病院での手術が可能かどうかも確認しておくとよいかと思います。現在...

  11. 下痢 - ドーベルマン クロ

    下痢

    ドーベルマンは胃腸が弱い、とは聞いていました。クロは9カ月頃まで便がゆるいことが多く、よくRoyal Caninの療養食(消化器系)のお世話になっていました。このフードには成犬用・子犬用があります。子犬が下痢になると一日に必要なカロリーが不足し、重篤な症状になることもあるため栄養価の高い子犬用フードを選ぶよう獣医さんからアドバイスがありました。(その際、体重に合わせてきちんと分量を量ることも...

  12. サイズは違えど・② - ドーベルマン クロ

    サイズは違えど・②

    牛も小さいうちは好奇心旺盛でフレンドリー。(成牛はここまで寄ってきません。)お互いに鼻をペロペロしていました。

  13. サイズは違えど - ドーベルマン クロ

    サイズは違えど

    馬と犬。案外、相性がいいのかもしれません。大はしゃぎのクロにも大人な対応のジョーイ(馬、2歳)。

  14. 小さい頃は他の犬とのふれあいが大切 - ドーベルマン クロ

    小さい頃は他の犬とのふれあいが大切

    子犬のうちは他の犬と触れ合うことがとても大切です。遊びのなかで犬同士のマナーを学んでいきます。大人になるにつれ、犬同士よりも人と遊ぶ楽しさを学んでいくようですが子犬のうちはできるだけ他の犬と触れ合う機会を作りましょう。ドーベルマンだからなのか、クロの性格なのか・・・オス特有の足を上げておしっこをするようになった頃からほかの犬にマウンティングされると怒る(唸る)ようになりました。それまではマウ...

  15. 咬み傷 - ドーベルマン クロ

    咬み傷

    犬同士の喧嘩、特にオス同士、さらに去勢していないオスに対しての喧嘩が多いようです。クロ、7カ月になったころ、ドッグランで2歳のピットブルに鼻を噛まれてしまいました。血が出ていて傷口が見えている状態でしたが20分ほど止血して家に帰ったころには血が止まっていました。この日は平日の午後7時半。動物病院は既に閉まっていたので翌日行けば大丈夫だと思いました。でも犬の咬み傷はできるだけすぐに動物病院に連...

  16. 誤飲 - ドーベルマン クロ

    誤飲

    クロは5カ月の頃に腸閉塞で手術となりました。原因は猫のおもちゃ(小さな音がでるネズミ)の誤飲によるものでした。誤飲による症状(嘔吐、下痢、食欲不振)は2~3日ででる場合もあれば数週間、なかには数年経ってから出るものもあるようです。クロの場合はいつ食べてしまったのかがわかりません。ある日の朝4時ごろに下痢(泥状)、そのうえ嘔吐(白っぽい黄色の泡)もあり、様子をみている場合ではない※と思いました...

  17. 初めに教えること - ドーベルマン クロ

    初めに教えること

    子犬のトレーニングで大切なこと、いろいろあるかとは思いますが、私にとっては①ドロップ(放せ)②リーブ(離れろ)だと思います。危険なものを口にしたときに放せるようになること①、危険な場所から離れさせること②、ともに命を守る大切なコマンドです。私はこの大切さを知らずに間違ったことをしていました。お散歩デビューしてから道に落ちている色々なものを口に入れてしまうクロに対し、必死に口から取り上げようと...

  18. トレーニング - ドーベルマン クロ

    トレーニング

    我が家の場合、トレーニングの肝は2つ:繰り返す(コマンド)褒めて伸ばすでした。10カ月の頃、反抗期?と思われる時期が2週間ほど続きました。(この前、9カ月の頃から散歩時の引きもなくなり、トレーニングの成果がでてきた、やった!と思っていた矢先のことです。)楽しく遊んでいたと思ったらいきなり唸る、噛み付くしぐさ、体当たりなどこちらが痣になるようなアタックをしてきました。始まった当初、「どうしてこ...

  19. アシュレイさんの整体 - はばたけ MY SOUL

    アシュレイさんの整体

    アシュレイさん病院でセラピードッグをしている心優しいドーベルマンなんです。わき腹を擦っていると後ろ足をかくようなしぐさをするようになったとご相談がありました。何か違和感があるのか?アシュレイさん骨盤(寛骨)のねじれがあります。腰のずれは体のバランスを崩して不調につながってきます。若いうちは筋肉でカバーできたかもしれませんが、シニアになってくると様々な症状としてでてきます。アシュレイさん肩甲骨...

  20. Hello Berg !! - Doggie Do!! / good dog and hello cat !!

    Hello Berg !!

総件数:27 件

似ているタグ