ナイフのタグまとめ

ナイフ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナイフに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナイフ」タグの記事(62)

  1. ナイフ - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    ナイフ

    小さいけれど、確かな光だscript data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  2. 守り神 - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    守り神

    今度は上手くやろうと思うscript data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  3. J・ロジャース4ブレードのエキシビションナイフ - 銀器とナイフに魅せられて

    J・ロジャース4ブレードのエキシビションナイフ

    Joseph Rodgers Sonsは英国アンティーク・ナイフの2大メーカーの一つですが、美しい特別仕様ナイフ(のちにエキシビションナイフとして紹介されています)を数々製作しています。紹介するナイフと同じものが「Sheffield Exhibition Knives」という大判の本でSilverSteelというページに紹介されています。★白蝶貝のハンドルの模様からすると手持ちのナイフその物...

  4. 銀製フルーツナイフ&フォーク(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    銀製フルーツナイフ&フォーク(アンティーク)

    コロナ騒動で毎週行っていた習い事の教室に行けなくなったり、他にも色々と気を取られていて、更新がだいぶ空いてしまいました。ところで以前にも書いたことがあるのですが、もともとは鋼製のナイフに興味があり様々な種類のナイフを集めていたのですが、バターナイフ以外で初めて出会った銀のナイフがシルバー・フォールディング・フルーツ(SFF)ナイフです。一時期、色々なところで熱心に探したのですが、このような折...

  5. Barebones Living [ベアボーンズリビング] No6 フィールドナイフ2.0 [20233009] ナイフ・包丁・キャンプ用品・アウトドア・MEN'S/LADY'S - refalt blog

    Barebones Living [ベアボーンズリビン...

    ベアボーンズ No6 フィールドナイフ2.0はアウトドアには欠かせないアウトドアマン向けナイフです。フルタングで強化された高炭素焼き戻しスチールブレードは強く信頼性の高いものになります。ワックスキャンバス素材の鞘が付いています。Barebones Living [ベアボーンズリビング] No6 フィールドナイフ2.0 [20233009] ¥10,000+TAX詳しい説明はこちらからどうぞr...

  6. フェミさん「男ってこうゆうナイフが好きなんでしょ?w」→すまん言い返せなんだ… - フェミ速

    フェミさん「男ってこうゆうナイフが好きなんでしょ?w」...

  7. バスの中、キチガイ男にナイフで脅される - でたらめ予知夢日記

    バスの中、キチガイ男にナイフで脅される

    これも怖い夢バスツアーに家族と参加した。しかし家族とはバラバラの座席に座り私は前の方の席。前方に立つ若い男が何やら哲学的な事をブツクサと演説の様に喚いていてヤバそうな雰囲気突然男がナイフを振りかざし「おい!!ババアっ」「ぶっ殺すぞぉー」「怖いか?おいっ」と言って私の喉元にナイフを突き付けた。私は「ヤメテ下さい」と後ろの席にも聞こえるように言った前方席一帯から悲鳴が上がりバス全体に事件が起きた...

  8. 刃物に強いグローブ、あります! - 秀岳荘みんなのブログ!!

    刃物に強いグローブ、あります!

    人気のテムレスに耐切創性(ナイフなど刃物のカッティングからの保護)に優れたモデルが登場!!見た目はフツーの作業用グローブですが、繊維部には丈夫なケブラーとステンレスワイヤー糸を採用したもの。その名も「11CRAFTSMAN」!アウトドアでナイフや鉈を使う機会がグッと増えた最近のキャンプシーン。薪や枝などの棘からお肌を守るにもおススメ!サイズはM・Lの2種類。販売価格は一組¥1614(税込)で...

  9. 初めての銀のバターナイフ - 銀器とナイフに魅せられて

    初めての銀のバターナイフ

    もともと銀製品はアメリカネイティブの作ったボロタイ(ループタイ)やベルトバックルを集めていたのでしたが、20年近く前に、初めて手に入れた銀のバターナイフです。当時、ヤフーオークションに参加して一年たったころでしょうかその頃はまだ熱心に収集していたカスタムナイフ類を検索していて、このバターナイフに出会いました。 それまで収集していたナイフとは全く違ったそのブレードの形状や、象牙ハンドルの細工の...

  10. 私のペティナイフ - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    私のペティナイフ

    残暑ですね。台風の影響もあると思うけれど、ジメジメ、ジトジト・・・過ごしにくいです。こんな時は、家族もあまり食欲がないし、私もできる限り、楽をしたいので、ラッキーとばかりに、前菜に、こんな一品を用意します。味付けは、お好みで♪カットするだけの、トマトとモッツァレラとアボカドのサラダ。さっぱりしているので、食べ始めると、意外と食欲がわいてきて、モリモリ食べれるようになるみたい。ただし、トマトも...

  11. アンティーク英国製ミニナイフ - アンティーク(骨董) テンナイン

    アンティーク英国製ミニナイフ

    アンティーク小さなナイフです。シルバー製です。生前整理、遺品整理のお手伝いもさせていただきます。捨てる前にご相談ください。壊れた時計、使わない筆記用具、古いラジオ、50年以上前の物は人気があるものが少なくありません。家を売却する、引っ越しをする時はお問合せください。思わずお小遣いになるかも知れません。本日の買取品はありませんでした。ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドジュエリーは高価...

  12. 色々なハンドルのクイルナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    色々なハンドルのクイルナイフ(アンティーク)

  13. アンティーク登山用ナイフコレクション - アンティーク(骨董) テンナイン

    アンティーク登山用ナイフコレクション

    アンティークキャンプ用の登山ナイフです。コレクターからの買取品です。生前整理、遺品整理のお手伝いもさせていただきます。捨てる前にご相談ください。壊れた時計、使わない筆記用具、古いラジオ、50年以上前の物は人気があるものが少なくありません。家を売却する、引っ越しをする時はお問合せください。思わずお小遣いになるかも知れません。本日の買取品はプラチナ製ダイヤ帯留め、18金カフス、etcでした。ダイ...

  14. ハンティング彫刻ハンドルのナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    ハンティング彫刻ハンドルのナイフ(アンティーク)

    ドイツはゾーリンゲン等の刃物生産地が有名で、ヘンケル、ボーカーなど有名メーカーも多数知られています。ドイツ製のアンティーク・ポケットナイフとなると、日本では見かけることが少ないのが残念ですが、私が気づかないだけで、きっと素晴らしいナイフが沢山あるはずです。紹介するナイフは1800年末頃、ドイツで作られた物です。4刀SENATOR(or EQUOL-END PENS)ですが、年代を経てもとても...

  15. 3本の白蝶貝クイルナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    3本の白蝶貝クイルナイフ(アンティーク)

    羽根ペン削り用のクイルナイフを始めとして、他の用途の小型ナイフにも白蝶貝ハンドルが多く見られます。特にクイルナイフは、同じ白蝶貝ハンドルでも造形が様々で凝ったものが多く、飽きることがありません。★一番上は、スッキリとした装飾のないハンドルパターンで、一般的なペンナイフに多い形です。Joseph Rodgers Sons-cutlers to her majesty- (Sheffield18...

  16. シルバーブレードの多徳ナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    シルバーブレードの多徳ナイフ(アンティーク)

    シルバーブレードを併せ持った多徳ナイフ(Multi-Blades)は、あまり見かけることはありません。メインブレードがシルバーで、他に二本の鋼製ブレードを持ちます。さらにコークススクリューもあって、この構成は珍しいですね。当時の一流メーカーの製作で、ブレード開閉のアクションも良好、手にした時の感触も気持ちの良いものです。★美しいべっ甲ハンドルにはシルバーで形造られた文様がインレイされています...

  17. 一本だけね - スズキヨシカズ幻燈画室

    一本だけね

    絵の具が乾くまでの間だけだからね。一本だけだから。しばらく飾りケースの中に置き去りにして仕舞ったのでサビ(錆)が浮き始めていていました。絵の具が乾くまでの間に、、サビを落として油を引きました。バルセロナの蚤の市「ロス エンカンテス」にて、、錆びた古釘やら壊れた工具やらを売っていたじいさんから、(半端ない程サビついた状態で)たしか100円くらいで購入したと記憶しています。今の日本ではポケットナ...

  18. 4ブレードコングレスナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    4ブレードコングレスナイフ(アンティーク)

    4つのブレードを持つコングレスタイプのナイフです。ハンドル背部が内側に反っている形はコングレス(Congress)と呼ばれます。コングレスの場合メインブレードは普通シープフットと呼ばれる形がほとんどです。シープフットブレードは背側が先端の方だけ下方に湾曲していますが、このナイフは根元から湾曲の始まるワーンクリフ(Wharnclife)ブレードを持っています。(向かって左側のブレード2本)この...

  19. シードピックのあるSFFナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    シードピックのあるSFFナイフ(アンティーク)

    SFF(Silver Folding Fruit )ナイフにも色々なタイプがありますが、サブブレードにシードピック(seed pick 又はseed pip pick 果物の種を取る)のついたナイフです。特にアメリカ製のSFFナイフには、シードピックがついたものがとても多いですね。上側のナイフのメーカーは、スプーンでも紹介した銀食器で有名なGORHAM社です。19世紀から20世紀初頭のもの...

  20. 特徴的なジョージアン・S・F・F・ナイフ(アンティーク) - 銀器とナイフに魅せられて

    特徴的なジョージアン・S・F・F・ナイフ(アンティーク)

    1700年代末のジョージ三世王時代のS・F・F(シルバー・フォールディング・フルーツ)ナイフです。以前も紹介しましたが、この時代のS・F・Fナイフにはデューティーマークとライオンパサントの二つの刻印しか在りません。どういった理由でこのようなホールマークになったのかは定かではありませんがこの種のナイフ以外には、お目にかかった事はありません。(時々、一つだけマークが見当たらないことはありますが。...

総件数:62 件

似ているタグ