ナガサキアゲハのタグまとめ

ナガサキアゲハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナガサキアゲハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナガサキアゲハ」タグの記事(173)

  1. 演劇能の定価は五円です - スポック艦長のPhoto Diary

    演劇能の定価は五円です

    全くの誤変換です嚥下機能の低下は誤嚥を引き起こす何のことかお話しますと・・・最近喉の調子がおかしい2~3か月前から空咳が出る2か月前に誤嚥して息が止まりそうになった嚥下する瞬間にむせて吐き出す食べたものが喉に引っ掛かって出るも入るもできないそんなことが続いたので医者に診てもらうことにしたできものが出来ているか喉頭ガンかもしれないそんな不安がよぎって心配になった診断は嚥下機能の低下だそうです多...

  2. ヒガンバナとシロバナマンジュシャゲにナガサキアゲハのメスByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒガンバナとシロバナマンジュシャゲにナガサキアゲハのメ...

    何回か別の記事を挟み続いたヒガンバナとアゲハのコラボも、今回の記事で終了。アゲハの撮影も今年これで終わりだと思うと寂しい気持ちになりますが、今年は最後に思う存分撮らせてもらったので、穏やかなに別れを告げられます。最後に撮影したアゲハはナガサキアゲハ。前回記事の子とは斑紋が微妙に違うので、別個体の様です。この日は晴れていたので絵もすっきりしています。休憩を撮って終了。蝶の季節もあと少し、最後ま...

  3. クロマダラソテツシジミ(2020/10/13) - 小畔川日記

    クロマダラソテツシジミ(2020/10/13)

    今年はクロマダラソテツシジミが関東に来ているという。クロマダラソテツシジミ(以下クマソ)自体は何度も撮っているし、南の島に行けば、最近はカメラを向ける気にもならないくらいの普通種になっている。それで最初のうちはあまり気にしていなかったけど、過去にないくらいの大発生だということなので、ここまで渡って来た雰囲気の写真が撮れればということで出かけることにした。ただ、ソテツのある場所が良く分からない...

  4. シロバナマンジュシャゲにナガサキアゲハのメスByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    シロバナマンジュシャゲにナガサキアゲハのメスByヒナ

    ちょっとサボっていたので久しぶりの投稿。ヒガンバナとシロバナマンジュシャゲシリーズの最後はナガサキアゲハです。沢山撮ったので、2回に分けて紹介します。アゲハの仲間はオスとメスの模様の違いがあまりないですが、ナガサキアゲハは別。メスの後翅の白斑が魅力的で個体差も大きいので、撮影もより力が入ります。今回は曇りに撮影したもので、ちょっと絵が重く見えますね。飛翔。やはりヒガンバナが入ると華やかに。

  5. ヒガンバナの里で-5(2020/10/6) - 小畔川日記

    ヒガンバナの里で-5(2020/10/6)

    10月6日は再度ヒガンバナに来る黒系アゲハを見に行く。先日ここで撮影した帰り道、卵屋さんでサツマイモの茎と葉の部分を売っていたので買って食べてみたらとてもおいしかった。以前家庭菜園をやっていた時にも食べていたけど、売っていたのはそれ専用に品種改良をしたものとかで、香りがとてもよかった。それでもう一度買いたいなというのも出かけた大きな理由。ポイントに着いて歩き始めると、ヒガンバナはまだ大丈夫だ...

  6. ナガサキアゲハ - 四季の予感

    ナガサキアゲハ

    トネアザミに数頭のナガサキアゲハが吸蜜に集まっていましたが、白とオレンジ色の綺麗な翅をした雌の姿も見ることが出来ました。✅画像クリックで拡大してご覧いただけます✴️(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)Canon EOS 5D Mark Ⅳ+Canon EF300mm F2.8L USM+Extender EF2xⅡいつもご覧いただきましてありがとうございます。ポチッと一押し、応援...

  7. 5/4ナガサキアゲハ - ブログ和歌山の里山便り2

    5/4ナガサキアゲハ

    この時期、ここ数年の恒例となっている黒いアゲハ探し。そろそろポイントとなるツツジが咲いているかなと、いつもの山へ行ってみました。するとツツジは良い感じに咲いていたのですが、肝腎のアゲハは現れず。家を出るときは気持ちいいくらい晴れていたのに、現地に着いたら雲が広がっていて、時折日差しが出る天気にガッカリ。さんざん粘ってやっと1頭。ナガサキアゲハそれもあっという間に飛び去ってしまい、満足できる写...

  8. 蝶の撮影会 - 季節の映ろひ

    蝶の撮影会

    アサギマダラを撮影していたトネアザミには、ナガサキアゲハも吸蜜にきていました。結局この日は鳥撮影は断念し、蝶の撮影会になってしまいました。ナガサキアゲハ♂ナガサキアゲハ♀気に入っていただきましたら、ポチッと応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。

  9. 2020.10.3東京・恵比寿ジャコウアゲハ2020.10.15 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.10.3東京・恵比寿ジャコウアゲハ2020....

    2020.10.3ヤマトシジミを撮っていたら、ジャコウアゲハがアベリアにやって来た。敏感でなかなかうまく撮れず、アベリアでは1枚だけ。彼岸花にやって来たが一度だけ。アベリアにも来なくなり、薄日の中で日向ぼっこばかりしていた。そっと飛ばしても飛ばしてもすぐ近くでベタ開翅。ジャコウアゲハはここでは珍しいのだが、撮り飽きてしまった。今年はナガサキアゲハがまるで少なく、10月になってやっと初登場。す...

  10. ヒガンバナの里で-4(モンキアゲハ:2020/9/29) - 小畔川日記

    ヒガンバナの里で-4(モンキアゲハ:2020/9/29)

    別の場所に移動すると、道沿いのヒガンバナにモンキアゲハが吸蜜に来ているのが見えた。道路沿いなので、家内を下ろして少し先の駐車場に車を止めて戻ることにする。私が戻るまでの15分くらいの間に、家内は無事モンキアゲハを撮影していた。家内撮影家内撮影家内撮影家内撮影私が戻った時にはモンキアゲハはいなくなっていたけど、ナガサキアゲハが何頭か吸蜜していた。ここにはオスしか吸蜜に来なかったけど、傷んでいな...

  11. ヒガンバナの里で-3(ナガサキアゲハ:2020/9/29) - 小畔川日記

    ヒガンバナの里で-3(ナガサキアゲハ:2020/9/29)

    28日のヒガンバナの場所にはクロアゲハしかいなかったので、29日はヒガンバナが終わらないうちに別の場所に出かける。車を置いて歩き始めるとすぐにナガサキアゲハのメスがヒガンバナに来ていた。落ち着きなく吸蜜しているけど、その場所を離れなかったので無事撮影できた。家内撮影家内撮影これで取りあえずは撮れたので、いつも撮影しているポイントへ歩いていく。そこもヒガンバナはちょうど良い感じで、ナガサキアゲ...

  12. モンキアゲハ房総の秋の蝶① - 蝶のいる風景blog

    モンキアゲハ房総の秋の蝶①

    体調を崩し、しばらく伏せってしまった。40度の高熱が2日続き、かなりやばいなと覚悟もした。息子の嫁に車で病院に連れて行ってもらった。レントゲンに白い影が少しあった。5日ほどで何とか熱も収まり、最悪の危機は脱した。落ち着くと蝶と会いたくなった。妻からは「いい加減にしなさい」と怒られながら、房総に出掛けた。もう遅いと思いながらヒガンバナに来る黒いアゲハを見たいと思った。ヒガンバナはまだ何とか間に...

  13. 再訪、曼殊沙華に集う、ナガサキアゲハ達(2020/09/29) - 里山便り

    再訪、曼殊沙華に集う、ナガサキアゲハ達(2020/...

    前回あれだけ撮った 'モンキ' ・ 'ナガサキ'、殆んどが証拠撮り。その後天気が崩れ再訪できなかったが、今回予報が晴れと出ていた。前日 'maximiechan彡' が吸水ポイントで12頭の集団吸水が撮影できていた。20頭以上群れていたという。魅かれるように柳の下の何とか狙いでしたが、現場は雲に覆われ、遭えなく撃沈の憂き目に,,...

  14. 曼珠沙華は満開だが・・・・in2020.09.21~10.03埼玉県見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    曼珠沙華は満開だが・・・・in2020.09.21~1...

    先週末の状況より見沼田んぼの曼珠沙華もそろそろ満開ではと電動アシスト自転車で見沼田んぼに出かけてみました。in2020.10.03見沼田んぼ「アゲハ」時間を遡って9月後半に入っても曼珠沙華は殆ど咲いておらず「アゲハ」だけが元気に飛び回っていました。in2020.09.21見沼田んぼin2020.09.27見沼田んぼやっと本日は曼珠沙華が満開になったものの「アゲハ」の個体数が減り曼珠沙華に吸蜜...

  15. ナガサキアゲハ他10月3日 - 超蝶

    ナガサキアゲハ他10月3日

    土曜日、朝からドン曇りの知多半島。朝活で、知多半島の蝶撮りスポットを一回りしました。彼岸花はほぼ満開でしたが、この天気では黒系アゲハは、極少・・・それでもナガサキアゲハ極美な♀に出会えました。アサギマダラの渡り知多半島にも到達していました。

  16. 嗚呼ぁ!! 此方も証拠撮りの山、曼殊沙華とナガサキアゲハ(2020/09/21)② - 里山便り

    嗚呼ぁ!! 此方も証拠撮りの山、曼殊沙華とナガサキア...

    過写の3000枚超え、全くいいところが映し出せなかった。「奇跡の一枚」は撮れたものの、悩んでしまった。被写体もこれでもかと出てきてくれたのだが,,,,,年を感じてしまったのも事実なのかな?ナガサキアゲハ(長崎揚羽)The Great Mormon [Papilio memnon Linnaeus, 1758]暗い中でのお眠な映像です。冴えがないですね。嫌いでは無いのですが,,,,,いい感...

  17. 嗚呼ぁ!! 此方も証拠撮りの山、曼殊沙華とナガサキアゲハ(2020/09/21)① - 里山便り

    嗚呼ぁ!! 此方も証拠撮りの山、曼殊沙華とナガサキア...

    数が多く見られたのに撮っていなかった。偶々、そばに来た個体を撮っただけ、傷ついていたが 'モンキ求愛シーン' に気を取られてしまった結果ですね。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦」で挑んだ結果が、情けないショットになってしまった。Too much scheming will be the schemer's downfall.It backfired on me....

  18. 埼玉のナガサキ&モンキアゲハ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    埼玉のナガサキ&モンキアゲハ

    昨日の続き、埼玉の自宅近くの彼岸花に吸蜜に来たアゲハを再度掲載しておきます。個人的にはモンキアゲハに興味があるのでナガサキより、そちらに時間を掛けたのでナガサキの撮影は少なかった。モンキアゲハは1頭のみ見かけたけど、左尾状突起が損傷していたのが残念だった。

  19. ナガサキアゲハヒガンバナの寺再訪 - 蝶のいる風景blog

    ナガサキアゲハヒガンバナの寺再訪

    宮坂静生の俳句を見ていたらこの年の烏揚羽の墨淡しというのがあって、思わず膝を叩いた。さすが俳人らしい観察眼だなあと思った。こういう視点を持っていつも蝶の撮影をしたいと考えた。今日は天気予報とは違って少し曇り空だったがヒガンバナの寺を再訪した。先日はまだ2、3分咲きだったが、今日はちょうど満開か、ちょっと満開を過ぎたくらいの感じだった。しかし、蝶は期待に反していっこうに現れない。9時半から10...

  20. 渓流沿いのナガサキアゲハ - 風任せ自由人

    渓流沿いのナガサキアゲハ

    秋晴れのよい日になった。朝、我が家のベランダから、山頂に雪を頂いた富士山がはっきりと見えた。今回の写真は、集団吸水や彼岸花での吸蜜を撮影したのと同じ渓流沿いで写したナガサキアゲハ。せっかく渓流沿いに咲いている彼岸花に吸蜜に来る彼らなので、(できるだけ)その流れも入るようにカメラを構えた。そして、単なる吸蜜はもうたくさん撮影しているので、飛翔(飛び出し)にも挑戦してみた。日差しの強さはその撮影...

総件数:173 件

似ているタグ