ナチスのタグまとめ

ナチス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナチスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナチス」タグの記事(15)

  1. 世界を支配する秘密勢力の正体 - Chibamai's Blog

    世界を支配する秘密勢力の正体

    イギリス人でアメリカに渡り、カリフォルニア州立大学やスタンフォードで経済学の教授、歴史学の研究員などの経歴があるアンソニー・サットン氏(1925―2002)の著書を紹介します。タイトルは「アメリカの秘密エスタブリッシュメント―スカル・アンド・ボーンズ会(America’s secret establishment-an introduction to the order of Scullan...

  2. ナチス略奪絵画 - 山登り系 KADHAL

    ナチス略奪絵画

    NHK「アナザストーリーズ」で、なぜ今このテーマなのかわからないが、ナチスの略奪絵画のことやってた。ナチスが退廃芸術として違法に没収した絵画を、当時のナチスお抱えの画商が自宅で保管していた!!!それも1000点以上。・・・って、これは驚天動地の事件だったはず。その中には、戦後行方不明になった、数多くの重要な現代芸術が数多く含まれているはずだから。そしてそこには、もしかして、フランツ・マルクの...

  3. 中共のジェノサイドの共犯者になるか手を切るか - 私の心の宇宙

    中共のジェノサイドの共犯者になるか手を切るか

    先見えのしない事務屋である。首相ともなれば、日本の将来像が必要である。高い視点の欠落、広い視野の欠落、日本の過去の歴史に対する認識の欠落、未来の日本のあるべき姿がイメージできていない。低い視点と狭い視野、目先しか見えていなければ、人間として何が一番大切かがわからない。コロナか。コロナコロナと言っていれば済むと思っているのか。そのコロナ対策にしても迷走する。自分というものがなくて操り人形だから...

  4. 日本には根強い親中派国会議員や企業がいる - 私の心の宇宙

    日本には根強い親中派国会議員や企業がいる

    こんな残虐非道で非人道的犯罪組織で、中国人民の政府でもない中共になぜ媚びるのか。いくら財界のため、金のためとはいえ、私は絶対に理解できない。親中派の人々は金のためにこのナチス以上の残虐非道な組織の犯罪を見て見ぬ振りをし、共犯者になっていることに良心の呵責はないのだろうか。知らないはずはない。知らなかったでは済まされない。国際金融資本も同じだ。元閣僚のエセ経済学者もそうだ。国のためではなく、立...

  5. NHK映像の世紀 ナチス狂気の集団 - 流れる雲のように

    NHK映像の世紀 ナチス狂気の集団

    NHK映像の世紀ナチス狂気の集団備忘録ベルリン日刊新聞の記事より(ナチス評)行きところのないアウトロー気分迷える子羊たちの若気の至り自分とは別の人種をねたむ劣等感雲をつかむような政治主張むき出しの暴力本能理想主義を装う自己陶酔そうしたものをごた混ぜにして抱え込んだ団体であるハンナアーレントの著作物より自分の昇進に恐ろしく熱心だったこと以外に彼には何の動機もなかったこの熱心さはそれ自体としては...

  6. ナチスを遥かに超える悪魔の組織中共 - 私の心の宇宙

    ナチスを遥かに超える悪魔の組織中共

    FacebookもTwitterも大統領選挙でバイデン寄りで、トランプ側の投稿は片っ端から削除しているそのつもりでFacebookもTwitterを利用しなくてはならない。決して中立ではないのだ。アメリカの大手メディアもバイデンの不正については何ひとつ触れない。アメリカの政治家でさえ「中共の本性」に対する認識がこの程度なのかと驚いた。金や経済に目がくらんでいる場合ではない。日本はもっとひどい...

  7. 「ソニアナチスの女スパイ」@新宿武蔵野館 - 辛口映画館NEXT

    「ソニアナチスの女スパイ」@新宿武蔵野館

    公開から3週間近く経った月曜日の夕方。スクリーン3には10名位の客入りだ。映画の話第2次世界大戦中、ナチス占領下のノルウェー。ナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンは、人気女優ソニア・ビーゲットをプロパガンダに利用しようと画策する。その一方で、ソニアは隣国スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。一度は要請を拒否するソニアだったが、逮捕された父親を解放させる...

  8. 英BBCが「ナチスと中国共産党は同じ」と断じたこれだけの共通点 - 音楽 と いろいろなこと   ~aucune musique aucune vie~

    英BBCが「ナチスと中国共産党は同じ」と断じたこれだけ...

    https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_257958/https://www.mag2.com/p/news/257958「中国共産党が最も恐れた男・劉暁波氏はどんな人物だったのか?」で、7月13日に亡くなった人権活動家・劉暁波氏の生涯をご紹介しましたが、劉氏の影響力はどれほど大きなものだったのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジ...

  9. アベは、ジャパンライフ・山口を容認できないというのなら事実を究明すべきだ&「独ソ戦」 - 梟通信~ホンの戯言

    アベは、ジャパンライフ・山口を容認できないというのなら...

    きのうは暗くなりはじめてからの散歩、少し残った夕焼けと5・5日月を眺めながら歩いた。(水たまりの月、わかるかな)国会中継は予想したとおり、桜を見る会をめぐる様々な疑惑についてのアベの答弁は腹が立つだけのものだった。悪徳商法のジャパンライフ会長を招待したかと問われ「個人情報だから回答を控える」、本人がアベから招待されたと広告塔につかっているってのに!「一般論として、会が企業や個人の違法、不当な...

  10. MY MEMORY OF US - OVERBOARD

    MY MEMORY OF US

    MY MEMORY OF US (マイ・メモリー・オブ・アス)はい、どうも。いつもニワカのブログでありますが、今回もプレイして面白かったゲームの狭く浅い感想です。ここ数年インディーゲームは本当によく出来ていて面白いものばかりですが、これも面白かったです。ゲームの内容はいつも通りあまり触れませんが、ロボットが支配する戦火で少年少女が自由や友情の為に戦って行くアドベンチャーゲームです。「LIMB...

  11. 私たちはなにも知らなかった「ゲッペルスと私ナチ宣伝相秘書の独白」(ブルンヒルデ・ポムゼン+トーレ・D.ハンゼン) - 梟通信~ホンの戯言

    私たちはなにも知らなかった「ゲッペルスと私ナチ宣伝相秘...

    近くの路上で小1の子がバスに轢かれて亡くなった。テレビで世田谷の道路事情を後追いで報道しているせいもあって、あったこともないその子のこと、親たちのことがとても気の毒で胸が痛む。ゲッペルスの秘書をしていた女性が104歳のときに語った「あの頃」のこと。あのころと似た無関心は、今の世の中にも存在する。テレビをつければ、シリアで恐ろしい出来事が起きているのはわかる。たくさんの人々が海で溺れているのが...

  12. 嵐の中の教会 - イエスと共に

    嵐の中の教会

    『嵐の中の教会~ヒトラーと戦った教会の物語~』(ブルーダー著森平太訳)を深い感動をもって読み終えた。1932年の春、山の上にあるリンデンコップ村の教会に30代前半の若いグルント牧師が赴任してきた。村人は皆生まれたときからキリスト教徒ではあったが、のんびりと満足しきっていた。木こりのペーターも教会の代表役員ではあったが役員会というのものは十年間一度も開かれてはいなかった。グルント牧師は戦友だっ...

  13. 目をつぶらないで映画「ヒトラーと戦った22日間」 - 梟通信~ホンの戯言

    目をつぶらないで映画「ヒトラーと戦った22日間」

    ポーランドのソビボル絶滅収容所に蒸気機関車にひかれた列車が着くと、囚われのユダヤ人たちが歓迎の演奏を行い、拡声器からは「新しい人生が始まる」というメッセージが放送される。ぞろぞろ降りてきたユダヤ人たちは、一時的な手続きだという言葉を信じて男と女、手に職のある者に分けられ荷物を預けさせられる。僕はこの後に続く地獄図絵を知っていながら、到着直後のユダヤ人たちの一種の期待すら感じられる興奮の喧騒を...

  14. 6・29「なんとかならんかこの日本」 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    6・29「なんとかならんかこの日本」

    モリかけ疑惑をまともに説明せず、それどころか、アベゲート事件は益々疑獄化しています。安倍氏の腹心である麻生氏は厚顔にも財務省のトップでありながら自らは責任を取ろうとしません。それどころか、麻生氏は、これまで数々の暴言・失言を繰り返してきましたが中でも特筆されるのが「ナチスの手口に学べ」です。この言葉通りに、安倍政権のありようはまさしくナチスの手口としか言いようがありません。しかし、真に学ぶべ...

  15. 6月21日(木)/「ゲッベルスと私」鑑賞 - Long Stayer

    6月21日(木)/「ゲッベルスと私」鑑賞

    今日は「ゲッベルスと私」を観に行ってきました。上映は神保町の岩波ホールです。今回の映画は、103歳というゲッベルスの元秘書、ブルンヒルデ・ポムゼルさんが69年の沈黙を破って当時の状況を語る、というインタビュー・ドキュメントです。そして彼女の語りの間に当時のアーカイブ映像がインサートされるという形で映画は進行していきました。ご承知の通り、ゲッベルスはナチの宣伝部門を担った大臣で、元秘書は彼こそ...

総件数:15 件

似ているタグ