ナックルのタグまとめ

ナックル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナックルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナックル」タグの記事(17)

  1. 1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ

    今日はIさんのナックルヘッドのお話元々付いていたリアシリンダーは上面が約3mm削られていて、使いものにならず(詳しくはコチラ)e-bayでやっと手に入れたシリンダーはNOSという事。勿論e-bay で手に入れたものなので実際の状態はわからないにで、ドキドキワクワクのチェック。入っていたピストン、シリンダー内径共にSTDサイズで問題無し。問題のシリンダー上面から下面の距離もフロント側の寸法とほ...

  2. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1967TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフはギアボックス周りメイン・レイシャフトベアリング交換しレイシャフトを仮組みしてスラストチェックし問題なし。ギアセレクターカムプレートのカシメられているシャフトが回り始めていたので溶接で点付け。シール取り付け、ハイギア・カムプレート取り付け。ギアボックッススプロケットは交換予定なので仮組み。苦労したのはプランジャーホルダー。ナット部がなめかかっ...

  3. 水曜日・木曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日・木曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッドは先日に引き続き細かな話が続きます。ブレーキ周りの問題が一段落しプライマリー回りの取り付けに。プライマリーインナーカバーは前側はクランクケースでマウント、リア側はフレームとオイルタンクでマウントします。Rチェーンガードと共止めである、プライマリーとオイルタンクのマウント部は以前から無理して留めてあったようで、穴位置が合わないです。オイルタンク前側のマ...

  4. 1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ

    今日はIさんのナックルヘッド前回にクロスオーバーシャフトに引き続き、ブレーキ周りの地味なお話です。リアブレーキペダル周り。ブレーキロッドは溶接され、調整が利かないと同時にフットボードマウントに干渉してしまっている、またリターンスプリングも付いていなかったので、交換・改良が必要。で、ピボット部がガタガタだったブレーキペダルを修正します。このタイプのものはペダルピボット部にブッシュが入っていませ...

  5. 1947FL1200 クロスオーバーシャフトブッシュ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 クロスオーバーシャフトブッシュ

    今日はIさんのナックルヘッド、ブレーキ周りのお話。フットブレーキペダルとリアブレーキを連結しているクロスオーバーシャフトの軸受けであるブッシュはシャフトとブッシュの隙間が目で確認できるぐらいガタガタ。以前にもお話しましたが、このあたりの古い車両は、車体周りの細かな部分がおざなりのことが多いです。ブレーキのタッチを左右する部分ではありますが、まぁここがガタでも走ってしまいますから・・・というこ...

  6. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000wさんのナックルヘッド一回フロートレベルの調整をした、フロートバルブ紛失事件などありつつ、調整し直し試乗、キャブセッティング。問題無さそうで、次回長めの試乗駄目だしとなります。WL ENGINEMさんのサイドバルブエンジン、ミッション持ち込みのMさんは自宅でローリングシャシー組み付け持ち込み。ブレーキ周りチェックをしてエンジン搭載、ヘッドトルク管理して組み付け。その他新た...

  7. 1947FL1200 フレーム・シリンダーヘッド干渉問題 - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 フレーム・シリンダーヘッド干渉問題

    今日はEさんのナックルヘッドののついて触れておこう。一旦ローリングシャシーになったもののフレームの状態が酷いということで、フレーム修正に出したんですよね。トップチューブの曲がりがあったため修正。また、ダウンチューブ下エンジンマウントあたりも曲がりありで修正。ステアリングヘッドの曲がりも修正。シートチューブには穴が開いていましたのでロウ付けし修正してもらいました。リアサスペンションを持たないリ...

  8. 日曜日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日・月曜日の授業風景

    1971 BSA A65TさんのBSAロッカー周りの音問題も解消し試乗。一回目の試乗ではキャブのニードルが外れかかって燻るトラブルがありつつも、他は問題なし。卒業が見えてきました。1985FXEF1340Tさんの4速エボサスペンシャンピボット部がオフセットし付けられているスイングアームのサスペンション取り付け部を補強の溶接し、余計なステー類は削り落とし、塗装作業。フレーム周りもタッチアップ的...

  9. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッドハンドル交換にともないスロットルケーブル、フロントブレーキケーブルの長さ調整し取り付け。また、以前製作してマフラーと取り付け試乗。エンジンを回した時に失火しているような症状が出ているので、もう少し煮詰めhが必要。1947FL1200Iさんのナックルヘッド仮組みだったRキャリアー取り付け、抜けてしまったエンンダートリムのスタッドを半田付け、Rバンパー取...

  10. 今日のgeemotorcycles は!8/24 - gee motorcycles

    今日のgeemotorcycles は!8/24

    まだまだ暑いですね〜猛暑の中!当店は元気に営業中です!シャッチョさんは~フロントフォークを組み立て中!!とこんな感じで!!出来た〜!!エノキングはこちらのショベルと格闘中!細かく調整して〜出来たよ!!エボリジの調子もチェック!!ちゃんと充電してる??ナックルさんは2トップで!!うーむ、どうかな〜とこんな感じの1日でした!!〜おまけ〜今日の事務所は〜肉女のご来店wお隣さんからの頂き物で〜すいか...

  11. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッドハンドル交換、POSH製のインナースロットを取り付け、ヘッドライトのハイローSWはヘッドライト側に移植し配線引きなおし。スロットルケーブルを通すための楕円穴あけ作業、またアウターケーブルストッパーの雌螺子加工し取り付け。1979FXS1200Sくんのショベルヘッドは車体周りの分解作業。カッチカチのタイヤは外し、ベアリング抜き取り。ネックベアリングレー...

  12. 土・日の授業風景  - Vintage motorcycle study

    土・日の授業風景 

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。純正フェンダーに穴あけ、緊張します。1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツ。T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。ス...

  13. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド車体外装周りの取り付けです。ネジ一本一本修正しつつ、さび防止をしつつ丁寧にとりつけていいます。細かいところまで丁寧に作業するのは、自分の車両を自分でいじるスクールならでは。1946WR750MさんのWRは車体周りの作業へ。配線は引きなおすのですべて外し、フォーク取り外し、フレームに溶接されていた後付ステーを削り落とす。形を仕上げ塗装。ネックベアリング...

  14. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッドハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。1946WR750MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合...

  15. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL1000Wさんは2台目の30年代ナックルのフレーム持込み。上下寸法が違うネック圧入部に合わせ、ネックベアリングカップ外径研磨。1947FL1200Iさんのナックルヘッドは外装部品取り付け。なんやかんやとオプションパーツ取り付けていますが、なかなか一筋縄ではいきません。1979FXS1200S君のショベルヘッドバルブガイドを抜いたシリンダーヘッドガイド穴計測。一生懸命カーボン除去し...

  16. 火・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火・水曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWRWR用の穴あきコンロッドのベアリングレースはフロント側(ナイフ側)は0.04mm楕円、リア側(フォーク側)も0.03mm楕円、しかもタイミング側とドライブ側で寸法が違います。D側・F側と寸法が違うリア側は一工夫しつつラッピングし、虫食い無し、真円に加工。真円加工したビッグエンドベアリングレース内径に合わせローラーベアリング選択。WRのコンロッドベアリングローラー...

  17. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000Wさんのナックルヘッド朝一で検査所に行き車検業務。無事終わり、VMSに戻り機械式レギュレーター(ボッシュのもの)のカットアウトとレギュレートの仕組み講習。継続車検が終わり早速ハンドル周りを交換しています。1979FXS1200Sくんのショベルヘッドシリンダーピストン計測し、ヘッド周り分解。地獄のヘッド周りカーボン除去であります。シリンダーとピストンのクリアランスはありえな...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ