ナックルのタグまとめ

ナックル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナックルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナックル」タグの記事(14)

  1. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL1000WさんのナックルヘッドOH済みとして手に入れた30年代のスプリンガーフォークチェック。ロッカーアームはブッシュはそんなに減っていませんが、スタッド側が大分減っていますので交換。ロッドブッシングは楕円がひどいので交換。リジットフォーク、スプリングフォークともに曲がりっぷりチェック。1979FXS1200S君のショベルヘッドはミッション周り76年LATEモデルからカウンター、...

  2. 火・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火・水曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッドギア周りの本組みが終わりシフター周りへ。シフターパウル周りのブッシュ、スプリング、爪など問題なくグリスアップし組み付け。メイン側のシフターフォークは錆びていたので新品に交換。ゲージをを取り付け、ドッグギアの位置チェック。問題なく組み付け。ガタがあったラチェットギアブッシュは単品製作し取り付け。0.2mmもガタがあったキックシャフトブッシュは使うキッ...

  3. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL1000Wさんのナックルヘッド1939ELの作業は終わり、2機目のトランスミッション。以前に途中まで進めていたもので、思い出しながらの作業で必要なパーツを確認。また、パーツの使えるか・使えないか確認。スピードメーターギア、スピードメータードライブユニットはそれぞれ年式ごとに3種類づつあり、この年式36年~61年はスピードメーターギアは7T、ドライブユニット11Tの組み合わせ。19...

  4. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。またクラッチプレートのボルトの長さ調整。NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10...

  5. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL10001939ELオープンロッカー化は一段落し、1937ELを進めて行きます。30年代のフレームさんのネック周りを計測し、ネックカップ外輪切削加工しフレームにネックカップ圧入。途中で止まっていたギアボックスの組み立て開始。1979FXS1200S君は1964XLCHのスプロケットシールをサンダンスの良品シールに交換。その後引き続き1979年ショベルのショベルシートカット。197...

  6. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッドオイルポンプの流れっぷりチェックを忘れていたので、プライマリー周りを組む前にチェック作業。インナープライマリーカバーとアウタープライマリーカバーの合わせ修正を終わらせ、プライマリー側組みつけ。クラッチハブを規定トルクで締め付け、クラッチハウジング・エンジンスプロケット・プライマリーチェーン取り付け。プライマリーチェーン・エンジンスプロケットは新品に交...

  7. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000オープンロッカー化したWさんのナックルヘッド試乗・キャブセッティングも済ませ機関問題なしでお持ち帰り。オープンロッカーの為、ある程度のロッカー部分のオイル漏れはありますので、地元山梨で乗り込んでもらい、漏れが多いようだとまた思考しようかというところ。1946WR750MさんのWRはエンジン周りは、外注加工待ち。シートマウント位置変更のため、マウントステー製作。1979FX...

  8. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッド元々付いていたリアブレーキのフロント側ロッドはクラビスがロッドと溶接され、曲がりがきつくリターンスプリングマウント側のフットボードステーと干渉。そのためリターンスプリングもついていませんでした。そのフロント側ブレーキロッド周り一新しそれぞれが干渉しない位置に。リターンスプリングが付いてことで、ペダル位置も調整できるように。アウター側インナー側のボルト...

  9. 1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ

    今日はIさんのナックルヘッドのお話元々付いていたリアシリンダーは上面が約3mm削られていて、使いものにならず(詳しくはコチラ)e-bayでやっと手に入れたシリンダーはNOSという事。勿論e-bay で手に入れたものなので実際の状態はわからないにで、ドキドキワクワクのチェック。入っていたピストン、シリンダー内径共にSTDサイズで問題無し。問題のシリンダー上面から下面の距離もフロント側の寸法とほ...

  10. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1967TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフはギアボックス周りメイン・レイシャフトベアリング交換しレイシャフトを仮組みしてスラストチェックし問題なし。ギアセレクターカムプレートのカシメられているシャフトが回り始めていたので溶接で点付け。シール取り付け、ハイギア・カムプレート取り付け。ギアボックッススプロケットは交換予定なので仮組み。苦労したのはプランジャーホルダー。ナット部がなめかかっ...

  11. 水曜日・木曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日・木曜日の授業風景

    1947FL1200Iさんのナックルヘッドは先日に引き続き細かな話が続きます。ブレーキ周りの問題が一段落しプライマリー回りの取り付けに。プライマリーインナーカバーは前側はクランクケースでマウント、リア側はフレームとオイルタンクでマウントします。Rチェーンガードと共止めである、プライマリーとオイルタンクのマウント部は以前から無理して留めてあったようで、穴位置が合わないです。オイルタンク前側のマ...

  12. 1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ

    今日はIさんのナックルヘッド前回にクロスオーバーシャフトに引き続き、ブレーキ周りの地味なお話です。リアブレーキペダル周り。ブレーキロッドは溶接され、調整が利かないと同時にフットボードマウントに干渉してしまっている、またリターンスプリングも付いていなかったので、交換・改良が必要。で、ピボット部がガタガタだったブレーキペダルを修正します。このタイプのものはペダルピボット部にブッシュが入っていませ...

  13. 1947FL1200 クロスオーバーシャフトブッシュ - Vintage motorcycle study

    1947FL1200 クロスオーバーシャフトブッシュ

    今日はIさんのナックルヘッド、ブレーキ周りのお話。フットブレーキペダルとリアブレーキを連結しているクロスオーバーシャフトの軸受けであるブッシュはシャフトとブッシュの隙間が目で確認できるぐらいガタガタ。以前にもお話しましたが、このあたりの古い車両は、車体周りの細かな部分がおざなりのことが多いです。ブレーキのタッチを左右する部分ではありますが、まぁここがガタでも走ってしまいますから・・・というこ...

  14. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939EL1000wさんのナックルヘッド一回フロートレベルの調整をした、フロートバルブ紛失事件などありつつ、調整し直し試乗、キャブセッティング。問題無さそうで、次回長めの試乗駄目だしとなります。WL ENGINEMさんのサイドバルブエンジン、ミッション持ち込みのMさんは自宅でローリングシャシー組み付け持ち込み。ブレーキ周りチェックをしてエンジン搭載、ヘッドトルク管理して組み付け。その他新た...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ