ナミビアのタグまとめ

ナミビア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナミビアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナミビア」タグの記事(20)

  1. イタリア VS ナミビア - ほんじつのおすすめ

    イタリア VS ナミビア

    『ワールドカップラグビー2019』MATCH 5東大阪市花園ラグビー場初W杯観戦。サッカーに続いて、ラグビーも。今日は、イタリアとナミビアの試合。どんな試合なるんだろう。両チームのこと知らなかったのですが、青いジャージが、イタリアだと勘違いしていました体のぶつかり合いが半端ない。ナミビアチームのこと知らなかったのですが、今大会の出場チーム中、最下位ランクだったんですね。だから少しナミビアを応...

  2. ナミビア:1997年8月~2000年9月 ナミブ砂漠から大西洋へ抜ける Nambia - nshima.blog

    ナミビア:1997年8月~2000年9月 ナミブ砂漠か...

    ビデオから掘り起こしたこんな写真があった。にほんブログ村 全世界情報

  3. 291 - patati patata ANNEX ~鉱物ノート~

    291

    fluorite(蛍石)Okorusu Mine, Otjiwarongo Dist., Otjozondjupa Region, Namibiaずっとほしかったナミビアの青。1980年代標本とのこと。 にほんブログ村

  4. ナミビア旅行記(8) 旅の終わり - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(8) 旅の終わり

    ナミビア旅行記(7)からの続き。最終回です。2月12日(火)ツメブを離れ、首都周辺へと戻る日である。今日は一気に500kmほど走る必要があるが、長距離の運転にもすっかり慣れた。景色を楽しむ余裕もできた。サバンナを走っていると、巨大なシロアリ塚がそこかしこに立っている。特に大きめの塚の前で記念撮影をした。ウィントフックに着き、最後の荷造りに必要な物資やビールを買い、次のロッジへ向かう。途中の国...

  5. ナミビア旅行記(7) 事件発生 - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(7) 事件発生

    ナミビア旅行記(6)からの続きです。2月10日(日)引き続き北部のツメブ周辺での探索である。『ドローン墜落の宿』を出て、100kmほど離れた場所にあるSロッジへと向かう。途中で待ちに待った大雨が降った。雨の後は虫が多く現れるので、夜が楽しみだ。ロッジに到着。なんだか変な虫が飛んでいるなと思ってよく見ると、丸い鞘翅のベニボタルだった。ここのガレッタは少し赤っぽい。ここはマンティコラの本命ポイン...

  6. ナミビア旅行記(6) 北部へ転戦 - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(6) 北部へ転戦

    ナミビア旅行記(5)からの続きです。2月7日(木)朝起きたら、ずいぶん楽になっていた。測ってみるとバッチリ平熱。やっと治った。しかしこの程度で済んでよかったと思うべきだろう。丸山さんと白川さんには心配をかけてしまい本当に申し訳ない。三日間お世話になった(ほぼ寝ていた)ロッジをチェックアウトし、いざ北部のツメブ方面へ。行きがけに最寄りの海岸でモモイロペリカンを見た。丸山さんの優しさにより、最後...

  7. ナミビア旅行記(5) ウォルビスベイで一回休み - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(5) ウォルビスベイで一回休み

    ナミビア旅行記(4) からの続きです。2月4日(月)このロッジの朝食はビュッフェ形式で、お腹いっぱい食べられる。各種のチーズがあり食べ比べが楽しい。ヤギのミルクで作ったチーズは美味しいが、かなり癖がある。こういう日本ではあまり出会えない食べ物が嬉しい。出発前、駐車場にあったトランポリンで遊んだ。コロンと転がる丸山先生がちょっと可愛い。これはファンの喜びそうな映像が撮れたぜ、しめしめ(ゲス顔)...

  8. ナミビア旅行記(4) 筒井さん帰国、白川さん到着 - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(4) 筒井さん帰国、白川さん到着

    ナミビア旅行記(3)からの続きです。2月1日(金)キャンプ場を後にし、前日から気になっていた岩山を歩いてみた。荒々しい、迫力ある景観である。筒井さん、広大なナミビアの大地に立つ。白い模様のあるStenocara sp.がいくつか見つかった。脚が長く、動きは素早い。金色に輝くチビタマムシがいた。花も少し咲いていて、少数ながらハチも飛んでいた。じっくり撮影したかったが、今日はそれなりに距離を稼が...

  9. ナミビア旅行記(3) ナミブ砂漠へ - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(3) ナミブ砂漠へ

    ナミビア旅行記(2)からの続きです。1月30日(水)今日はナミブ砂漠方面へ移動する日である。距離にして約540km、6~7時間はかかる行程だ。ナミビアの道路地図を見ると、太い道路にはB1やC19というように、BからDまでのアルファベットがついている。Bは完全に舗装された幹線道路で、Cは未舗装の部分もある、やや注意を要する道である(四駆なら走れる)。Dは道幅の狭い完全なダートで、普通車で走るの...

  10. ナミビア旅行記(2) サバンナで虫探し - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(2) サバンナで虫探し

    ナミビア旅行記(1)からの続きです。2019年1月26日(土)今日から本格的な虫探しが始まる。まずは自炊用のガスコンロを求めて市内の店を回ったあと、東の町ゴバビスへと向かう。道はきちんと舗装されており、道幅は広くないものの運転しやすい。時々車を降り、石を起こしたりアカシアの林を眺めたりして、軽く虫を探しながら移動する。さて、アフリカと言えばゴミムシダマシ、ゴミムシダマシと言えばアフリカである...

  11. ナミビア旅行記(1) 出発~最初の夜(2019/01/24~1/25) - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記(1) 出発~最初の夜(2019/01/...

    『前口上』からの続きです。さて、私は海外旅行ド素人で乗り継ぎが不安だったのと、みんなと一緒に行った方が楽しかろうと思ったため、まずは福岡空港へと飛んだ。博多に出て乾燥ワカメ(重要)を含めた最後の買い出しをしたのち、丸山さん、筒井さんと空港で合流した。晴れてパーティー結成である。筒井さんは丸山さんと親しい虫屋さんで、海外経験も豊富なナイスガイだ。私は初対面だったが、虫という共通言語があるのです...

  12. ナミビア旅行記 前口上 - さぼってばかりの虫屋日記2

    ナミビア旅行記 前口上

    今年のはじめ、三週間ほどナミビアへ行ってきた。来る日も来る日も虫を追いかけ、よく笑い、そして長距離ドライブに明け暮れた三週間だった。ここでは虫屋ブログらしく、現地の生きものの写真を中心として、楽しかった旅の記録をつけてみたい。ことの発端は、昨年の年明けに、親しいおじさん虫屋仲間で集まって飲んだときのことである。その席には九州大学総合研究博物館の丸山宗利さんが来ていて、そこで海外調査の話題が出...

  13. 260 - patati patata ANNEX ~鉱物ノート~

    260

    aquamarine(アクアマリン/緑柱石/藍玉)0.9×1.4×2.1cmBe3Al2Si6O18ErongoMt.,Omaruru~Usakos,Namibiaナミビアのアクアマリン存在感のある大粒に一目惚れ。写真では自らの影で濃く見えるところがありますが均一な水色で透明です。 にほんブログ村

  14. 256 - patati patata ANNEX ~鉱物ノート~

    256

    fluorite(蛍石)CaF2Erongo Region, Namibiaナミビアの蛍石は数あれど意外に持っていなかったこのタイプ色が濃いため一見黒く見えますが艷やかなダークグリーン。好き。ブースにズラ~ッと見た目にカラフルな石が並んでいるとあまり目につかない濃艶な石…これもわわ!というパッと見でチョイスしたのではなく丹念に見て、まずは艶に注目していたところお店さんがライト...

  15. ナミビア旅行(7)-帰国- - Fine Days@Addis Ababa

    ナミビア旅行(7)-帰国-

    10月19日(木)、20日(金)スワコプムント⇒ウイントフック⇒アジスアベバスワコプムントは、ヨーロッパのような街並みで、清潔で空気がきれい、そして人は少なくて空間に余裕があり、近くに海・砂漠があって、本当に大好きな街になりました。冬の時期だったり天気が悪いと印象が変わると思いますが、夏の時期はとてもよかったです。クリスマスの時期(こちらは夏)には、ナミビア大統領がこの街へ保養に訪れるとか。...

  16. ナミビア旅行(4)-バギーでナミブ砂漠を走る&砂漠滑り&アクシデント- - Fine Days@Addis Ababa

    ナミビア旅行(4)-バギーでナミブ砂漠を走る&砂漠滑り...

    10月16日(月)今日は、午前中、バギーに乗って砂漠を走ってきました。ここには海外セレブも訪れているようで、受付近くに写真が飾られていました。小学4年の次女はパパと二人乗り、中学生の長女と私は一人で運転することにして、①インストラクター、②長女、③私、④パパ次女の順番で砂漠へゴー!ちょっと怖かったけれど、遊園地のゴーカードに乗っているみたいで楽しかった~、最初は。。。だんだん砂漠の奥へ進むに...

  17. 246-① - patati patata ANNEX ~鉱物ノート~

    246-①

    2017 鉱物福袋◆メキシコ・ゲレロのアメジスト見てすぐに「え♪ゲレロ?」ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪と、嬉しかった一つ。ゲレロ産は持っていなかったので~。ミニミニで簡易ながらも産地の特徴があります。◆ナミビアのダイオプテーズ、水晶&シャッタカイトシャッタカイトもはじめて。小さい水晶にモコモコと…歯磨き粉みたいに(笑)このシャッタカイト、断面が見える部分がありましてマット...

  18. ナミビア旅行(3)-ナミブ砂漠探検&砂漠への持ち物リスト- - Fine Days@Addis Ababa

    ナミビア旅行(3)-ナミブ砂漠探検&砂漠への持ち物リスト-

    もう旅行から1ヶ月がたとうとしています。。。エチオピアは、雨がピタリと降らなくなり乾季に突入。温かい日が続いています。(舗装していない道も多いので、土ぼこりもすごいよ!)さて、ナミビア旅行記の続きです。10月15日(日)リビング・デザート・ツアーに参加して、砂漠に住む生き物を見つけに行きました。スワコプムントは、初夏の気候。でも、朝8時頃は雲と風があって想像以上に寒かった。空は雲で覆われ寒か...

  19. ナミビア旅行(2)-ウィントフックからスワコプムントへ(バスの旅)- - Fine Days@Addis Ababa

    ナミビア旅行(2)-ウィントフックからスワコプムントへ...

    10月14日(土)今日はウィントフックからスワコプムントへの移動日。ナミビアの旅行期間中はほとんどスワコプムントに滞在します。****ナミビアの首都ウィントフックは、内陸にあるきれいな街で、車の渋滞はなく、道を歩いている人はまばらでした。190ヶ国を対象にした世界の人口密度ランキング(2016年)ではナミビアは189位(モンゴルが一番人口密度が低くて190位)になっているようで、人が少ないの...

  20. 世界中のFMが聞こえる「 Radio Garden 」とナミビア - nshima.blog

    世界中のFMが聞こえる「 Radio Garden 」...

    インターネットを使えば「 Radio Garden 」のように視覚的に世界中のFMが聞こえる。本当に便利な世の中になったものだ。世界各地で流れている音楽が、自分の勝手なイメージと随分違うことに驚く。ナミビアなどは、英語の他にドイツ語放送も行われている。旧宗主国と旧植民地の関係もわかりやすく、たぶん今でもバカンスの為にドイツからの直行便が飛んでいるはずである。街の中の標識もまた、英語とドイツ語...

総件数:20 件

似ているタグ