ナラ枯れのタグまとめ

ナラ枯れ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナラ枯れに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナラ枯れ」タグの記事(7)

  1. 公園はいま一番いい季節を迎えている - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    公園はいま一番いい季節を迎えている

    公園は今、一番いい季節を迎えている。目にも鮮やかな新緑の中での作業。暑すぎも寒すぎもせず、一庫ダムの知明湖から上がってくる風は、作業するわれわれにとって爽やかですこぶる心地よい。いずれも白い花の「ヤマボウシ(山法師、山帽子)」、「ヒトツバタゴ(一つ葉タゴ、一つ葉田子)/別名:ナンジャモンジャ」、「エゴノキ/別名:チシャノキ(萵苣の木)、ロクロギ(轆轤木)」 。そして、森のあちこちで群生し、薄...

  2. 台風21号被害調査とナラ枯れ調査をしています - yoshiのGR散歩

    台風21号被害調査とナラ枯れ調査をしています

    県有地の遊歩道で台風21号被害調査とナラ枯れ被害調査をしています。今年の台風21号では沢山の倒木が発生しています。調査を、これを1つずつ片付ける作業があり、年内にできるかどうか?根元から倒れている。今回の台風は、夜中に西北よりの風が強く、山でも西側に開けている地域の被害がとても多く、根元からの倒木が沢山出ています。この写真左手からからの強風で倒れている樹木

  3. ぢい散歩(11)…秋の自然(10) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    ぢい散歩(11)…秋の自然(10)

    西日本で、猛威を振るっているナラ枯れ。カシナガと呼ばれるカシノナガキクイムシが、コナラやミズナラなどに食い入った時に、ナラ菌という病原体をナラ類に運び込むことで引き起こされる。被害木は、茶色く枯れてしまい、周囲のナラ類にも広がっていく。2年半ぐらいから、裏山でも目立ち始めてきた。自宅付近は、関西の里山なので、被害木はコナラやクヌギ。緑の里山の中で、茶色く枯れたナラの木は悲しい。この秋、2度の...

  4. ナラ枯れ - yoshiのGR散歩

    ナラ枯れ

    西谷地域でも“ナラ枯れ”が増えています。ナラ枯れ特有の現象で、根元に粉を吹いたようになっている。場所が悪く、この直ぐ下には民家がある。高さ、30m程にもなる大木です。さて、どうして伐採するか!直ぐ側のこの木も“ナラ枯れ”です。人気ブログランキングへ

  5. ナラ枯れ・一年後 - スミヤキスト通信ブログ版

    ナラ枯れ・一年後

    昨年、ナラ枯れ現象について何回か書いたことがあるが、一年が経過しての様子をレポートしておこう。見て分かるとおり、今年もさらに何本かが立ち枯れた。今年の被害木は葉が茶色に見える。昨年のそれは、葉が落ちて枯れ木のように見えるか、あるいは枯れた葉が一年間落ちずに残っていて灰色のように見えるものもある。今年は尾根から少し下がったところに多く発生しているが、昨年と同程度の被害本数のように見える。(手前...

  6. ナラ枯れ・その後 - スミヤキスト通信ブログ版

    ナラ枯れ・その後

    時雨(しぐれ)というにはいささか激しい雷雨混じりの悪天候が続いたあと、11月13日、14日と、小春日の晴天が訪れる。山仕事が出来る日数は、もうあまりないだろう。山に置いた道具類もそろそろ撤収しなければならない。木々は日に日に色合いを変えてゆくが、例年に比べれば紅葉は遅れているようだ。夏には山の斜面の濃い緑の中で目立ったナラ枯れの木も、色とりどりの秋の山ではほとんど見分けがつかないほど埋没して...

  7. メカニズムと環境因 - スミヤキスト通信ブログ版

    メカニズムと環境因

    このナラの枯死問題(ナラ枯れ)については、ネット上でもいろいろな報告が出されているが、最新のものとして、これまでの研究成果や対応策を集約したようなパンフレットが出されている。森林総合研究所関西支所のHPからPDFファイルでダウンロードできる。ご関心の向きには参照いただきたい。それらによると、ナラ枯れのメカニズムほぼ解明されているようで、カシノナガキクイムシ(カシナガ)という小さな甲虫が媒介す...

総件数:7 件

似ているタグ