ナローボートのタグまとめ

ナローボート」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナローボートに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナローボート」タグの記事(11)

  1. 廃業のお知らせ - ナローボート日記 

    廃業のお知らせ

    イギリスのロックダウンが段階的に解除されてから、来年の営業再開に向けてシングルハンドでイギリス運河をクルーズし、その様子を「お一人様クルーズ」と題してブログで紹介してきました。しかしながら諸般の事情により、しばらく帰国することになり、廃業の決断をいたしました。本来ならば、この時期に来年のクルーズスケジュールを公開するはずでしたが、ナローボートご乗船をお考えだったお客様には大変申し訳なく思って...

  2. 器は大きく!日々訓練。 - ナローボート日記 

    器は大きく!日々訓練。

    燃料ボートの立派なお髭の彼は朝7:30に出発して行きました。私はやかんをガスコンロにかけて、パジャマのままコーヒー豆をグルグル挽きながらキッチンの窓越しに挨拶。笑顔で手を振って、ゆっくりと森の向こうへと小さくなって行きました。初めての運河はエキサイティングですが暗中模索の連続です。一番の要は停泊場所。まず安全な場所であること。そして停泊の際にハンマーで杭を地面に打ち込まなくても良い所が理想。...

  3. Hartshillにて歴史新発見と燃料補給 - ナローボート日記 

    Hartshillにて歴史新発見と燃料補給

    Hartshillと村の名前を聞いてもピンとこない。これ普通だと思います。私も運河沿いにあるこの村を特に聞いた覚えもないし何とも思ったことがありませんでした。少し調べてみると詩人のMicheal Draytonが誕生した村との事。と言っても私は英文学を学んだ訳ではないし、特にpoetryは分かりません!でも「Micheal Drayton」どこかで聞いた名前…🤔思い出...

  4. Hawkesbury Junction - ナローボート日記 

    Hawkesbury Junction

    Hawkesbury Junctionで2泊しました。と言ってもあまりピンときませんよね。イギリス、Midlandエリアの運河地図です。中央部の赤線(運河)がごちゃごちゃしているところがバーミンガムです。水色の線は航行可能な河川です。ちょっと拡大してみました。下の方にある水色の線はエイボン川で緑色の丸で囲んだBidfordが私の停泊場所です。でもこのお一人様クルーズ開始の時のブログにも書きま...

  5. 前向きに行きましょう! - ナローボート日記 

    前向きに行きましょう!

    さあ今日も快晴、元気に出発!の前に給水しておこうと対岸の給水ポイントへ移動。梶に立ったらボートの屋根が落ち葉やホコリ、鳥の糞で何ともかわいそうな姿ではないですか!「ヨシ!給水の間に洗おう!」この作業に思ったより時間がかかり初日の出発は11時と遅め、でもロックダウンの場所からボートが滑り出した時には、梶を握りながら1人でニンマリしてしまいました。次のロックまでの水路は工場裏手とはいえ緑がいっぱ...

  6. 出発準備OK - ナローボート日記 

    出発準備OK

    今日は快晴!青空が広がってクルーズには最高のお天気!でもまずは食料や飲み物をストックしないと…。クルーズの行き先は決めていませんが、出発後、スーパーのある次の町はまっすぐ行けばHockley Heath ロックの数にして49、跳ね橋2つ、ジャンクションで左に曲がればWarwick ロック52個、1人で無理せずに順調に行けば5日〜1週間くらいでしょうか。お天気の悪い日はお休みするので余裕をもっ...

  7. 運河の雑誌&フリーペーパー~2019年家族ナローボート旅行番外編~ - 英国運河をナローボートで旅するには?

    運河の雑誌&フリーペーパー~2019年家族ナローボート...

    イギリスの運河には、その専門雑誌というものが存在します。日本だと、ヨット雑誌がいくつかあるくらいですが、イギリスには、外洋船にも数誌別にありますから、広い意味でのボート人口が格段に違うことが想像できるでしょう。それでも近年は、ネットに押され気味。昔は3誌あったはずですが、今回は1誌しかみつかりませんでした。その代わり、フリーペーパーも幅を利かせていて、運河雑誌のマーケットも変わりつつあります...

  8. 家族でグランドユニオン運河へ4日目最終日 - 英国運河をナローボートで旅するには?

    家族でグランドユニオン運河へ4日目最終日

    ナローボートの最終日。名残惜しいですが、この日は必ずやって来ます。次男も、最後のエサやりです。ボートで食べる最後の朝食が、コンロにかかります。 この、朝食の時間が、私は一番好き。ソーセージやら卵やらが焼ける音とにおいがキャビン内に満ち溢れ、幸せを感じる瞬間です。朝食後、少しだけ周辺を散歩。次男が付き合ってくれました。もう、この上ない、最高のお天気。そんな中で帰港しなくてはならないのは寂しいで...

  9. 家族でグランドユニオン運河へ3日目Crick~Napton - 英国運河をナローボートで旅するには?

    家族でグランドユニオン運河へ3日目Crick~Napton

    3日目の朝が来ました。多少雲は出ていますが、2年前の旅に比べると、今回はお天気に恵まれています。朝食は、昨日とほぼ同じ。今日は少し航行距離が長いので、朝一でワットフォード・ロックを通過すべく、オープン前にトップ・ロックに到着していました。ここにはウォーター・ポイントもあるので、最後の給水です。次男が出てきました。初日で紹介するのを忘れましたが、このボートには、ウォーター・タンクの水量を表示す...

  10. 家族でグランドユニオン運河へ2日目Braunston~Crick - 英国運河をナローボートで旅するには?

    家族でグランドユニオン運河へ2日目Braunston~...

    ナローボート最初の朝がやってきました。子供たちは、まだ夢の中。それでも、次男のほうから起きだして、恒例の水鳥へのエサやりです。最近手に入れた親のおさがりスマホ(WiFiのみ)持参で、動画をいろいろ撮影していました。朝食前に、次男と一緒にブローンストン・マリーナを散策します。造船中のダッチバージ。朝早かったので、ドックにも人気はありません。係留されているボートには、売り出し中のものもたくさんあ...

  11. 家族でグランドユニオン運河へ1日目Napton~Braunston - 英国運河をナローボートで旅するには?

    家族でグランドユニオン運河へ1日目Napton~Bra...

    2017年に引き続き、家族でナローボートの旅に行ってきました。特に、最近英語にはまっている長男の強い希望もあり、決行。ただ今回は、全体的に期間が短かったので、3泊4日のショートブレークスです。借りたのは、ブラックプリンス社のナプトンNaptonベース。ナプトンは、オックスフォード運河とグランドユニオン運河のジャンクションで、これまで何度か通ったり下船したりしたことがありますが、かなり久しぶり...

総件数:11 件

似ているタグ