ナンバンギセルのタグまとめ

ナンバンギセル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナンバンギセルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナンバンギセル」タグの記事(30)

  1. 全寄生植物・半寄生植物その1 - Kochikuro12's Blog

    全寄生植物・半寄生植物その1

    先日、ネナシカズラの花を見ることができました。ネナシカズラは、生きた植物の組織から養分を吸収し、栄養分とする植物で、寄生植物(parasitic plant)です。ネナシカズラは、全寄生植物(全面的に吸収栄養に頼るもの)と半寄生植物(光合成と吸収栄養を併用するもの)の中間に位置する植物らしいのです。ここ3年ぐらいで撮った寄生植物を載せております。ネナシカズラはじめから根がないわけではないよう...

  2. 久しぶりにやって来ました。 - 夜つぐみの鳴くところで

    久しぶりにやって来ました。

    ほぼほぼ半年ぶりのさくら草公園です。物忘れが激しいのに突然思い出しました(爆)あれどうなったかなー。そう 生き残っているか気になっていた植物を探します。ハマウツボ科の一年草、ナンバンギセル(南蛮煙管)です。たしか昨年見たのはこの公園が水没する前の9月末。もう3週間も遅いけど何とか少しだけ残っていました。けっこうマニアックな寄生植物なんですよ。昨年の過去記事はこちらをご覧ください。そう言えば去...

  3. 散歩の花【10月】 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    散歩の花【10月】

    昨日、一昨日と、本の話が続きました。本のことを書くのは難しいですね。あんなものでも書いてる本人は四苦八苦、その点、猫や花のことなら、気軽で楽しいです。ということで今日は10月に撮った花。この時期多いキク科の花は、またあらためてということで、今日はキク科以外の花です。それぞれの下にある日付は撮影した日です。なにかの参考までに。カゼクサ(風草)イネ科でしょうか?私はこれがカゼクサと思い込んで、そ...

  4. 泉自然公園で初めてのマヤラン - 花と葉っぱ

    泉自然公園で初めてのマヤラン

    撮影:10月13日(千葉市立泉自然公園)今日の目的は毎年撮っているナンバンギセルと、ここでは未だ見たことがないマヤランを探すことです。駐車場の植え込みのススキの根元にナンバンギセルが咲いているはず。車を停めていつもの場所へ。なんと!ススキが根こそぎ刈り取られ、跡形もありません。当然ナンバンギセルがあるはずがありません。どうしたのでしょうか、がっかりです。あきらめるしかありません。後日、管理責...

  5. 三瓶山裾野散歩 - 清治の花便り

    三瓶山裾野散歩

    10月6日久々に三瓶山の登ろうといつもの姫逃池コースキバナアキギリそろそろ終盤で少なく・・・キクヤマボクチ・秋澄むや膝に違和感火口咲く歩地爺・ツルニンジン・アキチョウジ・キッコウハグマの閉鎖花・閉鎖花の亀甲白熊や膝痛し歩地爺・落葉松の黄葉めくや天仰ぐ歩地爺・アキノキリンソウ・四阿を過ぎて断念秋の山歩地爺・中国自然歩道に切り替え・シラヤマギク・ここから中国自然歩道・木洩れ日を踏付け歩く寒露かな...

  6. ナンバンギセル(南蛮煙管)と... - 花と葉っぱ

    ナンバンギセル(南蛮煙管)と...

    撮影:10月7日(千葉市・県立中央博物館付属生態園)マヤランは林内の道端に点在していましたが、このナンバンギセルは林から出た原っぱのこんもりしたススキの根元に群生していました。ナンバンギセル(南蛮煙管)葉が無く、葉緑素を持たないので、ススキなど他の植物の根に寄生して養分を吸収する一年草。茎のように見えるのは高さ20センチほどの花柄で、その先に横向きに淡紅紫色の花を1個咲かせる。花冠の長さは3...

  7. ナンバンギセル - 山庭居 ~庭に居ます~

    ナンバンギセル

    合理化の波は、コロナのせいでテレワークがすすむなど大きくなる一方です。自分で栄養をとる選択を放棄したナンバンギセルです。主にススキやミョウガの根に自分の根を融合させて栄養をすいとる寄生植物。イネ科植物が居丈高にはびこる秋の野では、高さ10~20cmのこの植物がいくら背伸びしても陽光は差し込まない。ならば、自活=光合成をやめちゃおう。。。そう思ったのでしょうか。進化の本当のところは知りません。...

  8. ツリフネソウやナンバンギセルのピンク花 - Magnolia Lane 2

    ツリフネソウやナンバンギセルのピンク花

    ツリフネソウがポツポツ咲き始めました♪ツバメシジミナンバンギセルがたくさん咲いていました(-。-)y-゜゜゜ヤブタバコアカボシゴマダラスイレンもまだ頑張ってます^^コブシクサギ久しぶりのエナガ軍団!でも上手く撮れません(^^;)ほんのりピンクに染まったスイフヨウの花散歩の始めと終わりでは、微妙に色が変わった気がしました^^昼前、今日のデジカメスケッチ📷✫

  9. ツユクサとナンバンギセル - あだっちゃんの花鳥風月

    ツユクサとナンバンギセル

    久しぶりに地元の公園に散歩に行きました。予想外なツリフネソウが咲いていたのが、嬉しかったです。この辺りでは、ツユクサがたくさん咲いており、綺麗でした。コガネムシもかなり色の差がある。ミズヒキソウに来た、小さい蜂。ミゾソバの花に来た、コジャノメ。前回見た所のナンバンギセルの花は、終わっていました。かなり他も探しましたが、見つかりません。湿地の奥に咲いていました。マクロレンズで撮影。靴が濡れまし...

  10. 8月も終わりです - Magnolia Lane 2

    8月も終わりです

    ルコウソウベランダやお隣の屋根に、スズメとシジュウカラが子連れでよくやって来ます♪今朝の空📷✫35℃にならなければマシだと思ってしまう今日この頃(^^;)午後から曇り☁風も涼し気に感じましたが・・・出てみると、やはり蒸し暑かったです💦ケイトウの花畑に虫たちが集まっていましたセンボンヤリの秋の閉鎖花link⇒春の紫花ナンバンギセルが咲き始めました...

  11. ナンバンギセル - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセル

    昨日、月曜日に地元の公園にナンバンギセルの花を撮りに行きました。昨年は8月25日に撮影しているので、もう咲いていると思いました。見当たらない。ススキの根元を良く探して、何とか数本見つけました。今年は全然雨が降っていないから、成長が遅く、数が少なく、小ぶりです。ヤブヅルアズキ。ミゾソバの花がひとかたまりだけ、咲いていました。ヤマジノホトトギスはもうすぐ終わり。行く時は曇っていたのですが、公園に...

  12. ■真夏の花 3種 (2)20.8.18(トロロアオイ、ナンバンギセル、クコ) - 舞岡公園の自然2

    ■真夏の花 3種 (2)20.8.18(トロロアオイ、...

    今日も暑い日だが、早朝(といっても)7時半に散策に出た。虫の姿が少ない。15日に見た「真夏の花」のつづきです。トロロアオイナンバンギセルクコ

  13. 台風15号一過の公園2か月後 - 花と葉っぱ

    台風15号一過の公園2か月後

    撮影:11月12日(千葉市・加曾利貝塚)一か月近くもブログを休んでしまいました。これは一週間ほど前に歩いた公園の風景です。9月9日に千葉市に上陸した台風15号の直撃で、林の中は倒木がそのままで未だに立ち入り禁止。一般民家が最優先で、公園は後回しなのでしょう。直径50センチ以上の大木が根こそぎ倒れていました。アキノキリンソウ(秋麒麟草)?? 水辺や低地から山地まで変化に順応して生育する多年草。...

  14. 台風の爪痕と竜胆と南蛮煙管と・・・ - 花と葉っぱ

    台風の爪痕と竜胆と南蛮煙管と・・・

    撮影:10月23日(千葉市・加曾利貝塚公園)9月上旬に上陸した台風15号の爪あとがそっくりそのまま残っています。公園の広範囲にわたって大きな枝が折れて落下しています。太い樹が根元から倒れたりしたままになっています。一方で縄文遺跡の発掘が続けられています。そんなところを素通りして、原っぱの中を歩いてみました。リンドウが一株だけ50センチぐらいに勢いよく伸びて、一輪だけ咲いていました。何年も通っ...

  15. 南蛮のキセル - 夜つぐみの鳴くところで

    南蛮のキセル

    ちょっと珍しい植物を見かけました。こちらはハマウツボ科の一年草、ナンバンギセル(南蛮煙管)です。公園管理をしているご婦人に教えてもらいました。名前の由来は、花の姿を南蛮渡来の煙管(キセル)に見立てたもの。葉緑素を持たない寄生植物で、ススキ(薄)やミョウガ(茗荷)などの根に寄生する。高さは15~30センチとあるが、今回見つけたのは10センチ程度の小さなものばかり。群生しておらずススキの一帯にポ...

  16. 加曾利貝塚公園のナンバンギセル - 花と葉っぱ

    加曾利貝塚公園のナンバンギセル

    撮影:9月20日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)台風15号の直撃から10日ぶりに散策にでかけました。マヤランやサガミランを生態園で見たかったのですが、倒木が多く休園。ナンバンギセルが咲いているはずの泉自然公園も駐車場や園路に倒木が多く当分の間休園。加曾利貝塚公園のHPを見ると休園のお知らせはありませんでした。しかし、林の中はそこかしこに倒木で立ち入り禁止。立ち入り禁止になっていないところも...

  17. 9月12日の三瓶山⑤ - 清治の花便り

    9月12日の三瓶山⑤

    ④から続き下山して西の原強い風に誘われて・・・と、連凧おじさんこの後、鯉のぼりも・・・^^龍のごと踊る連凧秋の風歩地爺・黄土色みたいなオミナエシ秋が深まるとこんな色だけど連日の強い日差しに焼けちゃった?・メドハギ・サワヒヨドリ・ヒヨドリグサにキタテハ・オブラートに包まれたヤマラッキョウ・ナンバンギセルベイビー・逢ひたくて広い草原思草歩地爺・ウラギンヒョウモン草臥れてお前もロコモか秋の蝶歩地爺...

  18. ヒガンバナの季節 - 山と鳥を愛するアナパパ

    ヒガンバナの季節

    今年は、野川公園でも開花が遅れています。ヒガンバナの群生は、開花まであと1週間というところでしょうね。ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科ナンバンギセル(南蛮煙管) ハマウツボ科鈴なりのエゴノキの実に、ヤマガラが集まっています♡ヤマガラ(山雀)シジュウカラ科

  19. ナンバンギセル - Mag's DiaryⅢ

    ナンバンギセル

    ナンバンギセルが咲いていた。ススキやミョウガなど単子葉植物の根に寄生する。の知っている自生地は5ヶ所あるけれど、うち、2か所はススキの力が弱まって、ナンバンギセルも見なくなった。ナンバンギセルに寄生されてススキが力つきたのだろうか。草原の草刈りがされなくなって笹が勢力を増し、ススキが弱くなったからだろうか。今年観察した場所も笹の方が元気に見える。はたして来年は。。。

  20. ナンバンギセルとハナトラノオ - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセルとハナトラノオ

    地元の公園に再度ナンバンギセルを撮りに行って来ました。前回は少しだけ、やっと咲いた状態でした。今度は、纏まった株を撮る事が出来ました。ミゾソバも前回よりは咲いていました。ミズヒキにいた蜘蛛。公園を出た所の空き地に咲いていた、ハナトラノオ。

総件数:30 件

似ているタグ