ナンバンギセルのタグまとめ

ナンバンギセル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはナンバンギセルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ナンバンギセル」タグの記事(19)

  1. ナンバンギセル - Mag's DiaryⅢ

    ナンバンギセル

    ナンバンギセルが咲いていた。ススキやミョウガなど単子葉植物の根に寄生する。の知っている自生地は5ヶ所あるけれど、うち、2か所はススキの力が弱まって、ナンバンギセルも見なくなった。ナンバンギセルに寄生されてススキが力つきたのだろうか。草原の草刈りがされなくなって笹が勢力を増し、ススキが弱くなったからだろうか。今年観察した場所も笹の方が元気に見える。はたして来年は。。。

  2. ナンバンギセルとハナトラノオ - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセルとハナトラノオ

    地元の公園に再度ナンバンギセルを撮りに行って来ました。前回は少しだけ、やっと咲いた状態でした。今度は、纏まった株を撮る事が出来ました。ミゾソバも前回よりは咲いていました。ミズヒキにいた蜘蛛。公園を出た所の空き地に咲いていた、ハナトラノオ。

  3. ナンバンギセル(南蛮煙管) - 花と葉っぱ

    ナンバンギセル(南蛮煙管)

    撮影:9月6日(千葉市・県立生態園)マヤランが咲き始めたかもと淡い期待で行ってみました。早過ぎたようで、未だ芽も出ていませんでした。その代わりということでもありませんが、、、原っぱのススキの根元には、ナンバンギセルがたくさん咲いていました。今年は少し早く咲いたような気がします。刻みたばこを吸う南蛮渡りの煙管の雁首に似ているらしい。ナンバンギセル(南蛮煙管)ハマウツボ科葉が無く、葉緑素を持たな...

  4. 寄生植物ナンバンギセルの花 - 平凡な日々の中で

    寄生植物ナンバンギセルの花

    私がカメラを持って歩いているのを見てお姉さん達が声をかけてくれました。「ナンバンギセル咲いてるよ~!」って。私は何のことやらわからなかったのですが咲いている場所を教えていただきました。イネ科の植物に寄生し成長する植物ナンバンギセル横から見ると馬さんのような感じだね。最後の写真はまだ若いナンバンギセルです。ススキの根元で確認できるのだから多分、あまり人目に付かない植物なのですね。珍しい植物を見...

  5. 今年も逢えたナンバンギセルほか - 星の小父さまフォトつづり

    今年も逢えたナンバンギセルほか

    このところ毎日のように雨か雷雨の予報が出て、どうも天気の心配をしては杞憂に終わるんだよね・・・・。昨日 ( 09/01 ) もそんな感じの予報を聞いて、出かけるのを躊躇したのだけれど、結局は出てしまうのだった。去年は8月中にナンバンギセルを撮っていたっけね、ってふと思い出すもんだから、波志江沼に撮りに行くことに決定。気温は高く蒸し蒸しと暑い中、例の場所でススキの根元を掻き分けてみる。あったあ...

  6. ナンバンギセル - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセル

    地元の公園に行きました。ツリフネソウは咲いていませんでした。ナンバンギセルが咲いているのを願いました。公園の芝生広場から見た青空が、秋の気配を感じさせます。ナンバンギセルは少し咲いていました。ハギの花。ミゾソバの花が咲きだしていました。ヤブヅルアズキの黄色い花。ヤマジノホトトギス。食べられそうもないキノコ。帰り道、稲毛三郎重成縁のお寺に寄って、キツネノカミソリを撮りました。暗い場所だった。

  7. 最近の庭 - 私の息抜き(^o^)

    最近の庭

    久しぶりに庭の様子と言いたいのですが、草が勢いずき、手に負えなくなりまして、、これは花!これも花!と見極めながら除草剤をかけています(;´Д`)鉢植のナンバンギセルの花が咲いています。☆ナンバンギセルは、古くは『万葉集』にも登場する一年草の寄生植物です。日本の野外では主にススキに寄生しますが、ほかのイネ科の植物やミョウガやギボウシ、ユッカなどにも寄生し、陸稲やサトウキビの栽培地帯では大害草と...

  8. ■初秋の草花19.8.28(オミナエシ、オトコエシ、ナンバンギセル) - 舞岡公園の自然2

    ■初秋の草花19.8.28(オミナエシ、オトコエシ、ナ...

    秋雨前線の影響で西日本で大雨が降っている。当地でも前線の影響下にあり、時々ザーと良い雨がった。5日前、小谷戸の里で見つけた「初秋の草花」です。オミナエシ19.8.22FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO800 1/400,F8未だ黄色い蕾が開き始めているところでした。花の上に乗っているのは「スズバチ」だろうか?オトコエシ〃〃ISO800 1/320,F8背の高い草丈の上部...

  9. 暗~い林内を散策 - 花と葉っぱ

    暗~い林内を散策

    撮影:10月12日(千葉市・県立中央博物館付属生態園)今にも雨が降り出しそうに暗く曇っている。大きな樹木が生い茂り空が全く見えない。花や果実を探すのが難しいほど薄暗い小道を、のそりのそりと歩いた。写真が撮れるか心配でしたが、今どきのカメラは優秀なんですね。ポケットに入る小型カメラなのに、ストロボを使わなくても、明るく写してくれました。いたずらにストロボを光らせると逆に撮り難かったです。ナンバ...

  10. 0911花火の花②と虫捕り - 清治の花便り

    0911花火の花②と虫捕り

    稀勢の里薄氷を踏む土俵いじらしい昨日の続き天に手を伸ばすが如く白山菊歩地爺ツルボ今最盛期蔓穂と書くだげな蔓でもないのに蔓穂眼鏡の蔓と言うが如しマルバハギ南蛮煙管遠慮しいしい藪の中歩地爺baby数多頼もしいススキの根っこを探してみましょう雨に傷んだカワラナデシコ気を取り直して元気よくヤマボウシの大きな実色づきました20匹くらいはいたかもほとんどtakaさんが素手で捕りました天才的です^^与える...

  11. ナンバンギセル・ホトトギス・センニンソウ - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセル・ホトトギス・センニンソウ

    台風21号が上陸する前日。朝からの雨が、午後1時頃から薄日が差してきたので、地元の公園にナンバンギセルを身に行ってきました。ナンバンギセルは咲いていました。いくらかススキを刈ってくれていたので、良く見る事が出来ました。花に雨の雫が残っていて、良かった。黄色い花、ヤブズルアズキです。ダイミョウセセリがいました。ツバメシジミ。コミスジ。ヒカゲチョウ。ツルボの花が咲いていました。ホトトギス。センニ...

  12. ■ナンバンギセル18.8.18 - 舞岡公園の自然2

    ■ナンバンギセル18.8.18

    北の乾いた空気が蔽って、今日は9月中旬の気候だったとか。今日は、昨冬 ■友人の話題17.12.26 で紹介した「地図エッセイスト」堀淳一氏の末弟とわかった、会社同期でハイキング仲間の Ho 君の所属するコーラスグループ「クレセンツ・フォー」の「サマーコンサート」に妻と行ってきました。大学グリークラブの仲間と21年前に結成して、毎年発表会をしてきたのです。きのうの散策で、小谷戸の里で見たナン...

  13. 綺麗に咲いていたナンバンギセル - 花と葉っぱ

    綺麗に咲いていたナンバンギセル

    撮影:10月4日(千葉市・泉自然公園)この公園では、ナンバンギセルが毎年この季節になるとこのススキの根元で満開に咲きます。今年は訪れるのが少し遅かったかなと心配しましたが、綺麗に咲いていました。過去のこの公園の事例を調べてみたら9月中旬から10月中旬に見られるようです。

  14. 野路の花 - 旅のかほり

    野路の花

    ススキの穂が輝く季節になりました。すすきの花花弁はなく、雄しべ雌しべがあるだけの花。よくみると、とてもきれい。黄色く垂れているのは雄しべで、雌しべは上向きでブラシのようなものがつく。この画像ではあまりよくわかりません(_)花は3日くらいしかもたないそうです。今頃になると草むらにはナンバンギセルが密かに咲いているのがみられます。ナンバンギセルススキやミョウガなどの根に寄生して育ちます。でも生え...

  15. ナンバンギセルは寄生植物 - 花と葉っぱ

    ナンバンギセルは寄生植物

    撮影:9月27日(千葉市・県立中央博物館生態園)野原のススキの根元で、日陰で涼むかのように咲き乱れ、そこだけ光り輝いているように見えた。刻みたばこを吸う南蛮渡りの煙管の雁首に似ているらしい。ナンバンギセル(南蛮煙管)ハマウツボ科葉が無く、葉緑素を持たないので、ススキなど他の植物の根に寄生して養分を吸収する一年草。高さ20センチほどの花柄の先に横向きに淡紅紫色の花を1個咲かせる。花冠の長さは3...

  16. ナンバンギセル - Mag's DiaryⅢ

    ナンバンギセル

    ナンバンギセルの群生地。これだけ群生すると、寄生されたススキは養分をとられ、成長を阻害されるということもあるらしい。ウィキペディアによると、ススキなどの雑草の成長を阻害するため、ナンバンギセルによる生物的除草の可能性が示されているとか。そんなにうまくいくものだろうか、花が楽しめて、ススキが弱る(*'ω'*)

  17. ナンバンギセル - あだっちゃんの花鳥風月

    ナンバンギセル

    昭和記念公園の続きです。青空にパンパスグラスが綺麗でした。日本庭園で咲いていたシュウメイギク。まだ花が少ない。リスアカネ。第3サークル付近のススキの株もとに咲いているナンバンギセル、撮影し難い。

  18. ひとまわり - Mag's DiaryⅢ

    ひとまわり

    花仲間がウスキキヌガサタケを見たという山へ出かけた。あとかたなし。秋になったらまた出てくるかもしれないので、楽しみだ。何度でも見たい(*'ω'*)ミヤマウズラが咲き始めていた。1週間前より10本ほど多く観察した。別の場所に移動、ナンバンギセルが咲き始め。サワヒヨドリがきれいだった。サジガンクビソウがあった。イヌヨモギがあった。葉がかっこいい。

  19. ナンバンギセル2017-07-09更新 - 夕陽に魅せられて・・・

    ナンバンギセル2017-07-09更新

    この花に出合ったのは コンデジで撮ってた頃だからもう7 ~ 8 年前の事ちょうど見頃の時偶然出合う事が出来その美しい姿を撮る事が出来た。ナンバンギセルの 花言葉「 物思い 」その理由は「 うつむいて咲く姿を物思いにふけっている姿に見立てた 」そうです。「 ナンバンギセル名前の由来 」花の姿を「 南蛮人の使っていたキセルに喩えた名前だが万葉集には「オモイグサ(思草)」の名前で… 」タイトルは...

総件数:19 件

似ているタグ