ニオイタチツボスミレのタグまとめ

ニオイタチツボスミレ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはニオイタチツボスミレに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ニオイタチツボスミレ」タグの記事(6)

  1. 乙女菫と匂立坪菫 - 花と葉っぱ

    乙女菫と匂立坪菫

    撮影:3月26日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)夏場は多くの種類の蛾の棲み処になる林内。足下にはいろいろなスミレが春を満喫していた。オトメスミレ(乙女菫)タチツボスミレの花が白色で、距が淡紫色になる品種。和名は牧野富太郎博士が箱根の乙女峠で発見したことに由来する。花や距など花全部が白色のものは別品種のシロバナタチツボスミレという。ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)タチツボスミレに似て、花弁の...

  2. 灰ヶ峰のスミレ - Mag's  DiaryⅣ

    灰ヶ峰のスミレ

    3月25日、灰ヶ峰でスミレ探し(*^-^*)あちこちでコスミレが満開。側弁の基部にひげがないので、コスミレ。こちらはヒゲコスミレ。側弁の基部にひげがある。灰ヶ峰ではヒゲコスミレの方が多いょ。ひげがあるかないか、花の中を覗かなくっちゃ・・・。ニオイタチツボスミレが咲き始め。シハイスミレは満開。おまけは、一輪だけ花を咲かせていたフデリンドウ。これから、灰ヶ峰を歩くのが楽しくなる。

  3. センボンヤリとニオイタチツボスミレ - 里山の四季

    センボンヤリとニオイタチツボスミレ

    センボンヤリ千本槍キク科センボンヤリ属春の開放花が開花しました。とても小さくて枯れ葉を押し広げてやっと見つけました。秋に閉鎖花がつき、果実(綿毛)ができます。その姿が大名行列の槍のようだというのでこの名前がついたとか。そのときの花茎が枯れたまま残っていました。ニオイタチツボスミレ匂立壺菫スミレ科スミレ属タチツボスミレ類花に微かな芳香があります。日当たりのよい斜面に群落がありました。タチツボス...

  4. スミレ5種 - Mag's DiaryⅢ

    スミレ5種

    スミレが次々に咲き始めている。色の濃いニオイタチツボスミレを見つけた。こちらは色の薄いニオイタチツボスミレ。(花茎に毛があった。ケタチツボスミレかもしれない。)ほとんどのノジスミレは花が終わっていたが、まだ蕾の株があった。シハイスミレハグロシハイスミレはまだ葉が大きくなっていない。おまけは外来種、アスファルトの隙間に長く広がっている。灰ヶ峰のコスミレが全部ヒゲコスミレなのか、確認して回ってい...

  5. ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫) - 里山の四季

    ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

    ニオイタチツボスミレスミレ科スミレ属多年草日当たりの良い里山に見られます。タチツボスミレより色が濃く目立ちます。花弁は丸みを帯び、重なり合うように咲きます。ほのかな香りがします。2019.3.30花弁の真ん中の白い部分がはっきりしていて紫色の筋も細かい感じです。雌しべの花柱は筒形。距は、ぽってりしていて紫色を帯びます。花柄には微毛があります。托葉はくし形(タチツボスミレの仲間の特徴)タチツボ...

  6. ■春の花 3種17.4.14(ミツバツチグリ、ホタルカズラ、ニオイタチツボスミレ) - 舞岡公園の自然2

    ■春の花 3種17.4.14(ミツバツチグリ、ホタルカ...

    やっと安定した天気になるのだろうか、春らしい穏やかな日に。里山には急に色とりどりの花が咲き始めている。ミツバツチグリ17.4.12FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8ホタルカズラ4.14〃ISO200 1/200,F8ニオイタチツボスミレ〃〃 1/200,F8

総件数:6 件

似ているタグ