ノスタルジックのタグまとめ

ノスタルジック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはノスタルジックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ノスタルジック」タグの記事(81)

  1. 大人しく三連休 - 続マシュービ日記

    大人しく三連休

    もともとはどっかに行く予定にしていた。キャンセルしたのは先々週、ふと懐具合が気になった。大雑把に見せてはいるが細かい人間で、臆病なとこがある。ま、酒の飲み方を見ればその裏返しであることは一目瞭然だろう。朝は二日酔い、それでも昼前には普通になって電車に乗るのになんの不都合もなくね、鶴橋に行った。あそこはずいぶん久しい。最近はガイドブックにも載るよになって観光客が結構来てる。焼き肉屋のイメージが...

  2. 土手を歩く - 続マシュービ日記

    土手を歩く

    写真はね、一昨日の夕飯食べに行く道すがらに撮ったもんでね、日頃あまり土手歩くことなんてないから思わずね。青春と簡単に片付ける間もなく、ノスタルジックな感覚にはなってしまう。時間が止まるとゆうか、いつまでも変わらない感じがあって良い。ファミレスもね、高校生のアルバイトの子がね、新人なのか一生懸命接客していて、そうゆうのも拍車をかけたね。年取るとどうしても見たくないもんばっか目にして、心が知らぬ...

  3. そして頭に浮かぶのは…。 - 続マシュービ日記

    そして頭に浮かぶのは…。

    金曜日、白ワインを飲みながら思い出していた。家飲みの思い出は数少なく、それでも静岡にいたころは週末はそればかりだった。本人に都合よく記憶ゆうのは繋ぎ合わせるとこがあって、静岡の富士宮で働いてたときはほとんど飲みに出てない。腰を痛め整体通いしだしてからになるから、はじめの一年は週末出なかった。今みたく毎週末出てるとなんかそれが普通に思えるけど、さすがにそんなの続けてない。だから家飲みってのも正...

  4. マルビルの地下―90's物語 - 続マシュービ日記

    マルビルの地下―90's物語

    ストーリー、日本語だと物語、つまりは物に語らせるわけで、古い唄ゆうのはそうゆうのをよく語ってくれる。ときどき頭の片隅で流れるミュージック、なんでそんな記憶がってのが浮かんでくる。梅田にあるマルビルの地下にレコード屋があった。香港から戻って数ヵ月、思い出したくない記憶もあの娘がいればまだなんとか軽減される。そのデートは何度目だったか、ダイヤモンド地下街を歩いてそこに行った。まだあの地下街も今ほ...

  5. バラ咲くころの話 - 続マシュービ日記

    バラ咲くころの話

    昨日の朝、パン屋への行き帰りの途上、ある家の前を通ったら深紅のバラが咲いていた。赤は赤で深みがあってまるで上質の生地のよで、さすが女王とか呼ばれても仕方ない。見事なもんだ。バラ自体に思い出はあまりなく、タイトル通りやはり時期になってしまう。誰かといたとき歩いたとき、そこにバラが咲いていた、そんな記憶だ。バラのせいなのか、女性との思い出だし、どちらも恋い焦がれてただけに妙に生々しかったりする。...

  6. 西会津なつかしカーショー2018 - 単気筒浪漫

    西会津なつかしカーショー2018

    5月27日(日)福島県の西会津で開かれた、「なつかしカーショー2018」に片道100kmほどのツーも兼ねて行ってきたのだ。何はともあれ、なつかしのカー達をとくとご覧あれ。それではまた。

  7. 空の色は変わんない - 続マシュービ日記

    空の色は変わんない

    チベタントランスのことネットで調べてたら、シルクロード旅行記なるものを見つけた。ふと、カシュガルの写真が目についた。当たり前の話だけど、二十年前と空の色は変わってなかった。やっぱ画像がキレイだ、時代だわね。ああもあまりに鮮明だと、なんか頭のなかのモノクロな記憶が変に上書きされそうで怖い。当たり前な話だけど、今もそんなバックパッカーな子がいるんだね…。ただあまり興味がないのよ、海外のあちこちに...

  8. ノスタルジーな家 - 安曇野 設計事務所の家つくり

    ノスタルジーな家

    進行中の物件名称:ノスタルジーな家場所:駒ヶ根市赤穂内容:昭和の雰囲気漂う住まい状況:実施設計中効率的に家事等出来る間取りなのに、どこか懐かしい、色や素材。昭和の雰囲気が漂うノスタルジックハウス。ドキドキの農振除外申請の許可も下り、実施設計中です。

  9. その日曜の朝のこと - 続マシュービ日記

    その日曜の朝のこと

    もうずいぶんね、朝の散歩なんてしてない。目覚めないわけじゃないのに出歩くことはなかった。桜も、向こうの公園のは今年目にしてなかったことと、蓮華の花を見てなかった気がして、ひさびさに朝散歩に出た。土日となかなかの春の嵐で、風がかなり強くてね、それでも朝は問題なかった。細い路地を抜けて、田んぼに出るとやはりもう蓮華はほとんどなかった。先にあった駐車場は住宅地になっていて、同じよな車と自転車を家の...

  10. 歳喰う蓼好きずき - 続マシュービ日記

    歳喰う蓼好きずき

    昔なじみと飲む機会があって、互いにちょっと昔ばなしが華開いてしまった。そればかりは非難すべきじゃないしまぁ良い話やったかとは思う。時間ゆうのはちゃんとまっすぐ正しくでもない。ときどき脱線したり滞ったりしている。互いにいろいろありつつもまだ生き長らえてるし、こうやって飲むことも出来る。スゴいことなんだと、なんか身に染みてくるよになった。一期一会じゃないがね、突然の別れなんてのがもう当たり前に思...

  11. マップの話 - 続マシュービ日記

    マップの話

    20年ほどの昔、ギリシャを旅していた。バックパッカーだったが当時は恥ずかしく称してはなかった。旅人と名乗れたのもそんなことから離れたあと、恥知らずと言ってるよなもんと思えて仕方なかった。さっきテレビで恥知らずが映ってた。任意、とは建て前と知らぬ大人はどれだけいるのか?汚ならしい大人の姿に純真さを偽るほど醜いものはなかろうに、あたかも自然の理のよに詭弁を並べていた。間違いを間違いとも思えない人...

  12. 習慣とゆうもの - 続マシュービ日記

    習慣とゆうもの

    昨日も残業で、帰りに駅に併設のコンビニで月刊誌を買った。マンガを月に一度買ってるけどもう全部読んだりしない。一つか二つ、作品としては三つぐらいか。だから買ったときこそパラパラ読むけどあとはもう…。むさぼるよに読んで来月を心待ちにしてたころが懐かしい。習慣だったことの一つに寝る前の牛乳ってのがあった。朝晩と実家にいるとき牛乳は欠かさなかった。それが寒さのせいと歳のせいで、最近はすっかり寝る前は...

  13. なつかしや、ミーツ - 続マシュービ日記

    なつかしや、ミーツ

    雑誌は読まなくなった。若いころからそれほど読むタイプやなかったが、定期的とゆうか気紛れに買うのは何冊かあった。本屋にもよく行ってた。今は本屋も減ったし、たまに行ってもほんと読む本や雑誌に困る。手に取るまでちょっと時間かかってしまう。時間潰す場所じゃなくなったよな。トイレを借りたコンビニで見かけた雑誌、京都にもあるんだなってビックリした。たぶん学生が多いから若者が多いからこの手のも売ってるんだ...

  14. 成人式の思い出なんて - 続マシュービ日記

    成人式の思い出なんて

    言うまでもなく我々のころは15日が成人の日で、やはり寒かった。全く式には行くつもりなく寝てたら、朝早く中学んときの友達が誘いに来た。面倒だったが断るのももうひとつ面倒だったんで仕方なく行った。それでも式には出なかった。外でぼーっと写真館に行ってる友達を待ってた。聞いてみると周囲にちゃんと式に出た人は少ない。今で言うとこのリア充、そんなんとは当時からあまり縁がなかった。すでに働いてたし翌日は仕...

  15. 年の瀬振り返り―2017 - 続マシュービ日記

    年の瀬振り返り―2017

    一昨日は地元を走る私鉄で真夜中零時に人身事故があったらしい。オーサカ出ると最近はたいていJRで帰ってるんで遭遇なく済んだけど、もしあれに乗ってたらヤバかった。時間的には会わないだろうが酔っ払ってたからね、キツかったよな。最近どうも人身事故が多い。ニュースでよく耳にする。ホームドアが関西私鉄は全くないからって言うけど、昔はこんなに人身事故あったっけ?って思う。なんか違う問題が隠れてる気もする…...

  16. 小樽散策と美味しいランチのプチ旅行<さっぽろっ子のグルメリポート> - 札幌のWebプランナー 松島タツオの安くて効果のあるSEO対策

    小樽散策と美味しいランチのプチ旅行<さっぽろっ子のグル...

    昨日は小樽散策と美味しいランチを食べにプチ旅行。。最近、店内リフォームした「小樽ミューズ」で念願のふわとろオムライス食べてきました♪ここは煮込みハンバーグも人気でこの特製デミグラスソースが美味しさをパワーアップしてくれます(^_^)v小樽駅から徒歩数分なので機会があったらぜひ!☆小樽ミューズそして小樽散策…小樽公園から港を望む(^^)b小樽には趣きのある建物がたくさんあります。ノスタルジック...

  17. 息をひそめる場所 - 続マシュービ日記

    息をひそめる場所

    北千住ではここ数年、駅前のビルにあるビデオ試写室で夜を過ごす。バーで飲んだあと友達と駅で別れたあと、いつも決まってそこに入る。北千住にもホテルはある、何度か泊まったことだってある。でも、そこで朝を迎える。もう今さらAV見たいって気もない、新しいのがあるわけでもない。何故なのか…それはたぶん原点回帰とでも言うか、息をひそめるってゆう卑下された感じがいいんだろう。思い上がるな逆上せるな、そんなん...

  18. 世羅近郊の小屋04 - 好日晴天.ほんじつはせいてん

    世羅近郊の小屋04

    先日広島県世羅町近辺の山の中をドライブしてると見つけました。これらは何だかノスタルジックな香りが漂ってきます。いつの日か朽ち果ててしまうのでしょうが風景の中に残ってもらいたいものです。Micro Nikkor 105mm/2.8fMicro Nikkor 60mm/2.8fiphone 728mm1.8f/57mm2.8f

  19. 新築か?改築か? - 安曇野 設計事務所の家つくり

    新築か?改築か?

    海外からのお問い合わせ。帰国に合わせてご両親との同居、若しくは近居をお考えとの事。近隣の土地に新築?母屋を減築した上で別棟新築?改築しての同居か?色々な選択肢が有る中、プロの意見を求められました。メールでの問い合わせ段階では、建物の性能や構造的な問題等を考慮すると近隣に新築かな、と思いました。ところが現地に伺って、母屋を建築当時の図面も照らし合わせながら、インスペクションを行うと、建物のエネ...

  20. Cheskey glass~green no.4 - 雑貨店PiPPi

    Cheskey glass~green no.4

    こんにちは。今日は色を愉しむプチプライスのフラワーベース、「Cheskey glass~green no.4」を紹介します。光で表情を変えるアンティークグリーンが印象的なガラスのボトル。ノスタルジックな雰囲気も素敵。春夏の模様替えにお役立てください。<Cheskey glass~green no.4>直径10㎝×高さ14㎝¥380+税・・

総件数:81 件

似ているタグ