ノトテニアのタグまとめ

ノトテニア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはノトテニアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ノトテニア」タグの記事(3)

  1. 名古屋港水族館:南極の海~昭和基地からやってきたキバゴチとショウワギス、君はシワヒモムシを見たか!?(December 2019) - 続々・動物園ありマス。

    名古屋港水族館:南極の海~昭和基地からやってきたキバゴ...

    昭和基地からやってきた南極の魚たち日本初展示となるキバゴチ下あごが突き出てるのが大きな特徴ですショウワギスこちらもキバゴチとともに昭和基地からやってきましたノトテニア科に属し南極大陸周辺の水深700mまでの海底に棲んでいますイエローベリーロックコッドこちらもノトテニア科で、この種の魚は血液中に不糖凍タンパク質を備え細胞内に氷ができるのを防げる為、冷たい海でも凍ることはありませんほんの一瞬です...

  2. 葛西臨海水族園:南極の生物たち~ドラゴンは凍らない - 続々・動物園ありマス。

    葛西臨海水族園:南極の生物たち~ドラゴンは凍らない

    シャルコーズ・ドラゴンフィッシュ葛西臨海水族園「北極・南極の海」エリアよりスズキ目バティドラコ科名前にドラゴンを冠した美しい魚ですはろ~♪冬には水温がマイナス2度まで下がる南極の海普通の魚なら凍ってしまいますが彼らは体液中に特殊な糖タンパクを持ち凍るのを防いでいるそうです頭上に張り付いているのはツタノハガイ科のアンタークティック・リンペット南極海の砂泥底に棲む巻貝アンタークティック・ウェルク...

  3. 葛西臨海水族園~南極のダンゴムシとまったりヒトデ - 続々・動物園ありマス。

    葛西臨海水族園~南極のダンゴムシとまったりヒトデ

    南極の冷たい海に生息する、ダンゴムシの仲間グリプトノートゥス・アンタルクティクス葛西臨海水族園「北極・南極の海」エリアより冷たい海では、ちぎれて海底にたまった海藻などが分解されにくいため多くの生物が、藻だまりを隠れ場所や餌場として利用しています和名がないので、長くて堅苦しい名前(学名)な訳ですがあえて勝手につけるならばナンキョクノダンゴムシとかナンキョクトガリヘラムシって感じでしょうか右側に...

総件数:3 件

似ているタグ