ノボロギクのタグまとめ

ノボロギク」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはノボロギクに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ノボロギク」タグの記事(11)

  1. 君は君のままで咲く - 流木民 第2話

    君は君のままで咲く

    あの時の黄水仙は ドライに姿を変え 今もそこに 花瓶に飾って数日 まだまだ寒かった頃 いち早く芽生えた小さな緑 可愛く美しい形に惹かれ 花壇の隅で育つ様子を観ていた ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎春一番に 冷たい空気をものともせず すっかり逞しく伸びてくれた......それで 勝手にたんぽぽの開花を予想して 花瓶に挿してみた.....(ネットからお借りした写真) ...

  2. 田んぼの畦道 - 里山の四季

    田んぼの畦道

    ノボロギク野襤褸菊キク科これで開花!頭花は、筒状花だけいつまでもつぼみみたいな姿です。セイヨウタンポポ西洋蒲公英キク科こちらは、頭花はすべて舌状花オランダミミナグサオランダ耳菜草ナデシコ科花弁が5枚、花弁の先が少し切れています。コハコベ小繁縷ナデシコ科花弁5枚、花弁の先が深く切れています。ノミノフスマ蚤の衾ナデシコ科 花弁は5枚、花弁の先が深く切れていてまるで10枚のように見えます。タネツケ...

  3. 厳寒の環境で開花・結実する外来種ノボロギク - 軽井沢のニホンザル  軽井沢サル・ネット

    厳寒の環境で開花・結実する外来種ノボロギク

    雪の中で首を垂れるノボロギクですが、冬の間ずっと花を咲かせる様です。しかも、茎の先端にはすでに羽毛のついたタネを飛ばした様子が見えます。外来種は強い、というか日本の環境に適応した外来種は強い。はるばる日本にたどり着いても、気候風土が合わなかったり、在来種との競争に負けて消えていったものもたくさんあるでしょう。ノボロギク、この時期にタネを飛ばしても、発芽するのでしょうか。クリやドングリの様な重...

  4. 異なる環境、厳しい風土に生きる外来種 - Maystorm Journal                    寺山 光廣

    異なる環境、厳しい風土に生きる外来種

    雪の中で首を垂れるノボロギクですが、冬の間ずっと花を咲かせる様です。しかも、茎の先端にはすでに羽毛のついたタネを飛ばした様子が見えます。外来種は強い、というか日本の環境に適応した外来種は強い。はるばる日本にたどり着いても、気候風土が合わなかったり、在来種との競争に負けて消えていったものもたくさんあるでしょう。ノボロギク、この時期にタネを飛ばしても、発芽するのでしょうか。クリやドングリの様な重...

  5. 白鳥子 - 清治の花便り

    白鳥子

    12月11日二日連続ミサゴの登場・山際冴え大江高山また近し歩地爺・イヌホオズキの実ホトケノザ・ノボロギク・白鳥の大江高山背景に歩地爺・おまけ授賞式は12月12日・ごきげんようさようなら・

  6. 旅に出る ②/ノボロギクの綿毛 - そらいろのパレット

    旅に出る ②/ノボロギクの綿毛

    お気の毒な名前の野の花はいろいろあるけれど散歩道の道端で見かけるこの花もまた。夜空に開いた花火のよう。タンポポと同じく、花弁に見えるこの一本一本が一つの花、野襤褸菊。※頭状花序→★(Wikipedia)ちょうど耳かきの先についているふわふわほどの大きさ。春風に吹かれるかざぐるま♪あっ、飛んだ!総苞下部の黒い二等辺三角形の小総苞がおしゃれ。ノボロギク(野襤褸菊)。ボロギクはサワギクの別名とのこ...

  7. 春が来た - 三日おばさん

    春が来た

    日差しが暖かく春の景色が次々と飛び込んできた今日の一番春らしい景色が撮れたノボロギクの綿毛と青空そして昨日までつぼみだったのに今日は咲いているサクランボの花春を告げる草花ちょっと心が楽になったよ・・・・・・

  8. ノボロギク - 三日おばさん

    ノボロギク

    散歩道に咲く花雑草だけど一つずつでも名前を覚えようと思い立った今日は「ノボロギク」漢字で書くと「野襤褸菊」この白い綿毛が遠くから見たら襤褸(ぼろ)を着ているように見えるからだって今日は霧に濡れているきれいに撮ってやった年中どこでも見られる雑草だから「年中草」とも言うそうだつまり本当に強い雑草だということだ・・・こんなに書けば名前覚えられるかしら・・・

  9. 「ノボロギクも咲いてましたね」 - もるとゆらじお

    「ノボロギクも咲いてましたね」

    写真はノボロギクです。漢字で書くと野襤褸菊です。襤褸という字がかわいそうですが、なんらかの理由があるのでしょうね。いまごろ道端で見かける花はホトケノザとオニノゲシと...なんてこの間書いていたら、ノボロギクを見つけました。ノボロギきはヨーロッパ原産の帰化植物で、明治時代に日本にきました。舗装のセメントを割って生えてくるくらいですからたいへん繁殖力が強くて、畑にはびこると害になるそうです。可憐...

  10. ノボロギク野襤褸菊 - 里山の四季

    ノボロギク野襤褸菊

    ど根性!路面間隙雑草(ろめんかんげきざっそう)真冬でもアスファルトの隙間でも生き延びますノボロギクキク科キオン属一年草~越年草ヨーロッパ原産帰化植物印旛郡栄町2019.1.27アスファルトの隙間で開花、果実もつけています。かつて”ど根性大根”とかテレビなどで騒がれた大根がありました。ノボロギクは、道ばた、畑、田どこでもいつでもたくましく繁殖します。キク科の花らしく頭花は多数の筒状花が集まって...

  11. 掃き溜めとか襤褸とか - もるとゆらじお

    掃き溜めとか襤褸とか

    草がぐんぐん伸びるこの時期になりますと道端や空き地に生える草の写真を撮ることが多くなります。すると、名前を調べます。名前を覚えている草もあるのですが、毎年忘れる名前があって調べてみると、どうもいい名前じゃないんです。例えば上の写真はノボロギクです。ノボロの「ノ」は「野」です。「ボロ」は「襤褸」です。意味はやっぱり野に咲くボロボロの菊...みたいなことでしょうか。ちょっと気の毒になります。なぜ...

総件数:11 件

似ているタグ