ノートンのタグまとめ

ノートン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはノートンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ノートン」タグの記事(17)

  1. ノートンセキュリティー お試し版からの延長 - as call quietly to something vient49の日記

    ノートンセキュリティー お試し版からの延長

    2018年8月30日(木)ノートンセキュリティープレミアムのお試し版を入れてから、早くも24日が経過したらしいです。この間、パソコンが遅くなることもなく、アップデート後の再起動の件以外は快適に過ごしました。ノートンの製品版を買おうと思ってAmazonをずっと見ていいて、8月の4週初めには3年3台版が10,800円前後であるのを確認していました。まだおためし版の期限があったので、4週末に買おう...

  2. ノートンセキュリティー この仕様はいただけない - as call quietly to something vient49の日記

    ノートンセキュリティー この仕様はいただけない

    2018年8月16日(木)ノートンに入れ替えて約10日経ちました。なかなか快適な使い心地で早く製品版を買おうと思っていた矢先、とんでもないことが。パソコンを起動してエクセルで表を修正し、そのまま夕食を取ってからパソコンに向かったところ、次の画面が出ていました。次のことが画面に出ていました。「すべてのドライバーをシャットダウンできなかったため、製品を更新できませんでした。その結果、ノートン製品...

  3. ノートパソコンが遅いのはセキュリティーソフトだったかも - as call quietly to something vient49の日記

    ノートパソコンが遅いのはセキュリティーソフトだったかも

    2018年8月4日8(土)2年おきぐらいにノートパソコンがめちゃくちゃ遅くなって、今回は右クリックすると2~3分待たないとメニューが出てこなかったり、漢字変換をするとこれも2~3分経たないと変換されなかったりで、仕事にも支障が出ていました。その都度対策を取ってきたのですが、今回はネットで検索するとディスク使用率が異常なんじゃないかという意見を見つけました。さっそくタスクマネージャーを起動して...

  4. 水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    水曜日の授業風景

    1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツオイルポンプの組みつけが終わり、タイミングギア回り取り付け。ブリーザーギア位置を合わせ、ギアタイミングあわせ仮組み取り付けをして、クランクの回りっぷりチェック。問題なく本組み。1946WL750MさんのWRケース側のカムベアリング取り付け部は溶射肉盛しピニオン位置を基準にそれぞれのベアリングホール位置決め、ボーリング加工済み。カムベアリングの圧...

  5. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1978 TRIUMPH T140ETさんのトライアンフ今回は純正エアクリナーカバーを使わずに使用するため、エアクリナーカバーにマウントされている、Rブレーキリザーバータンクのステーを製作しフレームに取り付け。リザーバータンクの詰まりを直し、Rブレーキエア抜き。一部不良があったので付け直し取り付け、また改めてエア抜き。T140EのRマスターシリンダーの取り付けは面倒だ・・・。バッテリーマウン...

  6. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWR今回はWRの腰下にKRのシリンダーを取り付けようという話。でKRのバルブステム径はKモデル、WLのものよりも細く7.9mmで、ガイド圧入をするため専用工具製作。外径加工済みのガイドを圧入しO.K日頃やることのないモデルの作業で、まだまだ特殊冶具を作る必要がある。NORTON COMMANDOYさんのノートンコマンドクラッチ回り組み付けて、ギアボックッスシフター周...

  7. 日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日・月曜日の授業風景

    最近インスタをはじめまして、右のインスタのアイコンから飛べます。まぁこのブログを見ている人は見ても面白みはないかしら。よかったらどうぞ。1970XLH900卒業生Tさんのアイアンスポーツ前回のOHの際は交換していなかったクラッチプレート、元々ついていたフリクッションプレートはスチールプレートが無いタイプのもので、熱をもってくると膨張しクラッチの切れが悪くなるものが多いです。やはり今回も切れが...

  8. 土・日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日曜日の授業風景

    NORTON COMMAND GEARBOXギアボックスオーバーホール中、Yさんのノートンコマンド。今回オーバーホールするギアボックッスはアトラス用のもので、コマンドに使用する場いい上部マウント部を削る必要があります。現在フレームについているギアボックスを取り外し確認。フェザーベットと同じくアイソラティックフレームでもギアボックッスだけを抜き取ることが出来ず、なかなか面倒です。1951 TR...

  9. 土・日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日曜日の授業風景

    1973XLCH1000K さんのアイアンスポーツスイングアームのベアリングアロックスクリュー部のネジ部が変形していて、ロックスクリューが入らず…工具製作し擦り合わせして、ロックスクリューが入るように。塗装剥離し塗装準備。ベンディックキャブ、ダイナモ分解、清掃し各部チェック。1973TRIUMPH TR7RYさんのトライアンフフロントフォーク分解しシール交換画像撮り忘れましたが、新品フットペ...

  10. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1951 TRIUMPH T100Hさんのトライアンフはギアボックス周りの作業。まずは製作したレイシャフト1stギアブッシュ圧入、ホーニングしクリアランス調整。同じく製作したハイギアブッシュも圧入。メインシャフトのハイギアブッシュ軸受け部は研磨してありますので、専用のラッピングロッドを使いハイギアブッシュラッピング、ホーニングしガタ無くスルスル。ギアボックスが削れてしまっていたため、留まり穴...

  11. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1946WR750MさんのWRはキャブ周りの作業。アルゼンチン出張での土産話を聞きつつ分解・清掃作業。マニホールド面を削り過ぎない程度に面研磨。フロートレベル、フロートバルブのチェック。バタフライバルブの隙間チェック、調整。マニホルドマウント螺子部は一部終了していたのでヘリサート加工。1967 TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフ前回圧入したカムブッシュ。とりあえず圧入したままでカムシ...

  12. 1971NORTON COMMANDO  となんやかんや製作物 - Vintage motorcycle study

    1971NORTON COMMANDO となんやかん...

    1971NORTON COMMANDO点火システムの交換でお預かりしていたノートンコマンド頼まれていたエアクリーナー交換と付いていなかったパンチングのエアクリーナープレート取り付け。このエアクリーナー非常に付けづらいです。また、タイダウンでとまっていたバッテリーも純正タイプのマウントにするため、バッテリーストラップとクロスバーを取りましたが、早速つける際にストラップがちぎれました・・・。スト...

  13. 月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月・火曜日の授業風景

    1948WL750MさんのWLシリンダーのボーリング加工が終わりましたのでシリンダー組みつけです。ピストンリンクのギャップ&クリアランスをチェックし、シートカット加工済みのバルブ取り付け。シリンダー取り付け、インテークマニホールドの位置合わせをしてシリンダーベースナットをトルク管理し取り付け。タペット調整し、次回点火時期調整しヘッドをつけたらエンジン終了です。1965 NORTON 650S...

  14. 1960NORTON650SS クランク・タイミング周り分解、計測作業 - Vintage motorcycle study

    1960NORTON650SS クランク・タイミング周...

    先日に引き続き、ノートンさん分解作業。オイルタンク、バッテリーマウント、プライマリー周りを分解しエンジンを降ろしていきます。フロント側エンジンプレートとミッションと共留めのリア側マウントプレートでフレームにマウントされているノートンエンジン。エンジンを降ろすのが少々面倒で、リア側エンジンマウントプレートの一番下のクランクケーススタッドはフレームが邪魔して抜けません。フロント側のエンジンプレー...

  15. 1960NORTON650SS シリンダー・シリンダーヘッド分解・計測作業 - Vintage motorcycle study

    1960NORTON650SS シリンダー・シリンダー...

    Hさんのノートンドミネーターある日、エンジンからゴロゴロという異音が出始めたそうで、多分クランク軸受けベアリングがご臨終であろうということで、エンジンをオーバーホールしていきます。普通にアクセス出来る4本のヘッドボルト以外にヘッド前方に隠れている3個のナットさん、後方下にあるナットさん、前方したにあるナットさん2本を取り外し、ヘッド取り外し。ヘッドとロッカーカバー一体のノートさんのヘッドはロ...

  16. 1971 NORTON COMMANDO - Vintage motorcycle study

    1971 NORTON COMMANDO

    修理依頼でお預かりしたノートンコマンド修理内容は点火システムを機械式からフルトラ(ペイゾンフルトラKIT)へコンバート。また、オイルラインのチェックバルブを持たないこの年式のコマンドさん。乗らない時間が長いとオイルタンクのオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。フィードラインにON/OFFコックをつけます。なんやかんややる前に試乗させてもらいました。アイドリングは安定しているものの、アイ...

  17. Brit Brat Day in Kobe Vol.11 ブリブラ 3月25日(土) - タイガーワークス モーターサイクルズ

    Brit Brat Day in Kobe Vol.1...

    今週末3/25(土)はブリットブラットです英車の御三家と言えば、トライアンフ、BSAにノートン。と言うわけで今回は「ノートン」が主役となりました。戦前からマン島TTやレースに注力したノートンは、「マンクス」がまさにサラブレッドと言えるでしょう。そしてストリートでは、コマンドーが不動の人気を博しています。1968年より市販されたコマンドーは、排気量アップなどにより1977年まで踏ん張ったOHV...

総件数:17 件

似ているタグ