ノーベル文学賞のタグまとめ

ノーベル文学賞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはノーベル文学賞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ノーベル文学賞」タグの記事(20)

  1. ★ ハルキストの集い - うちゅうのさいはて

    ★ ハルキストの集い

    毎年、ノーベル賞の発表の頃になると、ちょこっと話題に上る・・・神戸の喫茶店か珈琲屋に、村上春樹のファンが集まってノーベル文学賞を取るかどうか・・・私は特にファンではないし、というか、「ノルウェーの森」を読んで、ナニコレと思ったくらいだから・・・どーでもいいんですけどね。でも、ハルキストたちは賞を取るか取らないか悶々としてるようだけど、そりゃー賞を取れば嬉しいだろうけど、そんなことより、年に一...

  2. 日の名残 - 猫多摩散歩日記 2

    日の名残

    日の名残BS1 世界のドキュメンタリー「執事の見たイギリス王室を見た、この番組を見たからではなく、カズオイシグロの作品を読みたくて読み始めた。そして今日は再放送、執事の仕事なるものがあかなるものか、まだ半分であるが知った上で見るとまた面白い。チャールズ皇太子やウィリアム王子の執事が、執事とは、日の名残の中の執事の様であると思っていた。カズオイシグロは、英国で認められているんだと思いました。-...

  3. ルシュール「三島由紀夫」 - シェークスピアの猫

    ルシュール「三島由紀夫」

    ジェニフェール・ルシュールの「三島由紀夫」を読んだ。詳伝社。以下、本文より抜粋。

  4. 女の怒りノーベル文学賞をぶっ飛ばす - FEM-NEWS

    女の怒りノーベル文学賞をぶっ飛ばす

    スウェーデン・アカデミーは、5月4日(金)、2018年のノーベル文学賞はないと発表した。報道によると、1949年以来、初めてだという。スウェーデン・アカデミーは、ノーベル文学賞を決める機関だ。アカデミーは「アカデミーの人数が減っている事態と、アカデミーの信用失墜」からこの決定に至ったと語っている。2018年のノーベル賞は2019年に一緒に発表するらしい。事の発端は、4月17日FEM-NEWS...

  5. KAZUO  ISHIGURO ノーベル賞受賞記念講演 - 私の心の宇宙

    KAZUO ISHIGURO ノーベル賞受賞記念講演

    KAZUO ISHIGUROMy twentieth Century Evening and Other small Breakthrough本の表題は「特急二十世紀の夜と、いくつかの小さなブレークスルー」と訳してある。本分を読めばわかることだとは思うけれども、本来ならば表題は講演の内容を彷彿とさせるものでなくてはならないはずである。"My" と"Evenin...

  6. 【ラジオの話題】ビートたけし今後の目標は「ノーベル文学賞」狙ってる ビートたけしが語った「来年、再来年にかけての抱負」 - 赤いきつね

    【ラジオの話題】ビートたけし今後の目標は「ノーベル文学...

    【ラジオの話題】ビートたけし今後の目標は「ノーベル文学賞」狙ってるビートたけしが語った「来年、再来年にかけての抱負」ビートたけしが22日、松任谷由実のラジオに出演し、今後の抱負を語った「小説を1本は完成させて、もう1本は半分ぐらいまで行きたい」とコメント「来年、再来年にかけてノーベル文学賞を狙っている」とも語ったhttp://image.news.livedoor.com/newsimage...

  7. 言葉では表現できない感情が、歌手の歌声にはちゃんとある - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    言葉では表現できない感情が、歌手の歌声にはちゃんとある

    今年のノーベル文学賞を受賞した日系英国人作家、「カズオ・イシグロ」氏が、7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで授賞の記念講演を45分にわたり、行った。その中で、代表作「日の名残り」(1989年)について、シンガー・ソングライターの「トム・ウェイツ/Tom Waits」の曲「ルビーズ・アームズ/Ruby's Arms」を聞いたことが、完成のきっかけになったなど、創作のエピソ...

  8. 忘却の彼方への記憶が・・・ - Oyo-の日々

    忘却の彼方への記憶が・・・

    昨日今日と晴天に恵まれぽかぽかの布団で気持ち良い干した布団で休みながらカズオ・イシグロ作品にのめり込んでいく読書になってしまいました。前に求めていた『遠い山なみの光』`A PALE VIEW OF HILLS'小野寺健訳(ハヤカワ文庫)をまだ読んでいなかったので読了。買物のついでの近くの本屋さんで何気なく棚を見るとイシグロ氏の文庫本がずらーっと並べられていました。あー、再発刊された...

  9. レッシング「Particularly Cat」 - ネコと文学と猫ブンガク

    レッシング「Particularly Cat」

    ドリス・レッシングの「なんといったって猫 新装版(Particularly Cat)」を読んだ。深町 眞理子訳、晶文社。以下、本文より抜粋。

  10. 「日の名残り」を読んで - バイオリンクの片隅から

    「日の名残り」を読んで

    10月5日(木)日本時間の午後8時にノーベル文学賞の発表があって、日系英国人のカズオ・イシグロが受賞した。小生は自宅のテレビを見ていてそのニュースを知ったのだが、今年も村上春樹の受賞を待ち望む人たちの落胆の様子が映し出されていた。海外においても、事前の予想でイシグロの名前は挙がっておらず、意外な結果として受け止められたらしい。小生は、以前このブログにNHKの教養番組「カズオ・イシグロ 文学白...

  11. ★ ゲージツの秋らしく - うちゅうのさいはて

    ★ ゲージツの秋らしく

    ゲージツから遠のいている昨今。テレビで澁澤龍彦没後30年の展覧会をやっていることを知った。世田谷なので近いうちに行ってみよう。忘れずに。ネットで何か探していたらついでに、朝霞でアンドリュー・ワイエス展をやっていることも。朝霞で・・・ワイエスだよ。そんなマイナーなところでワイエス。ゲージツじゃないけど、久々に図書館で本を借りた。図書館の入っている公民館に市役所の窓口があって、そこに古い保険証を...

  12. Memo・カズオ・イシグロ氏! - 心紋様

    Memo・カズオ・イシグロ氏!

    ヤマハッカ…綺麗な色ですね!ノーベル文学賞受賞のイシグロ氏の主な小説。1982年「遠い山なみの光」日本が舞台。1986年「浮世の画家」日本が舞台。89年「日の名残り」英国の伝統をえがいて、ブッカー賞受賞。 1993年アンソニー・ホプキンス主演で映画化。95年「充たされざる者」 不条理小説。2000年「わたしたちが孤児だったころ」 探偵小説風。2005年「わたしを離さ...

  13. カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞! - ひとりあそび

    カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞!

    一昨日の夕方、今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏が選ばれたと知った時は思わずヤッター!と叫んでいた。それは驚きと同時に湧き出た喜びの叫びであった。私が初めてカズオ・イシグロの作品に出会ったのはちょうど10年前、「わたしを離さないで」だった。そして、たぶん、最初にこの本を読んだことが決定的になったような気がする。その次に読んだのが「日の名残り」で、イギリスを舞台に老執事の過去と記憶が現在...

  14. 「人生は思ったより短いが」に反応して - 白髪の旅ガラス

    「人生は思ったより短いが」に反応して

    私達は、知らぬ間に先祖の血を引いて生きています。中には百歳を越しても達者な人も居るかと思えば、生まれて間もなく亡くなる子も居て、その差は偶然だか、必然だか分かりません。 答えは、ノーベル文学賞を受賞した世界的な小説家カズオ・イシグロ氏の言葉「人生は思ったより短いが」にあるような気がします。考えた通り生きられるなら苦労はしませんが、そうではないことを承知していますから、何かを急いで遺さなくては...

  15. デヴィッド・ボウイ・ヒストリー1969-1971 - シェークスピアの猫

    デヴィッド・ボウイ・ヒストリー1969-1971

    無料放送の日に、ミュージック・エアで「デヴィッド・ボウイ・ヒストリー1969-1971」を見た。「世界的ロック・スター、デヴィッド・ボウイの初期ブレイクに迫るライヴ&ドキュメンタリー。」https://www.musicair.co.jp/bowie_history69_71_2/

  16. カズオ・イシグロ氏の作品本屋の在庫ゼロ - 東金、折々の風景

    カズオ・イシグロ氏の作品本屋の在庫ゼロ

    2年くらい前まではテニス仲間から「体の悪いところはないんですか?」と度々聞かれるほど病院とは無縁で、「おくすり手帳」はまっさらの状態だった。それが昨年あたりから病院に行くことが多くなり、大の苦手のクスリもやむを得ず服用。人間には四つの苦「生老病死」があるとお釈迦様が言ったとか。今日、咽頭の腫瘍の組織片の病理診断の結果が出た。腫瘍は良性で小さいので手術も不要とのこと。入院、手術、声帯摘出も覚悟...

  17. ノーベル文学賞は日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に - 香取俊介・東京日記

    ノーベル文学賞は日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に

    2017-10-06ノーベル文学賞がイギリス人作家のカズオ・イシグロ氏に。下馬評にまったくあがっていなかった作家で、当人も驚いたそうだ。イギリスでは数々の有名文学賞を受賞した作家だが。さすがに良い《面構え》をしている。イシグロ「氏に作については、僕は以前、「日の名残り」を以前読んだきりだ。これを機会に他の作品も読んで見よう。臓器移植に利用される子供たちを描いたイギリス映画「わたしを離さないで...

  18. カズオ・イシグロ氏とJAZZ - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    カズオ・イシグロ氏とJAZZ

    TVを観ていたら、「ノーベル文学賞に日系人のカズオ・イシグロ氏」というテロップが流れてびっくり。確かに「カズオ・イシグロ」氏は素晴らしい作家であるが、ノーベル文学賞を受賞するとは、思ってもみなかった。しかし、うれしい限りである。このブログで、彼を取り上げたのはいつだったろうか。前のブログを繰ってみたら、2009年8月10日の記事、「読むJAZZ(7)~音楽と夕暮れをめぐる五つの物語~ 」が最...

  19. カズオ・イシグロ氏、ノーベル文学賞。。。 - 来生自然の。。。

    カズオ・イシグロ氏、ノーベル文学賞。。。

    いや、びっくりした。。。仕事を終え、ネットニュースを閲覧したらトップで「カズオ・イシグロ、ノーベル文学賞」とある。2017.10.06 22:45 追記、10.07 07:02、10.08 05:16、10.09 04:43、10:00一部修正・追記今回の受賞理由としては、スウェーデン・アカデミーによると「世界とつながっているという幻想的な感覚にひそむ深淵」を明らかにしたことだという。201...

  20. 川端康成のノーベル賞 - 憂き世忘れ

    川端康成のノーベル賞

    拙著にはハッキリとは書きませんでしたが、深沢の「盆栽老人〜」はどう考えても川端のことでしょう。そんなこんなで、私にとって、日本が誇る文豪は、非常にインチキ臭い人となっています。1970年6月16日、台北で講演しています。テーマが「源氏と芭蕉」。講演と云っても、台北に住んでいる日本人たちの会に招かれた席での挨拶のようで、大した話はしていません。美術品の何々を持っているとか。(自慢話かよ)197...

総件数:20 件

似ているタグ