ハイキング・山登りのタグまとめ

ハイキング・山登り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハイキング・山登りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハイキング・山登り」タグの記事(15)

  1. 2017.10.4-5 群馬県・白毛門  (3) 白毛門山頂   2017.10.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.4-5 群馬県・白毛門  (3) 白毛...

    2017.10.5 (続き)山頂から笠ヶ岳の方へ続く道を少し下りると、素晴らしい景色が待っていた。笠ヶ岳と朝日岳の姿は少し近づくだけでほとんど変わらない。しかし、紅葉は少し近づくだけでたまらなく美しい。ここからは、パノラマ合成ではなく、切り撮ることに専念した。赤と黄と緑。それに青空が加わる。逆光では写らないかと思っていたが意外と撮れていた。標高1500mの紅葉はさすがに違う。鮮やかすぎる。ど...

  2. 2017.10.4-5 群馬県・白毛門  (2) 白毛門   2017.10.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.4-5 群馬県・白毛門  (2) 白毛...

    2017.10.5朝食を7時に用意してもらい、「谷川連峰馬蹄形概念図」のある登山口から登り始めたのは8時10分。聞きしに勝る急登。登り始めはブナの樹林帯、しばらくすると松の根が剥き出しの道に変る。ジグザグの箇所はなく、尾根伝いの1本道。視界はほとんどなく、谷川岳は1~2か所だけからしか見えなかった。つるつる滑る根の間を這うように登る。ロープ場、鎖場もあり、何人かのブログ諸氏が書いているように...

  3. 2017.10.4-5 群馬県・白毛門    (1) 谷川岳   2017.10.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.10.4-5 群馬県・白毛門  (1) ...

    2017.10.4-5急遽、高気圧に覆われるとの予報が出たので、谷川岳の向かいにある白毛門(しらがもん)に登った。このところ、谷川岳山麓の林道をぶらぶらすることが続き、谷川岳を見上げるのではなく、対峙する山から谷川岳を見たいと思っていた。白毛門の標高は1720m、風変りな名前は積雪期の山容に由来するとのこと。山頂付近にジジ岩、ババ岩という岩があり、雪で覆われた様子を白髪の門と見立てているらし...

  4. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) 小池新道   2017.9.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) ...

    2017.8.29 (続き)12時20分、鏡池を新穂高温泉に向かっており始める。登山道の脇に咲いていた花。昨年は見なかった5コマ目はジャコウソウと思うが6コマ目は判らなかった。もう少しでシシウドが原という急斜面で数頭のベニヒカゲが舞っていた。登山道にはとまるが緑にはとまらない。何箇所か水の流れる沢を横切ったけれど、上流にはまだ雪が残っており昨年より圧倒的に水量が多い。かなり下った頃、まだ新鮮...

  5. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (5) 三俣蓮華岳巻道   2017.9.15 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (5) ...

    2017.8.29前日の夕食はやはり和鹿のシチューだった。肉そのものはどうということがないのだが、使っている香辛料が苦手でご飯にかけ何とか食べた。全く食べることのできない人もいるようだ。カレーにしてくれると全く問題がないけれど、山小屋食はカレーが多いと聞く。カレーでは他と差別化ができないのでシチューなんだろうね。ここは要所にある人気の山小屋だけにもう少しなんとかしてほしいところ。さて、この日...

  6. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (4) 鷲羽岳   2017.9.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (4) ...

    2017.8.28 (続き)今年から改装された水晶小屋のベンチで昼食をとっている間にますますガスが濃くなってきた。覚悟して鷲羽岳(標高2924m)に向かう。小屋直下にイワオウギの群生地。標高が高すぎるのでA様は棲息できないだろうが、右下(西側)から吹き上げてくる風とガスの中を下る。すぐ平らになり一息ついたが、ガスで周りがよく見えないままワリモ北分岐に着く。ここからは登り。幸い登山路の風は弱く...

  7. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (3) 水晶岳   2017.9.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (3) ...

    2017.8.28朝、4時45分。雲の切れ間がちょっぴり赤くなっていたがここまで。前日と打って変って雲が多い。遥か遠く、南アルプスらしき山影と富士山が見えた。(上の画面の右のほう)5時45分、野口五郎小屋を出発。振り返ると小屋の人が手を振ってくれていた。なんだか北海道のユースホステルのようだ。岩陰にへばりつたように建てられた小屋が印象的だった。水は天水。野口五郎岳(標高2924m)の山頂を目...

  8. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (2) 野口五郎岳   2017.9.8 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (2) ...

    2017.8.275時30分、七倉山荘から高瀬ダムまで、2巡目の相乗りタクシーで行く。ダムの堤防を渡り、トンネルを抜け、吊り橋を渡る。荒涼とした景色だった。6時20分、裏銀座縦走の起点となるブナ立尾根登山口に到着。ブナ立尾根は北アルプス3大急登の1つと言わている。最初は階段があるがすぐになくなる。確かに急登。ブナの森の中を喘ぎながら登る。三角点到着は8時30分。やっと見晴しのいい場所に着き、...

  9. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (1) 七倉山荘   2017.9.6  (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (1) ...

    2017.8.26-30 かねてから妻が計画していた北アルプスの裏銀座の縦走に出かけた。裏銀座は、信濃大町近郊の高瀬ダムを起点とし、烏帽子岳→野口五郎岳→鷲羽岳→双六岳→(西鎌尾根)→槍ヶ岳へ至る北アルプス縦走コースだが、槍ヶ岳までは行かず双六岳から新穂高温泉に抜けることとした。双六岳から新穂高温泉までは、昨年、雲の平に行った時の下山で経験している。槍ヶ岳まで行かずとも、山小屋には少なくても...

  10. 2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (3) レンゲショウマ   2017.8.26 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (3) レンゲ...

    2017.8.10 (続き)10時に榛名湖を歩いて半周して来たという妻を蕎麦屋の前で拾い、レンゲショウマを見に行く。湖畔はガスってはいないが、周りの山々にはガスが漂いはじめた。急な場所もあり汗だくで約1時間の登り。薄暗い木立の中にレンゲショウマはひっそりと咲いていた。ただ、咲き始めなのか、蕾は多いが咲いている花は少ない。花は1株につき1つだけ咲いていた。小さな群落だった。レンゲショウマは幻想...

  11. 2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (1) ゆうすげ   2017.8.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (1) ゆうす...

    2017.8.9-10レンゲショウマを見に群馬の榛名山に行く。レンゲショウマは東京近郊の御岳山に咲いているけれど、どうも人の手によって増やされた大群落のようだ。もっと天然の群落を見たい(妻)、あわよくば未撮影のチョウに遭遇するかもしれない(夫)ということで、束の間の東京脱出。ただし、その花にはまだ早く、そのチョウはすでに遅い気がする微妙な時期だった。2017.8.9榛名湖畔に着いたのは、例に...

  12. 2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (2)ミヤマモンキチョウ   2017.8.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (2)ミヤマモンキ...

    2017.7.20 続き蝶ヶ岳の山頂。標識がなければ、ここが山頂とはわからないほどだだっ広かった。(21ミリ、飛翔撮影のF4.5で撮ってしまい失敗)写真的には沸き上がる雲が欲しいところだが、それは贅沢というもの。お手軽登山の我々にはすっぴんの穂高のほうが嬉しい。何度もパノラマ合成用の写真を撮る。手持ちなので合成の継ぎ目がうまくいかないことが多い。スマホなら一発か。これは3枚の合成。せっかくだ...

  13. 2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (1)サンカヨウ   2017.8.1 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (1)サンカヨウ ...

    2017.7.20徳沢から長塀山(2564m)経由で、蝶ヶ岳(2677m)に登る。徳沢の標高は1550mなので標高差は約1100m。手元のガイドブックによると4時間10分が所要タイムらしい。徳沢から1時間先の横尾から登る直登ルートもあり、こちらも4時間10分と記載されていたが斜度がきついので徳沢ルートを選択した。途中、お花畑もあるし、なにしろ横尾までの1時間が要らない。6時20分、登山口を出...

  14. 2017.6.20 新潟(群馬)・平標山 ハクサンイチゲ   2017.7.3 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.6.20 新潟(群馬)・平標山 ハクサンイチ...

    2017.6.20三国峠を越え、苗場プリンスの先の平標山登山口の大駐車場を出たのは8時。だらだらと林道を1時間ほど歩くと平元新道の登山口に着く。ここからは本格的なジグザグの登山道となる。標高1000mの林道にはまだ寒いのか飛び回っているのはキマダラヒカゲくらい。数年前に来た時はギンイチモンジセセリがいたが見つからず、そのかわりアサギマダラとボロだがれっきとしたミヤマカラスアゲハ♀がいた。開翅...

  15. 2017.6.19 群馬・谷川岳山麓 ヤマキマダラヒカゲ   2017.6.30 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.6.19 群馬・谷川岳山麓 ヤマキマダラヒカ...

    2017.6.19以前、群馬・新潟県境の平標山(1984m)に登ったことがあるが、その時、隣の仙ノ倉山(2026m)に登ることは風が強くて断念した経緯がある。今回はその再挑戦。前回は法師温泉に前泊し、温泉にハマったきっかけになった温泉なのにあまり感激がなく、それ以来温泉に入れ込むことがなくなった。再訪していいと思ったのは岩手の国見温泉・石塚旅館だけ。というわけで、泊れればいいということで探し...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ