ハイデガーのタグまとめ

ハイデガー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハイデガーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハイデガー」タグの記事(7)

  1. 存在の呪縛 - 追分日乗

    存在の呪縛

    松井吉康著「存在の呪縛」です。「存在」については、ハイデガーの「存在と時間」が有名ですが実際、原書を読んでみても難しいという場合も多いでしょう。非常に乱暴には、この初期ハイデガー哲学の肝である「存在者」と「存在」の区別は、モノとコトだと言えます。わたしたちはモノに囲まれて生活していますので、存在者については身近に理解できます。存在そのもの、つまり存在するというコトはそれとは別だとするとどうい...

  2. くたばれ、テレワーク! - 梟通信~ホンの戯言

    くたばれ、テレワーク!

    コロナ失策、黒川問題などで支持率急降下!政権の緊急事態でコロナの緊急事態宣言解除。解除するけど、ステップを踏んで、ヘビの生殺しのような可笑しな話だ。緊急事態宣言そのものは生かしつつ、休業要請などをステップを踏んで緩和して行けばいいのに。宣言解除したら、旅行するな、営業しないでくれなどという法的根拠はなくなるのだ。経済と命の両てんびんに政権の支持率も乗っけて、どれも中途半端になって三方一両の損...

  3. 可能的存在とは「ハイデガー『存在と時間』の構築」(木田元) - 梟通信~ホンの戯言

    可能的存在とは「ハイデガー『存在と時間』の構築」(木田元)

    前にも書いたと思うが、大学の哲学概論の教授はハイデガーの研究者だった。試験問題に「人間が可能的存在であることについて」という表題の小論文がでた。「現実存在」=「実存」の反対概念とでもいうのだろうか。怠け者の僕は教授の顔を見たのは試験場が初めて、もちろん勉強しないで受験したので(この教授はなまじ勉強して”らしき”ことを書いたら不可になる、と先輩も教えてくれたし)、若い自分には限りなき可能性があ...

  4. 「存在すること」に驚く「ハイデガー『存在と時間』の構築」(木田元) - 梟通信~ホンの戯言

    「存在すること」に驚く「ハイデガー『存在と時間』の構築...

    コロナ鬱?アベ鬱?老人性鬱?その複合なのかもしれない。朝の家事を終えると、くったりして、何かをしようという気力がわいてこない。惰性でストレッチをして、朝飯はうまく食って、ブログツアーをして、こうして無理に何かを書きつけると、もう昼だ。食欲もわかないままに、飯を食って、午後は本を読んで、夕方は散歩。晩酌の量だけは減らない。それがあっという間に過ぎ去って一週間も飛びすぎていく。立ち止まって、我が...

  5. ハイデガーと断易 -  diary@.ヨハネ 知のイノベーション「無知の知」

    ハイデガーと断易

    東洋では太古において占いは極めて先駆的役割を果たしていたようです。現実を判断するのに特殊な素材を用い、その解釈は自然崇拝的な擬人的手法で捉えておりましたが、具体的な構造を分析する理論があり、この理論自体は自然観察による原理から一つの世界観を提示し、こうした大きな物語の中で人間は対象に立っている、生かされているという意識で現実を取り上げ、取り扱ってきました。つまり一般庶民の間の単なる迷信的なも...

  6. 轟孝夫『ハイデガー「存在と時間」入門』読みました - 天音光人の文学的日常

    轟孝夫『ハイデガー「存在と時間」入門』読みました

    轟孝夫の『ハイデガー「存在と時間」入門』(講談社現代新書)を読みました。ハイデガーの『存在と時間』には以前から興味があり、翻訳や入門書、概説書などもいろいろと読んできましたが、なんとなくわかったようで、今ひとつよくわからないという感じをずっと持っていました。今回読んだ本は新書としてはかなりページ数も多いもので、評価もそこそこ高かったので、期待して読んでみたのですが、やはり今ひとつでした。これ...

  7. 円城塔「リスを実装する」 - すさまじきものにして見る人もなきブログ!

    円城塔「リスを実装する」

    リスを実装する (Kindle Single)円城 塔/nullundefined人類がはじまって以来、テクノロジーは「人間」の「ジツゾン」を変化させてきた…ていうか「人間」という存在はそういうもの…みたいなことはハイデガーやらサルトルやら…が言ってたような気がすそういった意味で人間は「人間」を実装してきた「パンツをはいたサル」「パンツをはかないサル」をはじめリスだろうがヤギだろうがジェイソ...

総件数:7 件

似ているタグ