ハッチョウトンボのタグまとめ

ハッチョウトンボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハッチョウトンボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハッチョウトンボ」タグの記事(35)

  1. フィールドuの記録1 2019/8/16 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録1 2019/8/16

    ハッチョウトンボは、もうかなり数が減ってきていたアキアカネばかりが目立つようになってきていた今年はあまり見られなかったアオイトトンボに出会えたのはラッキーだったアジアイトトンボは、この時期にここで出会えるとは思えなかったので、これまたラッキーだった撮影を始めた6:30頃に気温は26~7℃。撮り終えた8:30頃には32℃ほどになっていた風も弱く陽射しが強く、立秋を過ぎたというのに今年一番汗をか...

  2. 炎天下の湿地で - ecocoro日和

    炎天下の湿地で

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ強い日差しが照りつける木道真夏のド暑い時期にわざわざ彼らに会いに行くのには訳があります。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤThe オベリスク姿勢!✨ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤハッチョウトンボがお尻をツンと突き上げたかっこいいポーズを見たいから〜(笑)ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ...

  3. ハッチョウトンボと湿地植物 - 野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

    ハッチョウトンボと湿地植物

    小さくて見つけ難い「ハッチョウトンボ」が、今湿原には思ったより沢山生息している。その日、その日のコンディションにもよるだろうが、今がこの小さなトンボを見るチャンスかも知れない。以前にもこの小ささは紹介したが、とにかく小さいので自然の中のフィールドで見付けるのは容易ではないことは確か。この湿地の中にはトンボの他にも、いろんな生物が共存?しながら生息している。一円玉に隠れてしまう程小さい「ハッチ...

  4. フィールドuの記録1 2019/7/22 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録1 2019/7/22

    無数とも思えるほどいたハッチョウトンボは、ちらほらと見かける程度に減っていた他のフィールド同様ミヤマアカネが目立ってきていたハッチョウトンボ♀(XF90mm)90mm(最大撮影倍率0.2)で、この小さなトンボを狙うにはちょっと無理があったみたいハッチョウトンボ♂(XF90mm)まだこんな体色のもいた。じっとしていたのでギリギリまで近づいたが、それでもこの大きさであるミヤマアカネ♀(XC50-...

  5. 小さな命・・! - さすらい写人

    小さな命・・!

    ハッチョウトンボ

  6. 小さい 花とトンボ - ecocoro日和

    小さい 花とトンボ

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ「小さい」という形容詞は花とトンボ 両方にかかります。^^音訳をやっていると、こういうところよく指摘されるんですよね。切るところを間違えて読むと、トンボは大きくなってしまいます。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤで、この小さい花は モウセンゴケ。直径5mmくらいでしょうか...

  7. フィールドuの記録 2019/6/29 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録 2019/6/29

    気温17℃ほど。曇り空でじっとしていると肌寒いほどだった。微風だったので撮りやすかったハッチョウトンボの数は、相当なもの。他にはハラビロトンボ♂が数頭いただけだったハッチョウトンボ♀ハッチョウトンボ♂ハラビロトンボ♂

  8. ☆ヒメヒカゲ・ウラナミジャノメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヒメヒカゲ・ウラナミジャノメ☆

    6月25日、一日だけの梅雨の晴れ間に、ヒメヒカゲに会いに行きました。ヒメヒカゲは、新鮮なコばかりですが、動きが早くて写すのに苦労しました。雌雄と思われるのを2頭ずつ。帰り際にチョウ友さんが、交尾を見付けてくれました。ヒメヒカゲの生息地では、ハッチョウトンボの雌雄も、写す事が出来ました。別の場所に移動・・・、その場所のヒメヒカゲは、かなりの傷みようです。ウラナミジャノメは4~5頭確認出来ました...

  9. ハッチョウ&アマゴイルリ他 - 風任せ自由人

    ハッチョウ&アマゴイルリ他

    キマダラルリツバメのポイントに向かう途中に立ち寄った湿地で撮影した蜻蛉たち。ハッチョウトンボが小さいことは分かっていても、特に雌の方は草地にたくさんいたのに最初は全く見つからなかった。雄は真っ赤な色が目立つので見つけやすいが、やはりあまりの小ささにこれって本当に蜻蛉なの?と思ってしまった。その大きさは1円硬貨とほぼ同じだ。ハッチョウトンボ湿地ではオゼイトトンボも複数見つかり、連結ペアの撮影が...

  10. フィールドuの記録 2019/6/27 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録 2019/6/27

    3週間ぶりの訪問このフィールドは風に弱く、なかなか訪れる機会がなかった気になっていたハッチョウトンボは、まだまだ多数目撃できたうるさいくらい飛んでいたシオヤトンボは、すっかり姿を消していたハッチョウトンボ♂ハッチョウトンボ♂まだ未成熟のもいたハッチョウトンボ♀ハッチョウトンボ♀これはマクロレンズ(XF60mmMacro)を付けて撮ってみたが、かなり近づいてもこの大きさ他のトンボなら対画面比率...

  11. ヒメヒカゲの湿地 - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲの湿地

    ヒメヒカゲが止まっているのは枯れた松。ヒメヒカゲの湿地は、去年の豪雨で湿地に泥が流れ込んでいて、半分ぐらいに狭まっている。湿地の周囲の木が伐採されて放置されているのはなぜだろう。湿地の復旧をするのだろうか。それとも、開発が計画されているのだろうか。将来、湿地が保たれるかどうか、ここに棲むハッチョウトンボやモウセンゴケ、ミミカキグサにとっては心配なところ。おっと、シマヘビもいた、この日は2mも...

  12. フィールドuの記録 2019/6/6 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録 2019/6/6

    家内が成熟したハッチョウトンボの♂が見たいと言うので、珍しく夕方からの撮影曇天で、少し薄暗いでせいもあるのか、あるいは時間帯によるものなのか、ハッチョウトンボはじっとしたままでいた今日はマクロレンズを装着していったので、近づける限り近づいたがそれでも逃げようとしないお陰で、じっくり撮れることができた日中ならうるさく飛び回っているシオヤトンボやハラビロトンボは影も見なかったハッチョウトンボ♂ハ...

  13. フィールドuの記録 2019/6/5 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録 2019/6/5

    今日は気温は22~23℃ほど。薄曇り空で日差しも直射日光ほどでなかったそれでも背中が暑い。額に汗もじんわりとハッチョウトンボは低い位置に居るのでしゃがみ込みながらの撮影。何カットか撮って、ふっと立ち上がるとちょっとふわっとした感じが暑さへの耐性は、かなり落ちてきているので無理しないようにしたハラビロトンボ♂ 8934すっかり成熟した模様シオヤトンボ♂ 8984真横から写せることが少ないので、...

  14. 2019/6/1(土)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2019/6/1(土)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:9:00~12:009時の気温:17℃10時の気温:18℃11時の気温:21℃12時の気温:21℃天候:晴探索対象:ハッチョウトンボ前回の訪問:2018/6/9(K)~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・久し振りのトンボ撮影遠征をしました。お目当てのトンボは、国内最小のハッチョウトンボです。全長約2cm前後のトンボで、世界的にも最小の部類に入ります。ハッ...

  15. ハッチョウトンボ - ecocoro日和

    ハッチョウトンボ

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ今年も、こんにちは。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤササユリを見に行く時期と出現時期がほぼ重なっているので、毎年セットで訪れるハッチョウトンボのいる湿地。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤまだ数は少な...

  16. フィールドuの記録1 2019/5/29 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録1 2019/5/29

    今日は爽やかな日だった気温19℃ほど。風もほどほどに吹き、陽ざしがきつくなかったハッチョウトンボはいたるところに居るが、なかなか背景のスッキリとした所には止まってくれないハラビロトンボは、今回は♂のみ確認シオヤトンボも多数いたが、飛び回っているので撮るのは断念したハッチョウトンボ♀ハッチョウトンボ♂まだ未成熟ハラビロトンボ♂この個体はだいぶ成熟が近くなってきているのだろうか残念ながら上からは...

  17. 葦毛湿原のハッチョウトンボ - 弓張放浪

    葦毛湿原のハッチョウトンボ

    「弓張放浪第2章」に移行中ハッチョウトンボは日本でいちばん小さいトンボで体長は2cmもありません。葦毛湿原ではむかしから生息していましたがひどい渇水のときに絶滅寸前になってしまいました。それでも毎年見かけたという人が現れるので細々と命をつないでいるようです。昨日見かけたという話を聞いたのでさっそく探してみようと出かけました。現地で見たという人に出会い、見た場所を聞いて探してみたら、・・・いま...

  18. フィールドuの記録1 2019/5/26 - へっぽこな・・

    フィールドuの記録1 2019/5/26

    暑くなるのを予想してはいたが、到着した時点で既に28℃(気象台発表)昨日から急に気温が上昇したので、体が暑さに追いつかない汗もすんなり出ず、1時間ほどの撮影で退散1週間ほど前に来た時は全く気配のなかったハッチョウトンボを多数確認テネラルや未成熟のも多く、ここ2~3日の暑さで一気に羽化したのかな?と素人予想ハッチョウトンボ♂成熟すると真っ赤になるが、まだまだ未成熟な個体ハッチョウトンボ♀このト...

  19. 湿原に行くまで - 森のことば、ことばの森

    湿原に行くまで

    トキソウやハッチョウトンボのいる湿原までのアプローチも、今の季節ならではのいろいろな植物が目を楽しませてくれる。冒頭の写真はノイバラの花。ノイバラというとマイナーなイメージだが、花はどうして見栄えのするりっぱな白い花の群れ。ヒメジョオンも、よく見ると繊細な花のかたち。おや、アザミは少しフライングぎみではないか。でもこのピンクの花に、チョウを止まらせると,実に息づく花。湿原の入り口には、古墳時...

  20. 未熟 - Mag's DiaryⅢ

    未熟

    未熟者って、言わないでくれる!?おいらだって立派なトンボなんだからさぁ。そう、あたいだって、立派なトンボなんだょ。真っ赤じゃなくったって、ハッチョウトンボなんだから。えっ、成熟したらたくましさが出てくるの?老熟はもっとたくましいの?個人の見解でしょ。

総件数:35 件

似ているタグ