ハッブル宇宙望遠鏡のタグまとめ

ハッブル宇宙望遠鏡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハッブル宇宙望遠鏡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハッブル宇宙望遠鏡」タグの記事(5)

  1. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた土星の北極に出現したオーロラ - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた土星の北極に出現したオーロラ

     土星のオーロラは、土星の自転や自転軸の太陽に対する角度の変化だけではなく、土星の衛星の公転運動によっても変化する土星の磁気圏の動きによってもその姿は変化します。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2017年9月に自然光と紫外線で撮影した複数枚の画像を合成したもので、土星の北極に出現した美しい巨大なオーロラです。 写真の色は擬似カラーです。 画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。SOUR...

  2. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた大マゼラン雲の中の球状星団NGC2108 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた大マゼラン雲の中の球状星団N...

     南天の大マゼラン雲(the Large Magellanic Cloud)は、カジキ座の方向にあり、地球から16万光年離れたところにあります。ハッブル宇宙望遠鏡は、大マゼラン雲の中にある球状星団NGC2108を鮮明に捉えました。 写真中央右側にあるNGC2108の中には、赤色巨星でもある炭素星(恒星の大気構成元素が、酸素より炭素の方が多い星をいう。)が数多く存在しています。 写真は、ハッ...

  3. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたみずがめ座の変光星R Aquarii - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたみずがめ座の変光星R Aqu...

     みずがめ座の変光星であるみずがめ座R星(R Aquarii)は、地球から710光年の距離にあります。みずがめ座R星は、ミラ型変光星の赤色巨星と白色矮星からなる二重星で、白色矮星の表面の強い重力によって引き寄せられた赤色巨星の周縁物質が数百年に一度新星爆発を起こしています。1770年代にこのみずがめ座R星の新星爆発が観測されています。 赤色巨星の強烈な輝きによって、自然光では白色矮星を見るこ...

  4. りゅうこつ座の美しいスターバースト散開星団NGC3603 - 秘密の世界        [The Secret World]

    りゅうこつ座の美しいスターバースト散開星団NGC3603

     南天のりゅうこつ座の近くのくにあるスターバースト散開星団NGC3603は、地球から20000光年の距離にあり、我々の天の川銀河の渦巻きの腕の中にあります。 スターバースト散開星団は、新しい星の生成が激しく進行している星団で、NGC3603の中心部は最も大きなスターバースト散開星団の一つとして知られています。NGC3603の中心部にはおよそ100~200万年前に誕生した太陽より大きな数千個の...

  5. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたくじゃく座の巨大銀河NGC6744 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたくじゃく座の巨大銀河NGC6744

    南天にあるくじゃく座の美しい渦巻銀河NGC6744は、我々の天の川銀河よりも大きく、その直径は175000光年もあります。NGC6744は、地球から3000万光年の距離にありますが、巨大なため地球から見た視角は満月と同じくらいあります。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたNGC6744の中心部です。NGC6744の渦は、ごく一部しか写真には写っていません。 画像をクリックで拡大してみること...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ