ハッブル宇宙望遠鏡のタグまとめ

ハッブル宇宙望遠鏡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハッブル宇宙望遠鏡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハッブル宇宙望遠鏡」タグの記事(4)

  1. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しいリング状星雲M57 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しいリング状星雲M57

     こと座の惑星状星雲M57は、地球から2000光年の距離にあり、直径は1光年です。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最新のM57の美しい姿です。M57は、その形からリング状星雲とも呼ばれる惑星状星雲です。M57は、太陽位の大きさの恒星の末期の姿である典型的な惑星状星雲の形を見せてくれます。 画像をクリックで拡大してみることが出来ます。 SOURCE:NASA 秘密の世界Ⅱへ

  2. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい棒渦巻銀河NGC613

     南天のちょうこくしつ座の方向にある棒渦巻銀河のNGC613は、太陽系から6500万光年離れたところにあり、銀河の差し渡しの大きさは10万光年あります。NGC613は、2016年に超新星(SN2016gkg)が発見されています。NGC613は、観測データからその中心部に巨大なブラックホールが存在していると考えられています。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡によって、SN2016gkgの発見の後に捉...

  3. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい渦巻銀河NGC7331 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい渦巻銀河NGC7331

     ぺガスス座の中にある渦巻銀河NGC7331は、我々の住む天の川銀河は棒渦巻銀河でNGC7331は渦巻銀河という違いはありますが、その大きさは直径10万光年で同じくらいの大きさの銀河と言われている銀河の一つです。NGC7331は、地球から4500万光年の距離にあり、その美しい姿を我々に見せてくれます。2014年には、NGC7331の中で超新星(SN2014C)が発見されています。 写真は、ハ...

  4. ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宝石箱のような天の川銀河の中心部 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた宝石箱のような天の川銀河の中心部

     我々の住む天の川銀河の中心部は、いて座の方向にあります。写真の中心付近が天の川銀河の中心がある方向で、周りには多くの様々な大きさや色の恒星がひしめいています。天の川銀河の中心部は、地球から26000光年の距離にあります。 写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が9年間かけて撮近赤外線と自然光を使って撮影した複数枚の画像を合成した、宝石箱のような天の川銀河の中心部の姿です。 これらの画像を分析した結果、...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ