ハナイカダのタグまとめ

ハナイカダ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはハナイカダに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ハナイカダ」タグの記事(20)

  1. 七月の黒い実 - 里山の四季

    七月の黒い実

    クマヤナギ熊柳クロウメモドキ科クマヤナギ属名前にヤナギ柳とついていますがヤナギの仲間ではありません。里山の林縁に傘形に広がってつるを伸ばします。ちょうど果実が赤から黒色に完熟していました。この実は、昨年咲いた花が果実になったもの。1年かけてのんびり熟します。若い枝は緑色ですが古くなった幹が黒くて熊を連想させるのだそうです。花期は今、花と果実が同時に見られる樹木です。薄緑色の総状花序が見えます...

  2. 谷津の散歩道 - 里山の四季

    谷津の散歩道

    谷津田と里山の境、林縁につる植物が次々開花しはじめました。ハンショウヅル半鐘蔓学名クレマチス・ジャポニカ、野生のクレマチスです。火の見やぐらの半鐘の形に似ているので”半鐘蔓”今、日本の集落に半鐘がどのくらい残っているでしょうか?ノイバラ野茨バラの日本の在来、野生種です。たくさんの美しい園芸品種の原種となっています。近くを通ると甘いバラの香りに包まれしあわせな気分になれます。ヒメシロコブゾウム...

  3. 雄花・雌花・両性花 - 里山の四季

    雄花・雌花・両性花

    ハナイカダ花筏ハナイカダ科ハナイカダ属葉の上に花を咲かせることから筏にのせた花を連想して名付けられました。別名”嫁の涙”葉に実った一粒の果実を女性の涙になぞられたのでしょう。封建時代の嫁の立場・・・雌雄異株です。これは雄株(雄の木)雄花が咲きました。雄しべが4個白い4対の葯があります。葯のなかには花粉がいっぱい入っています。これは雌株、雌の木です。葉の上に雌花が1~2個あります。雄花に比べる...

  4. エビネ - つれづれ日記

    エビネ

    去年の台風で折れた木々でいつもの花が探しにくくなっています。今日はエビネを探しました。有りました。見逃すところでした。ハナイカダ。アマドコロ。

  5. 4月15日の三瓶山①*中国自然歩道①* - 清治の花便り

    4月15日の三瓶山①*中国自然歩道①*

    4月15日・春祭り中止になりて三瓶山歩地爺・4月13日の降雪で大田から白く見える三瓶山へ青少年交流の家ー名号分岐ー中国自然歩道ー姫逃池ルートー男三瓶山麓には黒文字の花山日和歩地爺・穴熊の穴より出でて春の道穴熊に観察されし雪の果て歩地爺・ムラサキケマン芽生え・下萌の中国自然歩道かな歩地爺・ミヤマキケマン・黄が先に紫が追ふ華鬘草歩地爺・花筏芽立ちてすぐに蕾もち歩地爺・サンインスミレサイシン・胡麻...

  6. ■小谷戸の里の前の花 3種20.4.16(ウワミズザクラ、ハナイカダ、メギ) - 舞岡公園の自然2

    ■小谷戸の里の前の花 3種20.4.16(ウワミズザク...

    天気が悪くなるようで曇り空、気温が下がり始めている。きょうは「学習支援」はお休み。しばらく見ぬ間に、小谷戸の里の前の木々の花が満開になりつつあった。ウワミズザクラ20.4.15FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO800 1/500,F8白い小さな花が集まってブラシのような形に見えます。ハナイカダ 雌花〃〃 ISO800 1/80,F16まだ蕾のようですが、一つついていま...

  7. ■木の実 3種19.7.22(ウワミズザクラ、ケンポナシ、ハナイカダ) - 舞岡公園の自然2

    ■木の実 3種19.7.22(ウワミズザクラ、ケンポナ...

    梅雨はまだ明けそうもない。今日は、また梅雨寒に戻ってしまった。霧雨の1日、休養日に。熟したり、色づく木の実です。ウワミズザクラ19.7.21FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO2500 1/100,F8あのブラシのような花穂の花が実となり色づいています。ケンポナシ7.16〃 ISO1600 1/320,F8ついこの間まで、虫を集めていた白い花が実になっていました。ハナイカ...

  8. きょろきょろ - Mag's DiaryⅢ

    きょろきょろ

    あっちへきょろきょろこっちへきょろきょろ第2弾クモキリソウが咲き始め。ツクバネがあった。ハナイカダもあった。おまけはクスサンの幼虫。1匹だけならとってもきれいな毛虫。大量発生するから逃げ出したくなる・・・。

  9. まだまだ名前がわからない花木が - 帽子工房布布と小さな絵本の部屋

    まだまだ名前がわからない花木が

    ラムズイヤーが足場やらポリカの波板の積まれた隙間から頑張って成長していますきっと 積み上げられている資材の下で外に出られずにもがいている何かの芽があるのだろうと思うけど退けるわけにも行かずエアコン室外機の下から…こんなのが花?を咲かせようとしていますはじめはここにもラムズイヤー!!って思っていたけど違ってた!誰?去年覚えたはずなのに すっかり忘れてまたまた調べる事態もざらそうそうこれはハナイ...

  10. ■ハナイカダ(雌雄異株)19.4.26 - 舞岡公園の自然2

    ■ハナイカダ(雌雄異株)19.4.26

    きのうの「夏模様」から「冬模様」に急展開。午後、霧雨の中を歩いたが「まるで冬の寒さ」だった。小谷戸の里では、雌雄異株のハナイカダの花が「満開」です。「花筏」と書けば「桜の花びらが川の流れに描くもの」だが、この「ハナイカダ」の語源は何でしょうか。Wikipedia によれば、「名前の由来は花筏であり、花の載った葉を筏に見立てたものである。」とのことでした。ハナイカダ雄花19.4.232FUJI...

  11. あとは印刷するばかり・・・ - 風路のこぶちさわ日記

    あとは印刷するばかり・・・

    風路の通信「風の通り路91号」の版ができました!メイン記事は(もちろん)「富士山登頂」です!歩く植物図鑑は「ハナイカダ」。今回も力作です。印刷機が・・・小淵沢も長坂も故障。長坂にある商工会が前回は印刷してくれたのですが、今回は断られました。商工会の部屋の中に入られては困るとのこと、・・・商工会会員なのに・・・。↓小淵沢の宮沢書店さんが、印刷してくれることになりました!原版をお渡しすれば、空き...

  12. ■ハナイカダの実18.7.3 - 舞岡公園の自然2

    ■ハナイカダの実18.7.3

    今日、明日と1泊のお出かけに出ます。関東地方が梅雨明けしても、全国的に台風に刺激された梅雨前線のせいで大雨の所が多い。園内某所で沢山の実をつけたハナイカダの実が、摘み取られることなく黒く熟し始めている。ハナイカダの実18.6.25FUJIFILM X-S1 28-624mm(相当) ISO1600 1/20,F11こんな所なのに、よくぞ黒く熟すところまできたな、というのが私の感想です。撮影し...

  13. ■ハナイカダの実18.6.5 - 舞岡公園の自然2

    ■ハナイカダの実18.6.5

    関東地方は明日梅雨入りするらしい。直前の晴れ間、3日ぶりの散策に出た。目ぼしい収穫がなかったが、ハナイカダの実の写真がおもしろく撮れたので紹介します。ハナイカダの実18.6.5FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F6.4数ある実のひとつにハイライトが当たって、まさに浮き上がって見えた。〃5.26〃 ISO3200 1/40,F8園内某所にある株で...

  14. 泉自然公園の山野草(3/3) - 花と葉っぱ

    泉自然公園の山野草(3/3)

    撮影:4月26日(千葉市・泉自然公園)ハナイカダ雄花雌雄別株。雄花は数個ずつつく。花は直径4~5ミリ。フタリシズカ花には花弁も萼もなく、3個の白い雄しべが丸く子房を抱いている。雄しべの内側に葯がある。ホウチャクソウ花披片は長さ約28ミリで筒状に集まっている。コハナグモ?が花をかじって葯を食べようとしている?コマユミ花は直径約8ミリ。カタバミ花は黄色で直径約8ミリ。クヌギカメムシ?幼虫ウスキク...

  15. ■ハナイカダ(雌雄異株の花)18.4.14雌雄異株 - 舞岡公園の自然2

    ■ハナイカダ(雌雄異株の花)18.4.14雌雄異株

    強風吹き荒れる低気圧が接近する中、ウォーキンググループ「悠々会」例会で、東京北部にある飛鳥山公園、旧古河庭園、六義園を歩いてきました。とりたてて報告する内容はありませんでした。今日の花は、最近の小谷戸の里周辺で見られる「雌雄異株の花」ハナイカダです。ハナイカダ雄株18.4.13FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F81枚の葉の上に複数の雄花がついて...

  16. 花筏 - 気ままな生き物撮り

    花筏

    ハナイカダが実をつけていました。

  17. 品の滝 - Mag's DiaryⅢ

    品の滝

    1週間前、品の滝を歩いた。ヒトツボクロが満開。 がクモキリソウを見つけた。ハナイカダが実になっていた。カワトンボがたくさんいた。コオニヤンマは羽化直後だろう、よたよたと飛んでいた。ミヤマヨメナが咲く道に心地よい風が吹いて、デジブラ日和。ずっと晴れが続く。

  18. 5月の森 - つれづれ日記

    5月の森

    市民の森にサイハイランが咲いてるの情報に見つけられるだろうかと探しに行った。地味な花なので無理かと思いつつ散策しているといつもの通り道にあっけなく見つけた。こんなところにあったとは。ハナイカダの実。

  19. 春、木陰でひっそりと - ジージーライダーの自然彩彩

    春、木陰でひっそりと

    渋谷駅まえの大スクランブル交差点では多くの外国観光客が撮影しているのがおおくみることができるじつに多い彼らにとっては、有名な撮影ポイントらしい4~5年前は、中国の観光客が、自撮り棒で交差点を渡る姿をよく見かけたいまは外国のプロ写真家が本格的に撮影しているようだスローシャッターで低い位置から通行人と大きなディスプレイを撮っていたどんな画像ができるのかなさて、きょうは「ハナイカダ」(雌花)の画像...

  20. ■雌雄異株植物 3種17.4.17(サルトリイバラ、アオキ、ハナイカダ) - 舞岡公園の自然2

    ■雌雄異株植物 3種17.4.17(サルトリイバラ、ア...

    低気圧が西から動いてきて天気は下り坂。早朝歩きをした疲れでお休み日に。いろいろの花が咲き始めた。雌雄異株の雄花と雌花を探してみた。この内、ハナイカダの雌株の姿は10年近く前に見たきりで、どこにあるかわからなくなった。サルトリイバラ雄花17.4.14FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8〃雌花4.16〃ISO800 1/250,F8雄蕊の目立つ雄花、...

総件数:20 件

似ているタグ