バッハのタグまとめ

バッハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバッハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バッハ」タグの記事(79)

  1. バッハ/フルート・ソナタ集 - just beside you Ⅱ

    バッハ/フルート・ソナタ集

    No.181:室内楽曲バッハはフルートをたいそう気に入っていたらしく、有名な「管弦楽組曲第2番」や「ブランデンブルク協奏曲第4番」といった作品においてもフルートがめざましい活躍をしています。室内楽のジャンルでバッハが書いたフルートのための作品としては、「フルートとチェンバロのためのソナタ」4曲(BWV1030, 1031,1032そしてBWV1020)と「無伴奏フルート・ソナタ」1曲(BWV...

  2. Cantata Project 2019 深き淵より - klavierの音楽探究

    Cantata Project 2019 深き淵より

    5月20日(月)19:00~あいれふホールにてJ.S.Bachカンタータ第12番「泣き、嘆き、憂い、怯え」BWV12モテット第3番「イエス、わが喜び」BWV227カンタータ第131番「われ深き淵より御身を呼ぶ、主よ」BWV131カンタータプロジェクト2019の演奏会。私は昔からバッハが好きだと思っていましたが、バッハの真骨頂である”カンタータ”を、まだ生で聴いたことがありませんでしたので、と...

  3. バロック音楽への誘い vol.6鈴木優人氏を迎えて - klavierの音楽探究

    バロック音楽への誘い vol.6鈴木優人氏を迎えて

    5月17日(金)19:00~末永文化センターにてこのシリーズも6回目になるとの事ですが、鈴木氏をはじめ、演奏家の方の素晴らしい演奏をすぐ間近にして聴く事が出来る、こちらのホールでのコンサートは、とっても嬉しいものです。ピアノの発表会でもよくこのホールが使われるので、親しみのあるホールですが、最初に鈴木さんが、正面の天使の絵の上に書かれてあるラテン語の言葉の説明をされました。「芸術は長いが人生...

  4. クラッシック音楽だって。 - 自由空間の間取り

    クラッシック音楽だって。

    様々な音楽のジャンル。その中で、普段殆ど聴かないのがクラッシック音楽なんです。いい曲がたくさんあることは知っておりますし、バッハやモーツアルト。ビゼーにシューマン。ドボルザークやチャイコフスキー。キリがない音楽家達の作品群。クラッシック音楽に疎い自分ですが、聴いたことがある曲。好んで聴いた曲。懐かしい曲でしたら、また聴きたいなと思うのは自然なことですね。正し。正直なことを言うと。曲の演奏時間...

  5. J.S.バッハ - 音大ピアノ講師です。

    J.S.バッハ

    【良い大家、ことにヨハン・セバスチャン・バッハのフーガを熱心に弾くように。《平均律クラヴィーア曲集》を毎日のパンとするように。そうすれば、今にきっと立派な音楽家になる。】(シューマン:音楽の座右の銘より) J.Sバッハの死後、古典派時代には彼の作風は古臭いものとみなされ好まれなくなりました。しかしメンデルスゾーンによる「マタイ受難曲」の復活上演を機にバッハが再評価されることになるのですが、シ...

  6. コンサートのあと🌱春の花々 - ピアニスト山本実樹子のmiracle日記

    コンサートのあと🌱春の花々

    なんだか頭の中がいっぱいだったのかなかなかブログアップできなかったワタクシピアニストの山本実樹子です。いつの間にやらうちの近所の街路樹の根元にも可愛らしい菜の花が咲いています。ほの温かい風に揺れて良いな〜〜〜〜〜〜〜。あるじが球根から育てていたチューリップさんたちも元気に咲き始めています。これは、都内某所・・・なあんて書かなくても、このビジュアルでしたらすぐわかりますね。帝国ホテルです。季節...

  7. Pierre-Laurent Aimard ヴァリエーションズ!ピアノ・リサイタル - klavierの音楽探究

    Pierre-Laurent Aimard ヴァリエー...

    3月21日(木・祝)15:00~紀尾井ホールにてピエール=ロラン・エマールピアノ・リサイタルヴァリエーションズ!実際に演奏された曲順↓(エマール自身の強い希望により、前半プログラムの曲順が当初の予定より、下記の通り変更となりました)オリヴァー・ナッセン:変奏曲Op.24アントン・ウェーベルン:変奏曲Op.27ジョージ・ベンジャミン:シャドウラインズ6つのカノン風前奏曲(2001)J.S.バッ...

  8. ルターのコラール & バッハのコラール前奏曲 - klavierの音楽探究

    ルターのコラール & バッハのコラール前奏曲

    ※記事内容は後日書きます。(先に写真のみアップ)

  9. Messe in h-Moll   BWV232 - klavierの音楽探究

    Messe in h-Moll BWV232

    今年の夏に向けて合唱にチャレンジしている、BACHミサ曲 ロ短調。短期間にこんな内容の濃い曲を20曲近く譜読みするのは初めてで、大変ですが。。パートリーダーの方から、色々な録音を聴くと良いと聞いたので、いくつかのCDも聴いていますが、特に参考にしているのは、BACH COLLEGIUM JAPAN の録音です。素晴らしい!!これは日本語の解説や、対訳付きのブックレットも付いていて、とても良い...

  10. バッハのコラールへの思い - マリンバ奏者、名倉誠人のニューヨーク便り

    バッハのコラールへの思い

    バッハのコラールは、これまであまり親しみのない分野の音楽だった。昨夏リリースしたCD「涙と祈り」で、録音エンジニアのI氏の推薦もあって、「汝の道をゆだねよ」に取り組んだのが最初となり、それ以来、その魅力に憑りつかれたように、マリンバ用に何曲も編曲、演奏会でもしばしば取り上げるようになった。コラールは、ドイツのプロテスタント教会で長年歌われてきた讃美歌を、バッハが、四声(ソプラノ・アルト・テノ...

  11. クラシック音楽館より、N響&鈴木優人氏 - klavierの音楽探究

    クラシック音楽館より、N響&鈴木優人氏

    今日は外出していて、帰宅したのが夜の9時。クラシック音楽館の放送にちょうど間に合い、オルガン演奏のゲストとして登場した鈴木優人氏の演奏を聴く事が出来ました!昨年の11月24日にNHKホールでのN響定期演奏会のアメリカ・プログラムの時の収録です。マロさんが鈴木氏の事を紹介していたところも、とても良かったですが、演奏を聴いてさらに感動!コープランド作曲、オルガンと管弦楽のための交響曲。私は初めて...

  12. オルガン・コンチェルト西南学院コンサート - klavierの音楽探究

    オルガン・コンチェルト西南学院コンサート

    1月12日(土)15:00~西南学院大学チャペルにてオルガン:安積道也(西南学院音楽主事)弦楽合奏:オラトリオ・アカデミー・アンサンブル福岡コンサートマスター/ヴァイオリン独奏:廣末真也もう一週間前の事ですが、安積先生のオルガン演奏会へ行ってきました。プログラムはとても凝ったもので、一部は「祈り」がテーマのオルガンのソロ演奏。二曲目は、私も大好きなバッハの「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリス...

  13. Polina Osetinskaya Anton Gakkel - 海の古書店

    Polina Osetinskaya Anton Ga...

    昨日作業をしながら聴いていたYouTubeで出会ったピアニスト。とても心に響いた演奏でした。ハイライトシーンをよろしかったら。

  14. 海辺の本棚『バッハカラー版作曲家の生涯』 - 海の古書店

    海辺の本棚『バッハカラー版作曲家の生涯』

    作曲家が眺めた風景や、愛した場所を知ることができたら、もっと音楽に親しめるのではないかしら。昨日立ち寄った書店で出会ったこちらのシリーズは、その要求に応えてくれる編集でした。バッハ先生のお名前は日本語で言えば「小川」さん。ユーモア溢れる導入から始まって気軽に読めるにも関わらず、貴重な資料と豊富な写真、そしてわかりやすい解説でとても充実した内容です。当時の作曲家の仕事は、出会う教会の主義やオル...

  15. NML今年の愛聴盤 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    NML今年の愛聴盤

    2018年12月27日(木)「NML今週の一枚」2018年再生ランキングBEST10週替りでピックアップしている「今週の一枚」。2018年にピックアップしたタイトルの中で、一番再生されたアルバムは、コンスタンティン・リフシッツの「J.S. バッハ:ピアノ協奏曲集 BWV 1052-1058」でした!来日公演でも同曲を引き振りで取り上げました。第2位はアリス=紗良・オット、初の小品集「ファイト...

  16. シンフォニア - PIANO日記

    シンフォニア

    シンフォニアを、少しずつさらっています。レッスンは月に1回のペースなので、なかなか進みません。才能ある小中学生だと2週に1曲位のペースで次に行くのではないでしょうか。前回、13番を一応OKとなり、7番を見て来るように言われたのですが、せっかくなら、もう少し仕上げたくなり、次回2曲とも持って伺う事に決めました。バッハは奥が深すぎて、終わりがあるようで無いですね。私と歳の離れた妹(50代)から、...

  17. 来春の公演、エマール VARIATIONS ! - klavierの音楽探究

    来春の公演、エマール VARIATIONS !

    来年3月21日に、紀尾井ホールにて行われる、Pierre-Laurent Aimard の演奏会。今度のプログラム・ジョージ・ベンジャミン:シャドウラインズ6つのカノン風前奏曲(2001)・アントン・ウェーベルン:変奏曲Op.27・オリヴァー・ナッセン:変奏曲Op.24(1989)・J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988ヴァリエーションズがテーマのピアノリサイタル、エマールが考えた...

  18. 「第109回サイエンスカフェにいがた」のお知らせ~『J. S. バッハの死後』 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    「第109回サイエンスカフェにいがた」のお知らせ~『J...

    来週「第109回サイエンスカフェにいがた」が開催されますのでお知らせいたします。テーマは、『「バッハって、どうして“音楽の父”なの?」シリーズJ. S. バッハの死後』ゲストは、林豊彦さん(新潟大学自然系教授大学院自然科学研究科/工学部人間支援感性科学プログラム、新潟市障がい者ITサポートセンター長)2018年12月22日(土)15時30分~17時00分会場はジュンク堂書店新潟店地下1階Ca...

  19. バッハ/カンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声あり」 - just beside you Ⅱ

    バッハ/カンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声あり」

    No.151:声楽曲今回の京都旅行の一大イベントは、11月の8日間、一日限定70名という完全予約制の「圓光寺の特別早朝拝観」と、場合によっては待ち時間3時間という人気の「瑠璃光院の秋の特別公開」に行くことでした。今日はこの「瑠璃光院の秋の特別公開」で撮影した写真をアップいたします。花馬酔木と青もみじがまばゆい春と一面錦に彩られる秋にだけ、公開される瑠璃光院ですが、書院二階の写経机に映り込む青...

  20. 日比 亮太 🎉 カフェコンサート  in サンモリッツ、行きます♪ - ステキな暮らしLabo.

    日比 亮太 🎉 カフェコンサー...

    こんにちは~✨😃❗朝夕、一段と寒くなりましたね🍂ステキな暮らしLabo. の HIGA です。 さて我が家にも、秋のコンサートシーズンがやって来ました♪今年の第一段は この方。日比 亮太「奇想天外クラシック・アフター5コンサート」沁みるバッハ、カプースチン他11月 4日 (日) 17~18時名古屋 栄 サンモリッツ 中日ビル店・・・ ...

総件数:79 件

似ているタグ