バドミントンのタグまとめ

バドミントン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバドミントンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バドミントン」タグの記事(167)

  1. 大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミスで15位 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミス...

    MLBでの花巻東OB対決は後輩の大谷翔平が先輩の菊池雄星を打ち崩した。とはいっても初回の初打席での結果次第ではどうなっていたかわからないものだった。二死無走者で打席にたった大谷、打った打球はボテボテの2塁ゴロであったが飛んだ位置がよく内野安打となった。勝負に負けた大谷であったが、結果はヒットであった。幸運なヒットはエンゼルスに続き、二死2、3塁からライトへのタイムリーなどで初回に3点を奪った...

  2. オーストラリアオープンベスト4決定、日本ハム辛勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    オーストラリアオープンベスト4決定、日本ハム辛勝

    バドミントンのオーストラリアオープン準々決勝が行われた。全種目で決勝進出を目指した日本勢であったが男子シングルスで坂井一将が台湾の王子維に敗れてその夢はかなわなかった。また混合ダブルスも大熱戦であった。渡辺勇大/東野有紗ペアは韓国の高成炫/嚴惠媛ペアと対戦した。第1ゲーム、5-5から連続ポイントを奪ってリードした渡辺勇大/東野有紗ペア、リードは一時19-13となり楽勝かと思われたがここから韓...

  3. ナダル。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    ナダル。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000573-sanspo-spo

  4. 2019年令和元年の県体 - ママうさぎDiary

    2019年令和元年の県体

    バドミントン生活の集大成。彼は、この試合が終わったら。『大学に合格するまではラケットを握らないって決めている・・・』と言っていました。キャプテンとして、チームを背負い、メンバー一人一人の思いを背負い、色々考えて、彼は生活をしてきました。結果は、彼の言葉でいう『負け』団体でチームで四国大会に行くことが目標でした。でも、当日のハプニングや、様々なことも含めて、勝負の世界・・・。県体には魔者がいる...

  5. エンゼルス5連敗、日本は決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス5連敗、日本は決勝進出

    エンゼルスの大谷翔平はレンジャーズ戦に3番・DHで先発出場し、第1打席で四球を選び自己最長となる10戦連続出塁をマークした。しかし試合は3-1とリードしたエンゼルスであったが、5回、無死2、3塁と絶好の追加点を奪うチャンスで大谷の打席となった。ここで大谷の打球は一直となってしまい、追加点を奪うことができなかったことが終盤に逆転される遠因となってしまった。リリーフが打たれて3-4で負けてしまっ...

  6. 日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍

    スディルマンカップ準々決勝が行われた。勝てば前回大会の成績に並ぶ日本勢は、男子ダブルスに園田啓悟/嘉村健士ペア、シングルスは奥原希望、そして桃田賢斗を並べた。女子ダブルスには、今大会初起用となる松本麻佑/永原和可那ペア、そして最終試合の混合ダブルスは渡辺勇大/東野有紗ペアとそれぞれ世界ランク上位に位置する者で臨む大事な一戦となった。男子ダブルス、マレーシアはテオ/オンペアであった。過去2戦2...

  7. 日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝

    スディルマン杯初優勝に向けて大事な初戦、日本はロシアとの対戦であった。まず第1試合の混合ダブルス、エースの渡辺勇大/東野有紗ペア(東野の負傷回復が万全ではないのかもしれない)ではなく、保木卓朗/永原和可那ペアが登場した。対するロシアはアリモフ/デフレトワペアであった。第1ゲーム、序盤は互角であったが徐々に実力差がでて21-10で先制すると第2ゲームはロシアペアの反撃にあい、終盤まで一進一退の...

  8. 大谷地元で一発、アロンソ予選落ち、スディルマン杯はじまる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷地元で一発、アロンソ予選落ち、スディルマン杯はじまる

    エンゼルスの大谷翔平が今季第2号ホームランを放った。地元でのロイヤルズ戦、2-0とリードした6回の第3打席、一死1塁の場面、初球の直球を打った打球は高々とあがり、ライトスタンドに落下した。今季地元での初アーチであった。MLBサイトによると打球の初速は111マイル(約178.7キロ)、最高到達点152フィート(約46.3メートル)、飛距離は393フィート(約120メートル)だったという。高々と...

  9. 日本ハム2位キープ、バドミントン準優勝止まり、大坂復帰 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム2位キープ、バドミントン準優勝止まり、大坂復帰

    子どもの日、日本ハムはロッテとの対戦に勝利し、貯金と1とした。前日の試合、8回まで2-1とリードしていながらリリーフ陣が逆転を許してしまった。嫌な流れを止めたい日本ハムの先発はバーベイト、4月13日のロッテ戦で先発して来日初勝利をあげているどちらかというと相性のよいチームである。一方のロッテは石川歩、日曜日の先発が多く日本ハムは早くも3試合目である。過去2試合はそれぞれ5、6回を無失点、2失...

  10. 武庫体育館の虎の穴集団の慰労会 - スポック艦長のPhoto Diary

    武庫体育館の虎の穴集団の慰労会

    武庫体育館は連休の間レッスンや時間貸しはお休み団体の貸し切りのみの運営ですそこでバドミントンの虎の穴集団「土曜クラブ」の慰労会を武庫の郷のイタリアンレストラン「bianco」で開きましたバドミントンのレッスンは毎週水曜日ですその中からもっと強くなりたいと土曜日に別途集まって自分の弱い部分を重点的に練習するために土曜クラブを作って練習を始めましたレッスンが学校の勉強なら土曜クラブは塾のようなも...

  11. 週末はWEC第7戦、世界ランク発表 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    週末はWEC第7戦、世界ランク発表

    バドミントンはニュージーランドオープンがはじまった。初日の30日は各種目の予選がメインで行われたが、混合ダブルスは1回戦が行われ、日本勢では権藤公平/栗原文音ペアが勝利し2回戦へすすんだ。30日付の世界ランキングも発表され、先のアジア選手権で準優勝に終わってしまった松本麻佑/永原和可那ペアであったが、福島由紀/廣田彩花ペアを抜いて1位となった。ニュージーランドオープンでは第3シードでの出場と...

  12. 4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落

    バドミントンのアジア選手権準決勝が行われた。4種目で決勝進出を目指す日本勢、女子シングルスの山口茜は中国の陳雨菲と対戦した。第1ゲームを15-21で失った山口であったが第2ゲームを21-16で奪い返すと第3ゲームは0-3とリードされたものの5連続ポイントを奪って5-3と逆転するとリードを守って21-17で勝利し見事に決勝進出となった。同時に行われた女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアと福島...

  13. シャトルコックケースをレザーでカバーを作りました - スポック艦長のPhoto Diary

    シャトルコックケースをレザーでカバーを作りました

    トレーニング用球出しのシャトルは籠にいっぱい持っていきますが試合球を3個入りの筒に入れて持って行ってますバッグに出したり入れたりをやっているうちに時々入れ忘れることもありますそこでYonexの紙の筒の上からフェイクレザーでカバーを作りバッグに常時ぶら下げられるように改造いたしました材料は100均で売っているフェイクレザーかがり紐は同じく100均のスエード調手芸ひもナスカンも100均で5個単位...

  14. バドミントンのレッスンは女性が圧倒的に多数派です - スポック艦長のPhoto Diary

    バドミントンのレッスンは女性が圧倒的に多数派です

    小雨模様の今日水曜日はバドミントンのレッスン今期は新人さんがたくさん入ってきて定員60人が満員になりました近年にないことで新しい人との出会いが楽しいのであります60名の受講生の中で男子は7名です残り9割近くが全部女子30歳代の幼稚園ママから70歳代の昔はママだった人まで老若男女が必死でシャトルを追いかけていますこのショットは職員さんから練習初めにドロップショットの打ち方のレクチャーを受けてい...

  15. 豊島二冠連勝、バドミントンアジア選手権はじまる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    豊島二冠連勝、バドミントンアジア選手権はじまる

    将棋の第77期将棋名人戦七番勝負第2局2日目が行われた。初日は駒がぶつからない展開であったが2日目は徐々に展開も複雑になり、佐藤天彦名人が攻勢をしかけた。攻勢を受けた豊島将之二冠であったが8八銀から6八玉と隙をみせずに夕食休憩にかけて徐々に優勢な局面をつくりだしていった。休憩後、9三歩成から8三歩と着実な攻めで勝勢を築いた豊島二冠が107手で佐藤名人を下して勝利した。これで2連勝とし名人位獲...

  16. 日本ハム3連勝、日本勢3種目でV - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム3連勝、日本勢3種目でV

    日本ハムがロッテとの3連戦に3連勝して貯金も4月2日以来となる1となった。この試合、日本ハムの先発は有原航平、過去2試合の先発で自責点0の安定感のあるピッチングを披露してくれていた。今季の有原は右打者の内角攻めを行うため投球パターンを若干変化させた影響か三振も狙ってとれるようになったようだ。ピッチングの幅が拡がったことが安定感を増しているように思える。この日も5回に鈴木大地に一発を打たれてし...

  17. 豊島二冠が先勝、ベスト8出そろう、大谷5月復帰? - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    豊島二冠が先勝、ベスト8出そろう、大谷5月復帰?

    将棋の第77期名人戦七番勝負の第1局が1日目に千日手となり2日目に指し直しの1局が行われた。後手番となった佐藤天彦名人が横歩取りに誘導しての対局となった。佐藤名人の54手目の2六歩が緩手だったようで、この手をさかいに豊島二冠が徐々に将棋を有利にすすめていき夕食休憩後には怒涛の攻めを繰り出して73手で豊島二冠が勝利した。局後のインタビューでは「夕食休憩のところでは、忙しいかなと思ったんですが。...

  18. 本年度の体育館レッスンが始まりました - スポック艦長のPhoto Diary

    本年度の体育館レッスンが始まりました

    今週から体育館のレッスンが始まりました水曜日はバドミントンで13時から14時30分までの90分本年度4月から6月の第1期第1回の今日は新しい先生と新しく入ってきた新入生朝から嬉しさでワクワクしていましたストレッチの後ウォーミングアップを兼ねてドライブやクリアの基礎打ちから始まりましたその時腕に着けていたスマートウォッチから振動でお知らせ見ると心拍数が上限設定を越えたとあるこれが2~3回警告が...

  19. シンガポールオープン初日、いよいよ名人戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    シンガポールオープン初日、いよいよ名人戦

    バドミントンのシンガポールオープン初日が行われた。男女ダブルスでは1回戦が行われ、男女とも出場したペアすべてが1回戦を勝ち上がった。マレーシアオープンでまさかの1回戦負けを喫してしまったタカマツペアは1回戦でインドネシアペアと対戦し21-15、21-19のストレートで勝利し2回戦に進出した。2ゲーム目こそ19ポイントと若干苦戦したがまずまずの勝利であったと思う。そして今日から男女シングルス、...

  20. 日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日

    日本ハムが開幕から「オープナー」なる新戦術を導入している。MLBでは先発投手不足によりレイズが導入したシステムに類似したシステムだが、どんな思惑があって導入したのか、日刊ゲンダイに厚澤コーチのインタビューが掲載されていた。なるほどと感じる部分もあり新システムをNPBに採用していく栗山監督の思惑、素晴らしいことだと思う。フロントまでこのシステムを認知しているようでシーズオフの査定でも配慮される...

総件数:167 件

似ているタグ