バドミントンのタグまとめ

バドミントン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバドミントンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バドミントン」タグの記事(214)

  1. 日本ハム5連勝、日本勢が2種目で決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム5連勝、日本勢が2種目で決勝進出

    日本ハムがロッテに連勝した。ソフトバンクが敗れたため、首位とのゲーム差は2となった。この日の日本ハムの先発は浦野博司、8日のロッテ戦以来の先発であった。前回の登板、5回を1失点と好投しており、この日の登板も期待して観ることができた。その浦野は初回に四球をだしてしまうが、盗塁を捕手の宇佐見が阻止して3人で切り抜けた。3回に初安打を打たれるもののそれ以外の打者は抑えることができ、上々の出だしとい...

  2. タカマツペアらベスト4へ、日本ハム4連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    タカマツペアらベスト4へ、日本ハム4連勝

    バドミントンのインドネシアオープン準々決勝が行われた。男子シングルス、混合ダブルスを除く3種目で準々決勝に勝ち進んでいた日本勢、男子ダブルスでは明暗がわかれた。遠藤大由/渡辺勇大ペアはインドネシアペアと対戦し、第1ゲームを先取されたものの第2ゲームを21-9で取り返し、ファイナルゲームは14-19とリードされながら20-19と逆転しマッチポイントを握った。しかし善戦もここまで20-22でファ...

  3. 雨模様の今週は徹底的にスポーツ三昧 - スポック艦長のPhoto Diary

    雨模様の今週は徹底的にスポーツ三昧

    上2枚のショットは15日海の日に行った立花西小学校でのスポンジテニスこの日は猛烈な暑さで小学校の体育館でプレー校庭には鉄棒があり朝礼台青い空に白い雲と少年野球の子供たち体育館兼講堂には校長先生の演台があり何となく昔懐かしい小学校の雰囲気ここで3時間のスポンジテニス3枚目は17日武庫体育館でのバドミントン雨模様でむしむしと暑いなか2時間プレー今年から移動式のスポットクーラーを設置してくれたが広...

  4. 恒例の遠征の続き - 初めて

    恒例の遠征の続き

    遠征後の市場での練習があった。中総体前直近なので、ゲーム練習に終始した対戦を待つ選手の何人かに、橋本先生がお話しされたことが、どのくらい理解していたかを聞いて回ったが何人かは聞いて終わっているだけで、これから自分は何をすべきかを考えられていない。ちょっと残念晬啄同機ではないけど、選手たちが殻から出ようと突っつくのを待つしかない。プラネッツの指導者の方には渡邉さんからの言葉で【晬啄同機】と入っ...

  5. 恒例の郡山遠征 - 初めて

    恒例の郡山遠征

    パソコンは頭がいい。一年以上このページを開かなかったけど、入室するID番号とパスワードを覚えていてくれて長年ご無沙しているにもかかわらず、いやな態度も見せずに招き入れてくれた。7月14日は女子は尚志高等学校、男子は帝京安積高等学校、15日は男子、女子とも帝京安積高等学校へ中体連県大会へ向けて日頃の練習のまとめとして、胸を借りにお邪魔した。なかなか勝たしてもらえないものの後1週間、プラネッツの...

  6. エンゼルス3連勝、日本ハムも白星スタート - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス3連勝、日本ハムも白星スタート

    エンゼルスが後半戦3連勝スタートをきった。相手が同地区最下位のマリナーズではあったが勢いのつく勝利には違いない。第3戦、エンゼルスはマリナーズに先制を許した。0-2と2点リードされた2回にカルフーンのソロで1点差にしたものの3回に先発スアレスが一発を浴びて1-3とまた2点差とされてしまった。しかし打線は5回、マリナーズ先発の菊池雄星を攻め、四球と安打で無死1、2塁と反撃のチャンスをつくった。...

  7. バドミントン - 蒲郡のカネイ接骨院ブログ

    バドミントン

    第87回愛知県社会人クラブチーム対抗バドミントン選手権大会にトレーナーとして参加してきました会場は南知多町総合体育館足を痛めてシーネ固定した選手がでましたが暑い中クーラーも無しで試合し熱中症もでず、無事に活動終了皆様お疲れ様でしたライン@始めました急な休診や休日診療などの情報を流させて頂きます個別での治療相談も受け付けておりますので、お友達登録お願いしますID検索の場合は@ule5443nに...

  8. 2019年度第1期の体育館レッスンが6月で終了しました - スポック艦長のPhoto Diary

    2019年度第1期の体育館レッスンが6月で終了しました

    パソコンで作った簡単な終了証ですが3か月ほぼ休みなくレッスンを受けて担当の職員さんから全員の前でレッスン最後の日に受け取りましたのでとても誇らしく思います夏の7月8月は猛暑で今年から夏休みになりました第2期は9月から始まります続けて受講するつもりですスポーツはもう私の生きがいです

  9. 解放感に浸る - hibariの巣

    解放感に浸る

    テストが終わって味わう解放感は別物。部活も終わって帰宅した二人+一人。我が家のお嬢たちは、さっそく余計なもの脱ぎ捨てて外でアイスタイム。アイスタイムの後はこれ。三人でバドミントン。こういう時は、本当にいい顔してるなぁ。雰囲気はまだまだそっくり。上が姉ちゃん、下が妹。見ている私も開放感の中。ガツガツ机に向かっているだけが生活じゃないよね。身体も汗かいて動かさなきゃ!可愛い三人娘。あとひと月で夏...

  10. 大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミスで15位 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミス...

    MLBでの花巻東OB対決は後輩の大谷翔平が先輩の菊池雄星を打ち崩した。とはいっても初回の初打席での結果次第ではどうなっていたかわからないものだった。二死無走者で打席にたった大谷、打った打球はボテボテの2塁ゴロであったが飛んだ位置がよく内野安打となった。勝負に負けた大谷であったが、結果はヒットであった。幸運なヒットはエンゼルスに続き、二死2、3塁からライトへのタイムリーなどで初回に3点を奪った...

  11. オーストラリアオープンベスト4決定、日本ハム辛勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    オーストラリアオープンベスト4決定、日本ハム辛勝

    バドミントンのオーストラリアオープン準々決勝が行われた。全種目で決勝進出を目指した日本勢であったが男子シングルスで坂井一将が台湾の王子維に敗れてその夢はかなわなかった。また混合ダブルスも大熱戦であった。渡辺勇大/東野有紗ペアは韓国の高成炫/嚴惠媛ペアと対戦した。第1ゲーム、5-5から連続ポイントを奪ってリードした渡辺勇大/東野有紗ペア、リードは一時19-13となり楽勝かと思われたがここから韓...

  12. ナダル。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    ナダル。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000573-sanspo-spo

  13. 2019年令和元年の県体 - ママうさぎDiary

    2019年令和元年の県体

    バドミントン生活の集大成。彼は、この試合が終わったら。『大学に合格するまではラケットを握らないって決めている・・・』と言っていました。キャプテンとして、チームを背負い、メンバー一人一人の思いを背負い、色々考えて、彼は生活をしてきました。結果は、彼の言葉でいう『負け』団体でチームで四国大会に行くことが目標でした。でも、当日のハプニングや、様々なことも含めて、勝負の世界・・・。県体には魔者がいる...

  14. エンゼルス5連敗、日本は決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    エンゼルス5連敗、日本は決勝進出

    エンゼルスの大谷翔平はレンジャーズ戦に3番・DHで先発出場し、第1打席で四球を選び自己最長となる10戦連続出塁をマークした。しかし試合は3-1とリードしたエンゼルスであったが、5回、無死2、3塁と絶好の追加点を奪うチャンスで大谷の打席となった。ここで大谷の打球は一直となってしまい、追加点を奪うことができなかったことが終盤に逆転される遠因となってしまった。リリーフが打たれて3-4で負けてしまっ...

  15. 日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍

    スディルマンカップ準々決勝が行われた。勝てば前回大会の成績に並ぶ日本勢は、男子ダブルスに園田啓悟/嘉村健士ペア、シングルスは奥原希望、そして桃田賢斗を並べた。女子ダブルスには、今大会初起用となる松本麻佑/永原和可那ペア、そして最終試合の混合ダブルスは渡辺勇大/東野有紗ペアとそれぞれ世界ランク上位に位置する者で臨む大事な一戦となった。男子ダブルス、マレーシアはテオ/オンペアであった。過去2戦2...

  16. 日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本辛勝スタート、羽生九段歴代最多へ後1勝

    スディルマン杯初優勝に向けて大事な初戦、日本はロシアとの対戦であった。まず第1試合の混合ダブルス、エースの渡辺勇大/東野有紗ペア(東野の負傷回復が万全ではないのかもしれない)ではなく、保木卓朗/永原和可那ペアが登場した。対するロシアはアリモフ/デフレトワペアであった。第1ゲーム、序盤は互角であったが徐々に実力差がでて21-10で先制すると第2ゲームはロシアペアの反撃にあい、終盤まで一進一退の...

  17. 大谷地元で一発、アロンソ予選落ち、スディルマン杯はじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷地元で一発、アロンソ予選落ち、スディルマン杯はじまる

    エンゼルスの大谷翔平が今季第2号ホームランを放った。地元でのロイヤルズ戦、2-0とリードした6回の第3打席、一死1塁の場面、初球の直球を打った打球は高々とあがり、ライトスタンドに落下した。今季地元での初アーチであった。MLBサイトによると打球の初速は111マイル(約178.7キロ)、最高到達点152フィート(約46.3メートル)、飛距離は393フィート(約120メートル)だったという。高々と...

  18. 日本ハム2位キープ、バドミントン準優勝止まり、大坂復帰 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム2位キープ、バドミントン準優勝止まり、大坂復帰

    子どもの日、日本ハムはロッテとの対戦に勝利し、貯金と1とした。前日の試合、8回まで2-1とリードしていながらリリーフ陣が逆転を許してしまった。嫌な流れを止めたい日本ハムの先発はバーベイト、4月13日のロッテ戦で先発して来日初勝利をあげているどちらかというと相性のよいチームである。一方のロッテは石川歩、日曜日の先発が多く日本ハムは早くも3試合目である。過去2試合はそれぞれ5、6回を無失点、2失...

  19. 武庫体育館の虎の穴集団の慰労会 - スポック艦長のPhoto Diary

    武庫体育館の虎の穴集団の慰労会

    武庫体育館は連休の間レッスンや時間貸しはお休み団体の貸し切りのみの運営ですそこでバドミントンの虎の穴集団「土曜クラブ」の慰労会を武庫の郷のイタリアンレストラン「bianco」で開きましたバドミントンのレッスンは毎週水曜日ですその中からもっと強くなりたいと土曜日に別途集まって自分の弱い部分を重点的に練習するために土曜クラブを作って練習を始めましたレッスンが学校の勉強なら土曜クラブは塾のようなも...

  20. 週末はWEC第7戦、世界ランク発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    週末はWEC第7戦、世界ランク発表

    バドミントンはニュージーランドオープンがはじまった。初日の30日は各種目の予選がメインで行われたが、混合ダブルスは1回戦が行われ、日本勢では権藤公平/栗原文音ペアが勝利し2回戦へすすんだ。30日付の世界ランキングも発表され、先のアジア選手権で準優勝に終わってしまった松本麻佑/永原和可那ペアであったが、福島由紀/廣田彩花ペアを抜いて1位となった。ニュージーランドオープンでは第3シードでの出場と...

総件数:214 件

似ているタグ