バラエティのタグまとめ

バラエティ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバラエティに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バラエティ」タグの記事(24)

  1. くりぃむナントカ vol.瀬ビンカン韓国 - 志津香Blog『Easy proud』

    くりぃむナントカ vol.瀬ビンカン韓国

    もはやビンカン目当て、韓国リアルタイムで見てたけどゴールデンだったんだよね💭わかんないって❗💦今だったらクレーム来そう💦土田の仕事選んでくださいよ〜つっこみガキ使っぽい💭上田の兄何回❗(笑)そうだ❗リーフェス確かこのあと有田がドラマ出てコラボするんだっけ、ってリーフェス美馬怜子なの⁉&#1...

  2. 打ち切り。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    打ち切り。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210114-00042840-bunshun-ent

  3. ラリー遠田「とんねるずとめちゃイケの終わり」 - 湘南☆浪漫

    ラリー遠田「とんねるずとめちゃイケの終わり」

    パワハラ的な笑いが時代に合わなくなった、というのは確かにその通りかも。バラエティ番組を欠かさず見る…というわけじゃないので、何とも言えないところはあるけど、空気を読み損ねると一気に落ちるな、という怖さは感じるね…。

  4. マジ歌THELIVE - 志津香Blog『Easy proud』

    マジ歌THELIVE

    さくらの聖地日本青年館🌸2009年❗❗(笑)エビちゃんブームでした💧ヤバいーー❗❗(笑)途中からアメリカ大好きってどういうこと💦サラダバーヤバいー❗(笑)

  5. 「スタッフが美味しくいただきました」への意見。 - 危険分子の部屋

    「スタッフが美味しくいただきました」への意見。

    バラエティ番組などにおいて出演者が食品を意図的にこぼす、汚すなどの映像時に「この後、スタッフで美味しく頂きました」とのテロップを出す。________________________________________________________________________この賛否はウィキペディアで分かるとおり、判れている。自分はケースバイケースとして考える。基本は食べ物を粗末にする必要...

  6. 【芸能】なぜタレント同士を苗字で呼ばせるのか? - 危険分子の部屋

    【芸能】なぜタレント同士を苗字で呼ばせるのか?

    ここ10年、15年くらいだろうか?バラエティなどでタレント同士を名字で呼び合う風潮がある。タレントは台本どおりに進行しているのだから本を書いたライターがそうさせているんでしょう。それか事務所が。特にアイドルなどに多い。「山田は***の時に***をしてたんですよ」「田中が***で****だったんです」など。同じグループであり、ナカヨシであるのに・・・ものすごく違和感がある。自分はアイドル好きで...

  7. 【バラエティ】「やらせ」を「演出の一部」と勘違いしている視聴者。 - 危険分子の部屋

    【バラエティ】「やらせ」を「演出の一部」と勘違いしてい...

    テレビ番組について「自分の知り合いが出演したらスタッフから***と言ってくれ、と指示がありました。それはヤラセですよね?」と言う(書き込む)人について「やらせではなくそれは演出です」「そんな事いってたらつまらない」と、言う(返信する)人がいる。まったく分かっていない人だ。演出とは作品に対し、根本的に内容を変える事ではない。あくまで映えるようにする引き立ての事だ。刺身で言えばそえる「つま」だっ...

  8. わが家のテレビ視聴 - 団塊の世代の世間話

    わが家のテレビ視聴

    70歳にもなると、テレビのコマーシャルの半分程度しか理解できない。なんのコマーシャルなのか、と戸惑うのだが、別に知りたいとも思わない。また、テレビでやっているバラエティ番組はほとんど観ない。女房はNHKの『チコちゃんに叱られる』が好きで、よく観ているが、その程度である。じゃあ、何を観ているのか、というと、ドラマが中心になってる。地上波でやっているミステリー系のドラマは見逃さないが、それよりも...

  9. 無題 - 老いの小文

    無題

    かつて融紅蘭とおるこうらんと言う大阪弁の達人が居た。ラジオの時代で、人生相談の番組で人気を博したのを記憶している。闇営業なることから端を発して、お笑い会社とお笑い芸人間のバトルになっているようだが、連日この報道にはウンザリしている。それ程ギャアギャア騒ぐほどの問題でもなかろう。ここは融紅蘭の良く使ったフレーズを拝借するとしよう。「あんさん別れなはれ」

  10. 衝撃のユン食堂 - Rue's  home

    衝撃のユン食堂

    アベマTVで放映されている「ユン食堂」も4話まで放送されましたが、3話!衝撃でしたね〜。海岸線の整備事業でオープンした翌日に閉店とは…。数ヶ月前にわかっていたらしいですが、店が一番端に建っているのと、韓国のテレビ番組ということを考慮して解体するのを最後まで待ってくれるということで撮影が始まったのですが、予定よりも解体撤去工事が早く進んだため、最後に残されていたユン食堂も解体することになったら...

  11. 2019年 明けましておめでとうございます - Rue's  home

    2019年 明けましておめでとうございます

    2019年 明けましておめでとうございます㊗️🎍元旦も良い天気です!毎年恒例の床の間の生け花は菊のみ買って、松、南天、千両、水仙は庭にあるものを使いました。今年は県外の家族も帰って来なかったので高齢の親と二人きり。なので普段とあまり変わらない感じで、鏡餅やしめ縄なども小型化し、年越しそばは省略で随分簡素化しました😅今年はおせちも買わず、手作りで...

  12. ハマる韓国バラエティ - Rue's  home

    ハマる韓国バラエティ

    今日はまたすごい雨です。土砂降りは先月の豪雨以来かも。記憶が薄れてきた頃に思い出すように降りますよね。さて、今日はハマってる韓国バラエティのご紹介です。好きすぎて長〜い記事になって恐縮です。^_^;興味がない方はスルーしてくださいませ^_^;以前から韓ドラはテレビなどで予約録画したりしてかなり観ている方でしたが、去年からネットテレビを頻繁に観るようになって偶然観てハマった番組です。有名俳優さ...

  13. 「タモリ倶楽部」っていいね♪ - 漫画家 原口清志のブログ

    「タモリ倶楽部」っていいね♪

    「タモリ倶楽部」と言う、深夜のTVバラエティ番組がある。ネットで調べると、1982年(昭和57年)10月からの放送開始だと言うから、もう35年ほども続いているわけだ。タモリさんが、35~6歳頃からスタートしたことになる。2014年に終了した『笑っていいとも!』(森田一義アワー )よりも長寿番組となっている。フットワークの軽い番組だから、見ていても気楽だ。見ようと思って、待ち構えて見るのではな...

  14. 番組の作り方 - 方言ブログ(博多弁ブログ)

    番組の作り方

    たまにドラマやら見よってイライラする事があるどげな時かって言うたら普通やったら、じぇったいこげな時にそげな行動はとらんやろうし、1%の人間もおらんばいみたいな時たいテレビも映画も、リアリズムば重視するとは良かばってんそげな事は、ありえんって事が多かとたい事実は、小説よりか奇なりって言うばってんがわざわざ、危険な方に行ったり危険に出くわす可能性が高か道ば選んだりそげなドラマが多かけんイラつくね...

  15. とんねるず。 - 宮沢祐史のexciteブログ。

    とんねるず。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000194-sph-ent

  16. どうした!たけちゃん? - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    どうした!たけちゃん?

    社会総合 - エキサイトニュースビートたけし氏は我が人生の師匠と勝手に決め込んでいるわけだけれども、そうあれは漫才ブーム絶頂の80年前後の頃だったかそれまでの漫才スタイルから革命的転換とでも言うべき漫談の如くほとんど一人で喋りまくる、極端に言えば一人ツッコミボケで相方は頷いているだけというツービートのスタイルに魅了されたのだった。毒舌と言われたが、誰しも心に持っていることを素直に口に出しただ...

  17. ポロリ - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    ポロリ

    本日の記事はシモ系ですので、不快に思われる方はこの先に進まないでください。最近、見かけなくなったスペシャル番組に芸能人水泳大会がある。僕が少年だった頃には年に必ず何回かは放送があって、アイドル歌手を中心に活躍するという暗黙の前提のもと、いくつもの競技種目があった。競技を映すのと同時にビキニ姿のアイドル歌手が歌う姿も映すという節約型編集によって、一度で二度おいしいという状況も作り上げていた。リ...

  18. 元祖どっきりカメラ - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    元祖どっきりカメラ

    いまじゃあ、考えられないような「昭和」のテレビ番組「元祖どっきりカメラ」。もう再放送されることもないだろうから幻の番組なんだろうなあ。類似番組もかなりたくさんあったので(スターマル秘どっきりテレビだとか・・・)結構、視聴率も取れていたのだろう。内容はいたってシンプル。イタズラ(中にはイタズラではすまされないような騙しもあった)を仕掛けて、その仕掛けられた人が狼狽する様を見て楽しむというもの。...

  19. くしゃおじさん - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    くしゃおじさん

    昭和にはいろんなおじさんがいた。僕がまだ鼻水垂らした子供だった頃、「なんちゃっておじさん」というおじさんがいた。いや、正確に言うと、そういう人がいたという目撃談がたくさん寄せられたのだった。人気ラジオ番組オールナイトニッポンのタモリさんだか鶴光師匠がパーソナリティーのときに生まれ出たのが「なんちゃっておじさん」あかの他人を驚かしたり、くだらないギャグを言ったりしたあとで両手を頭の上でハートマ...

  20. 微妙なお気に入りソングシリーズ(4)-アミダばばあの唄- - 暇人吉之助清話-ワセスポ、昭和、世相、時事-

    微妙なお気に入りソングシリーズ(4)-アミダばばあの唄-

    レコード店(まだ、CDなんてものが世の中にあることさえ知らない時代)でレコードを買って、笑われてしまうという屈辱的な経験をした高校二先生の秋。言うなれば薬局で、訳ありげな品物を買って笑われるようなものか。内心、嫌な気はしたのだが、まさかまさか商品を買って笑われてしまうとは。しかも、中森明菜さん似の(みんな、同じ髪型をしてたなあ)密かに憧れていたお姉さまのような店員さんに、思い切り。。。「これ...

総件数:24 件

似ているタグ