バラ科のタグまとめ

バラ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバラ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バラ科」タグの記事(154)

  1. 七重八重~山吹の花 - 里山の四季

    七重八重~山吹の花

    ヤマブキ山吹バラ科ヤマブキ属学名Kerria japonicaしなやかな枝が風にゆれる風情からとられた名前”ヤマブキ”かつては山振とも書かれたそうです。花弁5雌しべと多数の雄しべちゃんと実がなります。ヤエヤマブキ八重山吹ヤマブキの八重咲き品種すでに平安時代には庭に植えられていたそうです。雄しべや雌しべが花弁状に変化したもので実がなりません。江戸城を築城した太田道灌の伝説で有名です。七重八重花...

  2. 花桃 - 南都☆花模様

    花桃

    紅白乱れ咲きの源平枝垂れ不思議ですね!♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁人気ブログランキング

  3. 桜咲く - 木の気持

    桜咲く

    コヒガンザクラ。買い物途中の公民館前の片隅。高遠の桜、あるいは春日城跡公園の桜、それから伊那公園の桜どのくらいの開花状況か、どこも自粛、外出自粛それどころではないといったところ。いえのまわりを散歩してもめったに人と会わないところだけど雨交じりの重たい雪で今日の散歩はお休み。そういえば土曜日の仕事帰り家の近くの道の真ん中にたぬきがおすわりし私をお迎え。はじめ何が置いてあるのかと思ったけど近づい...

  4. 春分雷乃発声 - 紀州里山の蝶たち

    春分雷乃発声

    皆さん、こんにちはー。当地は気温12℃で北西の季節風がやや強く、MFに出撃するような陽気ではありませんでした。なので、GRⅢのマクロ撮影でお茶を濁しました。慣れたRAW現像ソフトがないので苦労しました。

  5. 芽ゆるむ - 木の気持

    芽ゆるむ

    裏山の桜の木。ソメイヨシノではありません。200mmのズームで見上げた枝。ちょっと枝が高いので肉眼では色まで識別しにくいけれどレンズ越しにピンクの色を感じる。画像をさらに拡大してみるとだいぶ芽がゆるんできたのがわかる。こんなに早いのははじめてのことかな。おまけ、カラマツ

  6. 梅園では咲いていませんでしたが - 木の気持

    梅園では咲いていませんでしたが

    近くの保育園わきの梅はよく咲いていました。陽当りがよくて冷たい風を受けないところがいいのでしょうか。今日は地区の河川清掃の日。ご近所の庭先や川沿いに花が咲き始めているのを見つけます。桜の開花が半月ほど早まると予想していますが毎年この地区の人足どきに見る花が今年もありました。ザゼンソウワサビフキ

  7. そっくりさん - 里山の四季

    そっくりさん

    ミツバツチグリ三葉土栗バラ科キジムシロ属日当たりのよい比較的乾いた台地で見つけられます。栗になぞられた根茎がありますが食べることはできません。キジムシロとは同じ仲間花がよく似ています。黄色の花弁が5枚まわりに雄しべ、真ん中の花床に雌しべ多数ガク片5と副ガク片5も副ガク片が小さくて細いのも同じです。でも大丈夫葉は全然違うのです。ミツバツチグリという名前のとおり3つの小葉キジムシロは5~7枚の奇...

  8. キジムシロ雉筵 - 里山の四季

    キジムシロ雉筵

    バラ科キジムシロ属黄色の5枚の花弁雄しべに囲まれた花床~たくさんの雌しべが密集しています。まるく広がった株がまるでキジの座る筵みたいと名付けられました。ガク片の外側に副ガク片があります。細くて小さい。ウグイスカグラウグイスカグラの裏でうぐいすがホーホケキョと啼いていました。本当!名前のとおり雄しべに囲まれた雌しべが突き出しています。

  9. 梅3 - 源爺の写真館

    梅3

    紅梅もきれいです。

  10. 梅2 - 源爺の写真館

    梅2

    そろそろ終わりに近づきました。

  11. わたしはもしかすると - 日々の皿

    わたしはもしかすると

  12. 梅 - 源爺の写真館

    梅の花を撮っていたのでした。

  13. 2020桜咲く - 木の気持

    2020桜咲く

    有名な河津桜をはじめとする早咲きの桜は寒緋桜の血統の混ざる品種のようですが伊豆の小学校の庭の隅この桜が咲いていました。熱海桜とか、河津桜より早く咲き始めると言っていました。ここ最近の暖かさだけのせいではないようです。海の近くに来たのだからと魚をたくさん食べました。どこでとれたかわからないメジャーな魚ではなく地物がありがたい。大嵐ということもあったけど「山沿いは大雪」というニュースに驚かされ伊...

  14. 眺めのいいリンゴ畑から - 木の気持

    眺めのいいリンゴ畑から

    塩見岳を遠望する。天竜川をはさんだ対岸からの眺めは毎度のことだけどいつも眺めているところより少しばかり標高が高い所から見ている。そのほんのわずかな高さの違いが印象を変えていました。南アルプスの前山帯、伊那山地と呼ばれていますが塩見岳の裾、三峰川上流の谷を隠しています。もっと視点を下るとその伊那山地の稜線越しに塩見の山頂がのぞいたりしますが高い所から見るとぐっと裾が見えてきて、すくっと聳え立つ...

  15. 大晦日 - 日々の皿

    大晦日

  16. 公園の各所でピラカンサの果実が色づいています。 - デジカメ散歩悠々

    公園の各所でピラカンサの果実が色づいています。

    真冬になって、一層にピラカンサの果実が鮮やかになってきました。トキワサンザシ(ピラカンサ):常緑低木科目・属:バラ科トキワサンザシ属学名:Pyracantha coccinea 原産:西アジア別名:ピラカンサ撮影場所・年月:山田池公園・2019/12(果実)・2017/05(花)西アジアの原産で日本には明治中期に渡来した。高さ2~6mになる。葉は互生し、長さ2~4cmの倒披針形または狭倒卵形...

  17. カリン - 植物顕微鏡写真 保管庫

    カリン

    カリン①果実断面(表皮付近)②果実表皮③果実内部の石細胞④実物

  18. ヒマラヤザクラが咲いています。 - デジカメ散歩悠々

    ヒマラヤザクラが咲いています。

    山田池公園では、例年この時期になると「ヒマラヤザクラ」が咲きだしています。花の少ないこの時期でも希少なサクラの開花風景が楽しめます。ヒマラヤザクラ:落葉高木科目・属:バラ科サクラ属学名:Prunus cerasoides原産:ネパールヒマラヤ地方花期:11下旬~12下旬撮影場所・年月:山田池公園・2019/12原産地では、ヒマラヤ山脈の標高1100~2300mの暖温帯に分布しています。日本に...

  19. かりんを漬ける。 - 木の気持

    かりんを漬ける。

    試しにとワンカップの焼酎にボケを漬け込んだ時からそんなに立たない日頂き物、花梨の実。木瓜の実とは比較にならない大きさだから一升の焼酎を買って来て氷砂糖ではなく手持ちのグラニュー糖でアルコール耐性のないかみさんが漬け込んだ。銘木の花櫚はマメ科花梨はバラ科で別物らしいけれどそのどちらの実も私は知らない。マルメロというのもあるし。のど飴なんてあったけど実の香りも知らない。花櫚の材は触ったことがある...

  20. サルトリイバラ猿捕茨 - 里山の四季

    サルトリイバラ猿捕茨

    実りの秋サルトリイバラの実が赤く色づきました。2109.11.19バラ科シオデ属房総風土記の丘葉は落葉します。この大きな葉は千葉の郷土料理「ばらっぱまんじゅう」に使われます。あん入りのおまんじゅうをこの葉で包んで蒸し上げます。地元のおばあさんが祭りの時にみんなに振る舞ってくれました。埼玉県飯能市に住む友人から同じような饅頭をご馳走されました。どの地でも親しまれ重宝に利用されているのですね。

総件数:154 件

似ているタグ