バルセロナのタグまとめ

バルセロナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバルセロナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バルセロナ」タグの記事(94)

  1. 追悼と想い出と - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    追悼と想い出と

    2019年も鏡開きが過ぎ、昨日は成人の日。私は京都で二十歳を迎えたが、成人の日はいつも通り大学の練習室で練習していた。成人式に参加する、なんて発想はこれっぽっちも浮かばなかった記憶がある。いまや伝説となった古い古い大学の校舎。平安神宮のま隣という稀有な立地だった。大学時代の私は、深く暗い闇を秘めたHugo Wolf の歌曲が好きだった。よもや数年後、太陽の国?スペインへ渡ることになろうとは!...

  2. ホテル バルセロ サンツ HOTEL BARCELO SANTSタラゴナ Tarragona からバルセロナへ2018年9月 バルセロナの旅(13) - ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)

    ホテル バルセロ サンツ HOTEL BARCELO ...

    タラゴナは大きな町ではありませんが、3泊してラス・ファラレス水道橋/悪魔の橋 PONT DEL DIABLEに行ったり、地中海のバルコニーからの眺めを楽しんだり、旧市街をゆっくり散策することができました。タラゴナで宿泊したホテル ウルビス センター HOTEL URBIS CENTREを後にして、タラゴナ駅に向かいます。タラゴナ駅からタラゴナの中心部に行くのに、2009年6月に訪れたときには...

  3. 【ぴあクラシック】冬号に掲載 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    【ぴあクラシック】冬号に掲載

    クラシック音楽の総合情報誌【ぴあクラシック】最新号に、『スペイン浪漫~谷めぐみスペイン歌曲ライブCDリサイタル』が紹介されました。CD選&文は、各方面でご活躍の橘ララらさん。モンポウ、グラナドス、カルメンの元歌、「鳥の歌」…何ともニクいチョイスです。この号には、来春バルセロナで始まる新しい音楽祭も紹介されています。記事執筆は、谷めぐみ。【ぴあクラシック】は、全国のチケットぴあ店舗、タワーレコ...

  4. 恩師からの便り - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    恩師からの便り

    「新しいCD完成おめでとう!歌とピアノの「共演」がとてもいい!メグミとピアニスト君、ふたりにお祝いを!」新しいCD『スペイン浪漫』を聴いたバルセロナの恩師マヌエル・ガルシア・モランテからメッセージが届いた。何年経っても、いくつになっても、先生から褒められるのは嬉しい(笑)。「共演」の意味を教えてくれたのは、恩師だった。ソリストと伴奏者ではない。歌とピアノの「共演」。20世紀を代表する世界的名...

  5. グエル邸 Palau Güellアントニ・ガウディ Antoni Gaudi世界遺産2018年9月 バルセロナの旅(5) - ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)

    グエル邸 Palau Güellアントニ・ガウディ A...

    バルセロナ観光の2日目は、午前中にサン・パウ病院 The Hospital de la Santa Creu i Sant Pauを、午後には地下鉄3号線のリセウ駅近くにあるグエル邸 Palau Guell を見学しました。グエル邸は事前にネットで日時指定のチケットを購入していませんでしたが、それほど待たずに購入することができました。チケットは12ユーロ(1,621円)でした。入り口を入ると...

  6. 2012/12/13ガウディ、超然と。 - くりくりぐるり

    2012/12/13ガウディ、超然と。

    宿の共有スペース、この宿居心地がよかった。朝飯ランブラス通りをちょらりと歩く。待ちの犬くんミューズ観たいガウディのカサバトリョ、カサミラへ。ここに住みたい建築物としての存在感が半端ない。今日は外だけ見て、メトロでグエル公園へ。陽が落ちかかる中、いそいそとグエル 邸やらガウディの家やらを拝見す。蛍光塗料で地面に書かれていたカタルーニャ独立派の人のメッセージ的なもの公園そのものが異界みたいでおも...

  7. サン・パウ病院 Hospital de Sant Pauリュイス・ドメネク・イ・ムンタネーSant Pau Recinte Modernista世界遺産2018年9月 バルセロナの旅(4) - ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)

    サン・パウ病院 Hospital de Sant Pa...

    バルセロナ観光の2日目は、泊まったホテルのすぐ近くにあるサン・パウ病院 The Hospital de la Santa Creu i Sant Pau からです。1902年から1930年にかけて建設されたサン・パウ病院は、建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネー Lluis Domenech i Montaner が設計しました。1916年から2009年まで、80余年にわたって運営されたサ...

  8. 聖なる家族 - ほほえみ

    聖なる家族

    街じゅうにガウディの芸術が溢れているでもやっぱりバルセロナといえばここですねサグラダファミリアサクラダではありませんよサグラダです。(秋田弁で発音するといいらしいです笑)何時間いても飽きませんでしたガウディさんの芸術が後数年で身を結びます2026年に完成です100年かけた建築物、、、人間の力、情熱ってすごいですね2026ねん、完成されたサグラダファミリアにもう一度訪れることはできるかな、、、...

  9. バルセロナの街と海を感じて - ほほえみ

    バルセロナの街と海を感じて

    地下鉄パラレルの駅からフニクラに乗り、徒歩で城跡まで行きましたわずか20分の上り坂、ゴンドラは片道8ユーロもしたので節約です日頃、ハイキングで鍛えた足腰海外旅行には役立ちますお城の見晴台からの眺望が素晴らしくやっぱり俯瞰構図って好きだな〜と1楽しくハイテンションになってしまいました単純な私大きな看板がスペインの古い街並みとミスマッチで面白いカップルもみんな楽しそういえ、カップルはここじゃなく...

  10. カサ・ミラ Casa Mila, La Pedreraアントニ・ガウディ Antoni Gaudi2018年9月 バルセロナの旅(3) - ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)

    カサ・ミラ Casa Mila, La Pedrera...

    バルセロナ観光の初日は、どちらもアントニ・ガウディの作品、サグラダ・ファミリアとカサ・ミラです。カサ・ミラの入館料は25ユーロでした。サグラダ・ファミリアと同じように、事前にネットで時間指定のチケットを購入しておけばよかったのですが、購入していなかったのでチケット売り場の列に並ぶことになりました。上の写真は、屋上で撮りました。【2018年7月 光州・ソウルの旅】(1)アシアナ航空OZ101便...

  11. Mikikoさん 2018 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    Mikikoさん 2018

    「めぐみさん、ただいま~!」バルセロナのMikikoさんがやって来た。いつも突然、地球の裏側からひょっこり現れる。「今、どこにいるの?」「日本よ~!東京に行くけど、会える?」「エッ!いつ?いつ?」こんな具合だ。どこか気の利いたカフェでお茶でも、と考えていたら、午後3時という時間にもかかわらず、「お腹ペコペコなのよ」と言う。そんな時間でもOKのお寿司屋さんに入り、席に座るやいなや、まるで昨日の...

  12. サグラダ・ファミリア Sagrada Familiaアントニ・ガウディ Antoni Gaudi2018年9月 バルセロナの旅(2) - ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)

    サグラダ・ファミリア Sagrada Familiaア...

    バルセロナ空港からはバスでカタルーニャ広場に移動し、その後はタクシーで宿泊先のホテルに向かいました。一泊して最初に訪れたのがサグラダ・ファミリアです。チケットは成田で前泊したときに、ネットで事前に時間指定で購入済みです。入場料は15ユーロでした。この写真は、ホテルのすぐ近くにある世界遺産のサン・パウ病院の入口の門あたりから撮りました。【2018年7月 光州・ソウルの旅】(1)アシアナ航空OZ...

  13. 2度目のバルセロナ(様々な街角の風景) - マルオのphoto散歩

    2度目のバルセロナ(様々な街角の風景)

    今回のバルセロナ滞在中は地図を片手にひたすら街を歩き回った。あまりの大混雑で残念ながら入り口だけ見て退散した幾つかの名所(グエル公園・カサ・バトリョ・カタルーニャ音楽堂)があれば何気なく入って内部の素晴らしさに感激した「カテドラル」やガイドブック片手に探し回った美術館が既に閉鎖されていたりとか色々あったが写し取った街角の様々な表情は実に魅力的だった。バルセロナは過去と現在が見事に融合した見所...

  14. 2度目のバルセロナ(落書き天国) - マルオのphoto散歩

    2度目のバルセロナ(落書き天国)

    今回の滞在中に特に目に付いたのが随所で見られた多数の落書き。様々な場所の壁面や建物のドアーなど所かまわずといった印象。特に驚いたのは早朝の商店街を歩くと、開店前ののシャッターに落書きの無い方が珍しいくらいで、昼間は沢山の客が集まる華やかなブランド店も例外では無かったこと。書かれる側もあまりのひどさに「あきらめ」の気持ちなのでしょうか。せっかく美しい街なのに少し荒れている印象を与えるのは残念でした。

  15. バルセロナに行ってきました。 - 演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

    バルセロナに行ってきました。

    劇団子供鉅人の『夏の夜の夢』終幕後、下北沢でのオールナイト打ち上げは失礼して、翌日からバルセロナに旅行してきて昨日帰ってきました。目いっぱい楽しんで来ました。あれこれ書きたいことがいろいろあるのですが、とりあえず何枚か画像をアップします。自分が写っている写真ばかり載せると「自分大好き」ってことらしいのですが、若いころは自分のことが大嫌いでカメラを向けられると逃げていたような気がしますが、年を...

  16. 2度目のバルセロナ(ランブラス通り~ポルト‣ベイ) - マルオのphoto散歩

    2度目のバルセロナ(ランブラス通り~ポルト‣ベイ)

    ランブラス通りはバルセロナのヘソといわれるカタルーニャ広場から港のコロンブスの塔までの1・5㎞続くプラタナスの遊歩道。バルセロナへ来たら必ず一度は通る目抜き通りで終日観光客が絶えない。沿道には沢山の土産物屋・カフェ・レストランが並び大道芸人が集まる。途中には市民の台所・サン・ジュセップ市場(生ハムが美味しかった)や劇場・教会・広場が点在し左右に道が枝分かれしている。終点には新大陸の方向を指す...

  17. 2度目のバルセロナ(サグラダファミリア他) - マルオのphoto散歩

    2度目のバルセロナ(サグラダファミリア他)

    4年前にツアー途中に訪れたバルセロナを今度は個人旅行で再訪した。旅の初日は現地で直接行くと入場が大変なサグラダファミリア対策で日本で申し込んだ半日ツアーの参加から。早朝「凱旋門」に集合して、まず市街地が見渡せて市民の憩いの場になっている「モンジュイックの丘」に行き、その後車中から名所を見ながら「サグラダファミリア」を目指した。サグラダファミリアは相変わらずの工事現場風の外観とは対照的な荘厳・...

  18. 2018 酷暑に思う - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    2018 酷暑に思う

    今年の夏はとにかく暑い。東京も40度越えだった先週、23日。太陽がじりじりと容赦なく照りつけ、日傘をさしていても頭のてっぺんがクラクラする。加えて、道路のコンクリートからの照り返しがもの凄い。カーッと焼かれる感じは、まさに人間目玉焼き。と、思っていたら、生徒さんのひとりが「丸焼きにされる子豚ちゃんの気持ちが分かりました」と言う。そうか、我ら可愛らしい卵ではなく子豚ちゃんか…。2020年東京オ...

  19. ミラ邸、バトリョ邸 - 旅日記・旅の思い出

    ミラ邸、バトリョ邸

    2日目:時差ボケのせいで早起きしました。今日、カサ・ミラとカサ・バトリョをゆっくりと見学してきました。チケットなしで行きましたが、10~15分ぐらいで入場できました。後で分かりましたが、窓口で入場券を買うと、手数料(カサ・ミラ:3ユーロ、カサ・バトリョ:4ユーロ)がかかります。もう少し早く知っていればなあ。。。カサ・ミラガウディは1906年から1910年までミラ邸をデザインしたらしいです。1...

  20. バルセロナへ - 江州屋メモ

    バルセロナへ

    5月後半にスペイン・バルセロナへ行って来ました。ガウディ作品は見所満載で滞在中は目いっぱい歩きましたしバスや地下鉄も大いに利用し、特にバスの乗り方が始め「?」でしたが乗り慣れてくるととても便利で街の様子も分かり楽しめました。次回はきっともっと楽しく移動できそうです。今回、ガウディ研究家のお二人にところどころ案内いただき大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。心より、御礼申し上げます。

総件数:94 件

似ているタグ