バルセロナのタグまとめ

バルセロナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバルセロナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バルセロナ」タグの記事(123)

  1. カヴァ・ブランシェール「レゼルバ・ブリュット1955」NV - ざっかラボ九隆庵 創作事情

    カヴァ・ブランシェール「レゼルバ・ブリュット1955」NV

    スペイン、バルセロナのブリュット。生産者のカヴァ・ブランシェールはカヴァ専門の家族経営のワイナリーのようです。1955はこの年が醸造開始の年ということでしょう。品種はマカベオ、チャレッロ、パレリャーダ。甘いのかなと予感させる雰囲気のカヴァですがそれほどでもなく、フルーティさがしっかりの味わいでした。ややクリーミィーな液体感があります。鶏もも肉のソテーサルサソース。肉は小麦粉を振って焼き、出た...

  2. 2021年〈七夕〉 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    2021年〈七夕〉

    来る日も来る日も雨、曇天、雨、曇天…。熱海・伊豆山付近で起きた大災害には言葉が見つからない。どうぞこれ以上恐ろしい雨が降らず、救助、復旧が少しでも前に進みますように。大切な人の誕生日、何かの記念日等々、誰にでも ”忘れられない日” がある。本日、7月7日は、私にとってその忘れられない日のひとつだ。年に一度、恋しい彦星様に逢える胸キュンの日!ではない。36年前、バルセロナ留学を終えて日本に帰っ...

  3. サンティアゴ・デ・コンポステーラと結んで - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    サンティアゴ・デ・コンポステーラと結んで

    スペイン北西部ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラ。カミーノ(巡礼の路)でよく知られたこの街に住む、堀いつこさん。子育てに日々奮闘しながら、現地ならではのリアルな情報を積極的に発信されている。そのいつこさんから、「Facebookで公開ミニ・ライブトーク、いかがでしょう?」と、お誘いを受けた。テーマはスペイン歌曲。といってもカチコチに堅苦しい話ではない。スペイン歌曲って…何?という彼女...

  4. HP『スペイン歌曲浪漫』 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    HP『スペイン歌曲浪漫』

    先月のブログ模様替えに続き、拙ホームページも設えを変えました。タイトルは「谷めぐみの部屋」から『スペイン歌曲浪漫』へ。スペイン歌曲の魅力を少しでも多くの方にご紹介したい、その魅力を伝えるメディア(媒体)でありたい、という三十五年間変わらぬ私の願いをこめたネーミングです。SNSの時代、自分が、自分が、自分が、の主張、PRが溢れていますが、異国の文化は知れば知るほど奥が深く、とても己を主語にして...

  5. アジサイの花言葉 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    アジサイの花言葉

    紫陽花の季節だ。雨のしずくを滴らせた薄紫、ほんのり淡いピンク、日ごと柔らかく変化する色合いを眺めるのも楽しい。しかし東京は、梅雨入りする前に猛暑がやって来た。カーッと照り付ける太陽の下の紫陽花も悪くはないが、ちょっと風情が異なる。加えて、どういうものか、今年は白い紫陽花に巡り合う機会が多かった。宵闇の中にくっきりと浮かび上がるアイボリーホワイトの大輪はハッとするほど美しい。(写真ピンボケでゴ...

  6. スーパームーンの夜 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    スーパームーンの夜

    5月26日、24年ぶりの「スーパームーン皆既月食」の夜。東京は少し曇り空だった。子どもの頃、「カイキゲッショク」を「怪奇月食」だと思っていた。子どもにとって、赤黒い月は、「怪奇」をイメージさせるに十分な不気味さ。後年、カイキは皆既と知ったが、いまだにカイキゲッショクと聞くと、瞬間的に怪奇の文字が浮かぶ。初めての記憶が持つパワーはすごい。日本でいう「水玉模様」をスペインでは「lunares~お...

  7. 不思議のふ - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    不思議のふ

    久しぶりの夜ウォーキング。去年の今頃もこうして黙々と歩いていたなぁ…。が、しかし、それにしても(と、たくさん並べたくなる)、現状のこの不透明さよ(_)連日感染者数の発表があるが、その分母にあたる数が発表されないのはなぜだろう?先ほどのニュースではワクチン接種が済んだ人の数が発表されていたがこれにも分母数がなかった。そもそも接種に携わる、さらには苛酷な治療の最前線にある医療関係の方々への接種が...

  8. 35年前の嘘 - スズキヨシカズ幻燈画室

    35年前の嘘

    時間(とき)が1年巻き戻されます。1986年の夏の終わり、僕はスペインはバルセロナのライエタナ大通り(Via Laietana)に面したアパート形式のホテルにいました。バルセロナに住もうと日本を出るも、一切スペイン語の勉強をしなかった僕は当然ながらスペイン語が全く話せませんでした。もちろんバルセロナに知り合いなども居ないので、飛行機の中で辞書から単語を抜き出して「ありがとう(Gracias)...

  9. 錦織がバルセロナオープンに登場!初戦の相手はギドペラ - テニスDE将軍! Blog

    錦織がバルセロナオープンに登場!初戦の相手はギドペラ

    錦織圭はバルセロナオープンの初戦を突破できると思うタイプ的に相性が良いギドペラが初戦の相手だから。今週から始まったバルセロナオープン(スペイン)はATP500の大会です。日本からは一回戦に錦織圭選手が登場します。錦織選手にとってバルセロナオープンは非常に相性が良い大会です。バルセロナオープンでの錦織選手の過去戦績は以下の通り。・2019年準決勝(対戦相手⇒ダニールメドメデフ⇒錦織負け)・20...

  10. 恐れ知らずの都市 - 梟通信~ホンの戯言

    恐れ知らずの都市

    島根県知事が、むちゃくちゃな五輪強行にNO!を突きつけたら、竹下という島根県出身の自民党議員が「知事に注意する」とのたまわった。島根のボスのつもりらしい。この人は橋本五輪組織委員会会長のセクハラについて「男らしい性格だから」ハグぐらい当たり前と擁護してもいる、ハグじゃないし。「人新世の「資本論」」で、「恐れ知らずの都市(フィアレス・シテイ)」のことを紹介している。国家が押しつける新自由主義的...

  11. スペシャルな節分 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    スペシャルな節分

    本日2月2日、節分。なんと124年ぶりだそうな。そもそも節分が3日ではなく2日や4日になることがあるとは知らなかった。今の世界を見れば、暦がイレギュラーな年には何かよからぬことが起きるのかな?などと、思ってしまう。各地の名所での豆まきにも異変、緊急事態宣言は1ヵ月延長…。でも、こんな粋なお寿司屋さんのニュースもあった。ちなみに、前回節分の日付が変わったのは1984年。バルセロナに初めて渡った...

  12. 日本・カタルーニャ友好親善協会について - Coffeebreak's Blog

    日本・カタルーニャ友好親善協会について

    私たち夫婦は、2012年1月にバルセロナに7泊5日の旅行に行きました。妻がガウディの建築がとても好きで、一度見に行きたいと思っていたので、夫婦二人で心細さもありましたが、ツアーではなく自分たちで(ほぼ私ですが)、計画してホテルやチケット(サクラダファミリア、カンプノウ、カタルーニャ音楽堂など)を手配しました。このブログでも、時々バルセロナ旅行のことを書きたいと思っています(もう9年くらい経っ...

  13. スペイン歌曲@「毎日メディアカフェ」 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    スペイン歌曲@「毎日メディアカフェ」

    折々書いて来たが、FaceBookはマメだ。「あなたの4年前の投稿です」「あなたの1年前の投稿です」という具合に、頼まなくても、探さなくても、過去の投稿を知らせる通知が勝手に届く。あの時からもうそんなに経ったのか、と、懐かしんでみたり、そんなことあったっけ?と、消えていた記憶が蘇ったり、便利なような、気味が悪いような…。その「FB勝手にお知らせ機能」で、最近『毎日メディアカフェ』に関する通知...

  14. いつか見た光景 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    いつか見た光景

    久しぶりの夜ウオーキング。澄んだ夜空にくっきり浮かぶ月、雲がびゅんびゅん飛んでいる。風がひんやり心地いい。同じ道を黙々と歩いた春の頃がもう2年も3年も前のような気がする。悪い夢を見たような、はたまた意味不明なサスペンスドラマの現場に無理やり立ち会わされたような…。いや、違う。この異形の日々は紛うことなき現実なのだ。深いため息…それでもこの約7か月で、ため息をつく余裕が出来た???「Go to...

  15. 追憶。 - N-style

    追憶。

    皆さま、こんばんは~♪♪♪ ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)本日は、Naoさんoff。朝から、routineをこなしながら…ゆっくりと雑用を片付けておりました。電話を一本、二本…LINEが途中で何件か…。お昼ご飯をご用意して、午後からは、これまた雑用で区役所へ。そして、ついでに図書館も…うふ♡(๑◔‿◔๑)爽やかな秋の気配…と、思っておりますが、少し心許なさも感じるこの頃です。あの暑い日々を、遠く感じ始め...

  16. どうなる10月? - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    どうなる10月?

    「メグミさん、ありがとう!」バルセロナの友人からメールが入った。9月14日、近所の郵便局から発送した小型パッケージが10月2日に無事到着したとのこと。18日めに届いている。このご時世を思えば、上出来だ。蛇足だが、昔は途中で消えてしまう郵便物が少なくなかった。未だにそのトラウマから抜け切れず、郵便物を送るときには、今生の別れかも…と荷物をジッと見つめ、無事届きますように…と秘かに念じてしまう(...

  17. スペイン漫遊記 - H.ABE SASAKI の日記

    スペイン漫遊記

    各位さて、私は、60歳で勤めていた、製薬会社を退社し、女房とともに、スペインに行くことになった。もちろん、私はスペイン語はもちろんスペインなんかまったくわからなかったのである。そんな私が、スペインなんて行ってどうするのかも考えなかったのである。どうだ、私の能天気ぶりはすごいだろう。片言の英語が喋れれば何とかなると思ったのだ。行く先はバルセロナ、ここは日本のヨーロッパ交易所の中心地で、なんと日...

  18. スペイン漫遊記 - H.ABE SASAKI の日記

    スペイン漫遊記

    各位さて、私は、60歳で勤めていた、製薬会社を退社し、女房とともに、スペインに行くことになった。もちろん、私はスペイン語はもちろんスペインなんかまったくわからなかったのである。そんな私が、スペインなんて行ってどうするのかも考えなかったのである。どうだ、私の能天気ぶりはすごいだろう。片言の英語が喋れれば何とかなると思ったのだ。行く先はバルセロナ、ここは日本のヨーロッパ交易所の中心地で、なんと日...

  19. 17Aから3年 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    17Aから3年

    猛暑が続いている。コロナ+熱中症、ちっとも嬉しくない”特別な夏”だ。そんな異常な日々にあっても、相変わらずFacebookはマメだ(笑)。「今日は〇〇さんの誕生日です」「これは、あなたの〇年前の投稿です」「〇〇さんがあなたの投稿をシェアしました」などと、事細かに知らせて来る。しばらくアクセスしないでいると、「お友達の〇〇さんが新しく投稿しました」とのメッセージ。それでも放っておくと、「お友達...

  20. 35年めの七夕 - ¿Nos tomamos un café  珈琲でもご一緒しませんか?

    35年めの七夕

    7月7日に投稿しようと思っていたのに、新しい生活様式なるものに慣れきれず、ヨロヨロしているうちに日が過ぎてしまった。九州では恐ろしい豪雨が続いている。甚大な被害、降り止まぬ雨…言葉が見つからない。そして東京は今日、過去最多を更新する243人の感染者が確認されたそうだ。それでも、大丈夫だからイベントを開け!旅行も補助するぞ!の大号令。強い違和感を感じるのは私だけだろうか?さて本題。7月7日に投...

総件数:123 件

似ているタグ