バルセロナのタグまとめ

バルセロナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバルセロナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バルセロナ」タグの記事(236)

  1. 外国014 日没が遅いこと - 語学と長期外国出張のTips

    外国014 日没が遅いこと

    Barcelona, 2011

  2. 日本・カタルーニャ友好親善協会について - Coffeebreak's Blog

    日本・カタルーニャ友好親善協会について

    私たち夫婦は、2012年1月にバルセロナに7泊5日の旅行に行きました。妻がガウディの建築がとても好きで、一度見に行きたいと思っていたので、夫婦二人で心細さもありましたが、ツアーではなく自分たちで(ほぼ私ですが)、計画してホテルやチケット(サクラダファミリア、カンプノウ、カタルーニャ音楽堂など)を手配しました。このブログでも、時々バルセロナ旅行のことを書きたいと思っています(もう9年くらい経っ...

  3. スペイン歌曲@「毎日メディアカフェ」 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    スペイン歌曲@「毎日メディアカフェ」

    折々書いて来たが、FaceBookはマメだ。「あなたの4年前の投稿です」「あなたの1年前の投稿です」という具合に、頼まなくても、探さなくても、過去の投稿を知らせる通知が勝手に届く。あの時からもうそんなに経ったのか、と、懐かしんでみたり、そんなことあったっけ?と、消えていた記憶が蘇ったり、便利なような、気味が悪いような…。その「FB勝手にお知らせ機能」で、最近『毎日メディアカフェ』に関する通知...

  4. いつか見た光景 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    いつか見た光景

    久しぶりの夜ウオーキング。澄んだ夜空にくっきり浮かぶ月、雲がびゅんびゅん飛んでいる。風がひんやり心地いい。同じ道を黙々と歩いた春の頃がもう2年も3年も前のような気がする。悪い夢を見たような、はたまた三流サスペンスドラマの現場に無理やり立ち会わされたかのような…。いや、違う。この異形の日々は紛うことなき現実なのだ。深いため息…それでもこの約7か月で、ため息をつく余裕が出て来た???「Go to...

  5. 追憶。 - N-style

    追憶。

    皆さま、こんばんは~♪♪♪ ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)本日は、Naoさんoff。朝から、routineをこなしながら…ゆっくりと雑用を片付けておりました。電話を一本、二本…LINEが途中で何件か…。お昼ご飯をご用意して、午後からは、これまた雑用で区役所へ。そして、ついでに図書館も…うふ♡(๑◔‿◔๑)爽やかな秋の気配…と、思っておりますが、少し心許なさも感じるこの頃です。あの暑い日々を、遠く感じ始め...

  6. どうなる10月? - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    どうなる10月?

    「メグミさん、ありがとう!」バルセロナの友人からメールが入った。9月14日、近所の郵便局から発送した小型パッケージが10月2日に無事到着したとのこと。18日めに届いている。このご時世を思えば、上出来だ。蛇足だが、昔は途中で消えてしまう郵便物が少なくなかった。未だにそのトラウマから抜け切れず、郵便物を送るときには、今生の別れかも…と荷物をジッと見つめ、無事届きますように…と秘かに念じてしまう(...

  7. 17Aから3年 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    17Aから3年

    猛暑が続いている。コロナ+熱中症、ちっとも嬉しくない”特別な夏”だ。そんな異常な日々にあっても、相変わらずFacebookはマメだ(笑)。「今日は〇〇さんの誕生日です」「これは、あなたの〇年前の投稿です」「〇〇さんがあなたの投稿をシェアしました」などと、事細かに知らせて来る。しばらくアクセスしないでいると、「お友達の〇〇さんが新しく投稿しました」とのメッセージ。それでも放っておくと、「お友達...

  8. 35年めの七夕 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    35年めの七夕

    7月7日に投稿しようと思っていたのに、新しい生活様式なるものに慣れきれず、ヨロヨロしているうちに日が過ぎてしまった。九州では恐ろしい豪雨が続いている。甚大な被害、降り止まぬ雨…言葉が見つからない。そして東京は今日、過去最多を更新する243人の感染者が確認されたそうだ。それでも、大丈夫だからイベントを開け!旅行も補助するぞ!の大号令。強い違和感を感じるのは私だけだろうか?さて本題。7月7日に投...

  9. 安らかに、カルロス・ルイス・サフォン - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    安らかに、カルロス・ルイス・サフォン

    バルセロナ出身の作家、カルロス・ルイス・サフォンが亡くなった。突然のニュースに、私を含め、世界中の『風の影』ファンが驚いた。癌との闘病を続けていたらしい。まだ55歳の若さだった。1993年にデビュー。2001年に出版された『La Sombra del Viento~風の影』が大ベストセラーになった。舞台は1945年のバルセロナ。「忘れられた本の墓場」で出会った一冊の本をきっかけに、主人公ダニ...

  10. 鳥の歌@Camp Nou - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    鳥の歌@Camp Nou

    移動制限が解除されて初の週末。待ってました!と観光地に繰り出している人が多いのか?テレビでもラジオでもその類のニュースを率先して流している。そう、人も物も動かなければ経済は回らない。でも、解除の前日と解除の翌日でウィルスの状況が変わったわけではない。ウィルスは人間界に忖度などしてくれない。それどころか、この数か月を思い起こしても、人間の必死の努力の間隙を突き、巧みに攻撃を仕掛けてくる。現に、...

  11. オンラインテルトゥーリア「バルセロの今」 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    オンラインテルトゥーリア「バルセロの今」

    6月10日、日本・カタルーニャ友好親善協会主催のオンラインテルトゥーリアに参加。カタルーニャにお住まいのお二人の方からコロナ禍の現状について、直接お話を聞いた。スペインでは未だ警官事態宣言発令中。活動制限の緩和に向けて、厳格なステップ を歩んでいる。カタルーニャ州にはFase2とFase3が混在。バルセロナはFase2だ。Fase1下では厳しい外出制限があり、ビールを買いに出かけて罰金を科さ...

  12. マスクに想う - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    マスクに想う

    「久しぶりに会えたのに、キスも抱き合うことも出来なくて泣けました」バルセロナの親友からメールが入った。『スペイン、6月までに新たな「平常」目指す』添付されている写真には、彼女と娘さん、お孫ちゃんの元気な姿。3人とも大きなマスクをしている。これまでスペインではマスクをする習慣がなかった。バルセロナの街角に立つマスク姿の人…。これだけでもインパクト十分だ。今や世界共通の必須アイテムとなったマスク...

  13. サグラダ・ファミリアに憧れて”Remember Europe 2018” - Triangle NY

    サグラダ・ファミリアに憧れて”Remember Eur...

    ※他、4枚の写真をご覧になりたい方は「More」をクリックしてください。

  14. 阿部弘自分史その2の3 - H.ABE SASAKI の日記

    阿部弘自分史その2の3

    各位ということで、おれは女房と一緒に、言葉もわからないスペインに行く事にした。その時の持参金は20万円と年金だけ。退職金は老後に何かあると困るので使わないことにした。後で、これが効果あることになるのである。しかし、行く先のバルセロナは、地中海交易の最重要地である。日本人は交易人3千人おり、当然他国の国の人たちも大勢来ているので、物価は世界で一番高い日本並、びっくりすることはないが、俺の持参金...

  15. 阿部弘自分史その2の3 - H.ABE SASAKI の日記

    阿部弘自分史その2の3

    各位ということで、おれは女房と一緒に、言葉もわからないスペインに行く事にした。その時の持参金は20万円と年金だけ。退職金は老後に何かあると困るので使わないことにした。後で、これが効果あることになるのである。しかし、行く先のバルセロナは、地中海交易の最重要地である。日本人は交易人3千人おり、当然他国の国の人たちも大勢来ているので、物価は世界で一番高い日本並、びっくりすることはないが、俺の持参金...

  16. 阿部弘自分史その2の3 - H.ABE SASAKI の日記

    阿部弘自分史その2の3

    各位ということで、おれは女房と一緒に、言葉もわからないスペインに行く事にした。その時の持参金は20万円と年金だけ。退職金は老後に何かあると困るので使わないことにした。後で、これが効果あることになるのである。しかし、行く先のバルセロナは、地中海交易の最重要地である。日本人は交易人3千人おり、当然他国の国の人たちも大勢来ているので、物価は世界で一番高い日本並、びっくりすることはないが、俺の持参金...

  17. 阿部弘自分史その2の3 - H.ABE SASAKI の日記

    阿部弘自分史その2の3

    各位ということで、おれは女房と一緒に、言葉もわからないスペインに行く事にした。その時の持参金は20万円と年金だけ。退職金は老後に何かあると困るので使わないことにした。後で、これが効果あることになるのである。しかし、行く先のバルセロナは、地中海交易の最重要地である。日本人は交易人3千人おり、当然他国の国の人たちも大勢来ているので、物価は世界で一番高い日本並、びっくりすることはないが、俺の持参金...

  18. 「Qédateencasa(家から出ないで)」 - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    「Qédateencasa(家から出ないで)」

    今日の東京はポカポカ陽気。そこここで桜の花が迎えてくれる。春の海ならぬ春の街ひねもすのたりのたりかな…。穏やかな日差しを浴びていると、今、起きていることが信じられない気がする。昨夜悪い夢を見た、きっとそうだ!と頬をつねってみたくなる。いやいや、いけない。今はむやみに手で顔を触ってはいけないのだ。「メグミさん、今年も日本の春をありがとう!」と、バルセロナの友人からメールが入った。2013年春、...

  19. Ribera - スズキヨシカズ幻燈画室

    Ribera

    スペイン国バルセロナ県の小さな村スリアでの生活と、、パン屋のリベラ夫妻。パキータとジャウマを、懐かしく想い出す夜。(微笑)@

  20. 旅行7日目 帰国 - 南の島の飛行機日記

    旅行7日目 帰国

    皆さん、おはようございます。これから帰国します。2020年2月12日スペインバルセロナ国際空港搭乗待合室にて撮影にほんブログ村↑クリックしていただけると励みになります。いつもご覧頂きありがとうございます。

総件数:236 件

似ているタグ