バルト三国のタグまとめ

バルト三国」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバルト三国に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バルト三国」タグの記事(19)

  1. 3つの旅行予定 - 残り20年間の日々

    3つの旅行予定

    <2019年7月現在で予定している旅行>①北海道(一人旅)②バルト三国(友人と)③長崎・五島列島めぐり(一人旅)①の北海道は湊かなえの小説を読んでいて無性に行きたくなったから。②のバルト三国は友人とどこかに行こう・・・今までに行った事がない国に行ってみようと言う事で決定。③の五島列島は私の作品制作のフィールドワークにしていくために選びました。本来はツアーではなく一人で周りたいのですが、移動の...

  2. チェコへ - hanako photograph

    チェコへ

    PC快調♪はとバスツアーを終えた翌日成田空港からバルト三国・チェコへ向け出国しましたしばらく旅写真が続きます良かったらお付き合いくださいねプラハの聖ヴィ-ト大聖堂です

  3. エストニアの旅の達人・「ちくちくバルト舎」さんと行くかわいい食の旅 - ■ JIC トピックス ■  ~ ロシア・旧ソ連の情報あれこれ ~

    エストニアの旅の達人・「ちくちくバルト舎」さんと行くか...

    エストニアの旅の達人・「ちくちくバルト舎」さんと行くかわいい食の旅ちくちくバルト舎とエストニア料理屋さん @keiesti とのコラボイベントです☆エストニア旅行中に食べたお料理をエストニア料理屋さんに再現して頂き、 スライドを見ながら、エストニアの旅のお話をちくちくバルト舎の荒田さんがされるイベントです。1/19(土) 11:30 ~ 14:30詳しくはこちらを参照ください。

  4. 海外移住、根付くか否か - Toi-Tom Journal

    海外移住、根付くか否か

    先日、ヨーロッパに住む知人と話していて「バルト三国では、若者の流出が深刻だ」ということを聞いた。つまり、祖国を捨て、より賃金の高い国へ移住する。EU圏内は移動しやすく、特にイギリス、ドイツあたりへが多いのだとか。たとえば、ITを国家戦略として早くから導入したエストニアはE-レジデンスという、国内に居住しなくても「マイナンバー」のようなものが持てるそうだ。さらにこれは、在住外国人にも適用される...

  5. バルト三国旅行記⑳(フェリーでフィンランドへ) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑳(フェリーでフィンランドへ)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆6日目エストニア~フィンランドへ(タリンクシリアライン)午前中にタリンの歴史地区の観光を終え、昼食を食べてフェリーでフィンランドのヘルシンキへ向かいます。タリンのフェリーターミナル。うぅぅー、これでバルト三国ともおさらばです(T_T)寂しいよー2時間の船旅が始まります。思えば初日に成田空港を出発し、10時間半かけてヘルシンキに到着。...

  6. バルト三国旅行記⑲(タリン観光:その2) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑲(タリン観光:その2)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆6日目エストニアタリン(キーク・イン・デ・キョク、ネイツィトルンなど)タリンの旧市街は、今でも14世紀~15世紀に建てられた石造りの住宅がひしめいています。ユネスコはタリンの歴史的景観を評価し1997年に世界遺産として「タリン歴史地区」を登録しました。かつて2.5㎞に渡って旧市街を囲んでいた城壁は現在1.8㎞ほどが残っておりヨーロッ...

  7. バルト三国旅行記⑱(タリン観光:その1) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑱(タリン観光:その1)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆6日目エストニアタリン(アレクサンドル・ネフスキー聖堂など)タリンの見どころは、約2、5㎞の城壁に囲まれた旧市街にほぼ集中しています。その旧市街は、支配者や貴族たちが居を構えた「山の手」のトームペアと商人や職人たち市民が築き上げた「下町」に分かれています。6日目の観光は夜明け前から始まりました。ふとっちょマルガレータです。町の最も重...

  8. バトル三国旅行記⑰(再びリガ観光) - 自分流 Happy Life

    バトル三国旅行記⑰(再びリガ観光)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆5日目ラトビアリガ(猫の家、聖ペテロ教会)迷子になった5日目の朝。何事もなかったかのようにホテルを出発しリガの観光へ行きました。もともとこの日はフリータイムだったのですが添乗員さんの粋な計らいでエキストラ観光です超方向音痴の私には助かります(^^)私も、ツアーメンバーも心残りだった猫が建物の上にいる「猫の家」と呼ばれる建物に案内して...

  9. バルト三国旅行記⑯(リガで迷子になる) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑯(リガで迷子になる)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆5日目ラトビアリガ(スーパーマーケット)4日目、リトアニアのヴィリニュスとカウナスの観光も終わり再びラトビアの首都リガまで戻ってきました。(バス移動268㎞)5日目のバスの出発は10時だったので朝食後、スーパーマーケットに行くことにしました。バルト三国の朝が明けるのは遅いです。これで午前8時過ぎなんですよ。ツアーのメンバーは毎日、夜...

  10. バルト三国旅行記⑮(カウナス 旧日本領事館) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑮(カウナス 旧日本領事館)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆4日目リトアニアカウナス(旧日本領事館)第二次世界大戦初期行き場のない多くのユダヤ人にビザを発給し6000人以上の命を救った日本人外交官、杉原千畝。彼が勤務していた日本領事館があったのが当時のリトアニアの首都であったここカウナスです。私がどうしても訪れたかった場所。。到着した時には、胸が高まりました。小さな領事館でした。まずはパネル...

  11. バルト三国旅行記⑭(カウナス観光) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑭(カウナス観光)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆4日目リトアニアカウナス(ペルクーナス家・聖ペテロ&パウロ大聖堂など)中世の面影を残すリトアニア第二の都市カウナスは14世紀に最初の記録に登場する古い町。15世紀半ばにハンザ同盟の代表部が設けられ商業活動の中心地として繁栄しました。両大戦間の22年間、ポーランドに占領されたヴィリニュスに代わって首都となった場所です。15世紀に建てら...

  12. バルト三国旅行記⑫(ヴィリニュス観光:その1) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑫(ヴィリニュス観光:その1)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆4日目リトアニアヴィリニュス(聖ペテロ&パウロ教会・3つの十字架の丘)ヴィリニュスは、バルト三国の中で唯一海に面していない首都です。これは、数世紀に渡り国境が幾度も変わったことと深くかかわっています。ヴィリニュスの旧市街は、ヨーロッパで最大を誇り迷路のように入り組んだ町にはゴシック、ルネッサンス、バロック様式の建物が多く残されていま...

  13. バルト三国旅行記⑪(ヴィリニュス杉原桜公園) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑪(ヴィリニュス杉原桜公園)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆4日目リトアニアヴィリニュス(杉原桜公園)4日目の朝、8時30分にバスを出発して新市街でも旧市街でもなさそうな場所で『ハイ!バスを降りましょう』と添乗員さんが言った。ここは・・??ネリス川沿いにある「杉原モニュメント」通称「杉原桜公園」です。添乗員さんのはからいでプチエキストラ観光です私が杉原千畝さんの存在を知ったのは2005年に放...

  14. バルト三国旅行記⑩(シャウレイ 十字架の丘) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑩(シャウレイ 十字架の丘)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆3日目リトアニアシャウレイ(十字架の丘)午前中にラトビアの「リガ歴史地区」の観光も終わりリトアニアのシャウレイまでバスで約130㎞の移動です。シャウレイは北部リトアニアの経済・文化の中心地。2回の世界大戦で多大な被害を受けたため旧市街や古い建物は残っていないそうです。このシャウレイには、リトアニアの象徴的な聖地十字架の丘があります。...

  15. バトル三国旅行記⑨(リガ旧市街:その2) - 自分流 Happy Life

    バトル三国旅行記⑨(リガ旧市街:その2)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆3日目ラトビアリガ旧市街(スウェーデンの門・三人兄弟・リガ大聖堂)約70万の人口を抱えるラトビアの首都リガ。バルト三国では抜きん出た大都市。地理的にほぼバルト三国の中心に位置し経済的にも他の都市をリードする存在です。このリガの旧市街と新市街は「歴史地区」とされ世界遺産に認定されています。バルト海の真珠と言われるだけあってやはり街並み...

  16. バルト三国旅行記⑧(リガ旧市街地:その1) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑧(リガ旧市街地:その1)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆3日目ラトビアリガ旧市街地(城壁・聖ペテロ教会・ブラックヘッド会館)ユーゲントシュティール建築群があったのはリガの新市街地。ここからは旧市街地のご案内です。リガの旧市街は、13世紀から18世紀まで城壁で囲まれていました。かつての城壁のトンネルをくぐり抜けて旧市街の見学です。何があるんだろう・・とワクワク(^^)聖ペテロ(ペーテラ)教...

  17. バルト三国旅行記⑤(タルトゥ観光:その2) - 自分流 Happy Life

    バルト三国旅行記⑤(タルトゥ観光:その2)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆2日目エストニア第二の都市 タルトゥ観光(聖ヨハネ教会・タルトゥ大学など)タルトゥはエストニアの第二の都市。首都タリンは経済の中心地。タルトゥは頭脳と魂で国を支えていると言われている。また地元の人々は「エストニアの精神的首都」と誇らしげに語る。。2日目午後の観光は、聖ヨハネ(ヤーニ)教会から始まりました。市庁舎のあるラエコヤ広場から...

  18. バルト三国 旅行記④(タルトゥ観光:その1) - 自分流 Happy Life

    バルト三国 旅行記④(タルトゥ観光:その1)

    旅行期間2017年12月19日(火)~ 12月26日(水)◆2日目エストニア第二の都市 タルトゥ観光(市庁舎周辺)旅行に行っても、どこでも寝れるタイプなんですが今回初めて時差ボケになりました(/o\)前日にこちらに到着したばかりでバタンキューかと思いましたが0時に寝て、2時、4時に目が覚めそれから眠れませんでした(◞‸◟)まぁー、最悪バスの中で寝ればいいわーと・・朝食をモリモリ食べ首都タリ...

  19. バルト三国より - 自分流 Happy Life

    バルト三国より

    こんにちは♪只今、バルト三国を旅行中です。とっても良い所ですよーこちらに来てから、たくさん画像をアップしたかったけどなかなか余裕がなく相変わらず、ばたばたしております。今は、長ーいバスの移動中です。旅行も半分が過ぎてしまいました。また投稿できたらしますね。では今日はこの辺で失礼します。

総件数:19 件

似ているタグ