バロックのタグまとめ

バロック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバロックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バロック」タグの記事(22)

  1. 戦国時代(大航海時代)の音楽 - コントラバス弾きの日常

    戦国時代(大航海時代)の音楽

    バロックハープを検索していると……な、なんと大航海時代の音楽とな!バッハより前の時代の音楽ってなんぞや。越天楽かいな⁉️というくらい、ヴィオラ・ダ・ガンバが笙みたい。気になった方は、聴いてみて❗

  2.  ジャケットに魅かれて。。。9 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて。。。9

    2019年6月10日(月)VIVALDI, A.Four SeasonsBalkan Baroque BandSharman PlesnerJean-Christophe Frischこのジャケットを見て、おおよそヴィヴァルディの音色が聞こえてくるとは誰も想像がつくまい。この「四季」は、今までになかった初めて聴く音楽。これがバルカン・バロックの音色なのか。鮮烈で、心に突き刺さる。

  3. それぞれいい! - NOEMI

    それぞれいい!

    今年は、悲しいことに、白の一重のヤマブキが、これしか咲きませんでした。毎年たわわに咲いてくれるのに。こんなこともあるよね。庭のクリスマスローズを、家の中に飾りました。クリスマスローズは恥ずかしがり屋さんで下を向いて咲くので、こうして花瓶に活けたほうがよくお花がみえます。雑な活け方ですが、野に咲いてるかの如く…イイワケです(笑)。先日バロック・ヴァイオリンのコンサートに行きました。ガット弦とバ...

  4. 練習中 - NOEMI

    練習中

    今年は、先生のご都合もあり、ヴァイオリンのレッスン回数は、例年よりも少なかったと思います。大人、それも生まれて半世紀と数年も経ってから始めたこの楽器、とっても手ごわいのですが、細々続けていきましょう!先生とのデュオ。フランスバロックの素敵な曲!ソロは今、この曲でレッスン受けてます。子供たちが小学生か中学生のころ、練習していた曲です。私よりもはるかに美しい音色といい音程と綺麗なオブリガートで弾...

  5. イアリング物語 - NOEMI

    イアリング物語

    このところ、旅や遊びや仕事に忙しく、老前整理滞り中でしたが、またぼちぼちと・・・。アクセサリー類、仕事柄か?(いや、同業者でもじゃらじゃらつけている人もいます)もとともとあまりつける方ではないのでたいして持っていませんが、それでもいつの間にか溜まっています。昨日も、あれこれ引っ張り出して身に着けて、似合わないものはサヨナラ―.先日、大好きな「みゅうままさん」のブログで、婚約指輪をペンダントに...

  6. バロックコンサート - 標高480mの窓からⅡ

    バロックコンサート

    2週間ほど前のことですが友2人が出演するバロック音楽のコンサートがあるので仙台に行ってきました。4月にも友がソロで演奏した教会で、中がとてもきれいなんです。早めに行ったつもりが、出演者が多かったためか、すでにほぼ席が埋まってました(;'∀')そこでYちゃんの提案で2階席へ。最初の「テレマン4つのバイオリンのための協奏曲」は和音がとてつもなくきれいで、パイプオルガンの高音の...

  7. 1660年代 - NOEMI

    1660年代

    読書の秋。続きます~モリエール、こつこつ集めた10巻。モリエールは、フランス古典主義喜劇の戯曲家、俳優として知られていますが、ルイ14世の庇護を受けてから書いた、コメディ=バレエジャンルの作品が、とても好きです。このジャンルは、王の楽しみでもあり、王権誇示に大いに貢献したものでもあります。『強制結婚』から始まり、1670年の『町人貴族』まで、8年間、10作品弱でしょうか、当時の世相を反映して...

  8. Violoncello da spalla - Thomas Muramatsu

    Violoncello da spalla

    少しずつ進めているスパッラ製作。リブの厚みだしから仕上げまでを何とか鉋のみで出来るようになってきました。杢が深い材料ですが、スクレイパーやヤスリはほぼ使用せずに済んでいます。(まだ完璧ではないので、極一部の修正にはスクレイパーを使ったりしています。)ヤスリで平にならしたりするのでは無く、製作家一人一人に特有の跡が残るような仕上げの方が魅力的に感じます。さらに、切れる刃物で仕上げた面は微小なレ...

  9. オランダ・バッハ協会の『ダイドー』 - Music for a while

    オランダ・バッハ協会の『ダイドー』

    ダイドーを名乗る私としては、オランダ・バッハ協会による『ダイドーとイニーアス』コンサートを避けて通るわけにはいかない。主にバッハの作品録音と演奏(All of Bachと題して全録音中)を活動の中心にしているこのオケとこの作品とは意表を突いた組み合わせである気がしたことは否めない。そして、実演を聴いてみるとやはり意外なサプライズに満ち満ちていたのだった。Nederlandse Bachver...

  10. チェンバロのリサイタル - 標高480mの窓からⅡ

    チェンバロのリサイタル

    仕事に加えイベント続きで忙しく、すっかりご無沙汰してしまいました。おまけにパソコンがいかれてから、とりあえず仕事のソフトは新入り君の扱いに慣れたのですが画像ソフトとか四苦八苦してました。年いくと適応能力が・・・(_)そんな忙しい中、親しくしていただいてる飲み友でもあるチェンバロ奏者さんのコンサートに申し込んであったので山形市まで行ってきました。場所は小さなギャラリーです。蔵のほうはガラス展を...

  11. よみがえるバロックの画家グエルチーノ展 - Art Museum Flyer Collection

    よみがえるバロックの画家グエルチーノ展

    よみがえるバロックの画家グエルチーノ展国立近代美術館公式サイト開催期間:2015年3月3日-5月31日主催:国立西洋美術館/ボローニャ文化財・美術館と区別監督局/チェント市/TBSサイズ:A4表:グエルチーノ<聖母のもとに現れる復活したキリスト>(部分)1628年-30年チェント市立絵画館蔵(別バージョン)サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)表:グエルチーノ<聖母被昇天>1622年頃チェント、...

  12. 天童市美術館でバロックコンサート - 標高480mの窓からⅡ

    天童市美術館でバロックコンサート

    9月24日、天童市美術館でバロックのコンサートがありました。(チェンバロのMちゃんに招待券もらった~、らっきー)演奏者は仙台フィルのバイオリンのかたと、山形市のチェンバリスト、フランス人のガンバ奏者でした。で、天童に行くんだったら「腰掛け庵でわらび餅買わなきゃ!でしょ」腰掛け庵、実は行くのは初めて。買ってきてもらってばかりいましたので(^_^;)なかなか趣がある素敵なお店です。ここのわらび餅...

  13. ブリューゲルとバロックの巨匠 - Art Museum Flyer Collection

    ブリューゲルとバロックの巨匠

    ブリューゲルとバロックの巨匠岡崎市美術博物館公式サイト開催期間:2016年10月1日-11月27日主催:岡崎市美術博物館・中日新聞社サイズ:A4

  14. ウィーンの宗教建築:多様な建築様式のの魅力 - dezire_photo & art

    ウィーンの宗教建築:多様な建築様式のの魅力

    ウィーンの聖堂・教会Vienna'scathedralsヴィーナーノイシュタットの祭壇(シュテファン大聖堂)ウィーンには、たくさんの寺院・教会があります。シュテファン大聖堂コンサート、ペーター教会・ミヒャエル教会・アウグスティン教会でのオルガンコンサート。カールス教会等でのモーツァルトコンサート等、定期的に、多彩な音楽コンサートの会場となります。

  15. ウィーンの話番外バロック教会 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ウィーンの話番外バロック教会

    妖しさをあまり感じさせないウィーンのバロック教会。 しいて言えば、パリのバロック教会と似ている。カールス教会と同時代なら一区のサン・ロック教会あたりだし、四区のサン・ポール・サン・ルイ教会とか、六区のサン・シュルピスあたりもバロックっぽい。ただ、教会はたとえ宗教戦争がおさまった17世紀前半のバロック期に建設が始まったものでも、完成には時間がかかるし、その上、フランス革命によっていったんカトリ...

  16. バロックコンサート - お散歩日記

    バロックコンサート

    友達に誘われて、富山市内にある某所のチャペルでバロックコンサートを鑑賞してきました。普段あまり馴染みのないチャペルですが、無機質なビルの中に、こんな素敵なチャペルがあったんですね~ちょっと感動。バッハでつながりバッハをつなぐシリーズ、今回は5回目「フーガの技法」とのことで下記5種類の古楽器アンサンブルの演奏でした。ヴィオラ・ダ・ガンバ4挺バロックヴァイオリンフラウト・トラヴェルソバロックリコ...

  17. 贅の限りを尽くした豪華絢爛な宮殿と庭園のアンサンブル - dezire_photo & art

    贅の限りを尽くした豪華絢爛な宮殿と庭園のアンサンブル

    シェーンブルン宮殿Palaceand Gardens of Schönbrunnシェーンブルン宮殿は、オーストリアのウィーンにあるハプスブルク王朝の歴代君主の旧宮廷夏の邸宅で、オーストリアで最も重要な文化財の1つです。宮殿と庭園群は世界遺産に登録されています。1,441室のバロック様式の宮殿は、オーストリアで最も重要な建築、文化、歴史的記念碑の1つです。宮殿とその広大な庭園は、300年以上に...

  18. 上宮、下宮と庭園で構成される世界で最も美しいバロック・モニュメント - dezire_photo & art

    上宮、下宮と庭園で構成される世界で最も美しいバロック・...

    ベルヴェデーレ宮殿Belvedere, Viennaベルヴェデーレ宮殿は、ハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラントに、夏の離宮として造らせました。1714から1716年にかけて下宮、1720から1723年にかけて上宮が建設されました。オイゲンの死後、ハプスブルク家のマリア・テレジアの所有になりました。現在はオーストリア絵...

  19. バロックのフィレンツェ。 - ゴローザ通信

    バロックのフィレンツェ。

    レッチェの 「Basilica di Santa Croce サンタ・クローチェ聖堂」のファサード凹んでいる日にイタリアの旅番組を見たら少し元気になった。Lecce レッチェ をやっていた。バロック建築で有名な街。バロックのフィレンツェという呼び名を持つ。「Cartapesta カルタペスタ」というアート。日本語では紙張り子と訳すがちょっと違う気がする。この象さんを創った作家が出ていた。懐か...

  20. バロックコンサート・蔵王町 - 標高480mの窓からⅡ

    バロックコンサート・蔵王町

    来る6月18日日曜日蔵王町役場向かい、ございんホールでバロックコンサートがあります。ご近所の飲み仲間だったヴィオラダガンバ奏者・中野哲也さんの追悼コンサートです。チラシはリコーダーの古橋さん作成、写真は標高480mが今年の春撮影しました。入場無料、14時30分開演です。整理券配布等が無いので来場順となるようですが、町民に限らずどなたでもお越しいただけます。蔵王町はまもなく教育委員会から回覧が...

総件数:22 件

似ているタグ