バロックのタグまとめ

バロック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバロックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バロック」タグの記事(35)

  1. New!カリフラワーを収穫! - やさい畑につかまって     The Catcher in the Yasai-Fields!

    New!カリフラワーを収穫!

    今日は暖かくて...畑に行くのも気持ちよく...右奥のハウスのところにトミーさんが!

  2. バロックの巨匠たち - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    バロックの巨匠たち

    バロックの巨匠たち佐賀県立美術館公式サイト開催期間:2017年6月17日-7月20日主催:バロック展実行委員会(佐賀県立美術館・サガテレビ・佐賀新聞社)サイズ:A4表:レンブラント・ファン・レイン<襞襟を着けた女性の肖像>ヨハネ・パウロ2世美術館蔵

  3. New!雨の後、少し暖かい...! - やさい畑につかまって     The Catcher in the Yasai-Fields!

    New!雨の後、少し暖かい...!

    午後になって雨が上がって...ともかく畑の様子を見に...今朝の気温は9℃、今の気温は12℃!

  4. バイロイト・バロック・オペラ辺境伯歌劇場でのCarlo Il Calvo鑑賞記前編 - Music for a while

    バイロイト・バロック・オペラ辺境伯歌劇場でのCarlo...

    絢爛豪華な辺境伯歌劇場でのポルポラのオペラCarlo Il Calvoがいよいよ始まる。指揮者のペトロウが登場するも拍手はまばらにしか聞こえない。(入場客数を半数以下に制限したため)指揮者がマスクを外しチェンバロの前に立ち両手を上げると、幕が開く。オペラ本編開始前にプロローグとして、舞台上の大テーブルに一族揃っての会食中に先王ルイが亡くなる場面を見せる。初めて聴く・見るオペラである。どんな物...

  5. バイロイト・バロック・オペラ・フェスティヴァル@辺境伯歌劇場その1 - Music for a while

    バイロイト・バロック・オペラ・フェスティヴァル@辺境伯...

    長いこと放置していたブログだが、今年初めて開催されたバイロイト・バロック・オペラ・フェスティヴァルに行くことができた僥倖を寿ぎ、コロナのため渡航規制のある日本から行けなかった仲間たちのためにも、レポを書くことが私の使命と心得、久しぶりに記事を投稿してみることにした。バロック・オペラ・フェスティヴァルの主要会場であるバイロイト辺境伯歌劇場は1750年に完成した。2012年にユネスコ世界遺産に登...

  6. 基礎練習とコレッリ - 標高480mの窓からⅡ

    基礎練習とコレッリ

    溜まっている下書き、投稿してみませんか?1か月くらい前に画像を加工してあったのに多忙と疲れでアップし忘れてました。3人で練習している部屋の様子。Yちゃんによる装飾が施されているチェンバロの上は私のバイオリンと楽譜が占領してしまっています。チェンバロの右にはビオラダガンバとギター。バロックを演奏するのに雰囲気だけは満点です(*´▽`*)。COVID19の感染が広がってしまったため9月の発表会が...

  7. シフのバッハ - 音大ピアノ講師です。

    シフのバッハ

    アンドラーシュ・シフのバッハはお好きですか?私はとても好きです。時々彼のバッハは、テンポが揺れて自由過ぎるので参考にすべきではないという声も聞かれます。しかし本来バロック時代はテンポの揺れが多く、自由な即興性も求められていたので決して厳格にインテンポで弾かれるべきでは無いのです。学究肌で音楽学も極めているシフだからこそ、自信を持ってあえてバロックスタイルの演奏を提示しているのでしょう。自由な...

  8. バロックコンサート@中本誠司現代美術館 - 標高480mの窓からⅡ

    バロックコンサート@中本誠司現代美術館

    最近芸術に触れていますか?観た、創った芸術の話聞かせて!多忙ではあるのですが急にバロックコンサートに誘われまして(お知らせをもらっていたYちゃんてば、忘れていたらしい)26日日曜日、仙台市青葉区にある中本誠司現代美術館に行ってきました。「小池まどか(バロックバイオリン)中川岳(チェンバロ)デュオコンサート」バロックバイオリンの大先生と憧れているまどかちゃんのコンサートですからね。仙台だし行か...

  9. 戦国時代(大航海時代)の音楽 - コントラバス弾きの日常

    戦国時代(大航海時代)の音楽

    バロックハープを検索していると……な、なんと大航海時代の音楽とな!バッハより前の時代の音楽ってなんぞや。越天楽かいな⁉️というくらい、ヴィオラ・ダ・ガンバが笙みたい。気になった方は、聴いてみて❗

  10. コンサート情報 - 古楽 info くまもと

    コンサート情報

    ※詳細は公演タイトルをクリックしてご確認ください。古楽アンサンブルグループ『葦』の公式HPとFBページができましたので、演奏会などのご確認はこちらでお願いいたします。・ホームページ・フェイスブック◆2019/8/12(月)クラウディオ・モンテヴィルディ「聖母マリアのタベの祈り」グループ『葦』◆2018/12/14(金)フランス古典音楽の宵グラン・シエクルグループ『葦』◆2018/08/04(...

  11.  ジャケットに魅かれて。。。9 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて。。。9

    2019年6月10日(月)VIVALDI, A.Four SeasonsBalkan Baroque BandSharman PlesnerJean-Christophe Frischこのジャケットを見て、およそヴィヴァルディの音色が聞こえてくるとは誰も想像がつくまい。この「四季」は、今までになかった初めて聴く音楽。これがバルカン・バロックの音色なのか。あまりに鮮烈で、心に突き刺さる。

  12. フェルメール 封印された天使の目覚め - 令和氣淑

    フェルメール 封印された天使の目覚め

    先日、大阪で開催された『フェルメール展』を観に行きました。フェルメールに関わる驚きのニュースが舞い込みました。ドイツでフェルメール画『手紙を読む女』が修復中に画中の「天使画」が見つかり話題になりました。フェルメールが生前、その作品に書いたものと見られ、彼の死後に塗りつぶした可能性があるというのです。フェルメールの生涯が謎に満ちたものであれば、作品も謎が込められているのでしょう。300年以上、...

  13. フェルメール展 - 令和氣淑

    フェルメール展

    2019年2月から大阪市美術館で開催されている『フェルメール展』を最終日目前ということで足を運びました。ヨハネス・フェルメール(1632年 - 1675年)はオランダ・バロックを代表する画家で現存する作品は35点しかなく、「真珠の耳飾りの少女」(大阪では展示されていません)等、数少ない代表作を世に送りました。フェルメールの死後、これらの作品はしばらく忘れ去られましたが19世紀になって再評価さ...

  14. バロックコンサート - 標高480mの窓からⅡ

    バロックコンサート

    2週間ほど前のことですが友2人が出演するバロック音楽のコンサートがあるので仙台に行ってきました。4月にも友がソロで演奏した教会で、中がとてもきれいなんです。早めに行ったつもりが、出演者が多かったためか、すでにほぼ席が埋まってました(;'∀')そこでYちゃんの提案で2階席へ。最初の「テレマン4つのバイオリンのための協奏曲」は和音がとてつもなくきれいで、パイプオルガンの高音の...

  15. Violoncello da spalla - Thomas Muramatsu

    Violoncello da spalla

    少しずつ進めているスパッラ製作。リブの厚みだしから仕上げまでを何とか鉋のみで出来るようになってきました。杢が深い材料ですが、スクレイパーやヤスリはほぼ使用せずに済んでいます。(まだ完璧ではないので、極一部の修正にはスクレイパーを使ったりしています。)ヤスリで平にならしたりするのでは無く、製作家一人一人に特有の跡が残るような仕上げの方が魅力的に感じます。さらに、切れる刃物で仕上げた面は微小なレ...

  16. オランダ・バッハ協会の『ダイドー』 - Music for a while

    オランダ・バッハ協会の『ダイドー』

    ダイドーを名乗る私としては、オランダ・バッハ協会による『ダイドーとイニーアス』コンサートを避けて通るわけにはいかない。主にバッハの作品録音と演奏(All of Bachと題して全録音中)を活動の中心にしているこのオケとこの作品とは意表を突いた組み合わせである気がしたことは否めない。そして、実演を聴いてみるとやはり意外なサプライズに満ち満ちていたのだった。Nederlandse Bachver...

  17. イタリア・バロック絵画展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    イタリア・バロック絵画展

    プーシキン美術館所蔵イタリア・バロック絵画展東京都庭園美術館開催期間:1997年2月20日-3月30日主催:㈶東京都歴史文化財団/東京新聞/イタリア・バロック絵画展実行委員会サイズ:A4表:ルーカ・フェッラーリ<ソフォニスバ>1640年代プーシキン美術館蔵

  18. チェンバロのリサイタル - 標高480mの窓からⅡ

    チェンバロのリサイタル

    仕事に加えイベント続きで忙しく、すっかりご無沙汰してしまいました。おまけにパソコンがいかれてから、とりあえず仕事のソフトは新入り君の扱いに慣れたのですが画像ソフトとか四苦八苦してました。年いくと適応能力が・・・(_)そんな忙しい中、親しくしていただいてる飲み友でもあるチェンバロ奏者さんのコンサートに申し込んであったので山形市まで行ってきました。場所は小さなギャラリーです。蔵のほうはガラス展を...

  19. よみがえるバロックの画家グエルチーノ展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    よみがえるバロックの画家グエルチーノ展

    よみがえるバロックの画家グエルチーノ展国立近代美術館公式サイト開催期間:2015年3月3日-5月31日主催:国立西洋美術館/ボローニャ文化財・美術館と区別監督局/チェント市/TBSサイズ:A4表:グエルチーノ<聖母のもとに現れる復活したキリスト>(部分)1628年-30年チェント市立絵画館蔵(別バージョン)サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)表:グエルチーノ<聖母被昇天>1622年頃チェント、...

  20. フランクフルト歌劇場の『リナルド』 - Music for a while

    フランクフルト歌劇場の『リナルド』

    急遽、フランクフルトまで弾丸遠征して鑑賞しようという気になった『リナルド』。贔屓がアメリカに行ってしまって近場の遠征ができないという以外にも、他に理由がある。まず、何と言ってもヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ君が主役を張る舞台の応援に駆け付けたいという気持ちが一番大きかった。オルリンスキ君(略称JJ)は、ポーランド出身の若手かつ超有望カウンターテナーで、今年春にジュリアード音楽院のマスターを終了...

総件数:35 件

似ているタグ