バーチカルツインのタグまとめ

バーチカルツイン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバーチカルツインに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バーチカルツイン」タグの記事(29)

  1. 4550 - ARISA4550

    4550

    4550は、健在です。スタック(積み重ね)じゃなく・・・ウーファの中心に中高音ユニットを配置した仮想同軸(バーチカルツイン)ね。仮想同軸では、たぶんワールドクラス。JBL Project K2 S9500の強化版的なヤツ。--------------------------------仮想同軸/バーチカルツイン知らない人は、こんなブログをのぞかないので説明不要でしょう。でも、仮想同軸(バーチ...

  2. バッテリー交換 - ドカポルGS

    バッテリー交換

    多分5年くらい使ったと思うTXのバッテリーを交換しました。今まで使ってきた台湾ユアサのシールドバッテリーは、テスターを当てれば12.6Vを指すのですが、セルボタンを押した途端キュルっと一声鳴いて終了と、健全性はほとんどゼロになってしまいました。来月末で車検が満了し継続するかも決めていないのですが、残り一月半を少しでも快適に乗っておきたいので思い切りました。今回は開放型を付けてみることにしたの...

  3. スクランブラーTX - ドカポルGS

    スクランブラーTX

    木更津、君津の里山を彷徨う。馬来田から県道を走り繋ぎ、万田野から林道入りして小櫃川の支流である七曲川を下って馬来田に戻ろうと出発。ツールは先日のV7で懲りたから一番軽量なスクランブラーTX650?で向かいます。しかしながら、林道入りして500メートルも走らないところでビビりが入って断念。舗装林道だけど車が走った形跡はなく、倒れた竹や積もり積もった落ち葉やらが道を塞いで進路を阻みます。Uターン...

  4. 久し振りにバーチカルツイン - ドカポルGS

    久し振りにバーチカルツイン

    3ヶ月ぶりにTXを100キロ以上走らせてきた。自宅から富津岬までは初めてオール下道でトライ。何十年も走っていなかった国道16号線が新鮮で、知らない土地を走っているような感覚だった。快晴の富津岬からは富士山を眺めることができ満足。富津岬は千葉県で一番富士山に近く、更にこの二点を結ぶ間に山がない事から、山体全体が望める絶好の場所!帰り道は、ちょっとだけ回り道をして鹿野山のヒルクライムとダウンヒル...

  5. 機能維持走行 - ドカポルGS

    機能維持走行

    天気はイマイチ昼過ぎまで雑用に追われて触る事もできません。雨が降っているでもなく乗れないのは精神衛生上よろしくありません。そこで近所を一回りしてきましたが、せっかくなので一月半程乗らず盆栽になっていたTXを引っ張り出し30キロ程乗り回してきました。V7のトロトロと回るエンジンにすっかり身体が慣れていたので、比較にならないほどレスポンスが良いバーチカルツインは正直言って疲れました。生まれた年は...

  6. 原因ほぼ解明 - ドカポルGS

    原因ほぼ解明

    TXのマスターシリンダーを交換して問題解決と思ったら、エアを噛んではないのにタッチが変で、グニャっとした柔らかいものを掴んでいる感じなのです。交換前のフィーリングは明らかに硬いものを掴んでいるという感触で、この感触で6年間乗ってきたので違和感を感じるのです。ここで考えられるのが、取り換えたマスターシリンダーサイズの1/2インチが合っていない事です。捨ててしまうつもりでガレージに転がしていた純...

  7. TX650ブレーキOH途中経過 - ドカポルGS

    TX650ブレーキOH途中経過

    楽天で買ったニッシンのブレーキマスター取付けに着手しました。せっかくマスターを新品にするのだからとキャリパーのOHも挑戦しましたが、ボルトを裏表4本外さなければならず、ピストンを引っ張り出す工具も持ち合わせていないことから諦めました。マスターシリンダー取付けと油圧ブレーキスイッチのメクラ蓋取付けまでは順調にいったのですが、フルードを入れてエア抜きしてもフニャフニャ感が治らないのでパッドとロー...

  8. OHならず - ドカポルGS

    OHならず

    有り余る時間を使ってTX650のキャリパーOHにチャレンジしてみました。結果から言えば、思っていた以上に面倒で断念しました。ヤマハが始めて採用したディスクブレーキキャリパーは、キャリパーだけ外して最中合わせの本体を割るという今時キャリパーのようにはいかないのです。キャリパーを外すには前輪やフェンダーまで外さなければならず、おそらくはOHするといことは考えていないのでしょう。手持ちの純正ピスト...

  9. バッテリーが終わってる - ドカポルGS

    バッテリーが終わってる

    ポルシェは無い、GLは先月から乗りすぎ、セローで近所の徘徊も気が乗らず。そこでひと月近く放置されていたTX650の出番となりました。始動はセルを使わずにキックで。勿論キックの前にスクワットを10回くらいして筋肉を刺激しておきます。数回蹴飛ばしてエンジン始動。キャブのセッティングは、厳冬期のままなのでアイドリングはイマイチなフィーリングです。いつまでも暖気をしていると近所迷惑なバーチカルサウン...

  10. 春が来た - ドカポルGS

    春が来た

    今日は朝方ちょっと寒かったけど、元気にブチブチ唸らせてきました。後輪のニュータイヤk87のハンドリングチェックも兼ねてオートバイ親父が集まる辰巳🅿️までひとっ走り。行きの高速で感じたのが、磨り減ったタイヤからニュータイヤに替えたことで外径が大きくなったんでしょう、100キロ走行時のエンジン回転数が3百回転くらい低くなって快適度が上がったことです。前後交換までの中継ぎタ...

  11. 重大インシデント - ドカポルGS

    重大インシデント

    フロントのメッキフェンダーに滴る液体は何だ!!!それがブレーキフルードであることは分かっていたのだけれど、たまにリザーバータンクを開けてフルードを足していれば数ヶ月は持っていたので放置していたのです。マスターシリンダーにエアが噛まなきゃブレーキは効くからいいやで放置していたら、先日のタイヤ交換でショップに向かう途中、遂にブレーキレバーが入り込み危うくグリップまで握り潰すところでした。自宅に戻...

  12. TX650 リアタイヤ交換 - ドカポルGS

    TX650 リアタイヤ交換

    たったの3千キロ少々でボウズになったリアタイヤを交換。TT100はグリップは文句無しで尖ったクラウン形状から切れ味も言うことなし。しかーし、わずか3千キロしか持たないなんて許せない。すり減った後輪とは対照的に前輪は5分山以上残っているので、今回はその前輪がすり減るまでの中継ぎということで一番安いタイヤを履いたまでです。ダンロップK87は、TX650 が生まれた当時重量級リアタイヤの定番タイヤ...

  13. 8°c - ドカポルGS

    8°c

    昼過ぎ、予報では5°cを超えるというから走っちゃった。650ccだからしょうがないけれど、100キロ出すと4千回転まで上がってしまう。快適回転数は3千5百回転で、速度は90キロ弱。すぐに追いつかれてしまうから走る障害物とならないように先に行かせる。ブチブチした音が聴けないと損した気分。それにしても、早朝のクソ寒さを経験しているから外気温5度を超えると寒さを感じない。エンジンが回るようになった...

  14. 2017年最後の日 - ドカポルGS

    2017年最後の日

    天気予報では降らないって事だった「のに」、雪が!降ったぞ。2017年に明日はないから、今度こその走り納めで辰巳PA来てみたら、誰〜もいない。30分くらいの間オートバイが3台来たけど、誰もいないとか何とかブツブツ言いながら早々に立ち去っていく。あたりめーだろ!雪が降る大晦日の朝早くからオートバイに乗るバカどこにいる。ここにいる www.帰り道の箱崎経由7号線は、霙まじりの氷雨。クソ寒かったけど...

  15. 360度クランク - ドカポルGS

    360度クランク

    今年も残すこと僅か。音だけで一人悦に入っている。換装前のエンジンはセルがカラカラ空回り。

  16. ヤマハ発情機? - ドカポルGS

    ヤマハ発情機?

    前回の発情から4年。エンジンを載せ替えてから、点火系に関わる電気部品ほとんど交換してやっと動くようになった。2012年に購入してからは常にエンジン不調に悩まされ続けたのが、ここにきてやっと落ち着いた感じ。もちろん新車時の感じが分かるわけないけど、多分加速のパワー感からMAXではないのかな。そうなってくるとTXの面白さは倍増し、暇さえあれば乗りたくなるから何とも不思議。4年前にそこそこの調子に...

  17. 乗り納めにはまだ早い - ドカポルGS

    乗り納めにはまだ早い

    一週間乗らないと禁断症状が起き我慢できない。いつもの公園まで往復15キロくらいでも乗らないよりはマシ。

  18. 2017走り納め - ドカポルGS

    2017走り納め

    今年のオートバイ走り納めはTXで。もちろん踏み荒らしたのは南房総。館山道君津PAを下りてから、可能な限り信号交差点を通らずに半島南端の千倉まで。ローカルなチマチマ県道ワインディングは、細いバイアスタイヤにうってつけ。ワイドラジアルのナタでぶった切るコーナリングとは一味も二味も違う感覚。この感覚は、一言で言い表すとカミソリで切り落とす感覚で、股下でヒョイっと切り返せるから面白い。この切れ味は、...

  19. You Got A Friend - ドカポルGS

    You Got A Friend

    記事にする程のことでもないけど、寒さが緩んだ機会を逃さず近所を一周。夕方フレンドTX650❣️

  20. 治ったかな??? - ドカポルGS

    治ったかな???

    コイルの交換に始まり、キャブレターの清掃、プラグ、コード、キャップ交換、何をやっても調子の悪いTX。調子が悪くなった時の状況を分析してみると。エンジンの始動から暖気を終えて走り出し、気持ちよく5・6キロ走ってエンジン停止。その後IQOS1本ふかして再始動するとエンジンのバラリンコンが始まる。つまり、エンジンの熱がこもって影響を受けるパーツが悪さをする。そう考えると該当するものはコイルとコンデ...

総件数:29 件

似ているタグ