バールのタグまとめ

バール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはバールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「バール」タグの記事(26)

  1. 発音は? - ciamiのお散歩

    発音は?

    パドヴァの駅、出発までちょっと時間あるからバールで時間つぶし。leggi tutto>>

  2. カフェ・ペドロッキでカフェ・ペドロッキ - ciamiのお散歩

    カフェ・ペドロッキでカフェ・ペドロッキ

    ホテルに帰る前に、創業1831年の​カフェ・ペドロッキ​で休憩。leggi tutto>>

  3. バールで一息 - ciamiのお散歩

    バールで一息

    塔見えてる。leggi tutto>>

  4. Mangini パスティッチェリア”マンジーニ” - バリスタは只今シエスタ

    Mangini パスティッチェリア”マンジーニ”

    パスティッチェリアでもあり、ジェラテリアでもある”マンジーニ”、目にした時、何となく気になっていた店。先の記事の”ダ・マリア”からわずか5分程の距離、あいにく外装工事の足場に隠れ、目立たない店だったにもかかわらず、漏れ出すオーラは見紛う事無き本物。美しいマホガニーで装飾されているショーケースとバンコ。所狭しと並べられたドルチェの数々、天井から床まで、隙のない装飾。かなり凝った造りながら、ゴテ...

  5. トリノでパリパリクロワッサン「ガウデンティ」 - イタリアワインのこころ

    トリノでパリパリクロワッサン「ガウデンティ」

    朝からビチェリン発祥のカフェでビチェリンを飲んだ後、チェックアウトがあるのでホテルへ向かいます。この日はアスティまで移動。フィレンツェからだとあまりに遠いのと、ショーペロがあったら困るので取り敢えずトリノに前泊しましたが、ショーペロもなさそうで一安心。しっかり朝食を摂っていないのでどうしようと思っていると、良さげなバールを発見。1971年創業とありますが、新しそうな店内はきっと最近改装したの...

  6. 感じの良い老舗バール「カフェ・プラッティ」 - イタリアワインのこころ

    感じの良い老舗バール「カフェ・プラッティ」

    色とりどりのプチケーキ。ベースはアーモンドプードルから作られたマジパンで、上にオレンジやチェリーのドライフルーツが載っています。大きさは小指の先ほどの、まさにミニョンサイズ。お隣の愛想の無い店員さんのいるチョコレート屋さんへ行った後、こちらのバール「Caffè Platti 〜 カフェ・プラッティ」へ入ってみました。右がカウンター、左にショーケース、奥には重厚な雰囲気のテーブル席があります。...

  7. モルト・ピッコロ・バール!(とても、小さなバール) - バリスタは只今シエスタ

    モルト・ピッコロ・バール!(とても、小さなバール)

    ここジェノバは、港町にもかかわらず、振り返ればすぐに山が迫っている土地。私の好きな街の一つのナポリも、ジェノバと同じく港町なのに中心街を離れれば、海岸沿いの後ろはすぐ山という所が多い。イタリアは何処の土地に行っても、高低差のある街が数多くあり、そんな地元の足はもっぱら自家用車かバス、路面電車、もしくは徒歩。そんな中、よく目にするのがもう一つの移動手段である登山鉄道!トリノの記事でも一度紹介し...

  8. 時間切れ。。。 - ciamiのお散歩

    時間切れ。。。

    昔の薬局の再現。こういうところ好きなんだけど、閉まってた。leggi tutto>>

  9. Pasticceria Liquoreria Maresecotti di Cavo - バリスタは只今シエスタ

    Pasticceria Liquoreria Mare...

    港を後に中心街へ、道路を一本隔てた所にぽっかりと開いた大きな口。中世に建てられたであろう、城門跡入り口の"Porta dei Vacca"、当時は近衛兵が槍を片手に、ここを通る者に目を光らせていたであろうと想像します。街の中心街へと誘う、細い一本道。両側の建物が高いが故に、朝夕は薄暗い道、そこを抜けると小さな明るい広場へ。するとそこに表題の店、パスティッチェリア(お菓子屋...

  10. ちょっぴり一休み - ciamiのお散歩

    ちょっぴり一休み

    シニョーリ広場に戻って休憩。leggi tutto>>

  11. 教会でお買い物 - ciamiのお散歩

    教会でお買い物

    出口に向かう通路にも、古い物いろいろ。火事で焼け残った、昔の聖堂に使われてた飾りかな。leggi tutto>>

  12. AL BICERIN  アル・ビチェリン - バリスタは只今シエスタ

    AL BICERIN アル・ビチェリン

    1763年創業、約250年の歴史を持つここ、アル・ビチェリン。店の大きさは以前に紹介した”カフェ・ムラッサーノ”と殆んど変わらないくらいの小さなカフェです。ここに連日世界中から観光客が押し寄せ、開店と同時に閉店まで満席状態が続く。この日も年明け早々にも拘らず、ご覧の通り店の前はすでに行列!向かって右側が店の入り口、左はお土産などの物販。待つこと約30分、遂に店内へ!!!(思ったよりは早かった...

  13. たまにはオフィス街のモダンなバールで! - バリスタは只今シエスタ

    たまにはオフィス街のモダンなバールで!

    まだ薄暗い早朝の中を散歩していて、オフィスビルに囲まれた一画に、全面ガラス張りのバールが目に付き、近づくとバリスタが開店前の準備をしており、一瞬目が合う。「ここは、来よう。」店の造りとは対照的な職人気質の感じがするバリスタ。私のバール選びの基準として、1.バリスタの服装2.手際3.地元民の割り合い4.そして直感!これらの組み合わせで、店に入るか否かを決定します。9割方は問題なく笑顔で店を後に...

  14. ローマの駅のバール - ciamiのお散歩

    ローマの駅のバール

    遅れもなくローマに到着。​フレッチャロッサ​とか、遅延させないために、ローカルの電車が犠牲になってるらしいわ。leggi tutto>>

  15. Caffe Mulassano     カフェ・ムラッサーノ - バリスタは只今シエスタ

    Caffe Mulassano カフェ・ムラッサーノ

    一辺が約5mのキューブ空間の中に、すっぽりと納まった様なバール。扉を開け正面のバンコまでは5・6歩。そんな小さなバールだが、中身の濃さは逸品揃いです。テーブルは入って右側に小さな丸テーブルが4つのみ。10人も座ればほぼ満席状態、バール内に20人入ったら息苦しさを覚えそうです。真冬のこの季節はそんな喧騒とも無縁、時間はゆったり流れ気忙しさは全くない。隣の年配の男性、お二人の会話風景がまるで映画...

  16. オトラントでMマーク - ciamiのお散歩

    オトラントでMマーク

    えっ、このグリーンとleggi tutto>>

  17. ふりふりとパールのイヤリングと布箱 - D-E

    ふりふりとパールのイヤリングと布箱

    布箱に収めましたヽ(*´∇`)ノふりふりとパールがやっとこさ箱に入ったので、秋冬向けにまた細糸でアクセサリーが編みたいです(*´艸`*)あ、棒針で編み始めたピンク糸のもちゃんと進めますが(`・ω・´)にほんブログ村

  18. 解体 - 榊原精密

    解体

    木製パレットが傷んできたのでバラして蒔きにします。 釘と木材を分ける釘は全部で100本ぐらいありました予想以上に難航しました。世間では木製パレットが約2000円程で売られてますが価格以上の頑丈さを感じました。もし木製パレットをバラす様な事が貴方の身の回りに起こったとしたら私は声を大にして伝えたいです。やめとけ榊原精密株式会社愛知県豊田市井上町7丁目18番地TEL0565-45-1555ht...

  19. Pepino ペピーノ - バリスタは只今シエスタ

    Pepino ペピーノ

    ピアッツァ・カリニャーノ(カリニャーノ広場)に建つバロック建築のカリニャーノ宮、広場に覆い被さる様に建つこの前にある”ペピーノ”。創業は1884年、ジェラテリアとしても有名で店内では食事もしっかり出来ます。白壁に青い”ペピーノ”のロゴ、シンプルでカッコイイです。現オーナーで5代目、一族経営でこれまで120年以上の伝統を守ってきた歴史は並大抵ではないと思います。どっしりと重厚感のあるエスプレッ...

  20. カフェ・サン・カルロ - バリスタは只今シエスタ

    カフェ・サン・カルロ

    私は北部ではミラノとヴェネツィア以外は訪れたことがなかった。トリノは世界的にも有名なコーヒー焙煎社が多く、イリー、ラヴァッツァ、ヴェルニャーナなど、日本でもお馴染みのメーカーが競い合っている。カフェに関して大雑把に言えば南はナポリ、北はミラノかヴェネツィア、そしてここトリノ。これまで何度もくどいくらいに書いていますが、イタリアでカフェの聖地といえば、ナポリ!武骨で逞しく豪快、強面のイメージが...

総件数:26 件

似ているタグ