パレルモのタグまとめ

パレルモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはパレルモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「パレルモ」タグの記事(17)

  1. パレルモ  10  グランド ホテル エ・デ ・パルメ - FK’s Blog

    パレルモ 10 グランド ホテル エ・デ ・パルメ

    パレルモで滞在したグランドホテル・エ・デ・パルメ(Grand Hotel Et Des Palmes)は1854年創業のクラシックなホテルでした。外観もお部屋も老朽感は否めませんが、古い物好きには居心地の良いホテルでした。1階(グランドフロワー)のレトロなロビー左奥に見えるのがこじんまりとしたレセプションロビーのバーあちらこちらに彫像が置かれ、クラシックな雰囲気を醸し出していました。ステンド...

  2. 聖女ロサリア祭をできるだけ手際よく見学する方法 - シチリア島の旅ノート

    聖女ロサリア祭をできるだけ手際よく見学する方法

    さてさて、昨日より聖女ロサリア祭が始まりました。今年はパレルモが「文化都市」として認定されていることから、いつもより多くのダンスやコンサートが予定されているようで、気合十分のようです。ご存じのように聖女ロサリア(サンタ・ロサリア)はパレルモの守護聖人。パレルモではマリア様と同じくらい信仰のあつい聖人だけに、パレルモでは一番大きな宗教祭です。聖女ロサリアについてはこちらを参照ください。このお祭...

  3. 8 anni fa! - お義母さんはシチリア人

    8 anni fa!

    パレルモ港(Porto di Palermo)。

  4. 迫る色彩〜パレルモ - ローマの台所のまわり

    迫る色彩〜パレルモ

    教会美術を見てまわっているパレルモ。教会に限らず何処を向いても色彩の鮮やかさに目が奪われる。様々な民族に侵略が繰り返された歴史がそのまま色彩となって静かに爆発し続けいるようで時々クラクラする。

  5. 貴族のお屋敷で最高級のケータリングサービス - シチリア島の旅ノート

    貴族のお屋敷で最高級のケータリングサービス

    前回の続き…フリードリッヒ2世の末裔といわれる貴族の館の見学が終わり、いよいよ夕食です。この日の夕食時間は午後6時…日本ではありかもしれませんが、こちらではありえないくらいの早い夕食時間です…(ちなみにこちらの夕食時間は午後9時頃)こういったお屋敷ではケータリングがでお料理が運ばれるのが普通ですが、ケータリングの場合、スぺースや運搬の問題もありどうしてもレストランに比べると味もプレセンテーシ...

  6. パレルモの貴族の館「フリードリッヒ伯爵邸」 - シチリア島の旅ノート

    パレルモの貴族の館「フリードリッヒ伯爵邸」

    シチリア島は相変わらずちょっとした階層社会があります。貴族階級はなくなったとはいえ、現在も元貴族の方は代々続くお屋敷にお住まいで、肩書で呼ばれたりしています。ヴィスコンティー監督の「山猫」もそんなパレルモ貴族の邸宅で撮影されましたが、プライベートの邸宅が多いのでなかなか内部を見る機会は少ないのが現状です。先日インセンティブの下見で訪れた貴族の館「パラツッオ・コンテ・フェデリコ」は観光客がお屋...

  7. イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..5日目 - 好日晴天.ほんじつはせいてん

    イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..5日目

    少し霞がかかった空だがシシリーの西の端を目指しまずは標高750mの眺望の聖地エリチェを尋ねるが、ここは厚い雲に覆われ時折突風が吹き見学するにも中々大変でした。そして西端のトラパーニでは塩田や港町風景を見て早めにパレルモの街へ帰り街なかのノルマン様式のサン.カタルド教会、17cバロック様式のクワットロ.カンティやマクエダ通りを散策したが流石裏通りは物騒な街のようです。Nikkor 24-85m...

  8. イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..4日目 - 好日晴天.ほんじつはせいてん

    イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..4日目

    アグリジェンドの遺跡から見上げる位置に集落が有り、我々の借りたBBのテラスからは遺跡や地中海が真正面に有りこれも中々素晴らしいロケーションだ。丁度満月が西の地に隠れたかと思えば東から朝日が出て、このようなものを見られるとは非常にラッキーとしか思えない。BBの独身のオーナーが素晴らしく美味しい朝食を作ってくれテラスからの眺めを後にシシリー北のモンレアーレを目指してドライブ。シシリーで大きな街の...

  9. イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..4日目 - 好日晴天.ほんじつはせいてん

    イタリア南部3000年の歴史遺構を訪ねて..4日目

    アグリジェンドの遺跡から見上げる位置に集落が有り、我々の借りたBBのテラスからは遺跡や地中海が真正面に有りこれも中々素晴らしいロケーションだ。丁度満月が西の地に隠れたかと思えば東から朝日が出て、このようなものを見られるとは非常にラッキーとしか思えない。BBの独身のオーナーが素晴らしく美味しい朝食を作ってくれテラスからの眺めを後にシシリー北のモンレアーレを目指してドライブ。シシリーで大きな街の...

  10. パレルモで人気!個性的でかわいいカフェ - シチリア島の旅ノート

    パレルモで人気!個性的でかわいいカフェ

    最近パレルモ女子たちに人気のカフェが「Angelina's Bakery」。イタリアにはBAR(バール)が伝統としてあるがためか、カフェはどれも19世紀後半のようなクラシックスタイルなものが多いのですが、ここはちょっと個性あります。店内はウッドカントリー調のシンプルなもの。白とベージュが主体です。窓際のテーブルは椅子のかわりにブランコになっているのですが、この席が人気なんです。なん...

  11. 復活祭特集ピアナ・デリ・アルバネーゼの民族衣装パレード - シチリア島の旅ノート

    復活祭特集ピアナ・デリ・アルバネーゼの民族衣装パレード

    復活祭(イタリア語でパスクワ)はカトリック教にとってクリスマスと同じくらい重要なお祭り。復活祭の日曜日前の一週間は聖週間と呼ばれ、多くの町や村ではキリストの生涯をテーマにした聖像やマリア像などが教会から担ぎ出され、プロセッション(聖体聖行進)が行われます。古くから異教徒や外国人を受け入れた歴史をもつシチリア島は復活祭もユニークなものが多いのです。パレルモから車で約40分、標高約740mの山中...

  12. パレルモ大聖堂屋上テラスより - シチリア島の旅ノート

    パレルモ大聖堂屋上テラスより

    パレルモ大聖堂は12世紀建造。ユネスコの世界遺産でもある教会で、市内観光の際にはよく立ち寄るのですが、30年以上この場所に通いながらナント、テラスに行くのは今回初めてです!!テラスが一般開放されたのが近年ですし、観光立ち寄りの時は時間が合わない等いろいろ言い訳はあるのですが、「わざわざ行くのが面倒くさかった」が本音かも笑でわ、そのテラスからのパノラマを…高すぎず低すぎず…こんな目線でのパレル...

  13. REIのプチシチリア便り no.18 - La Tavola Siciliana  ~美味しい&幸せなシチリアの食卓~

    REIのプチシチリア便り no.18

    久しぶりにパレルモにやってきました!本日晴天なり♩ポカポカ陽気でダウンを着て歩いていると暑いくらい💦バスの中で時間があったので、トラーパニの街とパレルモの街を結ぶバスについてFBページに写真付きでアップしました。旅の参考にどうぞ♪↓こちらからご覧ください。

  14. シチリア - ROSTICCERIA MASSIMO (ロスティッチェリア マッシモ)

    シチリア

    カーポ市場の入り口おじさんの掛け声やら歌声(美声)が聞こえるとまた、テンションあがります。市場のある町の暮らし、憧れます。

  15. ミラノ・シチリア・エオリア諸島  -  パレルモ観光 - casa del sole

    ミラノ・シチリア・エオリア諸島 - パレルモ観光

    パレルモ編昨夜行ったスピンナートで仲良くなったカメリエーレ、トニーがもう朝から働いています(笑) 写真撮るよ!と言ったら、役者さんっぽく演技してました。 あはは。さて、今回のパレルモ町歩きはポム姉さんのブログをじっくり読ませていただき、観光は同じルートにして効率良くまわることができました! 詳しく丁寧なブログにホントウに感謝です!http://pompelmo24.exblog.jp/i1...

  16. パレルモ空港到着ロビーのカラフル飛行機達 - シチリア島の旅ノート

    パレルモ空港到着ロビーのカラフル飛行機達

    ちょっと前にリフォームされて広くなったパレルモ空港。到着ロビーの天井にはカラフルなかわゆい飛行機達がお迎えします。空港の天井ってあんまり見ないけど、それだけに確かによく見てみるとなんかいつも殺風景…なものが多いんです。まあ、美的感覚を必要としない部分でもあると思うから、それはそれでよいのですが。でもこの辺にコダワルのもやっぱり美的センスを大切にするイタリア人かも。飛行機を作ったのはマウリリー...

  17. 歴史が一杯の優雅なホテルGrand Hotel Ets Des Palmes - シチリア島の旅ノート

    歴史が一杯の優雅なホテルGrand Hotel Ets...

    パレルモの老舗ホテル、グランド・ホテル・エ・デ・パルメ。町の中心にあり観光やショッピングにも便利。もともとはマルサラワインの実業家として財をなしたイギリス系ファミリーウイッタカー家のプライベートハウスとして1874年に建てられたものでした。道路を挟んで前にある英国教会を結ぶ秘密の道や海まで行ける冬の庭など工夫を凝らしたゴージャスなものだったそうです。1907年に当時の所有者がホテルとして改築...

総件数:17 件

似ているタグ