パンヘッドのタグまとめ

パンヘッド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはパンヘッドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「パンヘッド」タグの記事(76)

  1. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッド前回製作したキックシャフトブッシュを圧入したところで終わり。今回その続き。圧入し縮んだブッシュをホーニングし内径加工。シリンダーゲージ組み立て中にダイヤル落とし、ダイヤルの修理から始まる。キックシャフトブッシュを適正クリアランスにしたあと、クランクギアをくみつけエンドプレイチェック。キックシャフトを新品に変えたので、エンドプレイ過大になっている。キッ...

  2. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッド前回キックカバーブッシュホールの真円加工をし今回ブッシュ製作。キックシャフトも新品にし寸法とり製作。失敗無くブッシュ完成。カバーに圧入、次回ブッシュ内径加工。1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッドバナナキャリパーの上下ピン交換しマウント側ブッシュ交換、ホーニング済ませ、車体に組付け。トランスミッションをフレームに搭載。パーツ待ちだったピニオ...

  3. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッド前回フロントキャリパー、リアキャリパー取り付けてその後のお話。フロントブレーキはブレーキホース取り付け、フルード入れエア抜き。ガタが多かったリアバナナキャリパーはピン交換。キャリパー側のピンカシメ部削り取り、抜き取り新しいピン取り付け。ブレーキサポート側のブッシュ交換。1979 FLH 1340Dさんのショベルヘッドプライマリーのドレンボルトネ...

  4. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッドまずトップカバーボルト雌ネジ部のヘリサート加工。1/4”-24UNSネジ部に1/4”-20UNCネジがぶち込まれていましたので、垂直セットしヘリサート加工。ケースの加工が終わり、ブッシュ製作へ。使う新品シャフトとギアに合わせラチェットギアブッシュ単品製作。初めての旋盤作業。旋盤講習しまずは一個目完成。お次はキックシャフトブッシュなのですが、キックカバ...

  5. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1946 FL 1200Aさんのナックルヘッドipadにてノートを製作中のAさん、めちゃくちゃ解りやすく書いてあるノートで、これマニュアル化できます。という感じで、ノート製作しつつ作業。前回キックシャフトブッシュ製作、エンドプレイワッシャー製作したキック周り仮組みして作動チェック。ちょっと動きが渋い。キック周りの構造上、クランクギアがラチェットギアを押しすぎてしまうと、キックの作動が重くなり...

  6. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベル前回タイミングサイドのフライホイールバランスどりが終わり、今回はドライブサイド。元々穴が開いている部分が軽すぎるため、穴部分にネジを切り、ボルト製作し取り付け。螺子の重さでなるべくバランスを取り、そのほか微調整で穴あけ。8方向何処でも止まるようにまりO.Kクランク組付け作業へ。1954 FL 1200Kさんのパンヘッド前回T/M分解し今回計測...

  7. 金曜日ひたすらブッシュづくり - Vintage motorcycle study

    金曜日ひたすらブッシュづくり

    ここ最近はコロナ過にも関わらず、新しい生徒さんも増え非常に有難い状況です。生徒さんが増えると、もちろん私が行わなければいけない〝なんやかんや”も増えまして、その一つがブッシュづくりであります。作ったことが無い人には分からないと思いますが、一つ一つ100分代の精度を出して製作となると、これが思いのほか時間がかかる作業なのです。という事で今日は一日潰してブッシュ製作。1939 WLD 750Oさ...

  8. 日曜日の授業風景~今日もアイアン分解~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~今日もアイアン分解~

    1975 XLH 1000Tさんのアイアンスポーツエンジン腰下分解です。クラッチハブの圧入っぷり良好、コンペンセータースプロケットの状態も悪くなさそうという事でプライマリー周り分解。T/Mスプロケットの圧入プリも良くT/M分解。この辺りはまた次回改めてチェック。エンジン降ろしタイミングギア周り分解。カム山の状態も悪くないが、カムブッシュは以前にやり直されているようですね。オイルポンプの内壁に...

  9. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベル前回磁石取り付け、バランスがとれているところを確認。今回穴あけ位置を印づけして、磁石と同じ重量穴あけしていきます。ドリルでどれぐらい掘ると、重量が減るか確認しつフライホイール穴あけ。もともと表裏どちらにも結構穴が開いていたフライホイールでありましたが、バランスどり完了。次回ドライブサイド。1977 FLH 1200前回バルブガイドの加工、ヘッ...

  10. 火曜日の授業風景~美しいイタリア~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~美しいイタリア~

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッドコンロッドビッグエンドベアリングレースのラッピング、ローラー選択終わり今回はスモールエンドブッシュから。元ブッシュ抜き取り計測。コンロッド小端部は0.05mmの楕円がありましたが、新たに使うJIMS製ブッシュには嵌め代0.05mm~0.1mmありますのでそのまま使います。ブッシュ圧入しリーマーを通し、使うピストンピンに対しクリアランス0.03mmに。...

  11. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッド状態が悪かったコンロッドビッグエンドベアリングレースのラッピング虫食いがあったため、虫食いが取れるまでラッピング。どうにか市販されているローラーサイズでクリアランス調整できる寸法で虫食いが消えました。フロント側は.001”オーバーサイズでは調整できず.002”オーバーサイズで調整が出来る程度の寸法。+.001”以前のローラーであれば5/1000mm単...

  12. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1946 FL 1200Aさんのナックルヘッド抜き取ったバルブガイドのヘッド側ホール計測。ヘッド側ガイドホールは4か所ともに変形なく問題なし。抜きとる際に圧入が弱かったEXはガイド外輪が少々小さい。熱変形があったかしら?トランスミッション分解作業へギアボックス、トランスミッションは社外のものに交換されています。キックカバー、シフターカバーは当時物かな。スローアウトベアリングは後期のものが付い...

  13. 火曜日の授業風景~どこまで修理してどこまで交換するか~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~どこまで修理してどこまで交換するか~

    1946 FL 1200Aさんのナックルヘッド先日に引き続き、分解しつつ計測作業ELシリンダーにFL1200用ピストンが入っていた問題。1200CCSTDピストンに対しシリンダーボアはクリアランス0.03~0.05mmと逆に小さめなぐらい。だが、元々シリンダーボアが84.1mm程度のELシリンダーに1200cSTDサイズ(87.3mm)が入っているわけで肉厚は薄くなっている。ELのMAXオー...

  14. 日曜日の授業風景~製作ものばかりで旋盤が2台欲しくなるな~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~製作ものばかりで旋盤が2台欲しくなるな~

    1970 TRIUMPH TR6Mさんのトライアンフハイギアベアリングシール交換のためプライマリー周り分解し、すでにはシール取り付け済み。ついでにガタがあったクラッチ周りの整備。ガタが出ていたダンパーゴム交換。エンドプレイが多かったのでスパイダー一部研磨し調整。取り付けガタ無し。プライマリー周りの組付け完了し、お持ち帰り。無理やりサンバーに積み込み。PANHEAD INDIAN CHIEF...

  15. 火曜日の授業風景~腐ったガソリン臭でトリップ~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~腐ったガソリン臭でトリップ~

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッドはトランスミッションの組み立て。キックシャフトは新品に交換しエンドプレイが随分大きくなったので、エンドワッシャー単品製作。平面研磨してエンドプレイ0.2mm程度に。ワッシャーは焼き入れ。キックカバー仮組して作動チェック。クランクギアがラチェットギアを押しすぎているようで、メインシャフトの回りが悪い。(ラチェットギア・クランクギア・キックシャフト・キッ...

  16. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1952 FL 1200Uさんのパンヘッドヘッド周り分解作業・清掃作業後の計測作業。バルブとバルブガイドは多分、近年にガイド交換済みで状態は悪くない。IN側は新品STDバルブ・EX側はO.Sステムバルブに交換しガイドはそのまま使います。ロッカーアームはフロントEX、リアINは段べりが酷い。またロッカーアームベアリングはヘッドに規定トルクで締め付け後内径計測。プッシュロッド側、バルブ側、縦方向...

  17. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッドはトランスミッション周りの作業キックラチェットギアブッシュ単品製作、オイル溝加工しギアに圧入。圧入し縮んだ分ホーニングしクリアランス調整。スタータークラッチギアを取りつけると、テーパーの入り込みが多く、クラッチギアとラチェットギアの隙間が少ない。ギア部研磨し隙間を開け取り付け。(実はこの前に不良クラッチギアで苦戦したのだが、その話は割愛)キックシャフ...

  18. 月曜日の授業風景~1963 TRIUMPH T120 エンジン始動~ - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景~1963 TRIUMPH T120 ...

    1963 TRIUMPH T120Yさんのトライアンフ、遂にエンジン始動。とりあえず問題なさそうでありまして、試乗、車検に向け作業。延長し忘れていたブリーザーホース取り付けに苦戦。1946 FL 1200Aさんのナックルヘッドプライマリー周り分解し、ギアボックス、エンジン腰下を降ろしました。エンジン分解を始め、タイミングギア周り分解。今のところ「これヤバいな」みたいな事無く順調です。1970...

  19. 日曜日の授業風景~パンのヘッドだなー~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~パンのヘッドだなー~

    1948 TRIUMPH 5TKさんのトライアンフもともと付いていたクランクケースは使い物にならないと判断し、中古のケースを手に入れ、前回に引き続きなんやかんやチェック作業。クランクシャフトベアリング部の計測。ベアリングとの嵌め代も良好で加工の必要無し。左右ケースの合わせ面チェック。インロー部に変形あり、面あたりが悪かったので少々加工。また、合わせ面自体荒れていたのでオイルストーンで修正しつ...

  20. 土曜日の授業風景~数値で推理する~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~数値で推理する~

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッド前回エンジン腰下の分解作業が終わり、今回は地獄の計測作業。まずはコンロッド周りから。コンロッドは以前に交換されているようだ。クランクピンも交換されていて、ローラーは73年以降のものになっています。考えていた通りビッグエンド部のクリアランスは0.06mm程度。またスモールエンドブッシュのクリアランスも大きいところで0.06mmあったので抜き取り。コンロ...

総件数:76 件

似ているタグ