ヒグマのタグまとめ

ヒグマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒグマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒグマ」タグの記事(153)

  1. ビデオカメラを装着してヒグマの食性を研究 - アニマル情報202X

    ビデオカメラを装着してヒグマの食性を研究

    『ヒグマがヒグマを捕食』アラスカのNelchina Basinに生息する複数のヒグマにビデオカメラを装着してその生態を調査した研究によれば、ヒグマの活動の中で60.5%は休憩、21.3%は移動、6.3%は立ち上がり、6.2%は食事をしているもの等であった(36376個のクリップ-100時間の映像)。食事をしていた6.2%のクリップの内訳は、12.2%は大人のヘラジカ、29.8%はヘラジカの子...

  2. ヒグマと人の真剣勝負(早食い) - アニマル情報202X

    ヒグマと人の真剣勝負(早食い)

    『大食い競争-人vs熊』巨大なヒグマと人(日本人)が大食い競争をしている動画(ソーセージを食べているように見える)。ちょっと見難いが、競技においてグリズリーが人を圧倒したように見える。https://www.youtube.com/watch?v=3z4R42HYTZM

  3. バイソンを巡って争うヒグマ - アニマル情報202X

    バイソンを巡って争うヒグマ

    『ヒグマとヒグマの戦い』川の中でバイソンの死骸を巡ってヒグマらが小競り合いをしている動画。それほど激しい争いではないが、右側のヒグマが左腕で打撃を繰り出したシーンは、それなりの威力を感じられる。https://www.youtube.com/watch?v=uux81JslZ8c

  4. 雄ヒグマと雄ヒグマの戦い - アニマル情報202X

    雄ヒグマと雄ヒグマの戦い

    『水辺での決闘』雄のヒグマたちが水辺で戦っている動画(02:05辺りから)。両者は取っ組み合っていたが、一方のヒグマがもう一方を投げ飛ばしたあたりで勝敗は決した。https://www.youtube.com/watch?v=U06KF-hnM7E

  5. ヒグマがセイウチを倒した可能性 - アニマル情報202X

    ヒグマがセイウチを倒した可能性

    『セイウチがヒグマに倒された可能性』(画像の引用元)pbs.twimg.comヒグマがセイウチを倒した可能性を示唆する画像。しかしながら、成獣にすら見えないクマの貧弱な体格、セイウチ狩りの難易度の高さ等から判断して、流石にこれはクマがセイウチの死骸を漁っていると考えるのが常識的な判断だろう。(セイウチの体格、狩りの難易度等の情報)https://game123.exblog.jp/23999...

  6. トレーニング5両古美山 - 四季のうつろい

    トレーニング5両古美山

    このところどうも不眠気味。5時前に起床。天気予報は変わらず一日晴、空模様も星空。昨夕からの湿った雪と雨で路面はカリカリに凍っているが、しっかり除雪が入っているので道路はベストコンディション。5時55分、行き先は両古美山に決めた。今日はスノーシューのみ。6時5分駐車スペースに到着。同15分、空が青くなってきたので準備し同20分出発。前回の踏跡はすっかり消えている。新雪に踏み出してすぐにスキーを...

  7. 両古美山熊出没 - 四季のうつろい

    両古美山熊出没

    羆(穴持たず)出没注意!両古美山は今年に入って入山者が週に一人程度と例年と比べると少ない。少雪の影響で頂上台地までの南斜面は、2/3程はまだ灌木や笹も出ていて歩きにくいので、スキーは今後の降雪次第だろう。さて、今日は午前中好天が見込まれるとのことで、朝5時55分家を出る。6時10分当丸峠覆道出口着。6時05分スキーで出発。月曜私の入山後スキーの入山者があったようだ。6時20分夏道「登山口」。...

  8. サツマイモのおやつ - 徒然日記

    サツマイモのおやつ

    午後の13時ごろまで、場所を変えながら眠っていることが多いピリカさんとゴローくん空から美味しいものが降ってきました!※飼育員さんがさつま芋を投げてくれましたさつま芋を食べるピリカさんゴロー君のさつま芋転がってしまい取りに行くゴローくん探すおしりが可愛い食べ終えたピリカさんもっと欲しそう赤丸のなかにさつま芋がありますもぐもぐ

  9. クロサイvsヒグマ - アニマル情報202X

    クロサイvsヒグマ

    『ヒグマ対クロサイ』最大級の巨大クロサイ(180cm)と最大級の巨大ヒグマ(150cm)の大きさの比較。腕組みをした人(シルエット)の身長は約180cm。(クロサイの体格)体高132-180cm、体重800-1400kg。クロサイの体格は、他の動物と同じく地域によって体格差がある。雄8頭の平均は855kg、雌6頭は887kg(南アフリカのHluhluwe)。雄11頭の平均は1124kg、雌5...

  10. お誕生日おめでとう - 徒然日記

    お誕生日おめでとう

    大好きなピリカさんへ35歳のお誕生日おめでとう❣去年の12月初め頃は、明らかに体調がいまひつな感じで心配でしたでも、イベントに合わせるかのように復活ピリカさんの底力を見たような気がしましたこれからも、ピリカさんペースでゆっくりと過ごしてくださいね寝顔を見てるだけでも幸せな気持ちになります

  11. アラスカヒグマとヒョウの大きさの違い - アニマル情報202X

    アラスカヒグマとヒョウの大きさの違い

    『ヒョウ対アラスカヒグマ』体高約150cmのヒグマと体高約70cmのヒョウの視覚的な比較。最大級の巨大ヒグマと大人の雄のヒョウの比較。恐らく、両者の体重差は10倍を超えていると思う(60kgvs600kg)。(ヒグマの体格)ヒグマの体格は地域差が大きく、最も体重が軽い地域と重い地域の平均体重の比較では、その差は約4倍になる。最も大きくなるのはアラスカのヒグマ(沿岸地域)で、肉体的に成熟した雄...

  12. ヒグマとイリエワニ - アニマル情報202X

    ヒグマとイリエワニ

    『イリエワニとヒグマ』巨大ヒグマと巨大イリエワニの大きさの比較。イリエワニの長さは約600cm、ヒグマの体高は約150cm。両者ともに最大級。(ヒグマの体格)ヒグマで最も大きくなるアラスカヒグマは、最大で750kgを超える。雄のコディアックヒグマは、成熟すると普通360-545kgになる。巨大個体は、肩の高さが150cm、体の長さは280-300cmに達する。雌のコディアックベアは、平均約2...

  13. ヒグマvsゴリラ - アニマル情報202X

    ヒグマvsゴリラ

    『ゴリラ対ヒグマ』最大級の巨大ヒグマと二足で直立時に約180cmのゴリラの大きさの視覚的な比較。※人の身長は約180cm。(ゴリラの体格)幾つもの資料が引用されている以下の記事によれば、ゴリラの体格は下記のとおり。大人の雄のゴリラは、高さ140-180cm、雌は、125-150cm。47頭の野生の大人の雄の平均体重は、143kg。Smith and Jungers(1997)によれば、19頭...

  14. エゾヒグマのとんこ - 動物園放浪記

    エゾヒグマのとんこ

    「もうじゅう館」にいるエゾヒグマの「とんこ」さん(メス)。雪の積もった展示場の中をゆっくりと歩き回る「とんこ」。大きな体をした「とんこ」。エゾヒグマは北海道に生息し、日本の陸上動物では最大の動物です。ときどき雪の地面にお座りしてこちらを見つめています。

  15. ヒグマvsホグジラ - アニマル情報202X

    ヒグマvsホグジラ

    『ホグジラ対ヒグマ』高さ約140cm、長さ約230cmのホグジラと肩の高さが約150cmの巨大ヒグマの比較。※上の画像のホグジラの長さは直線で測ったもので、体に沿った曲線で測った場合は更に大きな数値となる。(ホグジラの体格)長さ210-260cm、体重360kg。en.wikipedia.org(ヒグマの体格)肩高約150cmのヒグマは最大級の個体なので、恐らく体重は600-700kg級。w...

  16. 家族同然に育てられたヒグマ - アニマル情報202X

    家族同然に育てられたヒグマ

    『まるで家族のようなヒグマ』20年以上に渡ってStepanという名のヒグマと生活を共にしている家族。englishrussia.com

  17. ピリカとゴローのクリスマス - 徒然日記

    ピリカとゴローのクリスマス

    浜松市動物園のエゾヒグマ、ピリカさんとゴローくんのクリスマスイベントの様子です。ヒグマガイドのあとに、フルーツと木の実がたくさんのったおからケーキとマスがプレセントされました。とても美味しそうに食べる2頭・・・・といいたいところですが、ゴローくんはマスを咥え部屋のほうに行ってしまい食べてる姿を見ることはできませんでした。その分、ピリカさんが目の前でもぐもぐ美味しそうに食べてくれました!ゴロー...

  18. ヒグマとバイソンの対戦事例 - アニマル情報202X

    ヒグマとバイソンの対戦事例

    『バイソン対ヒグマ』体高約185cmの最大級の大人の雄のバイソンと100cm(190kg級)、130cm(400kg級)、150cm(600kg超級)のヒグマの比較。両者は生息地が重なっているので様々な事例が確認されている。一般的には、ヒグマがバイソンを捕食する事はかなり少ないといわれる。ただ、(恐らく)例外的な事例は幾つか報告されている。比較的最近の事例では、地元で有名な大型の雄のグリズリ...

  19. ヒグマとヘラジカの比較(捕食事例等) - アニマル情報202X

    ヒグマとヘラジカの比較(捕食事例等)

    『ヘラジカ(Alces alces)とヒグマに関する情報』巨大ヒグマと巨大ヘラジカ(moose)の視覚的な大きさの比較及び捕食事例。ヒグマの肩の高さは約150cm、ヘラジカは約220cm。ヘラジカはシカの仲間で最大の体格を誇り、最大級の個体は肩の高さが230cmになる可能性がある。体重は、ヘラジカの雄で360kg-600kg、雌で270kg-400kg。体の長さは、雄で2.4m-3.1m、雌...

  20. ヒグマvsアメリカクロクマ - アニマル情報202X

    ヒグマvsアメリカクロクマ

    『アメリカクロクマ対ヒグマ』ヒグマ(Ursus arctos)とアメリカクロクマ(Ursus americanus)の大きさや特徴の違い。左から肩の高さ約150cmの巨大ヒグマ、約105cmの大型のアメリカクロクマ、約130cmの大型のヒグマ、約90cmのアメリカクロクマ。下記の詳細な資料によれば、両者の体格は以下のとおり。『ヒグマの体格』左から、肩の高さが約1m、約1.3m(大型)、約1....

総件数:153 件

似ているタグ