ヒサマツミドリシジミのタグまとめ

ヒサマツミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒサマツミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒサマツミドリシジミ」タグの記事(12)

  1. 2018年9月中旬山梨県ヒサマツミドリシジミ初撮り - 春ちゃんのメモ蝶3

    2018年9月中旬山梨県ヒサマツミドリシジミ初撮り

    2018年9月17日蝶撮り仲間の埼玉県Uさん、千葉県Wさんと3人で山梨県で珍蝶ヒサマツミドリシジミに会いに行きました。以前にここを訪問しポイントに詳しいUさんのご案内で、見られれば初見、撮れれば初撮となります。秋雨前線の様子で予報が安定しませんので、実行するかどうかは前日16日の午後に決めることになってしまいましたが運よく晴れ、絶好の日よりとなりました。ヒサマツミドリシジミは6月ごろ羽化して...

  2. ちょっとだけキリシマミドリ - チョウ!お気に入り

    ちょっとだけキリシマミドリ

    被害の大きかった地域では西日本豪雨の被害がまだまだ収束していないようです。豪雨の時に我が家は避難準備に留まりましたが、実家の方は避難指示が発令されました。川沿いでもともと避難指示は出やすい場所ではあるものの今年の状況は違いました。雨雲レーダーで見ていても実家~川の上流部の強い雨の領域が移動せず雨が降り続き今までにない緊張感を感じました。まず母親を我が家に避難させ、状況によっては兄の家族も受け...

  3. 京都のヒサマツミドリ - チョウ!お気に入り

    京都のヒサマツミドリ

    採集者が多いのと写真を撮るには被写体の位置が高すぎるのとで敬遠しがちだったのですが、地元もちゃんと見て足固めしないといけないとの思いから出かけます。かく言う私も若いころはネットを振っていたので偉そうに言えませんが、撮影している横で被写体が減ってゆき撮影チャンスが減ってゆくのはちょっとストレスを感じてしまいます。さて今日の場所は最初にヒサマツミドリが発見された超が付くほど有名ポイントです。ここ...

  4. 今年はリベンジ~ヒサマツミドリシジミ - チョウ!お気に入り

    今年はリベンジ~ヒサマツミドリシジミ

    昨年は1シャッターしか切れなかったヒサマツミドリシジミです。今年は少しでも多くのシーンが見たいとの思いで出かけます。ヒサマツミドリは羽化すると上へ上へと上がってゆくようですが、この場所はその通過ポイントとなります。今年はちゃんと出会えるか不安とともに到着です。しばらくすると谷合に生える常緑樹にゼフが止ります。ヒサマツミドリシジミです。1年ぶりの再会、少し遠いですが真上からの写真が撮れました。...

  5. ヒサマツミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ヒサマツミドリシジミ

    ヒサマツミドリシジミは高いところがお好き^^;そんなに遠くては、シャンと撮れないから、近くへおいでよ(`^´)何度誘ってもイケメンは知らんぷり( 一一)なわばりに入って来る別のイケメンを追い払っては、また、元の場所に戻る(#^^#)この日は最後まで近くに下りてくれなかった。イケメンには縁の薄い なのであった("^ω^)・・・

  6. 2018ゼフの季節その2 - 紀州里山の蝶たち

    2018ゼフの季節その2

    アイノミドリシジミのポイントからヒサマツミドリシジミのポイントへ転進しました。天候が回復して、待つこと3時間余り。初見のヒサマツミドリシジミの♂と出会いました。初めての翅裏Vサインを見ることができました。蝶友さん、お世話になりました。

  7. 冬の楽しみ・・・越冬卵と越冬幼虫探し - 蝶超天国

    冬の楽しみ・・・越冬卵と越冬幼虫探し

    2月18日久しぶりにフィールドに出るチャンスでしたが・・・所用を片付けてからの遅い出発でした。時間も遅いので近場で見つけられるヒサマツミドリシジミを探してみることにしました。風が強く枝が揺れて見るのに苦労し・・・・気温が比較的高い割には・・・とても寒く感じられ・・・何箇所か周ってみても・・・冬芽も少なくなかなか見つけられず・・・やっと1卵見つけた1卵です。いつものようにTG-3で拡大撮影・・...

  8. 南へ! - チョウ!お気に入り

    南へ!

    最近体力の無さを実感するようになり、まだ動けるうちに遠い所から訪れようと思うこの頃です。チョウの撮影では初の四国遠征です。天気予報では晴れのはずだったのに、それがいつのまにか曇りのち晴れに変わっていて、現地到着時には曇り空。昼前にようやく青空が広がったものの出足をくじかれた形になってしまいまいた。それでも太陽が出るまで散策した渓流沿いの照葉樹林は自然の豊かさを感じさせてくれるには十分でした。...

  9. ヒサマツミドリシジミ② - Mag's DiaryⅢ

    ヒサマツミドリシジミ②

    明るい曇り空でもヒサマツの山に行きたかったのだもの、晴れていたら、当然、行先はヒサマツの山になるよね。やっぱりお日様の力はすごいょ。ヒサマツがきんと輝いていた。しかも、尾状突起が2本揃っている。翅裏も撮りたかったのだ^^;

  10. ヒサマツミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ヒサマツミドリシジミ

    以前、仲間からヒサマツミドリシジミがいる山を教わっていた。山への行き方も聞いていた。が、彼女の「運が良ければ撮れるだろう」という話に、自分は無理だろうとあきらめていた。彼女の熱意には太刀打ちできないことを十分承知していた。ヒサマツは隣の県へ行って撮ることにした。そこで、今回、ヒサマツの輝きを見た。撮り逃がしてしまった。火がついた。山に行く前からあきらめていてどうする( `ー´)ノよし行くぞ!...

  11. ヒサマツミドリシジミ(2017/6/28) - 小畔川日記

    ヒサマツミドリシジミ(2017/6/28)

    6月28日は、naoggioさん、町田のSさんとヒサマツミドリシジミの撮影に行ってきた。4時30分にお二人が自宅まで迎えに来てくれて出発、9時半くらいに現地に着いた。歩き始めて最初に出迎えてくれたのはニホンアカガエル。ニコンD500ニッコール70-200今年は、ギフチョウの時にモリアオガエル、先日の山形の時にトノサマガエル(関東から仙台のものはトウキョウダルマガエル、西日本の一部のものはナゴ...

  12. ヒサマツミドリ雌 開翅 - 自然を楽しむ

    ヒサマツミドリ雌 開翅

    6月24日、この日の目的はフジミドリシジミとヒサマツミドリシジミの♂の開翅。ただし、天気予報は午後から曇りで、ヒサマツミドリは無理かなと思っていた。午前中は真夏のような暑い日となったが、正午ごろから予報通り雲が出てきてしまった。午後12時45分、いろんな偶然が重なって、思いがけないチャンスが訪れた。突然、目の前にヒサマツミドリ♀が現れ、開翅。裏翅のV字も確認。♂の方は、午後からも時々薄日が差...

総件数:12 件

似ているタグ