ヒタキ科のタグまとめ

ヒタキ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒタキ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒタキ科」タグの記事(255)

  1. コサメビタキとその幼鳥 - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    コサメビタキとその幼鳥

    都内の梅雨明けがいつになるのか、その日が待ち遠しいところでしたが、8月1日(土)にやっと発表になりました。平年より11日も遅くなったということです。これまで天候不順の日が長く続きましたから、とても嬉しい気持ちですが、梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。体が暑さに慣れていませんから、単純に喜んでばかりもいられません。夜はエアコンなしには寝ることもできなくなるし、その上、今は新型コロナの影響...

  2. 野鳥の森のキビタキ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    野鳥の森のキビタキ

    週末や連休を利用して、各地の探鳥地や自然観察ポイントへ足を運ぶのを楽しみにしています。出掛ける時は、1泊2日から2泊3日程度の日程となりますが、定年退職後の第3の職場で月16日勤務ですから、日程的に余裕があるうえ、快適な車中泊が出来るようになりましたから、遠出しやすい条件が整いました。しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大していますから、その予防には十分注意しなければなりません。その点、単独...

  3. 営巣中のオオルリがいました - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    営巣中のオオルリがいました

    7月の四連休までに梅雨明け宣言が出て欲しいと思っていましたが、やっと奄美地方の梅雨が明けたばかりで、関東地方ではどうも叶わぬ話になってしまったようです。太平洋高気圧が勢力を強めてくれるのは、連休明けになりそうですから、梅雨明けはもうしばらくお預けといったところでしょうか? このところの、コロナウイルスの感染者数が高止まりしている状況と相待って、憂鬱な日々が続くわけですが、こんな状況をいつまで...

  4. 霧ヶ峰のノビタキ♂と♀ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    霧ヶ峰のノビタキ♂と♀

    梅雨前線が停滞して、今週はずっと雨模様の日が続いています。九州地方をはじめとして各地で大雨による深刻な被害が出ましたが、ここ数年は特に洪水による被害が多く発生するようになりました。地球温暖化の影響であるとも聞いていますが、何も対策を取らなければ、地球のあちらこちらで災害が発生するようになり、子供達の世代、またその次の世代はまともに生活できなくなってしまうのではないかと心配になってしまいます。...

  5. ノビタキとその幼鳥 - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ノビタキとその幼鳥

    初夏の霧ヶ峰高原では、高山植物とともにノビタキなど草原で暮らす野鳥がよく観察でき、またチョウの仲間もたくさんいますから、例年この時期に訪問して、観察してくるのを楽しみにしています。今回は、コロナ禍の外出自粛が解除されたことを受けて、6月最後の週末に行って来ましたが、梅雨入りしたばかりだったので天気に恵まれませんでした。霧の駅で車中泊をしながら2泊3日の日程でしたが、初日と3日目は雨に降られ、...

  6. 高原の花とノビタキ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    高原の花とノビタキ

    6月最後の週末は、金曜日に通院する予定があったので、仕事の休みをとって午前中に病院へ行き、午後から2泊3日の遠出探鳥に出掛けてきました。入梅して間もなくでしたが、天気予報によれば、長野県の霧ヶ峰高原は、金曜日の午前中までは雨ですが午後から曇り、土曜日は晴れ、日曜日は曇りという予想でした。ここ数年、毎年のようにノビタキやホオアカの写真を撮りに行っている場所ですから、周囲の環境もよく分かるように...

  7. 森のナルシスト~キビタキ - なんでもブログ2

    森のナルシスト~キビタキ

    おはようございます。本日の鳥さんは、森のナルシストキビタキさんです。「ナルシスト」を語源に持つ『キビタキ』の英名は Narcissus Flycatcher飛びながら蠅のような小さな昆虫を捕食することからつけられています。一方の「ナルキッソス」とは、古代ギリシャ神話の中で水面に映る自分の美貌に魅せられそのまま一輪の花になってしまったという伝説の美少年の名前に由来し水仙のことを「ナルシス」と呼...

  8. オオルリの幼鳥でしょうか? - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    オオルリの幼鳥でしょうか?

    6月最後の週末は、26日(金)が仕事のない日だったので、嬉しい三連休となりました。当然のようにどこかへ遠征して、野鳥写真を撮影してこようと思いますが、梅雨時の今は雨の影響を大きく受けてしまいます。数日前から週間天気予報を見比べながら、遠征先選びに思いを巡らせてきました。天気予報自体が日ごとに少しづつ変わりますから、ここなら絶対大丈夫という候補地がなかなか見つかりません。でも、最終的に金曜日の...

  9. 薄暗い渓谷でクロツグミ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    薄暗い渓谷でクロツグミ

    オリンパスグループの企業情報サイトに、映像事業を日本産業パートナーズ株式会社に譲渡するという情報がアップされていました。オリンパスのOM-Dシリーズ(マイクロフォーサーズ)を愛用している私には、衝撃的なニュースでした。この先どうなってしまうのか、不安が広がりましたが、アップされた情報をよく見ると、赤字続きであった映像事業の構造改革を行い、黒字化が見込める構造として分社化するということです。と...

  10. 渓谷のキビタキを - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    渓谷のキビタキを

    先日、故障の修理に出していた、オリンパス ED 300mmF4 Pro のレンズの修理費用が、17万円ほどもかかると連絡が来ました。あまりの高額にビックリしてしまいました。レンズのユニットごとの交換になるとのことですが、落としたり衝撃を与えるようなこともなく、撮影しようとしたら「レンズの状態を確認してください」の表示が出て、全く撮影できなくなりました。何故そうなったのか分かりませんから、こ...

  11. 近くで囀ってくれたオオルリ君 - なんでもブログ2

    近くで囀ってくれたオオルリ君

    おはようございます。梅雨の晴れ間に裏山へそんでもって出迎えてくれるのは、いつものオオルリ君です。最初は少し遠くの木のてっぺんで♪しばらくすると枝を変えて角度を変えて何を思ったのか急降下いきなりで見失ってたんだけどしばらくして真上の電線にとまって囀りだした。逆光方向の電線に留まってたサメビタキ?

  12. 美しい色彩と美声の持ち主 キビタキ - なんでもブログ2

    美しい色彩と美声の持ち主 キビタキ

    おはようございます。本日の鳥さんは、キビタキさんです。南からやってくる夏鳥の中で、その体の美しい配色と美しい声でひときわ目立つのが、キビタキの♂だと思います。この子も裏山で撮影です。

  13. 裏山のオオルリ - なんでもブログ2

    裏山のオオルリ

    おはようございます。本日の鳥さんは、裏山のオオルリさんです。やはり今年はオオルリの当たり年だったようです。今回は、今までで一番近くで撮れました。

  14. キビタキ - 北の野鳥たち

    キビタキ

    このキビタキも小雨のなか撮りました。他に撮影者が居なかったせいか、けっこう鳥さんが見られた!でもカメラにとっては この環境最悪です ( ̄▽ ̄;)撮影地:胆振管内

  15. 幸せの青い鳥は近くに... - なんでもブログ2

    幸せの青い鳥は近くに...

    おはようございます。本日の鳥さんは、裏山のオオルリさんです。オオルリ(大瑠璃)全長約16cm夏鳥として日本に渡ってきて、渓流沿いの森で繁殖するオオルリ。この美しい青い鳥を見られた日は、それだけで幸運な気分になれます。オオルリは、めったに見られない野鳥だと思われがちですが春と秋、渡りの途中で街中の公園などにも姿を見せてくれます。たとえ話ではなく「幸せの青い鳥」は、気づかないだけで、あんがい近く...

  16. コサメビタキ - 北の野鳥たち

    コサメビタキ

    この日は小雨降るなかで鳥見をしてました。そんななか天候の割に小鳥が多くみられた。特にコサメさんが至る所で目立っておりました!コサメの中のコサメ (^▽^;)撮影地:胆振管内

  17. オオルリ - 北の野鳥たち

    オオルリ

    先日、いつも仲良くしてくれている鳥友さんから連絡が入った。鳥友さん『オオルリが良い所に来てくれるよ!』私『すぐに行きます!』自宅から15分ほどの公園へと向かう。それで1時間ほど撮影を楽しんできました。カエデの赤い若葉が良い具合にボケてくれましたぁ~(*'▽')鳥友さんには ほんと感謝感謝です!撮影地:胆振管内

  18. オオルリ - 北の野鳥たち

    オオルリ

    先日の鳥見からです。この日は羊蹄山麓の森へ立ち寄った。以前足を運んだ時の印象は「オオルリの濃い森だなぁ~」でした。しかし この日見られたオオルリは たったの1羽・・・拍子抜けしました ( ̄▽ ̄;)撮影地:後志管内

  19. キビタキ - 北の野鳥たち

    キビタキ

    昨日の続き、先日の鳥見から。噴火湾から日本海へ抜ける途中に立ち寄った羊蹄山麓の森。この日は生憎の雨。悪条件にもかかわらず たくさんの小鳥たちが見られた。この森で一番見られたのがキビタキでした。かなり濃かった (*'▽')撮影地:後志管内

  20. 若いオオルリ - なんでもブログ2

    若いオオルリ

    久しぶりの本日第二弾今日の最高気温は、29.8℃裏山に行くと、涼しかったのは早朝だけで10時ぐらいには汗が出ました。本日の鳥さんは、オオルリさんです。行くと必ずといっていいほど甲高い囀りで出迎えてくれますが高い木のてっぺんに居るので撮りにくいです。この子は色も薄く若い子のようです。

総件数:255 件

似ているタグ