ヒメアカタテハのタグまとめ

ヒメアカタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメアカタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメアカタテハ」タグの記事(20)

  1. 2017年10月上旬 栃木県 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年10月上旬 栃木県

    2017年10月9日 栃木県9月下旬に訪問して約1週間後、また来ました。今回の目的は、シルビアシジミの開翅です。前回は雌がちょっとだけ翅を広げてくれましたが、雄は古いものばかりで裏のみの撮影でした。しかし、今年は個体数が少ないので新鮮な雄に会えればよしというところです。今回も午前中に帰宅しなければなりませんので、早朝に出発して7時半に到着してしまいました。前はミヤクゴサがほとんど咲いていませ...

  2. autumn in face.3 - 気ままに写生活

    autumn in face.3

    ILCE-7M2/APO DC 70-300/4-5.6 MACRO

  3. 秋のタテハ&ヒョウモンチョウ in2017.09~10埼玉県 - ヒメオオの寄り道

    秋のタテハ&ヒョウモンチョウ in2017.09~10埼玉県

    埼玉県の秋のタテハチョウというとやはり「ヒメアカタテハ」が一番素敵ですね!同色のキバナコスモスとのツーショット大好きです。キバナコスモスにゴージャスな蝶登場です。              in2017.09.16見沼田んぼこの時期最も個体数の多い「ツマグロヒョウモン」雄のようです。              in2017.09.24埼玉県中北部の公園「ツマグロヒョウモン」雌は雄以上の豪華さ...

  4. 小畔川便り(コスモスと蝶たち-2:2017/9/25.27.29) - 小畔川日記

    小畔川便り(コスモスと蝶たち-2:2017/9/25....

    自宅前にキクイモやコスモスが咲いている間に、先日購入した広角ズームを生かした写真をもう少し撮っておきたいし、カメラ交換の使い勝手にも慣れておこうと思って、天気の良い日には運動も兼ねて出かけている。9月25日に撮影した写真で、話の流れと枚数の関係で載せられなかったものもあるので、ここでそれから載せておくことにします。ツマグロヒョウモンの広角写真を撮った後は、キクイモの咲いている場所に行って、ヒ...

  5. ダンギクとシロバナハマアザミに来たヒメアカタテハ Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ダンギクとシロバナハマアザミに来たヒメアカタテハ Byヒナ

    ヒメアカタテハを見るのは久しぶり。セセリチョウが吸蜜するところしか見たことのないダンギグに来ていたので、良い組み合わせで撮ることができました。前々回記事のキアゲハはハマアザミで吸蜜を繰り返していましたが、ヒメアカタテハはシロバナハマアザミで吸蜜していました。こちらも個人的には見たことのない組み合わせ。最近出会いのスランプが続いていますが、これは嬉しかったです~

  6. 家にいれば良かったのに - 不思議の森の迷い人

    家にいれば良かったのに

     10月になり里山もすっかり秋、キタテハのオレンジが良く似合う季節です。この日は朝から晴天で気温も25℃まで上がりましたが、少し強めの風が心地よい一日でした。午前中に買い物を済ませ、昼過ぎから2時間ほどを散策の時間にあてました。 この日蝶がよく見られたのはセンダングサの花です。このところ数が多くなったヒメアカタテハですが、この蝶も秋が似合います。 シロチョウの仲間もセンダングサの花が好みのよ...

  7. ☆ 花街道・ハリツルマサキ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ 花街道・ハリツルマサキ ☆

     30日、南知多町豊丘の花街道を通りました。広大なコスモス畑では、まだ花は咲いていませんが、一部咲かせている畑がありました。曇り空でしたが、キバナコスモスは満開です。ヒガンバナがまだきれいでした。ツルボがヒガンバナの周りに群生しています。三河のツルボより紫っぽく、遠目では何が咲いているのか分かりませんでした。 愛知用水のフェンスにキセキレイが止まりました。  庭の、鉢植えの「ハリツルマサキ」...

  8. 小畔川便り(新レンズのテスト:2017/9/24.25) - 小畔川日記

    小畔川便り(新レンズのテスト:2017/9/24.25)

    9月24日この日は夕方に新しいレンズが届く。ニコン1用の6.7-13mm(35㎜換算18-35㎜)。以前ベニヒカゲの撮影に行ったときに使っていた10-30(35㎜換算27-81㎜)よりもう少し広角が欲しいと思ったので、購入することにした。今まで飛び立つシーンを撮影していた1J5が、裏面照射型のCMOSをつけて画質が良いので、このレンズをつけて広角専用のカメラにすることにした。今まで1J5で撮...

  9. ヒメアカタテハ   庭の蝶 - 蝶のいる風景blog

    ヒメアカタテハ   庭の蝶

    抜けるような青空だった。ああ、もう秋なんだなあ、と思った。庭に植えてあるヒガンバナもそろそろ枯れて来た。歯医者から帰って来ると、ユリオプスデージーの黄色い花にヒメアカタテハが止まっていた。ヒメアカタテハがやって来るとやはり秋を感じる。カメラを持ってきて撮影しているとツマグロヒョウモンがやって来た。この蝶は我が家の庭で育った蝶かもしれない。庭のスミレで毎年10頭近くが羽化している。寒くなると、...

  10. ~近場散策~ - My  Photo  Life

    ~近場散策~

    小さな虫をいろいろ探しているといるいる。しかし、時にブゥ~~ンと危険な翅音が聞こえると黒と黄色のスズメバチが威嚇に・・・背を低くしてそ~っと逃げます。ヒメアカタテハヤマウドの花に・・・

  11. 道路検査が大好きです - 夜つぐみの鳴くところで

    道路検査が大好きです

    こちら ヒメアカタテハ(姫赤立羽)です。道路ばかりじゃ絵にならん!いくら言っても戻っちゃいます(爆)でもこの蝶スゴイんですよ。毎年夏が終わるころ何百万羽という群れを成してヨーロッパ北部からアフリカ大陸へ移動するんです。何とその距離 1万5,000 キロ!ヒメアカタテハの謎が解明された! ヨーロッパからアフリカへの旅 はこちらです。

  12. 2017.9.22 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2017.9.28 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.22 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   ...

    2017.9.22この日も曇り。日課となった朝の散歩。曇っているとてきめんに蚊が出て来るので、防虫スプレーと刺された時のムヒが欠かせない。いつもの花壇に行ってみると、どういうわけかイチモンジセセリはほとんどおらず、背丈の低い小菊にウラナミシジミがきていた。少し明るくなったので翅を拡げ始めた。ただ、花な密集したこの小菊の植え込みは、意外と撮りにくい。チョウはともかく、花弁が欠けていたり枯れた花...

  13. ☆ ヤマトシジミ・ヒメアカタテハ ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ ヤマトシジミ・ヒメアカタテハ ☆

      庭で見つけた、ヤマトシジミです。 公園を覗いて見ると、キノコが沢山生えていました。 キバナコスモスにはヒメアカタテハが・・・。 ショウジョウソウが、賑やかに咲いていました。 地元の彼岸花が満開になるのは、週末でしょうか 白花は赤より早く咲きますね。

  14. 花とチョウ - Mag's DiaryⅢ

    花とチョウ

    ニラの花にヒメアカタテハニラの花にウラギンヒョウモンニラの花にキタテハオオバクサフジにイチモンジセセリ オオチャバネセセリでした。花畑で待てばチョウが撮れる。

  15. 吸蜜に - 季節の映ろひ

    吸蜜に

    民家の隣の農地で咲く花に、ヒメアカタテハとツマグロヒョウモンが代わる代わる吸蜜に訪れていました。このシーンも70-200ミリで手持ち撮影してみました。(1〜4枚目がヒメアカタテハ、5〜7枚目がツマグロヒョウモンと思います。 間違っていましたら、ご指摘ください。)気に入っていただきましたら、ポチッと↓応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ 前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。 皆様の...

  16. 富士山麓の草原探索その2 ミヤマカラスシジミとミヤマシジミ(2017/07/31) - Sky Palace -butterfly garden- II

    富士山麓の草原探索その2 ミヤマカラスシジミとミヤマシ...

    本日富士山に来た一番の目的はミヤマカラスシジミです。時期は真っ盛りで、多少ぼろい個体もいましたが、かなり多くの個体を見ることができました。よく見ると後翅裏肛角付近に水色の紋の大きさに個体差があるのですね。大きく出る個体はすごく綺麗です。■ミヤマカラスシジミStrymonidia mera↓続く ■ヒメアカタテハVanessa cardui日が暮れてきましたが、場所を変えてミヤマシジミを見に来...

  17. キンミズヒキ - えんがる(遠軽)で見た

    キンミズヒキ

    2017-08-09 こんばんは今日の天気は曇り、晴れ、曇り。公園の草です。キンミズヒキおまけ: ヒメアカタテハではまたー.

  18. ヒメアカタテハ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメアカタテハ

    が「庭の柿の木にチョウが止まっているよ。」と呼ぶ。は「どうせサトキマダラヒカゲでしょうよ。」と言いながらもカメラを持って近づく。近づいても逃げないチョウ。???何だろう。サトキではないねえ。タテハチョウには間違いないからと図鑑とにらめっこ。前翅の赤い部分が完全に隠れていてわからなかった。ヒメアカタテハだった。まだまだ修行が足りないねぇ( ^ω^)・・・

  19. 利根川沿いですー水郷佐原あやめパーク③ - イーハトーブ・ガーデン

    利根川沿いですー水郷佐原あやめパーク③

    園内にはホテイアオイもたくさん咲いていました。この花びらを見ると、孔雀の翅を連想してしまいます。ミソハギも咲き始めていました。実はここは利根川沿いなのです。背景は利根川の流れです。画像はクリックすると大きくなります。川沿いに咲いていた見慣れぬ花を吸蜜していたのはヒメアカタテハでしょうか。花が気になって、帰宅してから調べたら、ミズヒマワリのようです。ミズヒマワリ(キク科ミズヒマワリ属)学名:G...

  20. ヨモギのゆりかごを紡ぐ、ヒメアカタテハ。 - 堺のチョウ

    ヨモギのゆりかごを紡ぐ、ヒメアカタテハ。

    ヒメアカタテハの巣を見つけました。巣は、ヨモギの葉で紡いだ、ゆりかごのようです。ヨモギが群生している場所では、そのゆりかごが数多くありました。一つひとつのゆりかごは、それはみごとな造形です。1枚1枚、上手にヨモギの葉を寄せ集めています。外敵から守る、シェルターのようです。 ▼写真1 2017年6月24日 撮影ヨモギの葉のゆりかごに住む、ヒメアカタテハの幼虫(終齢?)。ちょっと失礼して、ゆりか...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ