ヒメギフチョウのタグまとめ

ヒメギフチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメギフチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメギフチョウ」タグの記事(52)

  1. チョット遠いお山にて - 菜奈ちゃんコーナー

    チョット遠いお山にて

    道端にイワカガミが咲いていた白色イワカガミですネコヤナギに夏型トラフシジミヒメギフチョウが居たウスバシロチョウおまけ昨日は姿を見ることが出来なかった、チャンスは逃さない事ですね。

  2. ヤナギとサクラで吸蜜するヒメギフチョウ - 蝶超天国

    ヤナギとサクラで吸蜜するヒメギフチョウ

    5月6日気温が高く晴天が期待できるので日帰りで山に行ってきました。前回咲いていなかった桜も良い感じになっていました。しかも風が殆どないのでヒメギフチョウのヤナギ吸蜜も期待できそうです。ヤナギを転々と歩いて探すと・・・吸蜜に来ました。花から花へ枝を歩きながら移動します。なかなか全開翅するシーンには出会えません。殆どが高い枝先で吸蜜し・・・こんな止り方でした。暫く吸蜜すると下に降りて・・・またヤ...

  3. 2年ぶりの!ダンダラロード2021 - 登山道の管理日記

    2年ぶりの!ダンダラロード2021

    昨年(2020)は、不要不急の外出を控えましょうキャンペーンを真面目に守り、ダンダラロードはおろかチョウや山野草のフィールドに1回も出ないという異様な1年が過ぎた。今年のGWも結局同じ状況となったが、ここにきてついに心がすさみ、我慢の限界、、好天の1日、出撃してしまった。極力、人との接触をしないことを肝に銘じながら・・

  4. チシマザクラとヒメギフチョウ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    チシマザクラとヒメギフチョウ

  5. 赤城姫フデリンドウ&カタクリ吸蜜 - 風任せ自由人

    赤城姫フデリンドウ&カタクリ吸蜜

    4日、6日、8日と一日おきに三度赤城に出かけた。4日の時点での天気予報では、その後はあまり良い天気が期待できそうもなかったので、4日が発生確認後の最良の日であり、その後もし行けるとしてもかなり後になるのかなと思っていた。ところが、晴天の日が一日おきに続き、例年だと咲き終えてしまっているカタクリがまだ残っていることも確認でき、そうであればカタクリ吸蜜撮影の絶好のチャンスと思い、通い続けた。そし...

  6. 赤城姫再訪 - 風任せ自由人

    赤城姫再訪

    5月になってもカタクリが咲き残っているので、カタクリに訪花する赤城姫に期待して、6日も赤城姫の撮影に出かけた。まずはいつものピークに向かった。途中、まだまだ新鮮なミヤマセセリにレンズを向けた。ピークを過ぎた南側の斜面にスミレの女王サクラスミレが咲いていた。女王に姫が来ればなんて期待もしたが、他のスミレに来る姫もいなかった。そのすぐ側、木の根元にはフデリンドウの花も見つかった。フデリンドウに来...

  7. 陽だまりのスミレで吸蜜する・・・ヒメギフチョウ - 蝶超天国

    陽だまりのスミレで吸蜜する・・・ヒメギフチョウ

    4月30日GWに入りましたが・・・コロナの感染防止のため・・・・今回も日帰りでヒメギフチョウに会いに行きました。途中で何処にも立ち寄らず山の中へ・・・・暫く林道を歩いていると・・・早速飛びました。陽だまりの色の濃いスミレに吸蜜してくれました。そして次々と移動します。苔の上にも静止しました。風がややあったためか・・すぐに地べたに静止してしまいます。この花での吸蜜シーンはあまり見ません。交尾済み...

  8. ヒメギフチョウ長野に遠征 - 蝶のいる風景blog

    ヒメギフチョウ長野に遠征

    GWの最中、3日から5日まで2泊3日で長野に遠征して来た。3日(月)は成果なし、5日(水)は朝から小雨だった。楽しめたのは4日(火)だけだった。3日は八ヶ岳のヒメギフチョウを求めて朝早く家を出た。林道に着くと前日雪が舞ったそうでうっすらと雪が残っていた。おまけにこの日は寒波が張り出したとかで気温が低く寒かった。昼過ぎまで林道を散策したが気温は10度に届かず蝶の飛ぶ状況ではなかった。ヒメギフを...

  9. 2021年5/3ヒメギフチョウ、ヒメシロチョウ、スジグロシロチョウ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/3ヒメギフチョウ、ヒメシロチョウ、スジグ...

    蝶友さんと一緒に、春の妖精たちを求めて少し遠出をしてきました。もちろんこのご時世、感染予防対策は万全を期すと共に、密にならないようソーシャルディスタンスには気をつけました。このGWは、天候不順で天気予報と毎日にらめっこ。行くならこの日しかない、ということで。朝、予報に違わず日差しがあったものの、曇りがちでムチャ寒。ポイントへ行ってみましたが、何にも飛ばず。すごすごと引き上げる途中、花壇の水仙...

  10. 白馬のヒメギフ(2) - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    白馬のヒメギフ(2)

    昨日(5/4)の白馬ヒメギフの続編です。早朝に出発したので朝早く到着、GWなので車中泊の人達が結構来てました。結論から、今回はヒメギフチョウのみ、ギフチョウは1頭も見かけませんでした。顔見知りの方々も同様でした。昨日UPの赤上がり個体以外の綺麗な赤上がりをUPです。タンポポ吸蜜シーンは午後に移動したフィールドにてタンポポ吸蜜の別個体襲来その1(小さな昆虫の飛来に混乱するヒメギフチョウ)襲来そ...

  11. 赤城姫 - 風任せ自由人

    赤城姫

    赤城山のヒメギフチョウは「赤城姫」の愛称で呼ばれ、群馬県の天然記念物に指定されている。ここ数年出会うこと自体が難しくなっていた赤城姫だが、今回は2つのピーク、カタクリの咲く斜面、下山途中の登山道沿いなどでかなりの個体を確認することができた。しかし、メインのピークにはスミレの花が殆ど無く、スミレ吸蜜は期待できそうになかった。そこでは落ち葉の敷き詰められた地面留まり、飛翔を狙った。そんな中、芽吹...

  12. 白馬のヒメギフ(1) - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    白馬のヒメギフ(1)

    朝から快晴、気温も上昇、起床後、急遽白馬村のヒメギフに出かけた。取敢えず、朝一番に出遭った赤上がりのヒメギフ、朝二番に出遭った越冬明けエルタテハをUPしておきます。明日に続きをUPします。

  13. 立夏蛙始鳴(かわずはじめてなく) - 紀州里山の蝶たち

    立夏蛙始鳴(かわずはじめてなく)

    皆さん、おはようございます。感染防止対策を徹底して中遠征から帰還しました。行く先々は、春蝶の真っ盛りでした。【ヒメギフチョウ】【ギフチョウイエローバンド】【ギフチョウイエローバンド】

  14. 桜に集まるヒメギフチョウほか - 蝶超天国

    桜に集まるヒメギフチョウほか

    4月23日今回も日帰りで・・・ヒメギフチョウを狙って出かけてきました。晴天に恵まれてこれまでより気温も高めです。今回の狙いは桜吸蜜を狙い、満開の桜の前で来るのを待ちました。滅多に飛んできませんが・・・「待てば海路の日和あり」・・・です。横からのカットも雰囲気が伝わります・・・いつも全開翅ではありません。残念ながら逆光気味ですが・・・悪くない感じです。一日待ってもチャンスが必ずあるとは限りませ...

  15. ヒメギフチョウ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ヒメギフチョウ

    2021年4月30日(金),晴れのち曇り.白馬へギフチョウとヒメギフチョウを見に行ったがギフチョウは見れなかった.ギフの出そうな所で待っていると「蝶の玉手箱」のcactuss様とお会いした.ここでの一通りのポイントを教えていただき一緒に楽しい撮影ができてとてもありがたかった.9時半ごろにようやく1頭のヒメギフチョウが現れた.尾状突起の欠けた♂.赤上がりの綺麗な個体.左前翅が羽化不全の♂.♀も...

  16. ヒメギフチョウ - チョウ!お気に入り

    ヒメギフチョウ

    緊急事態宣言が出る前に、少し早い目と思いつつ2年ぶりのヒメギフです。訪れた日のヒメギフは、活発に飛ぶというわけではなく時折飛ぶ程度の状況でしたが数頭を確認することができました。頻繁にはしてくれませんでしたが、いくらか訪花のシーンも見られました。まずはスミレでの吸蜜シーンです。カタクリにもやってきました。こちらは別個体です。交尾嚢が付いていました。やや擦れた個体です。吸蜜か?と思って近づきまし...

  17. 山麓のヒメギフチョウ(吸蜜と産卵) - トドの野鳥日記

    山麓のヒメギフチョウ(吸蜜と産卵)

    緊急事態宣言下、4月20日前後までに山小屋周辺で撮りためた写真がありますので、しばらくはこれらをアップして行くこととします。まずは4月上旬の山麓のカタクリの里で見かけたヒメギフチョウです。1枚目はカタクリでの吸蜜(頭が見えないのが残念ですが)、2枚目以降は食草のウスバサイシンでの産卵行動です(特に2枚目をクリック・拡大していただくと産み付けられた卵が見られます)。

  18. ヒメギフチョウ - 自然を楽しむ

    ヒメギフチョウ

    久しぶりに週末に好天の予報。少し欲張ってヒメギフとギフの撮影を目的に出かけることにした。今年は春先に暖かい日が続いた後に寒波がやってきて、発生時期の予測が読みにくい状況ですが、数日前から再び暖かい日が続いているので、期待は十分。結果としては、何か所か回って、残念ながらギフチョウは見かけることはなかったものの、ヒメギフの方は雌雄ともカタクリでの吸蜜を撮影することができ、思い切って出かけて良かっ...

  19. ヒメギフチョウ - 飛騨山脈の自然

    ヒメギフチョウ

    国内外来種のヒメギフは平湯で撮ったことがあるが、もともとその地で世代を繰り返しているヒメギフは撮ったことがないので信州へ出かけた。氷点下の朝だったため気温の上昇が鈍く、11時近くにようやく1頭目が飛び出した。地表に止まるけれど非常に敏感ですぐ飛び立つことの繰り返しだった。辛抱していたらようやくカタクリに吸蜜に来た。綺麗な赤紋上りが吸蜜に来てくれた。ストロボを持っていないので、頭部が暗くはっき...

  20. ヒメギフチョウの吸蜜と産卵 - 蝶超天国

    ヒメギフチョウの吸蜜と産卵

    4月15日週末は天気がイマイチだったり、所用のため山に行けなかったりで・・・・休暇を取り日帰りでヒメギフチョウを見に行きました。5日前には寒くてなかなか飛びませんでしたが、今回も少し気温が低めなため大分待ちましたが飛んでくれました。スミレの花に吸蜜に来ますが藪の中だったり崖の上だったりして・・・・見ているだけの事が多かったですが、見ているだけでも幸せな時間です。今回は複数の♀も見られました。...

総件数:52 件

似ているタグ