ヒメシジミのタグまとめ

ヒメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメシジミ」タグの記事(51)

  1. 20190912 【蝶】ヒメシジミ、ツバメシジミ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20190912 【蝶】ヒメシジミ、ツバメシジミ

    チョコチョコと忙しく飛び回っている小さなシジミチョウ。ヒメシジミのようです。青田集落の手前まで下ってきた時、つるんでいるシジミチョウがいました。尾状突起があります。咄嗟に思いついたのは、ツバメシジミでした。確か、昔は普遍的にいたように思います。が、もう何年前か忘れてしまうほど、見たのは遥か昔のように思います。

  2. 蒼い羽が高山に舞う - Dimension Green

    蒼い羽が高山に舞う

    ちょっと珍しい蝶のようだ。見て分かると思うが、シジミチョウの仲間だ。最初はミヤマシジミかと思っていたのだが、どうやらヒメシジミという種類らしい。シジミチョウの仲間で一番人間に身近なのはベニシジミと言われる赤褐色の小さな蝶で、人家近くで春先にタンポポに止まってるオレンジ色の小さな蝶といえば、察しが付く人も多いだろう。本種は山地に多いらしくて、平地の人口が多い地域では見られない。俺も初めて見た(...

  3. 上高地へ - 飛騨山脈の自然

    上高地へ

    夏休みになって人が多いのを覚悟で上高地に向かった。平日なので意外と少ないと感じた。まずヒメシジミガムに付いた。赤紋が痕跡程度の♀がいた。平地ならヤマトシジミと間違えそう。♂♀が一緒に吸蜜中。河原にはコムラサキがいくつも飛んでいた。オオイチモンジは一瞬しか止まらず、証拠写真程度のものしか撮れなかった。葉と光の具合がころころ変わるので、設定がむつかセンジュガンピが少しうす暗い林内に咲いていた。突...

  4. ヒメシジミなど - 野鳥がいるから

    ヒメシジミなど

    今回見たかったチョウの一つにヒメシジミがあります時期的に少し遅いかと思っていましたが、まさしく遅かったようでなんとか見ることはできたものの激しくボロの個体ばかりでした一番綺麗なのがこれですこことは違う場所ですがホシミスジは前回より数が増えていましたオスは擦れてきていますが、綺麗なメスが見られました長々と連載となりましたが今回のチョウはこれで終わりです

  5. ウラゴマダラシジミ、スジグロチャバネセセリ他 - 風任せ自由人

    ウラゴマダラシジミ、スジグロチャバネセセリ他

    ゼフ探索2〜4回目に撮影したその他の蝶たちヒメシジミ高原にはたくさんのヒメシジミが見られた。交尾ペアも複数見つかった。トラフシジミ夏型クヌギ林の林縁に広がる草むらでトラフシジミ夏型を見つけた。産卵を繰り返した後、開翅を見せてくれた。煌めく青紫に感動したが、ちょっとスレていたのが残念。ウラゴマダラシジミエゾミドリシジミのテリ張り場所のすぐ近くでウラゴマダラシジミが翅を開いてじっとしていた。ゴイ...

  6. 夏の高原のワンシーン - 蝶超天国

    夏の高原のワンシーン

    7月6日つづきコヒョウモンモドキを撮影した高原はいつもヒメシジミが沢山飛んでいます。この日は交尾も沢山見ました。ヒメジョオンの花の上で・・・・綺麗な♂と♀交尾しているカップルにちょっかい出す♂も・・・・・・ススキにぶら下がるカップルも・・・ススキの上で別のカップル・・・・4カップルを撮影しました。夏の盛りを感じさせるコキマダラセセリも既にいましたこちらは♀ですね。次のポイントに移動しようとし...

  7. いっぱいで~す - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    いっぱいで~す

    晴れ間は続かず、今日は再びドン曇、雨の一日になってしまった。それでは寂しいので、この数日間に撮影して取り上げなかったシーンをUPします。コヒョウモンモドキの花盛りコヒョウモンモドキの卵もいっぱいです。ヒメシジミも花盛り凄いですね~。井戸端会議中ちょっと寂しい光景本日、ご近所ではスジボソヤマキチョウの羽化ラッシュの様で、あちこちで飛び出してました。厳しい自然界の羽化率を乗り越えて、元気に育った...

  8. ☆ヒメシジミ・セセリチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヒメシジミ・セセリチョウ☆

    12日に出会ったヒメシジミ達です。まだ綺麗なヒメシジミもいましたが、傷みの目立つコもいます。ご苦労様!と言いたくなるようなヒメシジミ・・・、思い切り綺麗な花に来ていましたセセリは難しくて、苦労します。コキマダラセセリ?ミヤマチャバネセセリ?ハイアオイ園芸種の様な、八重のホタルブクロ

  9. 高原の蝶達、ヒメシジミも合間に(2019/07/13)群馬遠征② - 里山便り

    高原の蝶達、ヒメシジミも合間に(2019/07/13...

    ’ゼフィルス' が現れる合間に小さな児達とも楽しむ。..........POTD..........羊歯の上から正面飛びに狙いを定めた。-------------------------------------------------------------此処ではあまり人気が無いが、平生、平地の蝶達を追いかけているので、平地に居ない個体は貴重です。過去に何回か撮影は出来ていまし...

  10. 仲良くね~ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    仲良くね~

    左、コキマダラセセリ(たぶん)右、ヒメシジミクガイソウの蜜を吸う。仲が良いかどうかは、、、わからんなぁ。。。

  11. ヒメシロチョウ - 自然を楽しむ

    ヒメシロチョウ

    7/7 最初にアサマシジミの生息地に出かけるも、目的地に近づくにつれ雨が降り出し、しかも現地の気温は14℃。傘をさしながらやっと見つけた1♂も破損個体。ここを諦め、次に出かけたのがヒメシロチョウの生息地。まだ少し早いかなとも思ったが、小雨の降る中、草地上を飛んでいる1頭のヒメシロチョウを見つけることができた。ヒメジョオンで吸蜜する♂ムラサキツメクサで吸蜜する同じ個体。この♂はあちこちを飛び回...

  12. ドン曇のフィールドへ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ドン曇のフィールドへ

    天気予報を見るとほんの少し晴れ間もあるかと思っていたが、終日ドン曇の1日になりました。それでも、昼食後はドン曇でも賑わうことの分かった近場の牧場へ出掛けました。やはり、こんな天気でもヒメシジミは無数の新鮮な個体が飛び交っていて、ヒョウモン類やヒメキマダラセセリも飛んでます。おー!アサマシジミに負けないくらい綺麗なオス。個体数が滅茶苦茶多いから、交尾ペアなんかも何組も見られる。ヒメキマダラセセ...

  13. ゴイシシジミの開翅と黒いヒメシジミ - 蝶超天国

    ゴイシシジミの開翅と黒いヒメシジミ

    6月23日つづき草原ではヒョウモン類が時々見られましたが・・・・針葉樹林の中の笹周りではゴイシシジミが発生していました。薄日を感じて開翅しました。飛んでも近くの葉の上に静止しまた開翅です。新鮮で縁毛も綺麗な♀ですが、翅表の白斑が覗いています。しかし、これ以上の角度には開翅しませんでした。笹原を広く確認しても個体数が少ない感じでしたが、♂も確認できました。場所を移すと・・・・ヒメシジミも飛び始...

  14. ブルー3兄弟・ブラウン3姉妹一気撮りは・・・ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ブルー3兄弟・ブラウン3姉妹一気撮りは・・・

    雨は降り続き、午前中までは悪天候、午後急激にお天気回復し、青空が広がって来ました。昼食後、久し振りに真正アサマの探索に出掛けた。懸命に探すけど、ヒメシジミしか見かけない、諦めて撤収しようとした際、目の前のハルジオンに突然アサマシジミのオスが飛んで来た!比較的ブルーが発達している。何枚か取れたが、その後、藪の中に飛んで行った、意を決して藪漕ぎして再度見つけた!再びハルジオンで吸蜜してくれた。そ...

  15. ヒメシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメシジミ

    湿地にはヒメシジミがたくさんいた。おやおや、おじゃま虫(*´з`)恋の季節(#^^#)

  16. 今日も始発電車で高原に - 不思議の森の迷い人

    今日も始発電車で高原に

    今季4回目の始発電車は上野まで。新幹線とローカル線を乗り継いで渋川駅に着いたのは7時37分でした。ここからは路線バスの旅となります。関越交通、群馬バスを乗り継ぎ榛名山を目指したのです。9時に「蝶と自然。」のNAGUさんと合流しました。さっそく蝶を探します。草むらにヒメシジミを探したのですが、見つかったのはギンイチモンジセセリです。私にとっては今年初のギンイチモンジセセリでしたので、この小さな...

  17. ヒメシジミ他6月22日 - 超蝶

    ヒメシジミ他6月22日

    土曜日、更に40km程北上した高原アザミ、ヒメジオン等が開花前・・・やっぱり季節が遅れている様子。ツメクサを主にまとわる夏の訪れを告げるヒメシジミは、沢山発生していました。交尾シーン後翅の紋流れを1頭発見!

  18. アサマシジミはまだこれから - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    アサマシジミはまだこれから

    午後、アサマシジミの発生を観察に出掛ける。結論、一昨日の交尾ペアから2日目ですが、全く姿を見ることはありませんでした。ヒメシジミ♂は何頭か飛んでました。ウラギンヒョウモンが1頭イチモンジチョウその他、ダイミョウセセリ、カラスアゲハ、ヤマトシジミ、ヒメウラナミシジミなど見掛けた。驚いたことに、アサマシジミのフィールドにコマツナギが群生していたのです。この場面はコマツナギだらけです。このシーンは...

  19. 真正アサマ探索意外な展開 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    真正アサマ探索意外な展開

    曇り時々晴れの一日でした。午前中、そろそろかと気になっていた真正アサマシジミの発生を確認に出掛けた。既に幼虫探索で生息の確認は出来ているのだけど、例年通りだとすると、まだ4、5日後でしょう。(昨年は21日、一昨年は29日)やはり、早過ぎた様で、フィールドではヒメウラナミジャノメしか飛んでませんでした。寂し~い。いきなり、未発生が確認出来たので、時間が余ってしまった。(^.^)村内とはいえ遠く...

  20. 44ヒメシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    44ヒメシジミ「蝶図鑑」

    フィールドガイドでは準絶滅危惧残念ながら、四国には分布していません。6月中旬以降、長野県方面に出かけると沢山見られるヒメシジミです。

総件数:51 件

似ているタグ