ヒメシジミのタグまとめ

ヒメシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメシジミ」タグの記事(87)

  1. 午前中のみ「ゆうすげ」の高原へ - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午前中のみ「ゆうすげ」の高原へ

    朝早く、群馬県中部のユウスゲの咲く高原に出かけた。午前9時15分着、その時は晴れていたがやがて曇り空になった。木道を歩くけど、蝶影はジャノメチョウ以外は殆んど見られない。やっと見付けたのはオオウラギンスジヒョウモン。2頭目に見かけたのはセセリチョウ、アカセセリの多い草原なので恐らくアカセセリなのだろうけど、その場ではよく分からなかった。どうやら、アカセセリのオスの様です。ご近所でもそろそろ見...

  2. チョウ☆ ヒメシジミ - 可愛い小鳥達

    チョウ☆ ヒメシジミ

    高原にヒメシジミを撮りに行きました小さくて可愛いシジミチョウです[ 6月下旬 ]

  3. 高原撮影第4弾、雨後にヒメシジミ咲く(2021/07/14)中信~褄恋遠征② - 里山便り

    高原撮影第4弾、雨後にヒメシジミ咲く(2021/07...

    '浅間の煙彡' から「LINE連絡」戴いて直ぐに駆けつけた。此処で慌て者のミステーク、連絡戴いたので、今 "合コン祭♥" が行われていたと勘違い。ご連絡の内容を見直してみたら前日の "合コン祭♥" であった。危な~!!現場到着早々、全く "合コン祭♥" らしきグループが見つからなかった。あちこちで &quot...

  4. 梅雨明けの高原へ(その1) - 不思議の森の迷い人

    梅雨明けの高原へ(その1)

    梅雨明けの土曜日、どこに行くかだいぶ迷ったのですが、前回と同じ高原に前回と同じメンバーで集合しました。私とYさんはkomugiさんの車に便乗し駐車場に到着すると、さっそくNAGUさんからジョウザンミドリシジミが降りていると連絡をいただきました。急ぎ足でNAGUさんの下に向かうと、一頭のジョウザンミドリシジミが単子葉植物の長い葉に留まっていました。その翅はだいぶダメージがあり、右の尾状突起は欠...

  5. 盛夏涼感 - 飛騨山脈の自然

    盛夏涼感

    暑い夏に少しでも涼感を得ようと個人の池を訪れた。スイレンが綺麗な花を咲かせていた。水辺に近寄ると餌が貰えると思ってか鯉が寄ってくる。池の真ん中あたりはコウホネががかたまっている。近くでヒメシジミが3頭だけだったが姿を見せてくれた。蒸し暑い中ひと時の涼感を味わうことが出来リフレッシュできた。

  6. ヒメシジミの合コン祭など - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヒメシジミの合コン祭など

    昨日、訳あって早朝から軽井沢町へ出かけ、帰路にヒメシジミのフィールドに立ち寄って見た。7月3日にもほんの一寸様子見に行って以来である。先日は体調も悪く、陽射しも強かったので早々に引き上げたが、今回はナワシロイチゴの刈られていないポイントで、大量のヒメシジミの集団吸蜜を観察した。出きれば個体の綺麗だった7月3日の頃に見たかったですね。ヒメシジミでもオレンジ紋の発達した綺麗なメスが居ます。イタチ...

  7. 上州の高原で - 不思議の森の迷い人

    上州の高原で

    そろそろゼフィルスが発生しているだろうと、小雨の降る群馬の高原に出かけました。Yさんと二人、途中の駅でkomugiさんの車で拾ってもらい駐車場に着くと、NAGUさんは既に撮影を始めていました。私たちも支度をしていると、雨は止みました。雨粒の残る葉の上にヒメキマダラセセリが留まっていました。どの個体も新鮮でオレンジの紋がとても鮮やかです。ヒメシジミは既に擦れてしまった個体が多く見られました。そ...

  8. ヒメシジミ交尾ラッシュ(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    ヒメシジミ交尾ラッシュ(2021/07/03)群馬遠征

    合コン、女子会、男子会、等々見られなかったが、単独ライブは堪能出来ました。コロナ下で制約のある中、中々お仲間さん達とも出かけられませんね。早く自由に 'ヒメシジミ達' のように、 ワチャワチャと集まりたいですね。'ソロ・パフォーマー' が多い中、交尾体が彼方此方で見られました。その中の一部を投稿です。交尾体なら接近戦が出来ます。'OM-...

  9. ヒメシジミ - Mag's  DiaryⅣ

    ヒメシジミ

    ヒメシジミ♂ヒメシジミ♂表翅ヒメシジミ♀ヒメシジミ♀の表は黒い。カップル

  10. ヒメシジミ、新機材でテスト撮り(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    ヒメシジミ、新機材でテスト撮り(2021/07/03...

    機材になれるために持っては見たが、どう撮っていいか?解らない。思考錯誤しながら撮影したかったが、蝶達は待ってくれない。いきなり新機材でテスト撮りと言うのは少々無理があったようです。........☆ My Cup of Tea ☆..........なれた 'V3' で証拠は押さえておかなければならなかった。--------------------------------...

  11. 緊急投稿(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    緊急投稿(2021/07/03)群馬遠征

    ここの所の不天候で撮影に出られなかった。既に手持ちの映像も空っぽになってしまった。撮りたくともアイデアの欠如で思うように行かない日々が続いていた。同じくして思いは同じだったのだろうか? '里山のJiiji-Kt彡' からお天気予報の「業務連絡」を戴いた。同じころ「箱根にて研修」予定だった 'Ranzan組' の 'Kmd彡'からも...

  12. 今日の蝶 - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日の蝶

    関東の天気予報は雨だったけど、でも浅間高原では局地的に晴れ間が結構あった1日でした。毎年、大量に見られるヒメシジミのフィールドに今期初めて行った。今年も沢山発生していました。ウラギンヒョウモンも数頭見られた。ヒョウモンチョウも数頭飛んでいたけど撮れなかった。ヒメキマダラセセリ午後、ご近所で見かけたアサマイチモンジ同じくご近所で見たクモガタヒョウモン

  13. 久し振りの浅間高原 - 2021 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    久し振りの浅間高原

    早朝の涼しい時間帯に埼玉の猛暑地区から逃れて、浅間高原に移動した。久し振りの浅間高原はお天気も良くなくて気温は低く、20度に届きません、部屋は暖房をしています。日中、太陽は全く顔を出さず仕舞いでしたが、久し振りのフィールドを廻って見ました。以下、ミヤマシジミのオス以下、アサマシジミのオス以下、アサマシジミのメス以下、ヒメシジミのオス以下、ヒメシジミのメスオマケはヒメキマダラセセリ訳あって、半...

  14. 高原のヒメシジミ③(2021/06/22)遠征 - 里山便り

    高原のヒメシジミ③(2021/06/22)遠征

    今度は「鳥撮り彡」交尾体を見つけてくれました。申し訳ないのですが撮影に夢中でお名前を聞くのを忘れていました。「鳥撮り」 'S彡' のお知り合いの方でした。いずれ又、ご挨拶申し上げます。有難うございました。........☆ My Cup of Tea ☆..........次代に繋げる愛の営みは、フアンタスティックに、メルヘンチックに,,,,,前ボケを手繰り寄せての撮影...

  15. ゼフ不調につき・・・五目ネタ - 蝶超天国

    ゼフ不調につき・・・五目ネタ

    6月20日つづきヤマキチョウの産卵を観察した日の早朝はゼフを撮影するつもりでした。しかし、例年の1割もおらず写真が撮れませんでした。遠くに止ったクロミドリシジミ♀が1頭だけ・・・・降りて来たウラミスジは撮影できずに飛び去り・・・・例年多いウラナミアカシジミも1頭だけ・・・・ゼフだと思ったらベニシジミだったり・・・・でも、ベニシジミの交尾は久しぶりでした。交尾と言えば・・・この日はモンシロチョ...

  16. 高原のヒメシジミ②(2021/06/22)遠征 - 里山便り

    高原のヒメシジミ②(2021/06/22)遠征

    此方も思いのほか多数頭出てきてくれた。やはり少し前に羽化していたのでしょうか?傷んだ個体も多く見られた。今回はメス個体を中心に投稿です。........☆ My Cup of Tea ☆..........少し寄りすぎの「日の丸」チョイ外しなのですが、霧が薄く張った時に上手く撮影出来ました。単なるお気に入りではあるのですが,,,,,------------------------------...

  17. 湧くとまでは言わないがヒメシジミ - Kochikuro12's Blog

    湧くとまでは言わないがヒメシジミ

    生息している地域は、北海道、本州、九州。本州の西では、中国地方の一部、九州では、ほんの一部のエリアのようで、本州、九州では準絶滅危惧種。が、生息している場所では、この時期、湧いて出てくるとまでとは言わないが、まぁ、あちらこちらでひらりです。こんな状態が、いつまでも続いてくれたらいいですね。左♀右♂♂♀左♂右♀♂♀

  18. 高原のヒメシジミ①(2021/06/22)遠征 - 里山便り

    高原のヒメシジミ①(2021/06/22)遠征

    特別に予定なく '里山のJiiji-Kt彡' と近場の高原に 'オオミドリシジミ' 撮影に行くべく、待ち合わせた場所に、「池之端組」の 'S彡' と遭遇、急遽予定を「鳥撮り」に変更、県境越えをした。現場には数人の方が待機していましたが、昨日からお目当てが出ていないとの事、'S彡' の知り合いが「蝶撮り」に変更...

  19. 晴天では開翅しないアサマシジミ - 蝶超天国

    晴天では開翅しないアサマシジミ

    6月12日つづき曇り空に気を良くして・・・少し移動すると・・ここにもアサマシジミのブルーに輝く個体がいました。すると急激に青空が広がり・・・強い日差しが照らすと・・・・開翅しなくなってしまいました。エビラフジ吸蜜してくれたので・・集中的に狙いました。天気が良いと・・開翅しても・・これが限界?エビラフジ吸蜜するこちらはヒメシジミでした。帰りに道に立ち寄ったポイントは発生していなかったり・・・発...

  20. ヒメシジミ、ウスバシロチョウ他 - 風任せ自由人

    ヒメシジミ、ウスバシロチョウ他

    ゼフ探索が不調だったので、その日の午後はヒメシジミやウラジャノメでも探してみようかということになり、かなりの距離を移動をした。ヒメシジミは少なかったが、雌雄とも新鮮個体の交尾ペアも見つかった。「ウスバシロチョウもまだ飛んでいたりして。」などと移動途中に話していたら、本当にその姿があった。自分が夢中になってレンズを向けたのは黒化した雌。ヒメキマダラセセリも見つかった。本命の一つウラジャノメはま...

総件数:87 件

似ているタグ