ヒメシロチョウのタグまとめ

ヒメシロチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメシロチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメシロチョウ」タグの記事(30)

  1. 五目狙いもハズレ - 蝶超天国

    五目狙いもハズレ

    7月18日つづき午後は日差しもあったので五目狙いで定点観察に向かいました。まず狙ったのがウラキンシジミでしたが、全く見られず思うようにいきません。近くではツルフジバカマで吸蜜するヒメシロチョウが見られました。産卵する個体もいました。葉裏にとまり・・お尻を大きく曲げて葉表に産卵しました。産卵直後・・・卵も確認できました。次の卵を産むタイミングまで食草のツルフジバカマにジッと止まっていました。よ...

  2. ウラキンはフライング??・・・早朝散歩 - 蝶超天国

    ウラキンはフライング??・・・早朝散歩

    7月5日早朝、いつものトネリコが多い雑木林にてウラキンシジミの発生確認に行きました。まだ発生していないのか・・と不安がよぎります。だいぶ経って・・やっと降りてきたのは、ピカピカな♂でしたが・・・・草の中に落ちてバタバタするので・・・撮影前に少し擦れてしまいました。なんとか草の上に這い上がって・・・近くの草に止まってくれたのが下の写真です。草の上から近くの木に飛びましたが・・・まだ翅が濡れたよ...

  3. 春型ヒメシロチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    春型ヒメシロチョウ

    曇り時々晴れの一日でした。午前中、春型ヒメシロチョウの観察に出かけて来ましたが、春型はもう殆ど終盤でした。何故だかモンキチョウの雌がヒメシロチョウに求愛してました。

  4. 野焼き - 飛騨山脈の自然

    野焼き

    野焼き現場に立ち会った。ここは岐阜県で唯一のヒメシロチョウの産地になっている。火付けは消防団が行っているし、万が一のために消防車も出動している。地元の方の話を聞くともう50年も野焼きはされているという。近年姿が見えなくなったが、数年前までヒメシロチョウは生息していたので、野焼きによっていなくなったのが原因とは言えないと思う。野焼きは減少要因の1つではあるが、全国の草原性チョウが減少しているよ...

  5. ヤマキチョウ見つけた - 風任せ自由人

    ヤマキチョウ見つけた

    本日は蝶の撮影に出かけた。最初に訪れたのはヒメシロチョウのポイント。前回の時以上にその撮影に手を焼き、思っていた以上に時間を使ってしまった。そして、次の場所に向けて車を停めた場所に戻ろうとして道路を歩いていると、少し大きい黄色い蝶が飛んでいるのが目に入った。その蝶はすぐに道路脇の草に留まって吸蜜を始めた。もう心臓はバクバク。というのも、ここではかつてヤマキチョウとの出会いがあり、その飛び方も...

  6. 晩夏を感じながらチョウを追う - 蝶超天国

    晩夏を感じながらチョウを追う

    8月24日処暑も過ぎて少し暑さが一段落したとはいえ・・・・まだまだ下界は暑いので涼しさを求めて山に行ってしまいます。朝の草原ではまだ綺麗なミヤマカラスシジミ♀が見られました。笹の上で体を傾けて日向ぼっこでしょうか。この辺りでは滅多に見ないホソバセセリもいました。キアゲハはやたらと多かったです。アカタテハも綺麗でしたが花と背景がイマイチです。狙っていたヤマキチョウは飛ぶ時間になっても見られませ...

  7. スジボソヤマキチョウ  マツムシソウの高原 - 蝶のいる風景blog

    スジボソヤマキチョウ マツムシソウの高原

    「風任せ自由人」さんと秋の高原に出かけた。しかし、このところの天気は本当にままならない。お誘いを受けた時は予報は晴れマークでこれはキベリ日和だなあと喜んでいたのだが、高原が近くなるにつれ雲行きがおかしくなった。それでもわずかに薄日がこぼれれば蝶たちは活動する。高原はマツムシソウが花盛りだった。クジャクチョウやアサギマダラが優雅に舞っていた。「あっ」っと風任せさんが声を上げたので振り返ると黄色...

  8. ヤマキチョウ見つからず - 風任せ自由人

    ヤマキチョウ見つからず

    「蝶のいる風景blog」のFarfalla65さんとヤマキチョウを探した。計画をしたのは数日前で、その時点では晴れ予報だった天気が当日は悪い方に変わってしまった。そして、朝のうちは多少陽光もあったものの、基本的には曇り空の下での探索となり、午後になると雨も降ってきてしまい、それ以上の探索は諦めた。オナガアゲハこの時期のオナガアゲハを撮影したのは初めてかもしれない。ミドリヒョウモンイチモンジセ...

  9. ヒメシロチョウ - 自然を楽しむ

    ヒメシロチョウ

    7/7 最初にアサマシジミの生息地に出かけるも、目的地に近づくにつれ雨が降り出し、しかも現地の気温は14℃。傘をさしながらやっと見つけた1♂も破損個体。ここを諦め、次に出かけたのがヒメシロチョウの生息地。まだ少し早いかなとも思ったが、小雨の降る中、草地上を飛んでいる1頭のヒメシロチョウを見つけることができた。ヒメジョオンで吸蜜する♂ムラサキツメクサで吸蜜する同じ個体。この♂はあちこちを飛び回...

  10. オオルリシジミ - 小畔川日記

    オオルリシジミ

    5月16日は "里山便り" のphotobikersさんとオオルリシジミの撮影に行ってきた。現地に着くと、すぐにphotobikersさんが、草むらに止まるオオルリシジミのメスを見つけてくれた。きれいに開翅していてくれたので、幸先が良いなと思って喜んで撮影する。個体数はあまり多くはなかったけど、蝶の集まる一角があってそこでいろいろなシーンを撮影することができた。少し羽化不...

  11. オオルリシジミ初撮り(2019/05/16)東信遠征① - 里山便り

    オオルリシジミ初撮り(2019/05/16)東信遠征①

    平地の蝶達の映像が多くあり、整理に時間がかかって、掲載が滞っている。平地の蝶達の掲載は遅れても、遠征に行った蝶達が鮮度が落ちる気がして、先に掲載です。今回も「小畔川日記」の 'dandara2さん' とご一緒です。到着早々現れた、幸先の良いスタートです。オオルリシジミ♀(大瑠璃小灰蝶)The Large Shijimi Blue [Shijimiaeoides divi...

  12. 透けた翅が美しいヒメシロチョウほか - 蝶超天国

    透けた翅が美しいヒメシロチョウほか

    5月4日サクラヒメギフを撮影した日の朝一はヒメシロチョウを探していました。まだ飛んでいなかったので、無理やり塒から叩き起こしました。飛び出して近くの草に静止したところです。少し驚くとすぐに小飛びします。驚かさなければ広角で撮影しても逃げません。同じシーンを100mmマクロで・・・。タンポポが沢山ある草地だったので・・・そのうちに吸蜜もしました。タンポポでは長い間吸蜜してくれたので、広角でも・...

  13. 東信のヒメシロチョウ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    東信のヒメシロチョウ

    今日は関東全域で午後から下り坂の予報、浅間高原でも朝から曇り空でしたが、買い物とランチで信州・佐久平に出掛けた。しかし、佐久平は晴れてました。所用を済ませて帰路に峠を越える頃から浅間高原は雨でした。今日はそんなことで、昨日のオオルリシジミ観察の後の午後はヒメシロチョウの状況を観察して帰ったので、その状況をUPします。今は春型の発生が終わって殆ど飛んでませんでしたが、母蝶のみ数頭飛んでいて、食...

  14. 01ヒメシロチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    01ヒメシロチョウ「蝶図鑑」

    可愛らしい身なりのシロチョウヒメシロチョウ生息地は限られています。2019年8月25日原村2019年8月25日原村2019年8月25日原村2019年8月25日原村2019年8月25日原村2019年8月25日原村食草のツルフジバカマ(マメ科)

  15. ☆ヒメシロチョウなど☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヒメシロチョウなど☆

    初見のヒメシロチョウです。何頭もいました。食草のツルフジバカマで・・・。どの子も、優雅で綺麗な子ばかりでした。ヒメアカタテハジャノメチョウヤマキチョウ

  16. ヒメシロチョウ - 超蝶

    ヒメシロチョウ

    土曜日は、毎年通っている中信の峠を目指しました。が・・・早朝、現地付近で眺めると峠方面は雲がびっしり予定を変更し、教えて頂いたヒメシロチョウの生息地へ(^ω^)・・・ヒメシロチョウというと、数年前に偶然見つけて飛んでばっかりののイメージですが早朝だとこんな風にたたずんでいました。ありがとうございました!

  17. ヒメシロチョウなど - 蝶超天国

    ヒメシロチョウなど

    8月12日つづきこの日の夕方はヒメシロチョウの生息地を覗いてみました。日中は殆ど止まらないので、朝一か夕方が狙い目かなと思います。しかし、最初は止まることなく飛び続けていたので飛翔を狙いました。草の隙間を飛びますが・・・斜面ではなかなか大変です。その内に塒を探して静止するようになりました。食草のツルフジバカマの周りを飛び回り、豆のさやに止りました。手前に障害物がいっぱいでしたが、逆光で翅が透...

  18. 高原のチョウ(1) - 飛騨山脈の自然

    高原のチョウ(1)

    カシワ林からジョウザンミドリのポイントへ移動した。卍ともえも始まっていて、止まってもすぐに飛び立つので静止写真でも撮りにくい状態になっている。暑いせいか地面で吸水しているのをを見るのは久しぶりだ。比較的に近くに寄れた画像がこれです。ヒメシロは各地で激減しているがここはまだ見ることが出来る。新鮮な♂個体だ。食草ツルフジバカマの花で吸蜜中の♀個体。産卵シーンは上手く撮れなかった。オオウラギンスジ...

  19. 白馬のヒメギフ撮影(2018/4/26) - 小畔川日記

    白馬のヒメギフ撮影(2018/4/26)

    4月26日は里山の蝶便りさんとヒメギフをメインに撮影に行く。ポイントに着くと蝶の数が少ない。なんとか枯れ草に止まったヒメギフを撮影。ニコンD500ニッコール70-200気温が高い関係か全く止まる気配がない。近くを通り過ぎた時に飛翔を撮影。ニコン1V2ニッコール10.5ニコン1V2ニッコール10.5ニコン1V2ニッコール10.5これは杉の木から降りてきた個体。ニコン1V2ニッコール10.5なん...

  20. 遠征その1 - 紀州里山の蝶たち

    遠征その1

    蝶友さんと甲信越などへ遠征しました。天候に恵まれ、現地のコンディションも最高でした。しばらくは遠征ファイルをUPします。はじめに初見のヒメシロチョウです。まだ眠りから覚めていないヒメシロチョウです。

総件数:30 件

似ているタグ