ヒメヒカゲのタグまとめ

ヒメヒカゲ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメヒカゲに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメヒカゲ」タグの記事(19)

  1. ヒメヒカゲ雌 - 風任せ自由人

    ヒメヒカゲ雌

    雄を取り上げた前の記事でも書いたが、ヒメヒカゲは雌の方が眼状紋が大きく多く、銀の縁取りも綺麗なので写真映えする。しかも、今回は雌の発生初期のようで、見つけた雌の殆どは新鮮で綺麗な個体だった。また、雌の方がのんびりしていて何かによく留まってくれるので、撮影もしやすい。しかし、その結果として同じ個体をずっと追い続けていて、写真は沢山撮ったが、撮った個体の数は雄よりも少なかったようだ。さて、今回撮...

  2. ヒメヒカゲ雄 - 風任せ自由人

    ヒメヒカゲ雄

    クロシジミなどを撮影した後、大移動してヒメヒカゲの生息地に行った。散策路を歩きだすとすぐ草原からチョコレート色の蝶がひらひらと飛びだしてきた。このポイントに何回か訪れているが、今回は一番数が多かったように感じた。他の蝶と同じで今年はこの蝶も発生が早く、例年なら7月下旬がいいのだが、既に雌の最盛期だった。雌の方が眼状紋が大きく多く、銀の縁取りも綺麗なので写真映えする。そんな訳でついつい雄を軽視...

  3. ヒメヒカゲ信州の高原で - 蝶のいる風景blog

    ヒメヒカゲ信州の高原で

    先週は石垣島に行く予定を立てていた。しかし、石垣島は厚い積乱雲で包まれ、激しい雨が降っていた。上空を1時間半旋回、その間2回着陸を試みたが、その度に機首を上げ急上昇し、着陸出来なかった。結局那覇で給油し、天候回復を待ったが悪天候は回復せず、乗客は全員成田に”強制送還”になった。疲れ果て、翌日から38度を超す熱が続いて寝込んでしまった。何とか体調も少し回復して来たので、信州の高原にヒメヒカゲを...

  4. ヒメヒカゲ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲ

    ヒメヒカゲの湿地に出かけた。最初の場所ではメスばかり撮れた。次の場所にはカップルがいた。目の前で離れたのだが、まさか、が邪魔をしたのではないよね。人の恋路は邪魔したくないからねえ。

  5. ヒメヒカゲ - 禁煙中の~花鳥風月(友)

    ヒメヒカゲ

    あちこち登ったりブッシュを歩いたりしたものの1頭しか出会えません。夜には両足がつりました。

  6. ウラナミジャノメの交尾ほか - 蝶超天国

    ウラナミジャノメの交尾ほか

    6月11日前日は台風が沖合を通過し、海岸近くの自宅では風が強かったですが・・・雨は上がっていました。もともと年休だったのでウラナミジャノメを狙って生息地を家から近い順に見て回りました。山の方は風も殆どなく明るい曇り空で良い感じですが、確認できたのは3箇所目でした。見つけたには見つけたのですが飛びまわって中々止まってくれません。やっと撮影できた個体は後翅が一部掛けていました。追いかけてもすぐに...

  7. ヒメヒカゲ - 風の翅

    ヒメヒカゲ

    梅雨に入り、湿度の高い季節がやってきました。この季節ならではのヒメヒカゲの撮影に標高600メートルの高原へ初めて案内され訪れました。緑のじゅうたんのように一面に広がる湿原に足を踏み入れるとキャラメルカラーの地色に目玉模様のヒメヒカゲがゆらゆらと飛んでいました。ところどころにトキソウのピンク色の花が咲きハッチョウトンボも見られここは典型的な湿原なんだと実感しました。▲ハッチョウトンボ

  8. ☆ヒメヒカゲ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヒメヒカゲ☆

    6月8日、2か所のヒメヒカゲに会って来ました。どちらにも、かなりの数がいたので安心しました。眼状紋の数など、興味深いです。M地区では、吸水に来ていたメスを写しましたが、片翅が欠けていました。 ヒメヒカゲと共に楽しみなのが、ササユリです。丁度見ごろでした。コバノガマズミでしょうか?ヒメヒカゲ、オスです。開翅もしてくれました。メスです。N地区に移動しました。ハッチョウトンボがいました。オスですね...

  9. ヒメヒカゲなど - 自然を楽しむ

    ヒメヒカゲなど

    今年も複数の個体を確認でき、安心しました。グンバイトンボも元気でした。2018.6.2 岐阜県

  10. ヒメヒカゲ6月3日 - 超蝶

    ヒメヒカゲ6月3日

    日曜日の早朝、ヒメヒカゲの生息地へ出かけました。今季もわちゃわちゃと。安泰の様です目玉の少ない順に(^ω^)・・・開翅シーン

  11. 暑さでバテバテ・・・・ヒメヒカゲは曇りが良い - 蝶超天国

    暑さでバテバテ・・・・ヒメヒカゲは曇りが良い

    5月24日つづき午後はヒメヒカゲの様子を見に行きました。背の高い木がない場所なので日光を遮るものがありません。水分をしっかり摂って・・・午後の一番気温が高い時間の観察となりました。暑いので日差しを避けて静止することが多い様な・・・・1箇所目では♂が発生したところ・・・と言った感じでしたが、晴天の為かなかなか止らず、止まっても近づけなかったので望遠レンズの出番です。陽が強く照っているのでしっと...

  12. ヒメヒカゲ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲ

    そうだ、ヒメヒカゲの様子も見なくっちゃ。そろそろ発生するころだぞ。今年はいろんなものが1週間遅れだからね。中に例年通りの発生もあるからややこしくなる。湿地にはヒメヒカゲの姿がなかった。まだ発生していないのかなぁ。人の踏み跡の草が伸びているぞ、来るのが遅かったのかなあ・・・。と、1頭発見。やった!!!大喜びで近づいたら、飛ばれてしまって、藪の中へ。しばらく待ってみたが出てこなかった。ああ、あ、...

  13. ヒメヒカゲ - 自然を楽しむ

    ヒメヒカゲ

    新潟からの帰路、思ったより順調に帰ってくることができたので、ヒメヒカゲの湿地に寄ってみた。♂は擦れ始めていたが、♀はちょうど出始めた感じ。2017.6.11 岐阜県

  14. ヒメヒカゲ6月11日再訪! - 超蝶

    ヒメヒカゲ6月11日再訪!

    日曜日の続き・・・帰りがてら、蝶撮ポイントを回ります今の時期、ヒメヒカゲは必須もう♀がたくさん、発生してるはず・・天候は、曇りから少しずつ陽射しがあり暑くもなく寒くもなく絶好のヒメヒカゲ観察日和でした撮れた順にヒメヒカゲの美しい姿♂♀の目玉の個体変異交尾、吸蜜まで観察できましたこの場所も、また来年!PS:ウラナミジャノメを3頭目撃しました 撮れませんでしたが・・・(苦笑)

  15. ヒメヒカゲ - 風の翅

    ヒメヒカゲ

    何度も通ったヒメヒカゲの生息地に今年もでかけた例年と比べると数が少ないようだまだ発生時期が早いのだろうか何かの要因で数が減ったのだろうかそんな疑問が頭をよぎるもうひとつの目玉のウラナミジャノメはまったく見かけなかった

  16. ヒカゲの一日 - 蝶超天国

    ヒカゲの一日

    6月10日先日梅雨入りが発表されましたが、朝からとてもいい天気になりました。本来なら平地性ゼフを狙うところですが、今年は地元では殆ど見られません。と言うことで・・・・ハンノキ林の林床でヒメジャノメ(ひょっとしたらコジャノメ)がクルクルと卍していたので・・・暗かったですが撮影してみました。2頭を画面に入れるだけでもたいへんで・・・・木漏れ日が少し漏れる程度の林床ですから、暗くてシャッター速度も...

  17. 梅雨の晴れ間 - 紀州里山の蝶たち

    梅雨の晴れ間

    所用のついでに生息地へ立ち寄りました。最盛期のようで、雄と雌双方が食草のまわりでチョンチョンと飛んでいました。他には、ウラギンスジヒョウモンウラナミジャノメなどと出会いました年に一回のチョコレート色を堪能しました。

  18. ヒメヒカゲ - 禁煙中の~花鳥風月(友)

    ヒメヒカゲ

    ヒメヒカゲ足場が悪く、この姿勢のまま保持できないので1枚撮って終わり。

  19. ヒメヒカゲ今季も健在 - 超蝶

    ヒメヒカゲ今季も健在

    土曜日、ベニモンカラスシジミを撮った帰りヒメヒカゲの生息地に寄りました発生初期でしょうか・・・数は少ないのですが、みんなピカピカでした

総件数:19 件

似ているタグ