ヒメヒカゲのタグまとめ

ヒメヒカゲ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒメヒカゲに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒメヒカゲ」タグの記事(47)

  1. ヒメヒカゲ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲ

    ヒメヒカゲの山に行った。昨年から採集禁止の立て看板が立ち、採集者の姿無し。カメラマンもいないのはなぜ?最初は探してもいなかったのだけれど、目が慣れてきたのか、次々に見つけることができた。たくさん観察することができた。ああ、楽しかった(*^-^*)

  2. ウラナミジャノメ定点観察 - 蝶超天国

    ウラナミジャノメ定点観察

    6月14日朝は雨がパラパラとしていましたが・・・昼前に雨が上がったのでマイフィールドへ・・・今回はウラナミジャノメの第2弾として前回とは別の場所です。近年、数が減ったと思っていましたが・・到着と同時に飛び出してきました。通り過ぎるだけの個体が時々絡んできますが・・・・撮影できず・・・・撮影できるのはよく止ってくれるフレンドリーな個体だけです。開翅もしますが・・・翅表を撮るには少し背が足りませ...

  3. 猛暑お見舞い申し上げます。とヒカゲチョウ達(2020/06/mid) - 里山便り

    猛暑お見舞い申し上げます。とヒカゲチョウ達(2020...

    此の所毎日のように真夏日、梅雨入り前に日陰からの撮影です。'ゼフィルス' の派手なパフォーマンスに対抗するでなく、日陰でおっとり忍んでいます。派手さはありませんがおしとやかに、はんなりと,,,,,楚々として,,,,,..........POTD.........「あついんねぇ~」、「毎日、よいじゃないね。」とご挨拶に出向いてくれた。大変や疲れるなどをあらわす言葉。容易...

  4. ヒメヒカゲ最盛期 - 蝶超天国

    ヒメヒカゲ最盛期

    6月5日今年もヒメヒカゲの定点観察に出掛けました.このチョウは梅雨の奔りの曇り空に似合うイメージですが・・・この日は快晴で紫外線を遮るものはなく暑さが堪えます。いつもより数は少な目で、♂は飛び回り止まらないので・・・やっと♀を見つけて撮影できましたが・・・炎天下でギラギラした感じになってしまいました。日陰に止まると落ち着いた感じに・・・やはりギラギラより、しっとりとした感じの方が似合いますね...

  5. ヒメヒカゲ - 禁煙中の~花鳥風月(友)

    ヒメヒカゲ

    最近、数が減ってる気がします゛気のせいならいいのですが・・・この個体は羽化不全のようです。

  6. ☆トキソウの咲くころ・・・ヒメヒカゲ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆トキソウの咲くころ・・・ヒメヒカゲ☆

    5日、例年より早くヒメヒカゲの様子を見に行きました。今は亡きチョウ友さんの故郷では、最高気温が34.2度になったそうです。この場所へも、何度かご一緒した故人を偲びながら、チョウを追いました。どの子も・・・傷みはありません。日差しは強いものの、吹く風は爽やかです。例年だと花数の少ないトキソウが、あちこちに咲いていました。見ていると、トキソウにヒメヒカゲが止まることがありました。昆虫も止まります...

  7. 13ベニヒカゲ「蝶図鑑」 - 超蝶

    13ベニヒカゲ「蝶図鑑」

    高原に生息するジャノメチョウヒメヒカゲです。家族旅行で、ちょうどタイミングが合い出会えました。

  8. 12ヒメヒカゲ「蝶図鑑」 - 超蝶

    12ヒメヒカゲ「蝶図鑑」

    フィールドガイドでは絶滅危惧五つ星のヒメヒカゲです。各地で保全活動が行われています。交尾白化異常タイプ

  9. 高原の蝶-2(ヒメヒカゲ、アカセセリ: 2019/8/2) - 小畔川日記

    高原の蝶-2(ヒメヒカゲ、アカセセリ: 2019/8/2)

    クロシジミを撮影した後は、ヒメヒカゲの場所に移動。出発して2時間後の13時頃に目的地に着いた。この日の天気予報では午後から不安定になるというので、とりあえずは証拠写真を撮っておきたい。幸いなことに車を降りてすぐに草の間に止まるヒメヒカゲを見つけることができた。とりあえず撮影できたので一安心。その後はのんびり探すことにする。歩くと草の間からパラパラと飛び出してくれる。こちらは新鮮なオス。オスの...

  10. ヒメヒカゲ - 風任せ自由人

    ヒメヒカゲ

    今回の記事はヒメヒカゲ。ミヤマカラスシジミ、クロシジミなどを撮影した後、ダンダラさんの運転で向かったのは途中高速道路を使って2時間ほどの山にある乾性の草原。そこでの主役はヒメヒカゲだが、ヒョウモン類やアカセセリもターゲットではあった。このポイントに着いたのは午後1時だったので、猛暑の高原にありがちな午後の雷雨を心配しながらの探蝶だったが、幸い途中で少々雨が落ちてきた程度で、午後3時半まで可愛...

  11. ヒメヒカゲ信州の草原で - 蝶のいる風景blog

    ヒメヒカゲ信州の草原で

    ホシチャバネセセリやクロシジミの観察を終えた後、ダンダラさんの運転で信州の高原に向かった。愛知県などの湿地性の湿原に棲むヒメヒカゲと違って、信州の高原は比較的乾燥の進んだ草原だ。愛知などでは衰退が進んでいるが、こちらは毎年まずまずの発生を見せている。高原には午後1時に到着した。斜面を上がって行くと草原からヒメヒカゲがいくつか飛び出した。夢中になって撮影したが、後になって少し眼状紋に気配りすれ...

  12. ヒメヒカゲ② - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲ②

    ヒメヒカゲ第2弾!たまたま花に止まっているだけ、ストローは伸びていない。おほっ、翅をひろげたよ。この日、一番狙っていたチョウには会えず、代わりに出会ったのはムラサキシジミ。見つけたっと思って追いかけたら、たいていムラサキシジミかトラフシジミ。今年もしっかりいつものパターン^^;

  13. ☆ヒメヒカゲ・ウラナミジャノメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ヒメヒカゲ・ウラナミジャノメ☆

    6月25日、一日だけの梅雨の晴れ間に、ヒメヒカゲに会いに行きました。ヒメヒカゲは、新鮮なコばかりですが、動きが早くて写すのに苦労しました。雌雄と思われるのを2頭ずつ。帰り際にチョウ友さんが、交尾を見付けてくれました。ヒメヒカゲの生息地では、ハッチョウトンボの雌雄も、写す事が出来ました。別の場所に移動・・・、その場所のヒメヒカゲは、かなりの傷みようです。ウラナミジャノメは4~5頭確認出来ました...

  14. ヒメヒカゲの湿地 - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲの湿地

    ヒメヒカゲが止まっているのは枯れた松。ヒメヒカゲの湿地は、去年の豪雨で湿地に泥が流れ込んでいて、半分ぐらいに狭まっている。湿地の周囲の木が伐採されて放置されているのはなぜだろう。湿地の復旧をするのだろうか。それとも、開発が計画されているのだろうか。将来、湿地が保たれるかどうか、ここに棲むハッチョウトンボやモウセンゴケ、ミミカキグサにとっては心配なところ。おっと、シマヘビもいた、この日は2mも...

  15. ヒメヒカゲ - Mag's DiaryⅢ

    ヒメヒカゲ

    ヒメヒカゲ♀ヒメヒカゲ♂上と同一個体他にも1頭いたので、この日見かけたのは計3頭。これは多いのか少ないのか。

  16. ヒメヒカゲのその後の様子 - 蝶超天国

    ヒメヒカゲのその後の様子

    6月18日前回のヒメヒカゲ観察は5月29日でしたから2週間以上たちますが・・・薄曇りと絶好の日和なので・・・ヒメヒカゲの様子を覗いてみました。殆どがボロボロでしたが・・・新鮮な♀がまだいました。こちらも綺麗な個体です。同個体です。これはまた別個体です。銀色の縁どりが鮮やかですね。この個体はあまり遠くに行かず、良いモデルになってくれました。この個体はトラノオのような花で翅をパタパタしながら吸蜜...

  17. オオミドリシジミ、ヒメヒカゲなど - 自然を楽しむ

    オオミドリシジミ、ヒメヒカゲなど

    6/8、クロミドリ撮影の後、少し移動し、オオミドリのポイントへ。しかし、到着とともに雲が厚くなり、雨も降りだしてしまったので、しかたなく車の中で待機。しばらくして雨も止んで、陽が差し始めるとオオミドリが飛び出したが、なぜかテリを張らず、すぐに姿を消してしまう。そんなことを何度か繰り返した後、やっといつもの樹上でテリを張り始めた。さあ、これかと思ったところで、今度は飛び出したまま、戻ってこなく...

  18. 加古川のヒメヒカゲ(2019/06/08) - Sky Palace -butterfly garden- II

    加古川のヒメヒカゲ(2019/06/08)

    実は、7月1日に大阪へ転勤の辞令が出ました。関東はまだこれから楽しみたいと思っていた矢先でしたので残念に思いながらも、久しぶりの関西のチョウにも思いを馳せています。今月は半分大阪で仕事していることもあり、土日を関西で過ごすことが増えました。というわけで、久しぶりに加古川のヒメヒカゲを見に来ました。本種は湿地に棲息するチョウですが、このポイントは乾性湿地であり、踏み入ることができるので観察には...

  19. 五目狙いも楽しい - 蝶超天国

    五目狙いも楽しい

    6月2日つづきミドリシジミを狙いながらも蝶を見つけると五目撮りしていました。キアゲハが軟らかな朝日を浴びて静止していました。帰り頃にはアザミに吸蜜する姿が見られました。コムラサキが何処からとも飛んで来て近くに静止しました。残念ながらムラサキの輝きはなく♀でした。新鮮なヒカゲチョウもあちらこちらで見られました。ツマグロヒョウモンが梢で静止していました。サトキマダラヒカゲは沢山いますが、良い写真...

  20. ヒメヒカゲ定点観察 - 蝶超天国

    ヒメヒカゲ定点観察

    5月29日ヒメヒカゲがそろそろ出るころだと思い出し・・・・夕方にいつもの場所に様子を見に行ってみました。例年と同様に今年も発生していました。眼状紋が多めの♀は迫力があります。♀は♂より鈍感ですぐ静止するイメージなので撮り易い感じです。白い帯が発達した♀も良いですね。この日は風が強く翅を折りたたんでしまうので、静止した直後を狙いました。杜松の上にも良く止ります。体や翅に刺さりそうですが・・・・...

総件数:47 件

似ているタグ