ヒロオビミドリシジミのタグまとめ

ヒロオビミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヒロオビミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヒロオビミドリシジミ」タグの記事(13)

  1. ナラガシワ林の住人~ヒロオビミドリ再挑戦 - チョウ!お気に入り

    ナラガシワ林の住人~ヒロオビミドリ再挑戦

    前回の続きです。ナラガシワと言えばヒロオビミドリシジミです。前の週、兵庫では消化不良に終わったので今週再挑戦です。ウラミスジが飛び立った後は天気が回復して気温も上がり始めました。ヒロオビミドリシジミも飛び出します。ところがたまに止るものの遠くて角度もいまひとつで飛翔を狙うというパターンに陥ってしまいました。ということでヒロオビミドリシジミの全開モード撮影は来年に持ち越しとなりました。飛翔を狙...

  2. ヒロオビミドリとウスイロオナガ - チョウ!お気に入り

    ヒロオビミドリとウスイロオナガ

    西方面に足を向けます。ヒロオビミドリを狙いますがこの日、降りてくるのは♀ばかりでした。すごすごと帰る途中、車道の横に立派なナラガシワが有ったので車を停めしばらく観察してみました。ヒロオビミドリの♂もいるようで卍巴飛翔をしていました。高いところを何度も長い時間絡んでいました。残念ながら止る姿はほとんど見られず止っても開翅はしないという状況でした。それでも元気なヒロオビミドリの姿を確認することが...

  3. ウラジロミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ウラジロミドリシジミ

    早起き4度目、今日の目的はウラジロミドリシジミ、もちろん表翅の青い色が目的だょ。下草をよじ登っていたウラジロミドリシジミを見つけ、手乗りに誘うと乗ってきた。6:15足場が好くて、撮りやすい草の上にのせる。6:15明るくなってきた、そろそろ開翅するかな。7:09強い風で飛んでったが、近くへ降りた。7:22また、風で飛んでったが、また、近く。7:50次の強い風で、今度は遠くへ飛んでった。7:58...

  4. ヒロオビミドリシジミ - 禁煙中の~花鳥風月(友)

    ヒロオビミドリシジミ

    いつものポイントなんだけど誰も来ていない。下草には人の痕跡。

  5. ヒロオビミドリシジミ開翅 - 自然を楽しむ

    ヒロオビミドリシジミ開翅

    翌朝、天気予報通りの曇り空。気温は15度程度。6時には何頭かのヒロオビミドリをキープできたので、気温が上がり、開翅するを待つことにしました。7時過ぎ、一時薄日が差し、少し気温が上がってきたかなと感じた頃、1頭目が開翅。写真で忠実に再現することは難しいですが、素晴らしい輝きです。この後、他の個体も順に開翅し始めましたが、1頭目ほどの輝きを捉えることはできませんでした。この他にもまだまだチャンス...

  6. ヒロオビミドリシジミ再会 - 自然を楽しむ

    ヒロオビミドリシジミ再会

    金曜日の深夜、西へと向かいました。目的はヒロオビミドリの綺麗な雄の開翅。この日は名神の集中工事中で途中通行止めの区間があり、また土砂降りにも会って、緊張しながら車を走らせます。ヒロオビミドリを初めて見たのは4年前。その時も何とか開翅を撮影できたのですが、決して満足のいくものではなく、いつか再挑戦と思っていました。5時過ぎに現地到着。すっかり雨は上がっており、早速ナラガシワを叩いてみます。いく...

  7. ヒロオビミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ヒロオビミドリシジミ

    2度目の3時起き、前回とは別の場所だが、今回は6時前に到着。今度こそ開翅を撮りたい。去年はあまりいなかったそうだが、今年はたくさん見ることができた。初めて金緑色に輝く個体を見た。どの角度からも青色には見えなかった。実際の色が表現できていないのが悔しい。あとは青色に輝く個体ばかり、4枚の翅がすべて緑色に輝くのはいなかった。やっぱり1時間早く着いたのが良かった。羽を開いてから飛び出していく。下草...

  8. ヒロオビミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ヒロオビミドリシジミ

    ゼフのポイントに着いたのが午前7時、太陽が高く上がっていた。1時間遅かったなあ・・・。チョウたちは元気よく高い木の上に上がっていく。中には下草に下りているのもいたが、ちっとも開翅しようとしない。ほんのわずか見える表翅の青色、オスだねえ。開翅せずにプイッと上に飛んでった。メスも出ている。今年はチョウの発生が早いのだろうか。下草に止まったメス、すぐに開翅した。うん、撮りたいのはオスの開翅なんだよねえ。

  9. ヒロオビミドリシジミ草間台地のゼフィルス - 蝶のいる風景blog

    ヒロオビミドリシジミ草間台地のゼフィルス

    草間台地はゼフィルスが豊富で楽しい場所だ。特に西日本でしか見られないヒロオビミドリシジミが豊産する。あちこちにナラガシワの林があり、そこがこの蝶の棲家になっている。到着したのが昼で、日差しも強かったので長い竿で叩いてもなかなか下には降りて来てくれない。採集と違ってカメラはそれがつらいところだ。いつもだとこの時期はヒロオビ以外にウスイロオナガシジミ、ウラミスジシジミ、ウラジロミドリシジミ、クロ...

  10. いない - Mag's DiaryⅢ

    いない

    月曜日、ゼフのポイントを訪ねる、1頭ヒロオビミドリシジミを確認。あとは姿無し。次のポイントへ。ここもゼフの姿無し。仕方ない、ヤマツツジでも撮っておこう。火曜日、別のゼフポイントへ。ここも姿無し、ササユリを撮って帰る。ゼフが撮れないなら、花だよね。火曜日は帰り道にヤマトキソウを撮り、バイカツツジを撮り、おいしそうなぐいびを撮って。木曜日、月曜日の場所を再訪。ゼフの姿無し。今年は遅れているの? ...

  11. ヒロオビミドリシジミキマルリとともに - 蝶のいる風景blog

    ヒロオビミドリシジミキマルリとともに

    今回の旅はキマダラルリツバメの撮影が主目的だったが、当然ゼフィルスももう一つの狙いだった。キマルリは活動時間が夕方、ゼフは朝が良い。朝5時ホテルを出発して高原の別荘地のはずれにあるナラガシワの疎林に行く。ブッシュをかき分け入って行くが、下草は露で濡れている。蝶友がカーボン釣竿でナラガシワを叩くと小さな白い蝶が木の上から落ちて来た。見逃さないように目をこらすが、ブッシュの中に潜り込んで見つから...

  12. 日記3冊目 - Mag's DiaryⅢ

    日記3冊目

    日記3冊目です。(本当は4冊目、エキサイトブログの前にヤプログが1冊ある。)ブログを始めたのが13年前、ここまで続くとは思わなかったですねぇ。今や、生活の一部、こうなりゃ最後まで続けるぞうっ! なんてね。おほっ、やめるまでは続けますよっ( `ー´)ノマンネリ打破が課題ですかねえ。

  13. チョウの丘 - Mag's  DiaryⅡ

    チョウの丘

    今年も早寝早起き月間が始まったょ。午前3時過ぎに起き、家を4時に出て、仲間と待ち合わせて、チョウの丘へ7時到着。あれ、駐車場に一台も車が止まっていない。まだ発生していないのか!?不安的中、どうも発生が遅れているようだ。チョウの姿がない。探し回ってやっと見つけたヒロオビミドリシジミ。やっぱり気の早いチョウがいる。陽が高くなると翅を開かなくなった。草むらを進んでいると、アカシジミが飛び出した。い...

総件数:13 件

似ているタグ