ビアバーのタグまとめ

ビアバー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはビアバーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ビアバー」タグの記事(51)

  1. キタ4軒行ったのに…。 - 続マシュービ日記

    キタ4軒行ったのに…。

    最後に寄ったバー『モッシュ』はまた写真撮るの忘れてしまった。仕方ない。酔っ払ってはね、正直なかった。量もたいしたことなかったし。その前はお初天神の通りから路地に入ったとこにあるバー『酒庫』、二十歳から通ってる店になる。通りに若者がたくさん歩いてたなぁ、最近は東本通りが寂れこちらに移ってる、昔はこの通り年配者ばかりだったのに…。店もずいぶん変わった。十年くらい前から新しい店が軒並べるよになった...

  2. べアードビア天満、再訪 - 続マシュービ日記

    べアードビア天満、再訪

    正式にはベースステーション関西らしい。二週間ぶりに再び飲んできた。待ち合わせしたんだが30分も遅れるゆうんで一人飲み、あとで南森町のバーで合流した。そちらの写真、珍しく撮り忘れたんもあって話としてはここだけにする。スタウトをまず飲んだ。結構客いたね。金曜日の夕方ってのもあったんだろう。ここは昼から開けていて夜は9時半までとゆうから、サクッて感じにはピッタリ、フードもあまりないから持ち込みOK...

  3. 暇のなせる技、二つと一つ - 続マシュービ日記

    暇のなせる技、二つと一つ

    金曜日の話になる。急に仕事が暇になり昼から休むことにした。午前中はなんやかやと肉体労働、さすがに年齢を感じない訳にはいかず、太ももが震え息があがった。まぁ仕方ない。チャイムが鳴り着替えて門を出る、見上げると冬空、雲の多い空だ。特急で天満橋まで出る。天満橋の駅からは歩いて天神橋筋へ、二つ目的がある。念願と言ってもいい、今年入っての叶えたいモノ二つ、それがこの通りにはあった。落語をずっと聞きたい...

  4. そして沼津港にて-飲み旅2019年末 - 続マシュービ日記

    そして沼津港にて-飲み旅2019年末

    誰かに手を引かれバーの扉を通ったことはない、誘われたことはあったとてバーを選ぶだけの自由はいつもあった。行ってみたらいいよ、とか似合うと思うよ、とか。それなりの導きの文句はいろいろあるし、他人の話として耳にもした。あまのじゃくはきっと容姿のせいなんだろうなと、沼津港にあるベアードビアの店で日の当たる場所に座り思った。素直じゃないのである。スタッフがね、かなりマニアックな容姿だった。ふと二十歳...

  5. 大晦日の夜、2019年の終わり - 続マシュービ日記

    大晦日の夜、2019年の終わり

    謹賀新年、令和二年になりました。本年もご愛顧のほどよろしくお願い致します。昔、子どものころは西暦より元号を使うのが当たり前だった。我々なら昭和何十何年っての、黒板に書いたりノートに書いたり、話すのも西暦じゃ何年ってあまり口にしなかった。平成になり令和になった。今日は令和二年元旦だ。書くとゆう行為自体ずいぶん減って、「令和」と書いたのは数回だ。年賀状を数枚もらった、この場を借りて礼を言う「あり...

  6. ちょっと苦行のような-飲み旅2019冬 - 続マシュービ日記

    ちょっと苦行のような-飲み旅2019冬

    毎度毎晩のことながら、連続飲酒とゆうのは個人的に厳しく苦行に似てる。無論、3日続けて飲んだくらいで情けない、って声はあるだろうし、オレなんて二十歳越えてからずっとだ毎晩だ、って人も少なくないかもしれない。比較されるとたしかに、そうですよねスイマセンと言うしかない。だから根性なしの泣きごと、をこの先は綴るわけになる。そんなのに興味なく甘い顔もしたくないって、そう不快感を与えるならば読まないでい...

  7. ビールに至るまで-飲み旅2019冬 - 続マシュービ日記

    ビールに至るまで-飲み旅2019冬

    今回はあまりひねらず、このあとは時系列に並べて書いてこうと思う。あまり移動せんかった分、疲れも前回ほどじゃない。さすがに前回はなぁ、もう「体力の限界」って叫びたくなったからなぁ。金沢の朝はゆったりしてた。ホテルの朝食もなかなか豪勢でね、刺身は近江市場からって話、炊き込みご飯を朝から頂いた。ひがし茶屋街って最近よく聞く観光スポット、散歩がてらそちらに向かう。金沢も香林坊や片町はね、何だかんだと...

  8. 裏を着る、それもまたミナミ - 続マシュービ日記

    裏を着る、それもまたミナミ

    あまりに暇なんで今日は仕事休んだ。とゆうわけで昨夜はオーサカに飲みに出た。タイトルの話を先にすればトックリを着てたんだが、裏返しで着ちゃてたみたいで二軒目でね、気づいた。外歩くときは、ほら、上着羽織るから誰もたぶんわからん。バーじゃ脱ぐからね、それでもトイレ入って鏡見て気が付いた。常連客が二人、どちらも女性でやっぱり気づいたらしく、トイレ入ってるとき店主とその話してたみたい。着替えて戻ると、...

  9. 1ヶ月ぶりオーサカ3軒 - 続マシュービ日記

    1ヶ月ぶりオーサカ3軒

    雨は仕事場を出るときから降りだしていた。特急で淀屋橋まで出て、そっから歩いてバーに向かうのだが、かなり激しい降りになっていた。月曜日の話だ。令和、その即位の儀が行われるため翌日は祝日、飛び休とゆうのはずいぶん久しぶりな感覚だ。今のどれくらいまでの年代がそれを久しいと思うのか、二十代にこの感覚がわかるか微妙なとこだろう。1ヶ月ほど前に行ったバーに行ったのだけれど閉まっていた。思うに、定休日だろ...

  10. 香川2019 ディナーはHOPHEADSさん - *のんびりLife*

    香川2019 ディナーはHOPHEADSさん

    豊島から高松に戻りお腹はペコペコ。その足で旦那さんがチェックしていたクラフトビールが飲める「HOPHEADS」さんへ。まずはビールと自家製ジンジャーエールで乾杯。20タップもありましたー!ビールのラインナップ。徳島のものがあるのがアツいそうです。まずはお野菜。シーザーサラダ。1番に目に止まった、大好きな白レバー。まさか普通に食べられるだなんて!!(こちらだと入手困難なイメージ。あったらラッキ...

  11. 三軒目と日曜日のこと - 続マシュービ日記

    三軒目と日曜日のこと

    日曜、朝起きたときはそうでもなかったが、首が異様にズシンと重く痛い。かなりの揉み返しのようで、座ってらんないほど。たいてい休みの日は横になってるからある程度は問題なく、これが月曜日ならヤバかった。土曜日もね、三軒目を出たのが九時ぐらいだったか、珍しく特急に座れた。すると安心したのか乗り過ごし二駅向こう、前夜の京都帰りからと変わらない時間になった。違うのは気持ち悪くてね、大変だった。とは言って...

  12. Mikkeller TOKYOさんへ - *のんびりLife*

    Mikkeller TOKYOさんへ

    旦那さんのお付き合いで渋谷のミッケラーさんへ行きました。中途半端な時間(17時前)だったので空いてましたー。今年も(クソ高い)クラフトビール祭りあるみたいです。

  13. 至るまで - 続マシュービ日記

    至るまで

    夏空、朝にはセミの鳴き声も耳にした金曜日、それでも夕方近くなれば泣き出しそうな空模様、折り畳み式の傘は控えしも不安なまま町へと出てく。四週続きの伏見のクラフトビール店、招き猫ならぬ招き婆の姿も目にする。牛ごろしとゆう物騒な名を持つIPA、色はちょっと琥珀がかる。店内見回せば流行ってる感じはある。一杯だけで大手筋のアーケード街へ、カツ丼とそばのセットを食べる。客は誰もおらず、…この手のはね、客...

  14. 650円と670円と - 続マシュービ日記

    650円と670円と

    蒸し暑い日だった。曇り空に晴れ間、湿度が高く外にちょっといるだけでまとわりつくよなジメッとした感じ、風はたまに吹く程度で親切心に欠ける。先週末に寄ったクラフトビールの店、一杯だけ飲む。これが650円、茶かぶきとゆうのをもらった。十分ほど滞在し、大手筋へ向かう。かき揚げのぶっかけうどん温玉乗せ、バッテラとともに食べる。これが670円、ズルズル啜りパクパク咀嚼、伏見桃山からは来た電車に乗り丹波橋...

  15. カレーなる夜の一欠片 - 続マシュービ日記

    カレーなる夜の一欠片

    伏見のイベントが金曜日あった。ちょうど仕事帰り、雲行き怪しくポツポツ来たってときにアーケードに着いた。散髪屋に寄ってスッキリして出たら土砂降り、大手筋のアーケードは雨宿りで人が増えてた。待ち合わせにはまだ間があったんで新しく出来たクラフトビールの店、龍馬通りの角にあるのでそこへ行く。和風造りで店内がよく見える店に、客は多くなかったが接客が慣れてなくビールをもらうまで手間かかっていた。ブルワリ...

  16. Mikkeller TOKYO 2周年!! - *のんびりLife*

    Mikkeller TOKYO 2周年!!

    ミッケラー@渋谷店2周年!旦那さんにお付き合いして行ってきました。飲めませんが、ミッケラーはお洒落で自由なので好きです。旦那さんはいつも通っているので、お店の方とも仲良し。(どんだけ行ってるんだ!)とりあえず、旦那さん2杯のビール。小さいグラスにこれしか入ってないけど千円!飲めない私からすると「えー!」ってなります(笑)でもものすごーく美味しいらしく、嬉しそうに飲んでるからまぁいいか!私はレ...

  17. 水無月、ミナミ三軒巡りと - 続マシュービ日記

    水無月、ミナミ三軒巡りと

    先週先々週とオーサカで飲んで、懲りずにこの週末も似たよなことをした。北浜までは同じでクラフトビール専門店に入ったのが6時過ぎ、目当ての美人スタッフとの絡みなく1人、さみしい気分を抱え飲む一杯目、山梨のビールだ。いつも思うことながら、いろんな新しいブルワリーが出来てる。これなんか見た目ビールに見えない、オレンジジュースだよ。IPAなんでそれなりなのは飲めばわかる。ネットで調べてみりゃこうゆうビ...

  18. 久しぶりが続く夜 - 続マシュービ日記

    久しぶりが続く夜

    悩みに悩み、迷いに迷った。週末どこに飲みに行くか問題、決めかねながらも北浜で降り先週と同じコースを歩いた。『ローズバンク』へ。スモモを使ったショートカクテル、話はアイラ島のフェスだ。フェス限定ボトルがいくつか並んでる。高そうだ。それでもハーフショットで一杯だけもらう。度数も高い、57%とか。ブナハーブン、普通のはピート香少なめでアイラの特徴を廃したことで知られるシングルモルトだが、これは違っ...

  19. 令和最初のシガーな夜 - 続マシュービ日記

    令和最初のシガーな夜

    アードベックデーだと気づいたのは朝、駅に向かう途中にふと頭によぎった。もちろん知ってはいたがすっかり忘れていたのだ。調べると新しいのはドラムとかゆう。飲めるか今宵と夜を待ち、南森町のバーに問うと来週になると。わざわざ高い酒をね、知らぬバーで飲むのもどうかと、『ローズバンク』に足を運ぶも明日帰るとの張り紙、アイラ島にまだいるみたいだ。いや今ごろなら飛行機んなかだろうか。とりあえずその夜は諦め、...

  20. 困ったオジサンばかりの - 続マシュービ日記

    困ったオジサンばかりの

    偉そうなことを書いてる気がする、ときどき所詮オジサンのくせにと思う。オジサンのくせに正社員でもないくせに結婚もしてないくせに、そんな偉そうなことが言えるのかと自問自答する。これは旅の道中のこぼれ話になる。まぁ大半がこぼれ話って説もあり、どれが手のひらに乗ってる話か時々己自身わからない。そこが自信のなさにつながってるのかもしれない。静岡のタップが幾つかあるクラフトビール専門店に、昼過ぎ入った。...

総件数:51 件

似ているタグ