ビワのタグまとめ

ビワ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはビワに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ビワ」タグの記事(25)

  1. 房総バスツアーの旅 - 僕の足跡

    房総バスツアーの旅

    ビワの食べ放題ー両親と房総バスツアーの旅ーD750+AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR IIにほんブログ村

  2. モーニング - さかえのファミリー

    モーニング

    昨日、友人にビワ収穫できるようになったので電話したら、明日モーニングしがてら頂きますの返事でした。今朝ゼリー持ってきてくれました、嬉しく頂きました。喫茶店は、長話になってしまいました。夕方には、近所の人からは玉ねぎ頂きました。歩数計1,293

  3. ビワいただきました - 三吉庵麗衛門 計良袖石ブログ

    ビワいただきました

    今年も香川丸亀の友人から、ビワを送っていただきました。糖度が高くて美味しいです。ありがとうございました。中に二つ、三つと袋がけしたのが箱いっぱいに入っていました。外に持って行って、木漏れ日の光で撮ってみましたが、やりすぎかな・・・。

  4. ビワの収穫 - 岡山の米作り名人

    ビワの収穫

    ビワ(品種:田中)を収穫しました。

  5. 6月 - 漁・猟師(直売有)の主人と島で田舎暮らし~

    6月

    朝カニ が頭の上にいて目が覚めた 😁 チョキチョキ最近、日中は日陰が人気スポットスリッパも衣替えカヤ製で気持ちイイ⤴⤴集落の皆様から頂き物今の時期にタケノコ~?!クロタケ収穫が一番遅いタケノコなんよとHさん暑くなると無性に食べたくなるこれ ✨

  6. 矢作川 - さかえのファミリー

    矢作川

    暇だったので、急に矢作川の方にドライブに行こうと言い出し行ってきました。アユ釣りしている、あまり見なかったです。帰りには、スーパーにより帰ってきました。休憩もなく、ほとんど車の中でした。我が家のビワ昨日、主人食べたら甘かったの事でした。今日少し収穫して、配りました。歩数計1,123

  7. ☆枇杷の葉・ひさびさにまた☆ - ガジャのねーさんの  空をみあげて☆ Hazle cucu ☆

    ☆枇杷の葉・ひさびさにまた☆

    枇杷の葉をいただいたのでまたまた枇杷エキスを作る為に下仕事。いただいたのがかなり乾いているので葉の裏の毛をとる為に洗いついでに水にちょっとだけ、浸しておきます。とりかたも、葉どうしをすり合わせる方法でなく歯ブラシでゴシゴシ洗って落としました。風通しのよい外で乾かして、小さく切ってまたしばらく乾かして、焼酎を注ぐのですが、とりあえず瓶に。瓶に入れるのにこぼしながらでもいいように、こうしてボウル...

  8. 2018/06/02 出立前夜 - 太鼓持の「続・呑めばのむほど日記」

    2018/06/02 出立前夜

    兄家族が暮らしている実家の枇杷がなって、義姉がきれいに包んで持ってきてくれた。枇杷はもちろん果物だけど、酒肴としてまことに適当だ。クリームチーズによく合い、添えていただく。和酒にもよく合うのである。このたびは芋焼酎「杜氏 潤平」としたが、清酒との相性も抜群だ。枇杷のみならず、無花果や柿などは酒肴として素晴らしい。清酒、焼酎のアテとして重宝するのである。というのは昨日金曜日のハナシ。本日土曜は...

  9. 柏葉アジサイ - うまこの天袋

    柏葉アジサイ

    柏葉アジサイが色づいてきました。玄関先の植木鉢のすっきりした花です。アップにすると八重です。こんなにたくさん花が付いたので小ぶりです。花瓶に生けてみました。裏庭の地植えの方は大きな花房昨日の雨で花がうつむいてしまいました。アップで見ると一つの花は一重なんですね。あまりに花房が大きいので切り花にするのは難しいですね。ふと見ると・・おや、いつの間にかビワが色づいてきました。そろそろ食べられるかし...

  10. 【PARIS】【ビワの季節】【セイヨウカリン西洋花梨NEFLE】2018年5月14日 - フランス美食村

    【PARIS】【ビワの季節】【セイヨウカリン西洋花梨N...

    【PARIS】【ビワの季節】セイヨウカリン西洋花梨NEFLE2018年5月14日more photo....▼PHOTO画像を【Google Photo】で見る【セイヨウカリン西洋花梨NEFLE】関連記事【VIDEO】【dailymotion】playlist【VIDEO】【dailymotion】ncpfrance【Pinterest】【PARISパリ】【naoparis ncpfranc...

  11. 果実の様子 - 東京ベランダ通信

    果実の様子

    ベランダの果実たちがずいぶん大きくなってきた。現在、育てている果樹は18種類。今年ははじめてアーモンドが結実した。ブルーベリーもビワもブドウも豊作の予感。ただ、アボカドは種からもう20年近く育てているけどまだ一度も実をつけたことがない。鉢植えでは結実しないのか…。スモモは花はたくさん咲くが、自家不結実性なので他品種をもう1本育てないと実がならないようだ。スモモは大木だ。ベランダにはもうそんな...

  12. “まるで日本の「梅雨」と、初もの♪(愚)” - 「ROMA」在旅写ライターKasumiの最新!イタリア&ローマあれこれ♪

    “まるで日本の「梅雨」と、初もの♪(愚)”

    なんかね、イタリア全土の80%くらいで、いまだ愚図ついたお天気が続いていてローマ、日本の梅雨みたいな感じだよー。アモーレ♪ 永遠の都・ローマ♡ に ポチッ♪Grazie mille^0^❤ま、雨とはいっても雷を伴うにわか雨でザーっと降っては止みはするけど日に何度も繰り返すのが、難!さて、今日はねーそれはとても良いことがあり^0^ヴァチカンにお礼に行こう!と思っていて(私は神頼みするほうで、以...

  13. クィーン長崎 2018誘引 - にゃんてワンダホー!

    クィーン長崎 2018誘引

    4月に入ってから急に暑くなったので、春の花が一気に咲いて散っていきました・・・あまりにも展開が急なんですけど!\(ಠ_ಠ)/2017年11月に摘芯した、ビワクィーン長崎を誘引してみる事にしました。寒かった冬を乗り越えて、元気に成長しています。現在160cmぐらい。最後の方に咲いた花は、結実できたみたい早くに咲いた方は駄目そうです。ビワは生き残りをかけて、開花のタイミングを微妙にずらしているん...

  14. 真冬の花の作戦 - 丹馬のきょうの1枚

    真冬の花の作戦

    同僚に戴いたビワの果実を食べて、その種子を庭に埋めたら、20数年でずいぶん大きくなりました。葉っぱが大きいので、積雪が多いと、雪の重みに耐え切れず、昨年、ボキッと折れてしまいました。そこで、かなり剪定したのですが、また立派に葉っぱを茂らせています。「桃栗三年柿八年」の続きで、「枇杷は九年でなりかねる」というのがあるそうです。記録はとっていませんが、確かに果実がなるまでかなり年数を要するようで...

  15. 好きな果物は田舎の味 - アオモジノキモチ

    好きな果物は田舎の味

    私の田舎(佐賀県の山の中ですが)も庭にビワの木がある家が多かったですが、長崎は茂木ビワの産地だけあって、ビワの木がもっと普通にある気がします。今年はビワがどこも豊作だったようですが、うちの庭のビワの木にもいっぱい成りました。3年前に古民家改修をしてここに引越したとき、ビワの木を見て一番喜んだのは主人です。もちろん私も子供のときから大好きでした♪何にも手をかけず袋もかけず実は小さいのですが、採...

  16. びわのコンポート - 今日もニコニコ。

    びわのコンポート

    おはようございます今週も気合を入れて治療院は元気に営業です♪さて、全然それらしくないですが、梅雨です。6月です。ビワの季節です~!!ワタクシはビワが大好きなんですよね。6月になるとソワソワしてしまうんです。ビワだ、ビワだ、ビワがそろそろ食べられる~!!ってな感じです。お高いものではありますが、母親の田舎が房州だったのでビワを食べる機会が比較的多かったのです。もちろんふつ~に皮をむいて生のまま...

  17. ビワの収穫 - 岡山の米作り名人

    ビワの収穫

    1st photo(田中ビワ)、2nd photo(茂木ビワ)。果皮の、うぶ毛と白い粉(ブルーム)が新鮮な証しです。

  18. ビワアレルギー - よもやま日記書いてます。

    ビワアレルギー

    6月12日(月)実家からビワがたくさん送られてきました。今までビワでアレルギーが出たことはないけれど、念のため調べてみると、桃の仲間でした。うーん、出るかも。試しにひとつパクリ。美味しい!!小さなビワだけれど、とっても甘くて美味しいビワでした。パクリパクリ。パクリパクリパクリ。パクパクパクパクパク・・・。お腹いっぱい食べました。そして・・・あぁ・・・唇がおかしい(泣)喉も胃もおかしい(泣)今...

  19. ビワの木に防鳥ネットを被せた - 岡山の米作り名人

    ビワの木に防鳥ネットを被せた

    昨年、袋をかけていたにも関わらず、カラスに全て食べられました。今までは、破れた袋が下に落ちているのを見て、鳥の被害を把握していましたが、昨年は、袋は枝にくっ付いたまま袋を破って中の実だけを食べられました。ビワは12月に花摘みをして、4月に摘果と袋掛けを行うという作業で、かなりの手間をかけて育てています。袋が下に落ちてなければ食べられていない!と安心していました。多分カラスは学習したのでしょう...

  20. ビワの摘果と袋かけ - 岡山の米作り名人

    ビワの摘果と袋かけ

    種から育てた実生の茂木ビワと、買ってきた苗で育てた田中という大粒のビワの2種類があるのですが、摘果と袋かけを行いました。

総件数:25 件

似ているタグ