ビンテージ・ジュエリーのタグまとめ

ビンテージ・ジュエリー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはビンテージ・ジュエリーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ビンテージ・ジュエリー」タグの記事(119)

  1. AB加工のラインストーンのネックレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    AB加工のラインストーンのネックレス

    ケント州のHythe ハイスのアンティーク・モールで、これは姉へのプレゼント用に良いかもと思い購入しました。元々姉は、ビンテージ・ジュエリーの中でも、ブローチよりネックレス希望なのです。しかし、ビンテージ・ブローチに比べて、ネックレスは数が少なく、また今でも使用する人が多いせいか、アンティーク・モールでは概ねブローチより高めの値段に設定され、尚且つ凝った素敵なデザインのネックレスとなると、私...

  2. 青いラインストーンのオープン・バックのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    青いラインストーンのオープン・バックのブローチ

    ラドロウのアンティーク・マーケットでは、このブローチも姉へのプレゼント用に買いました。多分アール・デコ時代のチェコスロヴァキア製の、サファイヤ・ブルーのライントーンでまとめられたフィリグリーのブローチです。最大のポイントは、中央の幅4cm近くもあるオープン・バック(裏フォイルも無ければ台座も開いている)のラインストーンですが、この端が少しカケている為、1ポンド分を値切って買いました。念の為、...

  3. ブルーレース調カボションのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ブルーレース調カボションのブローチ

    ラドロウのアンティーク・マーケットで姉への贈り物として買った、多分50年代のブローチです。元々お得でしたが、更に1ポンド値切りました(笑)。横幅は5cm弱で、ずっしり重みがあります。何と言っても、中央のカボションの美しさが目を引きました。このカボションはガラス製だと思いますが、パール状の光沢と不思議なマーブル模様があり、ブルーレース(縞瑪瑙の一種)を思わせます。また、ブルー系と茶系でまとめら...

  4. グレイ地のマイクロ・モザイクのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    グレイ地のマイクロ・モザイクのブローチ

    ラドロウのアンティーク・マーケットで、どれでも一つ12ポンドのアンティーク&ビンテージ・ブローチを見て、義母が「まあ随分安いのね。どれか気に入ったのを買って上げるわ」と言ってくれました。ええ?!12ポンドなんて私にとっては安くないのに本当に良いの?と確認して、有難く買って貰う事にしました。それで、このイタリアのマイクロ・モザイクのブローチを選びました。同じ12ポンドで、もっと細工が細かく古い...

  5. 赤い花のフィリグリーのブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    赤い花のフィリグリーのブローチ

    フリマで、ちょっと珍しいタイプの、中々素敵なビンテージ・ブローチに出会いました。一般人のストールで、最初は2ポンドと言われたのを、1.5ポンドに負けて貰って買いました。金色の繊細なフィリグリー(透かし金具)の花型の台座の上に、赤くエナメル彩色された五個の花が乗っています。それぞれの花の中央には、赤いラインストーンが煌めきます。裏面のピンの位置から、これが天地のようです。恐らく、アール・デコ時...

  6. 馬車のブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    馬車のブローチ

    イギリスのアンティーク・モールやフリマで、今まで何度か見掛けた事のあるタイプの昔のブローチです。小ぶりでカラフルで一見子供っぽいのですが、実は彩色はエナメルでマーカサイトが鏤められ、意外と凝った造りです。立体感も、中々良く出来ています。このタイプのバリエーションとしては、馬車ではなくロバが花籠を乗せた荷台を引いていたり、馬車がバロックやロココな豪華馬車だったり、またはローマのチャリオット等が...

  7. 銀線細工の花型ブレスレット - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    銀線細工の花型ブレスレット

    フリマで、一度確認したストールの中古アクセサリーが詰まった箱を、帰り際にもう一度ゴソゴソ漁ったら、こいつが出て来ました。細工が繊細で凝っていて、ボリュームも十分あって、中々素敵なフィリグリーのブレスレットです。しかも、型押しではなく、極細の銀のワイヤーを曲げて構成した、本物の銀線細工のほうです。この手の技法を、フィリグリーではなく「cannetille カンティーユ(仏語)」と呼ぶ事もあるよ...

  8. 茶系エナメルとラインストーンのネックレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    茶系エナメルとラインストーンのネックレス

    随分昔にフリマで買った、壊れたビンテージ・ジュエリーでしたが、今回やっと修理して、帰国の際の姉へのお土産に加えました。元はブレスレットだったようですが、姉に予め写真を送ってネックレスとブレスレットのどちらにして欲しいか尋ね、姉の希望通りネックレスに改造しました。壊れていたと言っても、ブレスレットとしての留め具がなくなっていただけです。だから改造と言っても、チェーンを繋いだだけ。ちょっと工夫が...

  9. 3月のルイスでアンティーク・モール巡り ファッション編 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    3月のルイスでアンティーク・モール巡り ファッション編

    今回日本への一時帰国直前にルイスを訪れたこの時は、未だ冬と言える肌寒い気候で、イギリスのあちこちで見掛ける花弁の小さな桜の一種が咲いていました。すっかり木々の緑が碧々しい今を思うと、それから随分時間が経ったと実感します。今日は、ルイスのアンティーク・モール巡りで見掛けた、ビンテージ・ジュエリーや古着、布物に付いてお伝えします。5ポンド均一のビンテージ・ジュエリーの中にも、探せば中々魅力的なデ...

  10. ラスター・パープルの花ブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ラスター・パープルの花ブローチ

    バトルズブリッジのジャッキーさんのアンティーク&コレクタブルズ屋の「1ポンド均一」のビンテージ・ジュエリー・コーナーでは、姉用にこのブローチも買いました。1960年代に流行したらしい、ポップなエナメル花ブローチの亜種…のはずなんですけど、様子はかなり違います。花びら部分にはシボが加工され、ラスターっぽい紫色で塗装されています。キッチュなポップさはまるでなく、言わば大人でムーディな雰囲気。この...

  11. アール・ヌーヴォー調のブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アール・ヌーヴォー調のブローチ

    アンティークの村バトルズブリッジの、前出のジャッキーさんの店は、ビンテージ・ジュエリーを結構豊富に扱っていて、「どれでもジュエリ1つ1ポンド」のコーナーもありました。普通そう言うお買い得コーナーは、割と在り来たりなデザインや、状態に難有りの品が集まっていたりするものですが、ここでは中々良さげで目に留まるジュエリーも混じっていました。その中で、真っ先に目に入ったのがコレ。色味が揃ってボリューム...

  12. 青いラインストーンのフィリグリーのネックレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    青いラインストーンのフィリグリーのネックレス

    未だ「filigree フィリグリー(透かし金具)」なんて単語も知らず、アール・デコ時代のチェコスロヴァキア製だと言う知識も全くない随分昔、単に美しい(かつ安い)と言う理由で、これをフリマで買いました。元々は、ピンが壊れたブローチだったのです。でも、すぐにネックレスかペンダントに改造出来ると思いました。しかし問題は、裏面の出っ張ったピンの名残りを取り去る事でした。透かし座金自体は繊細だから、...

  13. 木枠のルーサイトのインタリオ・ブローチ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    木枠のルーサイトのインタリオ・ブローチ

    今回ノーリッジでのアンティーク・モール巡りでは、最初のお店でこのブローチとビンテージ・ファブリックを買いました。どちらも、チャリティショップどころかフリマ並みのお値段(笑)。大好きなルーサイトのインタリオ(裏彫り彩色)のブローチですが、表面が多面体にカットされたように形成され、フォイルで裏打ちされ、木製の枠が付いた仕様は初めて見ました。良く確認すると、実は大きな木製ボタンに貼り付け、ボタンの...

  14. 再びノーリッジでアンティーク・モール巡り 1 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    再びノーリッジでアンティーク・モール巡り 1

    今回バレンタイン・デートで訪れたNorwich ノーリッジでの目的は、ひたすらアンティーク・モール巡りです。今回まず最初にやって来たのが、歴史的建築物一級指定の14世紀築の元教会の建物を再利用した、「St. Gregory’s Antiques & Collectablesセイント・グレゴリーズ・アンティークス&コレクタブルズ」。既に入り口で、ビンテージ玩具専門のストール(と言うかキ...

  15. サーモン・オレンジのエナメル花ブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    サーモン・オレンジのエナメル花ブローチ

    このブローチも、リングフィールド競馬場のアンティーク・フェアで買いました。大好きな1960年代のレトロ・ポップなエナメル花ブローチなのですが…、エナメルが剥げ気味で状態は結構ボロボロ。値段は1ポンドだったので、まあ良いかと思いました。花部分の直径は6cm位で、サーモン・オレンジ色に彩色してあります。ペップも付いている所が、エナメル・ブローチとしては初めて見る仕様だと思いました。このペップも、...

  16. 五角形のイエロー系ラインストーンのブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    五角形のイエロー系ラインストーンのブローチ

    リングフィールド競馬場のアンティーク・フェアで、一つどれでも1ポンドの袋の中から見付け出して買いました。直径5cm強の、黄色と無色透明のラインストーンのブローチです。ピンの方向からは、これが天地上下になります。花型に並んだラインストーンは、言わばビンテージ・ジュエリーの定番の構図ですが、これは全体的に見ると五角形に近い配列なのが、結構変わっていて面白いと思いました。ボリュームも十分あり、見た...

  17. クリア・ラインストーンの連爪のネックレス -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    クリア・ラインストーンの連爪のネックレス

    イギリスのフリーマーケットでは、チャリティショップの売れ残り品を大量に買い取って販売しているストールを、結構見掛けます。チャリティショップの値札が、そのまま残っているので一目瞭然です。そう言うストールはプロの業者な訳ですが、チャリティショップよりはずっと安い値段で販売しています。元は寄付品のくせに値段が高い今時のチャリティショップは、「この値段では誰も一生買わねえだろ」的な商品が多い割に、商...

  18. ハンガーフォードでお宝探し  ファッション&布小物編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ハンガーフォードでお宝探し ファッション&布小物編

    今回のハンガーフォードのアンティーク・モール巡りで、アクセサリーを買う目的は特にありませんでしたが、ビンテージのコスチューム・ジュエリーは、デザインと値段が気に入れば、いつでも何処でも手軽に買えるアイテムの代表です。ところが今回、どうもハンガーフォード・アーケードで、全体的にビンテージ・ジュエリーが少なくなったように感じました。扱うストールが減ったからのようです。この棚には、アンバー色のジュ...

  19. スクエア・カットのウラン・ガラスのブレスレット -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    スクエア・カットのウラン・ガラスのブレスレット

    今年初の、フリーマーケットに行って来ました。この寒い時期にしては出店者数は多めでしたが、ほとんどがプロのディーラーで、見た目的には全く骨董市のような状態でした。しかし、P太も私もフリマ価格で収穫があったので、まずまずの出だしだと思います。原子力お宝の収穫は二人共あり、その内の一つがこのブレスレット。今まで幾つもウラン・ガラスのジュエリーを手に入れて来ましたが、ブレスレットは初めてのように思い...

  20. 茶系のラインストーンのブローチ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    茶系のラインストーンのブローチ

    姉へのクリスマス・プレゼントには、このブローチも加えました。これも結構前に買っていた物で、もしかしたら既にブログに載せた事があるのでは?と記憶があやふやです(苦笑)。花と葉を表した、1940~60年代の典型的なラインストーンのブローチです。てっきり横長のブローチかと思っていましたが、ピンの方向からすると、これが天地のようです。もっとも、元からピンが縦方向のブローチも存在するので、結局は着ける...

総件数:119 件

似ているタグ