ピアニストのタグまとめ

ピアニスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはピアニストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ピアニスト」タグの記事(119)

  1. ネルソン・フレイレの思い出 - 音大ピアノ講師です。

    ネルソン・フレイレの思い出

    1944年生まれのブラジル人ピアニスト、ネルソン・フレイレをご存知ですか?最近久しぶりに彼のCDを聴きました。コロナ自粛以来、私は「20世紀の大ピアニスト」という全200枚のシリーズを少しづつ聴き直しておりまして、その中の一人なのです。特にシューマンの幻想曲、ショパンのソナタ第3番、シュトラウス=ゴドフスキのこうもりの主題による交響的変容など、改めてその才能に感動しました。フレイレといえば、...

  2.  朝の一曲118驚くほど若々しいショパン - 気楽おっさんの蓼科偶感

    朝の一曲118驚くほど若々しいショパン

    2020年6月30日(火)朝の一曲いつかドビュッシーを聴いて感銘を受けた北村陽子さんの、今度はショパンの作品集が今朝のNMLの新着タイトルで配信されていた。こちらの方の演奏は2017年11月の収録なので、ドビュッシーの時よりさらに1年後である。驚くほど若々しいショパンである。タッチはますます冴えわたる。ショパン:バラード第1番、第4番舟歌/ポロネーズ第7番/スケルツォ第2番北村陽子 - Yo...

  3.  朝の一曲100グルダの生誕90周年、モーツァルトも聴こう。 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    朝の一曲100グルダの生誕90周年、モーツァルトも聴こう。

    2020年5月16日(土)Friedrich Gulda生誕90周年朝の一曲Wolfgang Amadeus Mozartピアノ協奏曲第26番 ニ長調 「戴冠式」 K. 537Piano Concerto No. 26 in D Major, K. 537, "Coronation"ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 - Royal Concertgebouw Orche...

  4. 朝の一曲99グルダの生誕90周年、ベートーヴェンを聴こう。 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    朝の一曲99グルダの生誕90周年、ベートーヴェンを聴こう。

    2020年5月16日(土)Friedrich Gulda生誕90周年朝の一曲Ludwig van Beethoven・ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2『月光』(録音:1957年)・ピアノ・ソナタ第15番ニ長調op.28『田園』(録音:1957年)・ピアノ・ソナタ第17番ニ短調op.31-2(録音:1957年)・ピアノ・ソナタ第21番ハ長調op.53『ワルトシュタイン』(録音:19...

  5. 父からの贈り物 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    父からの贈り物

    2020年5月9日(土)フリードリヒ・グルダを父に持つ二人の異母兄弟がいる。彼らも父と同じようにピアニストであり指揮者である。パウル・グルダ(L:1961~)とリコ・グルダ(R:1968~)。父は1955年頃にマルタ・アルゲリッチを指導したことがある。父から二人の息子に素晴らしい贈り物がある。パウルのためにFor PaulリコのためにFor Ricoフリードリヒ・グルダ - Friedric...

  6. ピュアな人! - 素奈男のお気楽ブログ

    ピュアな人!

    午前中は仕事でしたが、思ってたほど量も大したことは無く、3時間あれば十分でした。ここ数日間、ユーチューブの動画ばかり見て過ごしてました。ピアニスト辻井信行さんの動画です。テレビで何度かお姿は拝見したことがあったのですが、演奏は聴いたことが無かった。ひょんなことから、彼のピアノ演奏を聴いて、つい見入ってしまった。辻井さんは、目が見えない。“盲目の天才ピアニスト”“奇跡のピアニスト”そんな風にも...

  7.  朝の一曲94マズルカを愛したマギン - 気楽おっさんの蓼科偶感

    朝の一曲94マズルカを愛したマギン

    2020年4月25日(土)朝の一曲ミロシュ・マギン(Miłosz Magin1929~1999)は、それほど知られてはいないが、ポーランドの作曲家でピアニスト。彼はショパンを愛し、多くのショパンを演奏してきた。そしていまパリのペールラシェーズ墓地にあるショパンの墓の隣に眠る。彼が生前ピアニストでもあった妻のイダリア・マギンの手を借りながら若い国際的な才能の発掘とポーランド音楽のプロモーション...

  8.  クラシック雑記帳35「幻のピアニスト」リヒテル - 気楽おっさんの蓼科偶感

    クラシック雑記帳35「幻のピアニスト」リヒテル

    2020年3月20日(金)スヴャトスラフ・リヒテル(1915~1997)は105年前の今日生まれた。ドイツ人を父に持ち、ウクライナで生まれたソ連の偉大なピアニストとされた。でも当時の世情もあって長く彼のピアノは西側諸国の聴衆には聴くことは出来なかった。ソ連から初めて国外ヘ出て、東欧諸国での公演が認められたのは1950年、35歳の時。このころからようやく徐々に一部の録音などが出回り、西側諸国に...

  9.  ☆秀盤-48”深刻ぶらない”ベートーヴェン - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ☆秀盤-48”深刻ぶらない”ベートーヴェン

    2020年3月17日(火)ポリーニの後継者と目されるのがアンドレア・ルケシーニ(1965~)である。彼のピアノは一言で言うと、良い意味で”軽い”、”深刻ぶらない”。言い換えれば、明るく、表情豊かで、美しい。彼が、嬉しいことにベートーヴェンのピアノソナタ全集を出している。たとえば第31番を聴いてみる。なんと美しいことよ、最終楽章のあの強打音も優しく、心和む。この人のピアノなら、苦手の「ハンマー...

  10. マッコイ・タイナー死す - 海風通信

    マッコイ・タイナー死す

    ジャズのオールド・ファンなら知らない人はいないと思うけどジャズ・ピアニストのマッコイ・タイナー。そのタイナーが亡くなったと報じられていた。81歳だった。グラミー賞を五度にわたって受賞したジャズ・ピアニスト中の巨匠である。日本にも来日し公演したことがある。コルトレーンのグループに加わり「至上の愛」など歴史に残る名演奏を残した。高速で音階を自在に行き来する豪快なプレーを披露したと記事には書かれた...

  11.  珍盤―7珍しい4人のピアノ協奏曲 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    珍盤―7珍しい4人のピアノ協奏曲

    2020年3月5日(木)珍しい4人のピアニストによる協奏曲。バッハの4台のピアノのための協奏曲 イ短調 BWV 1065 この曲の原曲はヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 Op. 3, No. 10. RV 580.道理で聞き覚えのある曲だと思った。みな若い。フランツはピアニストというよりドイツでは音楽番組の司会者として知られる。この中で髭のオピッツが一番若いが彼は今で...

  12.  朝の一曲84リフシッツのベートーヴェン全集 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    朝の一曲84リフシッツのベートーヴェン全集

    2020年2月28日(金)朝の一曲注目のピアニスト、コンスタンティン・リフシッツの新しい録音がNMLの新着で配信されていた。それもベートーヴェンのピアノソナタ全集とビッグな企画だ。例のバッハ演奏で人々の心を掴んだが、さてベートーヴェンはどんな演奏を聴かせてくれるのか。ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集ピアノ・ソナタ第1番 ヘ短調 Op. 2, No. 1 / ピアノ・ソナタ第2番 イ長調 O...

  13. 長井充というピアニスト - 私の心の宇宙

    長井充というピアニスト

    一音一音にゆたかな表情を感じ、演奏者の心の動きがそのまま伝わってくる。静かに心に深く染み入る演奏。不思議な "心のピアニスト"

  14. 若林工房のCDがついに入荷致しました!! - クリアーサウンドイマイ富山店blog

    若林工房のCDがついに入荷致しました!!

    富山県魚津市にあるレーベル『若林工房』のCDが入荷致しました。今回の北陸オーディオショウにスペシャルゲストとして登場してくださる、イリーナ・メジューエワさんのCDも制作されています。イリーナさんのCDはほとんどがレコード芸術の特選盤。新川文化ホールや富山県民会館でのライブ録音もあります。入荷したものの中でも思入れが深いのはこのCD↓↓↓8月31日に富山県民会館で開かれた若林工房15周年記念コ...

  15. 最近気になるジャズミュージシャン - 蔵カフェ飯島茶寮

    最近気になるジャズミュージシャン

    Najponkチェコのピアニスト、苗字か名前かわからないがナイポンクと発音するらしい。同じチェコ出身の名ベーシストGeorge Mraz、Martin Sulcドラムのピアノトリオ。たまたまGerry Mulligun 作曲のバラードNight Lightsをやってるミュージシャンを探していて同名タイトルアルバムを見つけ聴いてみたら、落ち着いたなかなか粋なピアノなので気に入ってしまいました。...

  16. 92歳のピアニスト - デンマンのブログ

    92歳のピアニスト

    92歳のピアニスト(pianist9b.jpg)(mozart21.jpg)(music987.jpg)(ireba03.jpg)(laugh16.gif)(ohta03.png)デンマンさん。。。、どういうわけで92歳のピアニストにオイラを呼び出したのですかァ~?(kato3.gif)オマエは不満なのォ~?オイラはまだ90歳になってませんよ!でも、オマエは80歳を過ぎたのだろう?確かに80...

  17. ココロが洗われたピアノライブ♪ - ボディ&アロマリラクセーション*WONDERLAND 大阪住吉区            

    ココロが洗われたピアノライブ♪

    大型店では実現できない特別な時間をご提供したい。あなたの第二の居場所のようなスペースでありたい。WONDERLANDはそんな思いを込めて創りました。*****大阪・住吉区のアロマサロンワンダーランドの寒川(さむかわ)です。はじめての方はこちらをご覧くださいね!ジャズピアニスト 上原ひろみさんのピアノソロライブに行ってきました。立ち見席もあったほど人気で3階からの参戦。ステージ上はポ...

  18.  ジャケットに魅かれて 。。。23 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。23

    2019年11月29日(金)SCHUMANN, R.: Symphonic Etudes /RACHMANINOV, S.: Variations on a Theme of Corelli /KAPUSTIN, N.: Variations (Themes and Variations) KavalerovaДорогиедрузья!Я - АннаКавалерова、иябудуоч...

  19. 新春の京都でヴィルサラーゼのシューマンが聴ける - 気楽おっさんの蓼科偶感

    新春の京都でヴィルサラーゼのシューマンが聴ける

    2019年11月26日(火)グルジアの名ピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼのリサイタルが来年1月に京都で聴けそうだ。そもそも彼女の存在を知り、そのピアノに惹かれたのはテレビで放映されたチャイコフスキーのピアノコンチェルト1番の、あのダイナミックな演奏ぶりだった。単に迫力があるだけではなく、ロシアのピアニズム、あのゲンリフ・ネイガウス仕込みの弾きっぷりに圧倒されたものだ。ということで、最初に彼...

  20. 世界を目指す上原ひろみ - 海風通信

    世界を目指す上原ひろみ

    新聞のエンタメ版(週イチ)で日本人のジャズ・ピアニスト上原ひろみが三週にわたって取り上げられている。彼女の名前はおそまきながらブロ友に教えられて最近知ったばかりである。すごい人だからということだったので脳裏に焼き付いていたから新聞に載った記事は見落とさなかった。世界で通用する音楽家になりたいというのが上原の夢だったという。今、その夢はかないつつある。何故かっていうと、米国のジャズ・レーベルで...

総件数:119 件

似ているタグ