ピカソのタグまとめ

ピカソ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはピカソに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ピカソ」タグの記事(67)

  1. 生きがいの限界 - 仏教フリーク

    生きがいの限界

    絵を楽しんで描いていたピカソは、筆を置くと不機嫌になった。これはどういうことを意味しているか。それは「生きがいの限界」。私達が楽しんで、これって生きている実感があるなとか、生きがいを感じるなと思っているものがいくつかあるが、それがピカソにとっては絵を描くことだった。楽しく絵を描いていたそのピカソが筆を置くと不機嫌になった。確かにこれは生き甲斐だと思っていて楽しんでやっていたこともそれが続かな...

  2. ピカソ版画をめぐる冒険 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ピカソ版画をめぐる冒険

    フランス国立図書館版画コレクションピカソ版画をめぐる冒険美術館「えき」KYOTO公式サイト開催期間:2018年9月7日-10月8日主催:美術館「えき」KYOTO・京都新聞サイズ:A4表:パブロ・ピカソ<草上の昼食(マネによる)>1962年

  3. ピカソ展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ピカソ展

    ピカソ展マリーナ・ピカソ・コレクション福岡市美術館開催期間:1987年4月21日-5月10日主催:福岡市美術館・読売新聞社・FBS福岡放送・美術館連絡協議会サイズ:B5下:パブロ・ピカソ<マンドリン、壺、びん>1959年

  4. PICCASO YOKU MOKU MUSEUM と、白川の蛍。 - GALLERY GRACE ギャラリーグレース BLOG

    PICCASO YOKU MOKU MUSEUM と、...

    ようやく、コロナもひと段落。明るいニュースをいただきました!8月の29日に東京の南青山にYOKU MOKU MUSEUMがオープンします。ピカソ陶芸の美術館です。絵はよく見ますが、陶芸品の美術館!楽しみです。もしか、夏に南仏に行けなかったら、ここで、南仏気分を感じることにします。私、一昨年に、南仏、アンティーブのピカソ美術館に行ったのですが、外が強風すぎてこの美術館に行くのも帰るのも大変なく...

  5. 20世紀のはじまりピカソとクレーの生きた時代 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    20世紀のはじまりピカソとクレーの生きた時代

    20世紀のはじまりピカソとクレーの生きた時代Bunkamuraザ・ミュージアム公式サイト開催期間:2009年1月2日-3月22日主催:Bunkamura・TBS・東京新聞サイズ:A3(二つ折りA4サイズ)上:パブロ・ピカソ<鏡の前の女>1937年ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館蔵下:パウル・クレー<リズミカルな森のラクダ>1920年ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館蔵

  6. ピカソの缶バッチ「安堵と困惑」 - ムッチャンの絵手紙日記

    ピカソの缶バッチ「安堵と困惑」

    宮城県立美術館の売店で先月?購入した缶バッチ。ガチャガチャしたら出てきたピカソの缶バッチが入ってた。そういえば箱根に行った時も楽しかったなぁ♪。宮城県で、今現在、感染者がいないということで大規模じゃない教室で、換気できる会場は、チラホラ再開している!らしい。私が行ってる施設も再開済みで、私の絵手紙教室も、換気でき密集しない環境。明日から1つ再開する。ただし~海外旅行帰宅者とその家族、体調悪い...

  7. ピカソとモディリアーニの時代 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    ピカソとモディリアーニの時代

    リール近代美術館所蔵ピカソとモディリアーニの時代Bunkamuraザ・ミュージアム公式サイト開催期間:2006年9月2日-10月22日主催:Bunkamura・毎日新聞社サイズ:A4表:アメデオ・モディリアーニ<母と子>1919年リール近代美術館蔵

  8. 本と絵画と音楽と - 谷めぐみ~スペインの心を歌う~

    本と絵画と音楽と

    ブログを書きかけると、事態が変わる。では、と、また書きかけると、また事態が変わる。連日この繰り返し。「ニュース、ワイドショーetc で心をやられている人が増えている」と、あるお医者様が警鐘を鳴らしていらっしゃいました。分かりますね…。情報収集は大切です。しかし、いろんな人が流すいろんな情報。チェックしてもチェックしてもキリがありません。心を鬼にして?情報に触れるサイクルを決め、大好きな趣味、...

  9. 【レッスン】東大美術史公開講座でゲルニカに迫る! - casa del sole

    【レッスン】東大美術史公開講座でゲルニカに迫る!

    ご縁があり、またまた東大へ!原田マハさんが好きで読んでいた「暗幕のゲルニカ」。そしたら、東大美術史公開講座で、ベルギー王立美術館公認解説員の森耕治先生が、ピカソ、そしてゲルニカについてお話をされると♫以前からこの講座シリーズが気になっていたので、お友達と金曜日の夜に参加してみました!前半はゲルニカについて詳しく解説。もー、楽しくて楽しくて。ピカソについてめっちゃ詳しいとかじゃなく、単に暗幕の...

  10. 2019 アマクサタカラノキ - 粘土いぢり

    2019 アマクサタカラノキ

    今年もあのお得企画天草 宝の器 の募集始まってますー。コレは器と料理をセット販売するもの。僕は今年もPicassoさんとコラボしてカジュアルフレンチのコース料理をお願いしてます。お持ち帰りいただける器は白磁のリム鉢です。応募期間9月5日~10月15日天草宝の器HPの応募フォームよりご応募できます。よろしくお願いいたします。

  11. ケルン放送管弦楽団 - ストレートアヘッド本店支店出張所(岡山支部)

    ケルン放送管弦楽団

    夫の友人、ドイツはケルンに35年在住のオーボエ奏者ご夫妻と昨夜お夕飯をご一緒。「日本の美味しい焼き鳥が食べたい」と、自宅近くの予約の取れにくいお店の味に大満足のご様子。その後自宅にて二次会(?笑)話題は音楽に尽きず、芸術や歴史、建築物やライフスタイルと、こんなにもステキな時間を過ごしたのは久しぶりのような気がします。話題は変わり、、、連日の暑さでアイスクリームを食べる日が続いています。ピカソ...

  12. デッサンとデザイン画 - ストレートアヘッド本店支店出張所(岡山支部)

    デッサンとデザイン画

    久しぶりに筆と絵筆を手にしました。墨汁なんて数十年ぶりです。グーグルから見つけたデザイン画、原画通りでは全くと言うほど無い、無いのですが濃淡に味があって、これはこれでありかな?と。修正が必要です。笑そして、マジックに持ち替えピカソを模写。サインなんか入れちゃって、額に納めてみると、なんとか飾れる感じ?ですよ。笑日曜の夜、楽しいお絵かきの時間でした。

  13. 講演会終了のご報告及びピカソ展覧会のお知らせ - おいだ美術

    講演会終了のご報告及びピカソ展覧会のお知らせ

    7月6日に銀座フェニックスプラザにて、アート・キュレーション代表の村上哲氏をお招きし、ピカソをテーマとした講演会を開催いたしました。ご参加された皆様にもご好評いただきました。講演会は、2部構成にて行いました。前半は、ピカソが一生を通じて作風を多彩に変化させていったことを、「青の時代」、「バラ色の時代」、「キュビズムの時代」、「古典主義の時代」、「ゲルニカの時代」、「戦後の時代」など、時代毎に...

  14. パブロ・ピカソ ~創造と継承の系譜~展開催のお知らせ - おいだ美術

    パブロ・ピカソ ~創造と継承の系譜~展開催のお知らせ

    パブロ・ピカソ~創造と継承の系譜~展シャガール、藤田嗣治そして現代の奈良美智へ開催のお知らせ。パブロ・ピカソ『花飾りの帽子のジャクリーヌII』 この度、おいだ美術では、ピカソ、シャガール、フジタなどエコール・ド・パリの作家から奈良美智など、現代の人気作家作品を多数展覧いたします。 当展へのお越しを、心よりお待ち申し上げます。 日時:2019年6月27日(木)~7月30日(火)開廊時間:10~...

  15. 講演会「パブロ・ピカソ ~創造と継承の系譜~」申込みのご案内 - おいだ美術

    講演会「パブロ・ピカソ ~創造と継承の系譜~」申込みのご案内

    若葉の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。7月6日(土)に、現在、東京都庭園美術館で開催中の「キスリング―エコール・ド・パリ」展の統括・監修者であります村上哲さんを迎えての講演会を開催いたします。村上さんは、一昨年、昨年も弊社主催の講演会にて講師として、藤田嗣治を中心とした大変貴重で興味深いお話を沢山して頂き、参加者の皆様方に大変好評でした。写真は昨年の模様です。現在、講演会のお申...

  16. 近現代アートのテート・モダンへ - 島暮らしのケセラセラ

    近現代アートのテート・モダンへ

    パブロ・ピカソ Bust of Woman 1944年サルバドール・ダリ ロブスター電話モディリアーニ 肘掛椅子に座るジャンヌ・エビュテルヌの肖像1918年 エドガー・ドガ 14歳の踊り子 ブロンズ像 高さ98・4㎝1880〜1881年クロード・モネ 睡蓮テート・モダンは1981年まで使われていた発電所の建物を改装し近現代アートの美術館として生まれ変わった高さ99mの煙突を持ち テム...

  17. ナショナル ギャラリー 好きな絵画 - 島暮らしのケセラセラ

    ナショナル ギャラリー 好きな絵画

    久々の晴天に 買い物を済ませバスに乗って ナショナルギャラリーへ向かうほんの20分 終点のトラファルガー広場まで乗車だがラッキーなことに 2階の一番前に座ることができた少し高い所から 車の流れを見ると気持ちいいね真っ先に目にしたのは レオナルド ダ ヴィンチ題は 「聖アンナと聖母子と幼児ヨハネ」彼の代表作にはモナリザの微笑み・最後の晩餐がある天才的頭脳をもち様々な分野に業績を残しているクロー...

  18. 2019.04.30 道の駅まくらがの里こがで車中泊 - ジムニーとハイゼット(ピカソ、カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.04.30 道の駅まくらがの里こがで車中泊

    道の駅しもつまで温泉入ろうとしたら温泉は違う施設でしたビアスパークしもつまで温泉ビアレストランで一杯やって車中泊も可能でしたが肝心のレストランがオーダーストップ温泉入って売店のお惣菜を購入道の駅まくらがの里こがで車中泊ビアスパークしもつまで買ったお惣菜でバーピカソ開店夜中に後ろのゼブラソーンにトラックが停まって騒音で起こされるトラックの駐車場と自家用車は分かれて居るんですがエンジンかけっぱな...

  19. ピカソ版画展 - 2013年から釧路に住んでいます。

    ピカソ版画展

    昨日、芸術館で行われているピカソの版画展に行ってきました。だいぶ前に「釧路にピカソがゲルニカ!!・・・じゃなくて、来るのか!!」と知って、「絶対に行こう!」と決めていたのですが、怪我で入院したりしてすっかり忘れていました。で、今週のフリーペーパーで3月10日までだと知って・・・急いで時間を作って行ってきました!!実際に見たら・・・ドキドキしました。だって、”あの”ピカソが刷ったわけでなくとも...

  20. バーゼルその後(3)ピカソ、忘れてしまう前に。 - 紅茶国C村の日々

    バーゼルその後(3)ピカソ、忘れてしまう前に。

    ひょんなことから過ごすことになったスイスのバーゼル三日間。その一日をここ(↓)に行った話はもうこの(↓)記事に書きました。なんかまだ言い足りない、まとめ足りない、たくさん撮った写真も使ってない。そう思って、もう一度カムバックします。でも、言いたいことは,ここ(↓)にほぼすべて書かれているので、ぜひこれ(↓)をクリックして、下のサイトをお読みください。私の記事よりよっぽど読む価値のあるページで...

総件数:67 件

似ているタグ