ピラルクのタグまとめ

ピラルク」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはピラルクに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ピラルク」タグの記事(6)

  1. 再会、ジャウーよ・・・~巨大ピラルクと哀愁のアロワナ(足立区生物園 November 2018) - 続々・動物園ありマス。

    再会、ジャウーよ・・・~巨大ピラルクと哀愁のアロワナ(...

    足立区生物園の巨大ピラルク前回記事はこちら惚れ惚れする、立派な個体が二尾泳いでいますさぞや、ご長寿なんだろうなと思いきや実は、まだ四歳(飼育下での平均寿命は15歳程度)来園当初はほんの15cm程度の稚魚だったそうです一方、東京タワー水族館からやってきたジャウーこちらは飼育歴25年の大ベテランです新入りとは思えぬ堂々たる泳ぎを存分に見せていましたそして、シルバーアロワナこちらも立派な個体なんで...

  2. 再会、ジャウーよ・・・~ピラルクは破裂音を立てて(足立区生物園 November 2018) - 続々・動物園ありマス。

    再会、ジャウーよ・・・~ピラルクは破裂音を立てて(足立...

    足立区生物園の大温室内にある大水槽で悠然と泳ぐ巨大ナマズ「ジャウー」そう、昨年9月に多くのファンに惜しまれつつ閉館した東京タワー水族館で長年暮らしていた、あの方であります東京タワー水族館にいた頃の記事↓もうね、こんな風に生き生きと泳げる姿が見れるなんて、感無量ですよこちらは同居者のピラルク二尾の立派な個体が、威風堂々と泳いでおりました同じく混泳しているシルバーアロワナジャウーとピラルクがでか...

  3. 足立区生物園へ行って来ました♪ - 続々・動物園ありマス。

    足立区生物園へ行って来ました♪

    昨年11月、足立区生物園へ行って来ました釣り堀もあったりと、地域の方々に親しまれている元渕江公園へ入って行くと・・・足立区生物園へ到着であります今回、足を運んだ最大の目的は、東京タワー水族館で長年暮らしていた巨大ナマズ・ジャウーに会いたかったからですこちらは、同居者のピラルク元気に泳ぐ姿をたっぷりと見れてめっちゃよかったですお食事中のチンチラオオゴマダラ蝶がとびかう大温室に圧巻の金魚大水槽オ...

  4. 南アメリカハイギョ「レピドシレン・パラドクサ」とピラルク(東京タワー水族館) - 続々・動物園ありマス。

    南アメリカハイギョ「レピドシレン・パラドクサ」とピラル...

    南米大陸唯一のハイギョ「レピドシレン・パラドクサ」南アメリカハイギョとも呼ばれます性格はいたって温和実にゆったりとした動きです東京タワー水族館のスタッフブログよりまだ幼い頃の記事を見つけました♪こちらは、以前も掲載した動画ですが給餌の様子肉食性で、野性下では水生昆虫や小魚、貝などを食べています同じ並びにいたピラルクメタリックな体色も美しい個体です泳いでいる姿はこちらで3:31に登場します同じ...

  5. ピラルクの鱗(ウロコ) - スズキヨシカズ幻燈画室

    ピラルクの鱗(ウロコ)

    骨董屋の入り口付近、硝子の展示ケースの中、飴色に時代を経た象牙やツゲの木細工の根付けが入った桐箱が並んだその奥に、、プラスチック製のケースが(場違いな感じで)在りました。初めはケースの端っこに貼られた値札に書かれた、「化石」と言う文字が見えたのです。でもそれは化石ではありません。見つけて仕舞った瞬間から僕の心臓は「バクバクバクバク」破裂寸前です。「ピラルクの鱗(ウロコ)だ」と思いました。「ピ...

  6. ハルノユキ - スズキヨシカズ幻燈画室

    ハルノユキ

    道中ずっと吹雪いていて白河に戻ったら雪景色でした。春の雪ですね。半日眠った我が愛猫、黒猫のパトさんもどうしたモノかと思案中。でも、寒い外では考えもまとまりそうにもありませんので、、部屋に戻ってまるくなりファンヒータの風に自慢の黒い毛をつやつや吹かれておりましたとさ(まる)ピラルクに逢ってきました。恐竜たちが全盛の時代白亜紀の大量絶滅も生き抜いて一億年もむかしのままの姿で生き続けているのです。...

総件数:6 件

似ているタグ