ファブリックのタグまとめ

ファブリック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはファブリックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ファブリック」タグの記事(107)

  1. やっぱり、そんな日は来ない。 - モノも身の内

    やっぱり、そんな日は来ない。

    大好きな収集アイテムのひとつがファブリックで、それが古いドイツ製だの東欧製だのと細分化されている・・という前回のお話には、まだ続きがありまして・・なんとアフリカン ファブリックまで持っておりました。購入したのは確か・・20年以上も前 (oдo)しかも購入後、一度も使わなかったという衝撃の事実。。とは言え、この布は本当にお気に入りで、出会った時の記憶は未だ鮮烈です。日本人にはない感性に引き込ま...

  2. 嵐も去って - ポーチ ド ポッチ(ブログ)

    嵐も去って

    TVは嵐情報とスポーツ観戦の天こ盛りの週末でした。昨日からは大嵐が去って青空が戻り、大洗濯に明け暮れましたが、皆様の処は大丈夫ですか?お客様で2、3気になる住所があるのですがー、どうぞご無事でありますように。今年も青いイチジクの甘露煮の季節が到来。母にも密いっぱいにしてほんの少しをアイスクリームと一緒に食べてもらいました。相変わらず母は小食です。食べたく無い、食欲もない人に「食べろ、食べろ」...

  3. エレガントに - une Belle Chose 日々のつれづれ

    エレガントに

    本日はエレガントなアンティークたちのご紹介です。まずはショワジー・ル・ロワより、縁にエレガントな装飾が施され、愛らしい花々がリムに描かれた深皿。一輪一輪が緻密に描写され、花の周りにはぼかしが入り実に繊細、見れば見るほど美しいプレートです。アイボリーにローズ色が優しい雰囲気です。そしてサルグミンヌ。風になびくようなバーベナがリムに並ぶプレート、落ち着いたモスグリーンが温かみがあってきれいです。...

  4. トトロ - une Belle Chose 日々のつれづれ

    トトロ

    日がだんだん短くなってきました。といってもまだ20時過ぎまで明るいのですが、朝が暗い!7時でも外が薄暗いって、もう... 本日も秋色を少し^^ショワジー・ル・ロワのとても美しいプレートから。片端には繊細に描き出された大きな花、奥から伸び入る枝には野鳥がとまり今にも動き出しそう。茶がアイボリーの陶肌に馴染み、絵柄色味ともに大変美しいプレートです。3種の絵柄、4枚を掲載しました。続いてはキッ...

  5. リリカラ『FABRIC DECO/ファブリックデコ』新作発表会ウィリアムモリス正規販売店のブライト - 「モリス」と「布」と「インテリア」が大好きな    作家とコーディネーターの日記

    リリカラ『FABRIC DECO/ファブリックデコ』新...

    『ファブリックデコ2019-2021』新作発表会へ行ってきました。会場だった東京ショールームのビルの入り口ではリリカラのマスコットキャラクターエルちゃんがお出迎え。コンセプトは「Fabric Deco +1」暮らしにひとさじの彩りを添える見本帳説明会では壁紙カタログ『LIGHT/ライト』とのコラボで壁紙とコーディネートしたご提案をしていただきました。また、ショールームにはボードにまとめた展示...

  6. 今度は - une Belle Chose 日々のつれづれ

    今度は

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、前回のお話の続きから^^L'Aguille du Midi 見学半ばで下山し残念な思いをいっぱい抱えながら、翌日は別の方法で上方へ!さてさて、到着。ここは駅。「トラムウェイ・デュ・モンブラン」という登山電車に乗ることにしました。これなら空気の薄いところに瞬間移動とならず、大丈夫なはず!列車は満員、多国籍言語が聞こえてきます。スローな速度でぐいぐい登...

  7. 川島織物セルコン『I'm/アイム』新作発表会ウィリアムモリス正規販売店のブライト - 「モリス」と「布」と「インテリア」が大好きな    作家とコーディネーターの日記

    川島織物セルコン『I'm/アイム』新作発表会...

    7月26日に発売されたカーテンの見本帳『I'm/アイム』中でも2016年に「今を生きる人に向けてスタイルのある暮らしを提案したい」という思いからスタートしたファブリックブランド『r/o/u/g/h』(ラフ)は社員の方が実際に市場調査をして今の日本のインテリアから開発した個性的なファブリックたちです。会場の入口正面は可愛いネオンサインがお出迎え。奥は、ショップのような展示になっていま...

  8. ワイヤーポーチを作ってみた。 - 今、楽しいことについて。

    ワイヤーポーチを作ってみた。

    ワイヤーポーチを作ってみたいなーと以前から思ってはいたけれど、ポーチ用のワイヤーなんて売っていないしなーとあきらめていました。とっころがどっこい!そのワイヤー部分をハンガーで手作りできるって言うじゃありませんかっ!!!!あー、SNSに感謝(笑)という事で、いつもの”とりあえず”作ってみました!をしてみました。ファスナーの両端を見るたびにペンギンの手に見えてしまうのは私だけか???開けると、こ...

  9. ガラスで涼を! - une Belle Chose 日々のつれづれ

    ガラスで涼を!

    本日はローズ系の絵付けのプレートからのご紹介です^^ペクソンヌより、美しい花絵のプレートを。アラセイトウのお花が並び、色味と相なり可憐な印象、空白が余韻を残しやや儚くも...そしてこちらは華やかさが目を引く、サンタマンのカンパニュラシリーズ。古いシリーズに使われているワインレッドは、どれも深みがあって上品だといつも思います。そして冷んやりグラスたち。19世紀の手拭きのコンフィチュールポットは...

  10. 週末に作ったもの。 - 今、楽しいことについて。

    週末に作ったもの。

    最近の週末はミシン踏んでいます。あーしたい、こーしたい、と思いながらも結局重い腰が上がらずに何もせずに終わってしまう事も多々あるのですが(笑)先日作った、Sew together bagの第二弾です(笑)ワンちゃんで作ってみました!しかも中身もしつこいほどのわんこ。ここまで来ると、テーマを犬にしたので色合わせは勘弁ですっ!勿論使用したファスナーはなんちゃって9”なので、多少幅を縮めました。な...

  11. superbe! - une Belle Chose 日々のつれづれ

    superbe!

    気づくと8月... 夏真っ只中ですが、そのうち「もう秋だ!」って言っていそう。ぶどうは秋のイメージでしたが、ひとつの木の果実がすでに色付き始めました。さっそく鳥が目をつけ、味見をした跡が!さて本日は、サルグミンヌのゼラニウムのラヴィエからのご紹介です。うっすら色が入り始めた美しい陶器、抹茶色、あるいはモスグリーンとでもいいましょうか、落ち着いたグリーンが愛らしい絵柄を大人の雰囲気に。見ている...

  12. 帽子をかぶって - une Belle Chose 日々のつれづれ

    帽子をかぶって

    暑さは落ち着き、本日22度。一気に20度近く下がり、ジェットコースターのような気温の乱高下を繰り返しています。昨日、日本列島すべての梅雨が明けたようですね。これから暑さ本番!お出かけには帽子が欠かせません^^そこで、本日はフランスのアンティーク麦藁帽からのご紹介です。麦秋の頃の麦畑の色そのまま、ネイビーのグログランリボンがキュッと印象を引き締め小粋な雰囲気、すべて手縫いで仕上げてある美しい帽...

  13. いえのえほん/ソファのファブリック - 『文化』を勝手に語る

    いえのえほん/ソファのファブリック

    1983年購入のアルフレックスのソファのカバーを、ファブリックセールだというので取り替えた。実はこのソファ(商品名は「ガット」の3人掛け、チニ・ボエリは勘違いだった)母宅のお下がりで、マレンコに代わって2015年からわが家のリビングで使い始めていたもの。セールといってもこのカバーを全て代えると、10万円を軽く超えてしまう見積。36年も使って毛玉もすごく限界だなと思っていたのが「座」の部分だっ...

  14. Sew Together Bag 完成♪ - 今、楽しいことについて。

    Sew Together Bag 完成♪

    週末二日かけて仕上げましたぁー!本当にYouTube様様でございます。縫い方の動画が無ければ絶対に完成しませんでしたよ、というより、パターン買っていないなっ!!一様、平日の夜にパターン型紙を作って布の裁断まではしておきました。考えながら進めなくちゃいけないところは週末まで待ちました。作り方を読んでもちんぷんかんぷんな部分が多いので(笑)、何しろテキトーにいろいろな生地を使って裁断しました。す...

  15. 素敵な生地 - une Belle Chose 日々のつれづれ

    素敵な生地

    本日は美しいコットンファブリックからのご紹介です。古い紙のような地色を背景に愛らしいオールドローズ、点描が影のように花を引き立てるノスタルジックで時が止まったかのようなアンティークフレンチファブリック。そして、ダマスク織りがエレガントなアンティークコットンファブリック。上品なアイボリーの生地は光の角度で織り柄が浮かび、小花は靡くように舞います。小花は所々リボンのように結ばれ先には愛らしいタッ...

  16. 自然素材が好き - une Belle Chose 日々のつれづれ

    自然素材が好き

    睡蓮の花、なんだかプラスチックか蝋でできたおもちゃみたい。もうずっと雨が降っていません。水位が下がったところに開いた花、茎はいっぱいいっぱいの長さ。雷雨なんかで一気に水位が上がったら水中で咲くのか?急遽 茎が伸びるのか? ふむ。でも3日くらいでしおれてしまうので、そんなことはあまり関係ないのかな... さて本日は睡蓮、ではなくカーネーションの深皿からのご紹介です^^サンタマンより、見込みに向...

  17. キルト状況 SweetSixteen - 今、楽しいことについて。

    キルト状況 SweetSixteen

    今朝、裏庭のガーデンをチェックしたら何とか生き残っていた様子。大きな葉を四方八方に広げているズッキーニの葉はブスブスと穴が開きまくってはいますが、その大きな葉のお陰で根本の方で育っている花々は守られたみたい。今朝も大粒の雨が30分ほど降りましたが、ヒョウではなかった。気温も20℃以下で涼しいので、フリース着てます(笑)こんな日は、昨日韓国スーパーで買ってきたこちらでも作ろうかと。暑い日にはな...

  18. お気入りはタテモノ柄のリネンプリント - Daily Green (デイリー・グリーン)

    お気入りはタテモノ柄のリネンプリント

    最近気に入っているファブリックはタテモノ柄のリネンプリント。クラシカルな端正なタテモノがモノクロで描かれています。それぞれにフレームをつけて柄にしてしまうアイディアが面白い。直線的なタテモノが細かく描写されているのでどこかフォーマルな印象を受けます。大柄のプリントは、大きな窓のカーテンで楽しみたいですね。海外のファブリックは天然素材が多いのですが、こちらは少し重みのあるリネン100%。カーテ...

  19. 夏 - une Belle Chose 日々のつれづれ

    坂を登り終えた後は「オランジーナ シルブプレ!」午後7時過ぎ、まだまだ明るいです。でも今日を境にこれから日が縮んでいきますね。フランスのカレンダーには夏至(または夏至前後)に '' ETE ’’(夏)と書いてあります。前に「夏はどの日から始まる?」ってきかれたことがありますが、その年によって夏らしい日って変わるし、なんじゃその質問?ある日を境に春と夏を分けるの??と不思...

  20. 古い生地って? - ポーチ ド ポッチ(ブログ)

    古い生地って?

    商品生地を説明するのに「1980年代のもの」と表記したポーチ に、「使い古された生地を再利用した商品でしょうか?」と質問メールが届きました。最初届いたメールを読んで「なんの事?」と理解ができなかったのですが・・・そうか、そう思われても仕方がないか、と納得。何しろ生地を集め始めてかれこれ45年。生地も、作り手も骨董的に古いのですから今の20代の方々にとっては1970代の生地は「未使用品です。」...

総件数:107 件

似ているタグ